健康長寿

定年退職前に老後の生活資金を考えた時
必ずやっておきたい事があります。

それは「健康診断」です。

この健康診断をしておくと、しておかないとでは、
将来、病気になった時の年金額が大きく変わる可能性があるんですよ。

何故そのような事が起こるのかと言うと・・

スポンサーリンク

障害年金の受給条件に注意

障害基礎年金に関しては、

障害の原因となった病気やけがの初診日が
次のいずれかの間にある事

・国民年金加入期間
・20歳前または日本国内に住んでいる60歳以上65歳未満の方で
 年金制度に加入していない期間
※老齢基礎年金を繰り上げて受給している方を除く

 

障害厚生年金に関しては

・厚生年金保険の被保険者である間に
 障害の原因となった病気やけがの初診日がある事

 
が支給要件となっています。

この障害者年金は、一度支払われれば、
その後も引き続き受給出来ますが
(但、老齢基礎年金との兼ね合いに寄り金額が変わる事もある)
上記に該当しない場合で、65歳を過ぎてから障害状態になった時には
障害状態になったとしても障害者年金が貰えません。

また障害者手当も65歳を過ぎると、新規の申請が出来ないようです。
 
余談ですが、私の80近い父母は大きな病気を持っていまして、
辛い事ではありますが、二人とも障害年金の対象です。

年金が貰えることは、有難くはあっても
嬉しい事ではありません。全て治療費に消える訳ですから。

ただ、この年金が無かったら、もっと
金銭的にも精神的にも追い詰められていた事でしょう。

そして二人の障害を負った年齢が異なる事から
貰える額も補償も違っています。

最初は障害の大きさなのかと思っていましたが、
それだけではないようです。

父母を見ながら、大きな病気になった際には、国からの補助があると
ずっと安心していましたが、年齢に寄り、
また発症した時期に寄り、その後の人生の年金額が
異なるとは、娘である私でさえ、今まで分かって居なかったです。

ましてや障害を負っても障害年金が支払われない事があるなんて、
色々な所に問い合わせるまで、もっと分かって居ませんでした。

細かな条件が合わさって、支給がなされているんですね。
 

定年前にしておくこと まとめ

障害厚生年金に関しては、
「障害を負ったことに関する初診日」が年金加入中
と言うことがクリアされていないと、65歳以降に
障害状態になったとしても障害者年金が受給できません。

反対に言えば、年金加入中に受診をした病気であれば、
その後に障害を負った場合であっても、受給できます。

在職中(年金加入中)に初診日がある事が
のちのちとても大きな差となってくるんですね。

障害を負った本人であっても、
その周りの家族であっても、医療費の負担というものは、
苦しく重くのしかかるものでもあり、
また、減らせるものでもありません。

年老いてから障害を負い、治療費の心配をしながら
生活するのはとても苦しいこと。

退職してから病気が見つかったとき、
あと少し早く健康診断を受けていたら受給条件を満たし、
その後、何十年も障害年金を受給でき、
心配なく治療に専念できたのに・・

そんな想いをしない為にも、まずは
年金加入中の定年前に、一度健康診断をしておきましょう!

何も異常が無ければ、それはそれで有難い事ですもの。

 

チェック「老後資金を貯める!」7つのポイント まとめ他

老後のお金を貯める為に、まず確認したいこと。

老後資金対策に危機!是非読んでくださいね。
我が家は何百万これで消えた事か..
NHKクローズアップ現代より

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!

●確認しておきたい事 7つ

1.保険相談を積極的に受けてみる:保険相談7社 体験比較 口コミ
2.老後資金: 目標額を設定
3.住宅ローン:支払いを終える。投資よりローン返済がお得。効率が良い。
4.無駄な保険を排除:保険の見直し
5.年金を増やす: 確定拠出年金に加入
6.貯金や年金受取額を増やす働き方:
  ・ パートの場合
  ・ 自営の場合
7.お金の使い方の習慣化:老後に備えたお金の使い方

その他 節税・節約やお金を増やす方法 5つ

老後の住まいつくり 準備4つ

1.リフォームや片付けの時の買取サービス
  貴金属や着物などなど買取サービス一覧

.匿名で出来る!リフォーム費用見積り比較!
  リフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】

3.自宅がいくらで売れるか知りたい!
 不動産売却計画書 無料作成

4.住み替えについて情報・知識が欲しい!
  住み替え計画書 無料作成



スポンサーリンク