動脈硬化

私達の血管は味の濃いもの・揚げ物・お酒で老化します。
血管の老化は動脈硬化を起こし、心筋梗塞や脳こうそくなど
命にかかわる自体を引き起こしてしまいます。

分かってはいるけれど、
何でも摂り過ぎは良くないんですね~。

もっとも良く知られているのが「血管の糖化」ですが、
他にも塩化・油化・酒化があります。

このこわ~い血管老化について、
どの様に予防していったらいいか?を
簡単にまとめたお話です。

スポンサーリンク

血管の老化・糖化

赤血球に含まれるタンパク質(ヘモグロビン)は
糖と結びつくことで変化してしまいます。

例えば甘いホットケーキには、タンパク質と砂糖が含まれていますが、
それを焼くと、こんがり焦げる部分が出来ます。
それが糖化と言われています。

糖質の多い食事により血液中の糖が増えれば
血管が糖化状態となり血管の弾力性が減少。
動脈硬化になると言われています。
 

血管の糖化 予防

甘いもの・白いご飯・パン・うどんなどの食べ過ぎに注意!
 

血管の老化・塩化

塩分を取り過ぎると脱水作用で高血圧になります。
高血圧は動脈硬化を進行させてしまいます。
 

血管の塩化 予防

日本食は塩分が高めなので、
だしや、薬味を利用して上手に減塩。
 

血管の老化・油化

バターやラードのような油には
悪玉コレステロールが多く含まれています。
これらの悪玉コレステロールは
血管の壁に蓄積してしまうので
血栓となり心筋梗塞や脳こうそくを引き起こす
可能性があります。
 

血管の油化 予防

バターやラードなどではなく
魚に含まれるDHA・EPAのような
良い油を摂取しましょう。

 
余談ですが、先日のNHKスペシャル
健康長寿の鍵!慢性炎症を抑える長寿食と微小循環 ↓でも
魚に含まれるDHA/EPAが長寿になるための慢性炎症を抑えるとの
内容が取り上げられていました。

日本食の良さとは

魚には慢性炎症を抑えることが知られている
EPA、DHAが含まれています
魚の油は他の油より炎症の数値が40%近く下がります。

また、ヒジキ・大豆・ポリフェノール・
ニンジン・海藻・味噌などにも
抗炎症成分が含まれています。

長寿食と呼ばれるものには、どうやら
炎症を抑える成分が豊富に含まれているようです。

私も唯一摂取しているサプリメントがこれなんですよ↓
DHA EPA

DHA・EPAには悪玉コレステロールを減らしたり
血液を固まりにくくする働きがあるので、
コレステロールに悩む私にはぴったりなのです。
画像は主人と1ボトルずつで2ボトル。
 

血管の老化 酒化

お酒を飲み過ぎるとアルコールの脱水作用に寄り
タンパク質を固めてしまいます。
糖化・塩化・油化を促進させてしまう為に
動脈硬化が進行します。

またその脱水作用は、肝臓や膵臓、脳をも委縮させると
言われています。
 

血管の酒化 予防

お酒の飲み過ぎ注意。
 

簡単に動脈硬化を予防するには?

心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす こわ~い動脈硬化ですが、
以前サタデープラスで、
「たった10日で血管年齢がマイナス17才!」
という特集がありました。

絶大な評判を呼んだ酢生姜について、
このサイト内でも下記ページで紹介しています。

血管年齢10日で-17歳!酢生姜の食べ方。

食べ過ぎ飲み過ぎに気を付けながら酢生姜で
動脈硬化予防していきましょう!

 

チェック「老後資金を貯める!」7つのポイント まとめ他

老後のお金を貯める為に、まず確認したいこと。

老後資金対策に危機!是非読んでくださいね。
我が家は何百万これで消えた事か..
NHKクローズアップ現代より

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!

●確認しておきたい事 7つ

1.保険相談を積極的に受けてみる:保険相談7社 体験比較 口コミ
2.老後資金: 目標額を設定
3.住宅ローン:支払いを終える。投資よりローン返済がお得。効率が良い。
4.無駄な保険を排除:保険の見直し
5.年金を増やす: 確定拠出年金に加入
6.貯金や年金受取額を増やす働き方:
  ・ パートの場合
  ・ 自営の場合
7.お金の使い方の習慣化:老後に備えたお金の使い方

その他 節税・節約やお金を増やす方法 5つ

老後の住まいつくり 準備4つ

1.リフォームや片付けの時の買取サービス
  貴金属や着物などなど買取サービス一覧

.匿名で出来る!リフォーム費用見積り比較!
  リフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】

3.自宅がいくらで売れるか知りたい!
 不動産売却計画書 無料作成

4.住み替えについて情報・知識が欲しい!
  住み替え計画書 無料作成



スポンサーリンク