快眠のための枕
 

まくら 難民になっていませんか?

個人に合った枕の研究・開発を行う研究所 山田朱織枕研究所の
山田先生が 日本テレビのシューイチにご出演されていました。
 

スポンサーリンク

寝返りの大切さ

人が寝ている時間は一日の三分の一、
365日 80年間 その時間 悪い姿勢で寝ていては
体に影響が出ない訳がありません。

人は寝ている間に何回か寝返りを打ちますが、
それは、色々な体の組織を回復させ
疲れや緊張をリセットし元気に回復するため。
なので、寝返り事態は悪い事ではなく、とても重要。

けれど 枕が合わないと、首が折れ、
上手く寝返りを打てない状態になるそうです。

寝返りを打てないという状態は体にとって拷問であり、
頭痛やめまい、肩こり、手のしびれなどを起こすんですね。
疲れやすいのも含め、全て寝ているときの姿勢で決まるとのこと。

苦しい姿勢で寝続けると、首にある胸鎖乳突筋や
僧帽筋などの筋肉が長い時間緊張状態になり、
痛みが生じるそうで、寝違えなどの痛みも、この筋肉だそうです。
 

寝返りの出来る枕を作ろう!

通常の枕というのは、「仰向け」で寝ることを考えられていますが
山田式整形外科枕は寝返りを打つことを中心に制作しているそうです。

個々人に合った枕はミリ単位で変わるのだそうで、
それを調節してあげることで睡眠の質が変わるそうですよ。

ということで、番組内で ご自宅でも出来る枕の作り方が紹介されました。
 

寝返りの打ち易い枕ってどんな枕?

その1:枕の当て方 

◎大切な事は、枕が首の根本を支えている事。
首の根本と枕の間に隙間が出来ないように寝ます。

枕、1cm2cmずれるだけでも 嫌な感じになりますので、
しっかりと首の根本を支えるように置いて寝ます。

その2 :枕の高さ

一番リラックスできる高さは楽に寝返りを打てる高さです。
その高さはミリ単位で変わってきます。
仰向けのポイントは軌道が確保され呼吸が楽に出来る事。
横向きのポイントは方や首に圧迫感がないこと。
首や腰に全く力を入れること無く寝返りが打てることが大切です。

例えば5ミリ高さが違うだけでも、首が折れたりして
だいぶ感覚が異なってきますので、
自分に合った高さを見つけましょう。
 

寝返りの打ち易い枕 まとめ

正しい高さの枕を使うと体の中に一本芯が通った感じになります。
枕の高さを決めるポイントは 湾曲している背骨が
首から腰まで一本の軸になる事。

高さのあった枕を使用することでストレスなく寝返りを打つことが出来、
快眠に繋がります。
 

山田朱織先生の枕の歴史

先生のお父様は整形外科医で、枕の重要性を感じ、具合の悪い
患者さんの為に枕を作ってあげていたそうです。

それを見て育った朱織先生は、実は10年間で10回も
交通事故に合われた、ちょっとおっちょこちょいな方だそうで。
(自損事故・自爆・・などとおっしゃっていました(^^;)

そんな朱織先生にお父様が枕を作ってくださったときm¥、
その効果の素晴らしさに、「こんなに枕って重要なんだ」 
と気付いたそうです。
そして世の中に枕を広めていこうと思われたそうです。

下記サイトで ご自宅で出来る枕の作り方の解説がされていますので、
ご参考にどうぞ。

https://makura.co.jp/service/cushion.html
 

テレビで良くお見かけする山田先生。
とても優しそうな方です。

 

チェック「老後資金の貯め方」7つのポイント まとめ

老後のお金を貯める為に、ひとつずつ対策したいこと。

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!↓

我が家は何百万これで消えた事か..
NHKクローズアップ現代 ご参考にどうぞ

保険相談 選び方

1.保険相談を積極的に受けてみる:保険相談7社 体験比較 口コミ

●確認しておきたい事↓

2.老後資金: 目標額を設定
3.住宅ローン:支払いを終える。投資よりローン返済がお得。効率が良い。
4.無駄な保険を排除:保険の見直し
5.年金を増やす: 確定拠出年金に加入
6.貯金や年金受取額を増やす働き方:
  ・ パートの場合
  ・ 自営の場合
7.お金の使い方の習慣化:老後に備えたお金の使い方

●【その他考えられる節税・節約やお金を増やす方法】

・投資で増やす:50~65歳までに2000万円貯める
・節税:ふるさと納税をする
・節税:ブランド品はふるさと納税で買う
・日々の節約:日々の無理のない節約法まとめ
・医療費節約:スーパーフードで健康維持

老後の住まいつくり 準備Memo

リフォームや片付けの時の買取サービス

  貴金属や着物などなど買取サービス一覧

匿名で出来る!リフォーム費用見積り比較!

 匿名で見積りできるのは良いですよね~♪
 リフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】


スポンサーリンク