健康長寿のカギ リラックス

NHKの番組「健康」にて、健康に最も良い運動の一つ 「インターバル速歩」
が紹介されました!

インターバル速歩は、心臓・血管(高血圧)・がん予防によい
中強度以上の運動で手軽に出来る運動とのことです。

上記本の著者であられるインターバル速歩の開発者の一人
松本大学大学院教授 根本賢一さんから、番組内にて
インターバル速歩のやり方が伝授されました。
 

スポンサーリンク

インターバル速歩とは?

早歩きとゆっくり歩きを交互に数分間ずつ行う運動です。
合計で速歩の合計 一日15分以上を目指します。

速歩の時には最大体力の70%強の体力だそうですが、
番組内で挑戦された方の言葉からは、70%は
思っているよりも強めの運動になるようです。

通常のウォーキング40%程度 その少し上が60%としたら
体力の70%の運動というのは 

目安として、

ややきついと思う位の早さ となるそうです。
 

インターバル速歩の効果の程は?

60歳前後の方が半年間インターバル速歩を行った結果を、
ウォーキングをした結果と比べたデータがあります。

【最大酸素摂取量】

・ウォーキング ほぼ変化なし
・インターバル速歩 9%改善

 

【太ももの筋肉量の変化】

・ウォーキング 2%向上
・インターバル速歩 13%向上

 
どちらも、ウォーキングを大きく上回りました。

 

インターバル速歩 最大酸素摂取量UPの効果とは?

最大酸素摂取量がUPするというのは、どういう事かというと。

最大酸素摂取量が低いと心疾患や糖尿病になりやすい 

 
なので、この数値が上がれば、
そういう疾患の回避が出来るという事だそうです。

 
インターバル速歩には持久力UP(=最大酸素摂取量のUP)
筋力UP のダブル効果があるんですね。

健康長寿の為には、簡単でありながら、効率よく出来る
運動のようです。
 

インターバル速歩と血圧の関係

また、インターバル速歩は、血圧にも効果が有ります。

【最高血圧】

ウォーキング -3mmHg
インターバル速歩 -9mmHg

 

ウォーキングに比べてインターバル速歩をしたグループは
血圧も大きく下がって居ることが分かります。

インターバル速歩は血圧も大幅に改善します。
 

インターバル速歩の行い方 ポイント

中高年の方に色々な効果をもたらすインターバル速歩ですが、
開始前には、必ず準備運動をしましょう。

ポイントとしては、

・早歩きなので普通に歩くより少し早く歩く、
・大股で歩く
・手は後ろへ引く
 ※手は2キロ位あるので、前に振ると猫背になり腰やひざを痛めてしまう。
・グーにすると首から肩にかけて力が入り腕振りが小さくなるので 
 手は少し開く
・目線は下を向くと猫背になるので平行で遠くを見る
・ゆっくりとしたジョギングと同じ位のペース
・速歩の後には、呼吸を整えながら普通にゆっくり歩く

 

早歩きが苦しかったら、1、2、3と踏み出す足の
3歩目を大幅にするなどしてリズミカルに歩くと良いそうです。

また、速歩では、腕を大きく振ることで足が遠くに出るので
腕振りは大事です。大きく後ろに引くように振りましょう。
 

インターバル速歩の時間に関して

インターバル速歩は一日に合計15分以上になるようにすればよいので、

・3分の速歩を5回でも、
・1分の速歩を15回でも 

何であっても構わないそうです。

週に4日以上行うのが理想だそうですが、
決して無理はしないように。

また、お医者さんにかかって居る方は、
お医者さんに相談するようにとのことでした。
 

日常生活でのインターバル速歩

速歩は、通勤時やお買い物の途中に速歩を入れることも可能です。
買物の最初は速歩で 帰りは荷物をもってゆっくり帰る、
そんな歩き方でも効果は期待できるそうですよ。

先生も、「ぜひ継続して取り入れて下さい」との事でした。

特にテニスコートを借りてテニスをやる、という
手順が必要な訳でも無いので、
これなら誰でもできそうですよね♪

時間を図る為の A&D 防水インターバルタイマー AD-5709TL 
などの便利なグッズも販売されています。
 

まとめ

公益社団法人 日本柔道整復師会の山田先生も
産経新聞 2016年9月13日朝刊にて、
速足の健康法を勧めています。

腰の周辺には「腸腰筋」と呼ばれる筋肉があり、
背中と腰、太ももの骨を繋ぎ、足を上げたり
体幹を安定させたりする働きを担っています。

運動不足が続くとこれらの筋肉が委縮して衰えてくる
そうなのですが、歩幅を広げてあるくと
腸腰筋・脚・尻・腹などの筋肉が動いて
自然と鍛えられるそうなのです。

姿勢も良くなり、腰痛などの改善・肥満の解消が期待できます。

ウォーキングの適正な歩幅は
進行の半分弱~半分程度ですが(45~50%)
それよりも10センチ程度広い歩幅を
目安にすると良いそうですよ。

体の柔らかさや体力は個人差があるので、
歩幅や歩く速度は無理をしない範囲で
少しずつ上げていきましょう、とのことです。

また、健康長寿の為にどれ位運動すればいいのか?活動量計を使ってみよう!

↑でも、健康長寿のためには1日20分の中強度の運動が勧められていました。

健康長寿のための運動と言っても、
特に何かスポーツをする!という事が重要なのでは無くて、
日々の生活中で、細切れで良いので
合計一日15~20分、中強度の動きが出来れば良さそうでしたね。

ということで、どの番組でも勧められているのが「速足」。

この記事の NHKインターバル速歩の番組でも言われていたように、
柔道整復師の山田先生の言葉でも

「通勤や買い物の時などに速歩を取り入れてみては」と
ありました。無理のない範囲で日々継続させることが
健康な体を作る手助けになりそうです。

 

根本先生のインターバル速歩 書籍

番組でインターバル速歩を紹介してくださった
根本先生は本は下記です。

 

チェック「老後資金の貯め方」7つのポイント まとめ

老後のお金を貯める為に、ひとつずつ対策したいこと。

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!↓

我が家は何百万これで消えた事か..
NHKクローズアップ現代 ご参考にどうぞ

保険相談 選び方

1.保険相談を積極的に受けてみる:保険相談7社 体験比較 口コミ

●確認しておきたい事↓

2.老後資金: 目標額を設定
3.住宅ローン:支払いを終える。投資よりローン返済がお得。効率が良い。
4.無駄な保険を排除:保険の見直し
5.年金を増やす: 確定拠出年金に加入
6.貯金や年金受取額を増やす働き方:
  ・ パートの場合
  ・ 自営の場合
7.お金の使い方の習慣化:老後に備えたお金の使い方

●【その他考えられる節税・節約やお金を増やす方法】

・投資で増やす:50~65歳までに2000万円貯める
・節税:ふるさと納税をする
・節税:ブランド品はふるさと納税で買う
・日々の節約:日々の無理のない節約法まとめ
・医療費節約:スーパーフードで健康維持

老後の住まいつくり 準備Memo

1.リフォームや片付けの時の買取サービス

  貴金属や着物などなど買取サービス一覧

2.匿名で出来る!リフォーム費用見積り比較!

 リフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】

3.自宅がいくらで売れるか知りたい!

 不動産売却計画書 無料作成

4.住み替えについて情報・知識が欲しい!

  住み替え計画書 無料作成



スポンサーリンク