食物酵素の摂り方

「酵素」には「消化酵素」と「代謝酵素」の二つがあります。
この酵素の無駄使いをしない事が、健康に長生きをする秘訣です。

よく「ダイエットに酵素が効く!」とは言いますが、
健康長寿にも大きく関係があるんですね。

ですが、この酵素、残念な事に、年齢と共にだんだんと
体内で作られなくなってしまうのですよ。

そこで、「酵素のしくみ」と「上手に摂取する方法」のお話です。



酵素の仕組み

 

消化酵素と代謝酵素の違いとは?

人の体の中には 二種類の酵素があります。

・食べたものの消化を助ける「消化酵素」
・筋肉を動かしたり等の基礎代謝を助ける「代謝酵素」

 
この二つを合わせて「潜在酵素」と言いますが、
年齢と共に酵素は作られなくなっていく為、
人に寄り酵素を作る能力は異なります。
 

食物酵素とは?

潜在酵素が体の中にあるものだとしたら、
食物酵素は体の外の酵素。
体に取りいれることが出来る酵素になります。

食物酵素は、加熱していない生の食べ物(野菜・果物・刺身など)や
発酵食品(みそ・ぬか漬け・キムチ・納豆など)に
沢山含まれているんですよ。

この消化酵素を、普段の加熱した食べ物と一緒に食べることで
消化が助けられます。
食物酵素は、先ほどの体内にある消化酵素の補助をしてくれるのです。

酵素の働きは?

ですので、食事の際に、食事から食物酵素が取れれば、
体内の消化酵素が使われる量が少なく済む=余ります。

そして有難い事に、
その余った分の酵素は、代謝酵素として使う事が出来るのです。

となると、先ほど書いたように、
筋肉を動かしたり等の基礎代謝として使えるんですね。

すると、栄養分も体に良く回るようになるので
新陳代謝も活発になり、免疫力も高まってきます。

結果、病気を治したり、病気にかかりにくくなる体が
作られることとなります。

食物酵素を上手に摂取する方法

食物酵素は生の野菜や果物、肉魚に多く含まれています。
ですが加熱する事に寄り壊れやすい、などの点がありますので、
下記に食物酵素を上手に摂取する方法としてまとめました。

<取り入れるときのポイント4つ>

1.出来るだけ新鮮なものを食べる
2.加熱する場合には短時間にする
3.茹でるよりは蒸す方が良い
4.すりおろしたりすると良い(ただ15分以内に食べる)

 

<注意点>

生の物が良いからと、ジュースにして大量に飲んだり、
生の物ばかりを食べて加熱したものを食べなかったり等と言う
偏った食生活は、体を冷やしたりと良く無い事も起こります。

 
何事もバランスが大事なんですね。
例えば生のものを6食べたら 加熱したものは4にするなど、
やりすぎには注意しましょう。

まとめ

年々年と共に減りゆく酵素に対抗するためには、
外からの酵素(食物酵素)の摂り方がカギとなります。

適度に意識しながら食物酵素を食生活に摂り入れて
健康長寿を目指しましょう。
 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態、驚きでした!

NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕です。
老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。
我が家は何百万もこれで消えてしまったのです。

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!


1.老後資金 検討 お金を増やす方法 3つ

老後の年金不安

1.保険料を減らす!

保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。
必要は保障は人生の節目で変わりますので
定期的に保険を見直さないと損してしまいます。

保険相談7社 体験比較 口コミ



2.年金を増やす!

年金を増やす自助努力として確定拠出年金があります。
2017年から加入者枠が広がりました。
私も即刻加入し、毎月積み立てています。
加入が早い程、資金は貯まりますよ。

確定拠出年金に加入する



3.働き方を変える!

貯金や年金受取額を増やす働き方があります。
制度が変わりましたので、主婦でも社会保険に入れることがあります。

主婦パートの場合
自営の場合


2.老後の住まい 検討3つ

老後の住まい 介護リフォーム

1.リフォーム・住み替え

費用は安く抑えたい。リフォーム時のお得まとめ
暮らしやすい街への住み替え各種情報
コンパクトシティの選択などについて

リフォームのお得な控除・補助金&住み替え



2.リノベーションする

大好きな心地よい終の棲家を作る!リノベーション方法まとめ
年商1億 大家業の主婦さんもチェックする点など

老後も安心な中古住宅リノベーション法



3.介護リフォーム

老後を見据えた時の、暮らしやすい介護を考えたリフォーム検討法
どんなリフォームがあるか?介護保険制度は何が使えるか?など

老後の家づくり。 建て替え・増築・リフォーム法2つ