心臓病と肥満・生活習慣の関係

2017年3月14日の産経新聞に
「健康習慣で心臓病を減らせる!」という記事が掲載されていました。

遺伝的に心臓血管の病気になりやすい人でも
健康的な生活習慣の実践で発症が減らせると
米マサチューセッツ総合病院などのチームがまとめたとのこと。

実は、私の母は心臓の弁が悪く手術をしました。
また主人のお姉さんも、私の母と同じ病気の心臓病です。

二人とも手術をし、今は元気に過ごして居ますが、
当然のことながら、生活習慣には気を付けています。

新聞記事にある内容を読むと、
心臓病で手術した後も、二人が元気に長生きしている生活習慣と
同じで、とても納得できましたよ!

その「健康的な生活習慣4項目」とは?

スポンサーリンク

心臓病の遺伝的リスクが高い人の発症リスクは?

研究では遺伝子の配列をもとに、遺伝的リスクを数値化したそうです。
その上で、健康的生活習慣を数値化し、それらを比較し
平均20年ほど追跡し、冠動脈疾患の発症リスクを調べました。

その時の健康習慣として調べたのが下記です。

1.喫煙していない
2.肥満でない
3.定期的な運動習慣がある
4.野菜や果物の摂取が多いなど食生活が健康

 

その4項目のうち3項目を満たす人が
健康的な生活習慣をしている、としています。

その結果、遺伝的リスクが高い人は、
低い人よりも発症のリスクは高いが、

遺伝的リスクの高低に関わらず

生活習慣が健康的な人は不健康な人に比べ
発症リスクは0.54 となり、

ほぼ半分であったとのことです。
 

心臓病の発症率を下げる まとめ

出来る限りの発症リスクを減らすために
出来ることはしていきたいとものですが、

先の健康習慣において、なかなか実践しずらいのが
「定期的な運動習慣」かもしれません。

ただ、健康長寿の為にどれ位運動すれば、どんな病気が予防できる?
活動量計を使って楽しく効果UP!
にも書いていますが、

テルモ(TERUMO) 活動量計 を使うなどすると、
運動量が「見える化」され、楽しく継続しやすいです。

私も主人と二人で使っています。

活動量計

また、心臓病予防に良いと言われる インターバル速歩などでは、
A&D 防水インターバルタイマー AD-5709TL もあります。

インターバル速歩については こちら
関連記事 癌・心臓病・高血圧を防ぐ運動!インターバル速歩

安くて便利なグッズが沢山ありますので、
利用しながら、無理なく楽しく運動して、
健康長寿を目指しましょ♪

 

チェック「老後資金の貯め方」7つのポイント まとめ

老後のお金を貯める為に、ひとつずつ対策したいこと。

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!↓

我が家は何百万これで消えた事か..
NHKクローズアップ現代 ご参考にどうぞ

保険相談 選び方

1.保険相談を積極的に受けてみる:保険相談7社 体験比較 口コミ

●確認しておきたい事↓

2.老後資金: 目標額を設定
3.住宅ローン:支払いを終える。投資よりローン返済がお得。効率が良い。
4.無駄な保険を排除:保険の見直し
5.年金を増やす: 確定拠出年金に加入
6.貯金や年金受取額を増やす働き方:
  ・ パートの場合
  ・ 自営の場合
7.お金の使い方の習慣化:老後に備えたお金の使い方

●【その他考えられる節税・節約やお金を増やす方法】

・投資で増やす:50~65歳までに2000万円貯める
・節税:ふるさと納税をする
・節税:ブランド品はふるさと納税で買う
・日々の節約:日々の無理のない節約法まとめ
・医療費節約:スーパーフードで健康維持

老後の住まいつくり 準備Memo

1.リフォームや片付けの時の買取サービス

  貴金属や着物などなど買取サービス一覧

2.匿名で出来る!リフォーム費用見積り比較!

 リフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】

3.自宅がいくらで売れるか知りたい!

 不動産売却計画書 無料作成

4.住み替えについて情報・知識が欲しい!

  住み替え計画書 無料作成



スポンサーリンク