心臓病と肥満・生活習慣の関係

2017年3月14日の産経新聞に
「健康習慣で心臓病を減らせる!」という記事が掲載されていました。

遺伝的に心臓血管の病気になりやすい人でも
健康的な生活習慣の実践で発症が減らせると
米マサチューセッツ総合病院などのチームがまとめたとのこと。

実は、私の母は心臓の弁が悪く手術をしました。
また主人のお姉さんも、私の母と同じ病気の心臓病です。

二人とも手術をし、今は元気に過ごして居ますが、
当然のことながら、生活習慣には気を付けています。

新聞記事にある内容を読むと、
心臓病で手術した後も、二人が元気に長生きしている生活習慣と
同じで、とても納得できましたよ!

その「健康的な生活習慣4項目」とは?



心臓病の遺伝的リスクが高い人の発症リスクは?

研究では遺伝子の配列をもとに、遺伝的リスクを数値化したそうです。
その上で、健康的生活習慣を数値化し、それらを比較し
平均20年ほど追跡し、冠動脈疾患の発症リスクを調べました。

その時の健康習慣として調べたのが下記です。

1.喫煙していない
2.肥満でない
3.定期的な運動習慣がある
4.野菜や果物の摂取が多いなど食生活が健康

 

その4項目のうち3項目を満たす人が
健康的な生活習慣をしている、としています。

その結果、遺伝的リスクが高い人は、
低い人よりも発症のリスクは高いが、

遺伝的リスクの高低に関わらず

生活習慣が健康的な人は不健康な人に比べ
発症リスクは0.54 となり、

ほぼ半分であったとのことです。
 

心臓病の発症率を下げる まとめ

出来る限りの発症リスクを減らすために
出来ることはしていきたいとものですが、

先の健康習慣において、なかなか実践しずらいのが
「定期的な運動習慣」かもしれません。

ただ、健康長寿の為にどれ位運動すれば、どんな病気が予防できる?
活動量計を使って楽しく効果UP!
にも書いていますが、

テルモ(TERUMO) 活動量計 を使うなどすると、
運動量が「見える化」され、楽しく継続しやすいです。

私も主人と二人で使っています。

活動量計

また、心臓病予防に良いと言われる インターバル速歩などでは、
A&D 防水インターバルタイマー AD-5709TL もあります。

インターバル速歩については こちら
関連記事 癌・心臓病・高血圧を防ぐ運動!インターバル速歩

安くて便利なグッズが沢山ありますので、
利用しながら、無理なく楽しく運動して、
健康長寿を目指しましょ♪

 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態、驚きでした!

NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕です。
老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。
我が家は何百万もこれで消えてしまったのです。

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!


1.老後資金 検討 お金を増やす方法 3つ

老後の年金不安

1.保険料を減らす!

保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。
必要は保障は人生の節目で変わりますので
定期的に保険を見直さないと損してしまいます。

保険相談7社 体験比較 口コミ



2.年金を増やす!

年金を増やす自助努力として確定拠出年金があります。
2017年から加入者枠が広がりました。
私も即刻加入し、毎月積み立てています。
加入が早い程、資金は貯まりますよ。

確定拠出年金に加入する



3.働き方を変える!

貯金や年金受取額を増やす働き方があります。
制度が変わりましたので、主婦でも社会保険に入れることがあります。

主婦パートの場合
自営の場合


2.老後の住まい 検討3つ

老後の住まい 介護リフォーム

1.リフォーム・住み替え

費用は安く抑えたい。リフォーム時のお得まとめ
暮らしやすい街への住み替え各種情報
コンパクトシティの選択などについて

リフォームのお得な控除・補助金&住み替え



2.リノベーションする

大好きな心地よい終の棲家を作る!リノベーション方法まとめ
年商1億 大家業の主婦さんもチェックする点など

老後も安心な中古住宅リノベーション法



3.介護リフォーム

老後を見据えた時の、暮らしやすい介護を考えたリフォーム検討法
どんなリフォームがあるか?介護保険制度は何が使えるか?など

老後の家づくり。 建て替え・増築・リフォーム法2つ