・固定費節約のカギ:保険料の見直し 保険相談7社比較 こちら 

kenkou-cyoujyu

産経新聞にとても興味深い話がありました。

認知症になりやすい環境要因というのもあるようです。
2017年2月には、カナダでPM2.5との関係も
発表されました。

私達の生活を取り巻く環境は、様々なものがありますので、
こればかりが原因ではないとしても、
今迄聞いたことが無かった大気汚染と認知症の関係が
示されたことは大変興味深いです。

スポンサーリンク

認知症になりやすい環境

アメリカでも2017年の2月、
幹線道路から300m以内に住む人は
それよりも離れて暮らして居る人に比べて
ぜんそく発症のリスクが3倍高いと発表されました。

また、100m以内に住む人は400m以上離れて
住む人に比べると呼吸器の低下が早いといいます。

幹線道路では、車の排ガスや粉塵により
ぜんそくや肺機能障害を起こしやすいようで、
ぜんそくに関してはPM2.5が関係していると
思われています。

同じ様な研究結果はアメリカだけでなく、
イギリスやオーストラリア、韓国などでも
報告されています。

幹線道路地域に住む健康被害は
確かにあるのでしょうね。

カナダでの研究結果では
何と認知症の発症とも関係しているという下記報告が。

・幹線道路より住まいまでの距離が50M以内の人は
300m以上離れたひとより認知症になる確率が
7%も高い。

・またその中で、都会に住む人や引越しをしなかった人は
そうで無い人より12%も認知症が増えていた。

そこで認知症とPM2.5の濃度との関係が考えられたようです。
 

認知症に与える環境の影響

幹線道路近くに住んでいるから、というだけでなく、
都会に住む生活習慣が、そうで無い地域と異なるということは
多々あります。

なのでPM2.5だけが認知症の環境因子である訳では
なさそうですが、大気汚染も関係があるかもしれないという事実は
とても興味深い事ですよね。

住まいを変えるということは、とても大きな事なため、
そうそう簡単に出来る事ではありませんが、
そんなリスクもあるという事を踏まえて、
日々出来る限りの生活習慣改善をしていきたいです。

空気の汚れた地域では、ウォーキングだって
したくなくなるもの。
爽やかな美味しい空気の中では、お散歩もしたくなるもの。

閉鎖された環境では美味しくないものも、
青空の下、新鮮な空気を吸いながら食べるお握りは
最高に美味しく感じるもの。

私達を取り巻いている「空気」は
当たり前の様に存在しているけれど、
体に、心に、そして脳に、
大きな大きな影響を与えている事だけは
きっと事実なのだと思います。
 

チェック「老後資金の貯め方」7つのポイント まとめ

老後のお金を貯める為に、ひとつずつ対策したいこと。

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!↓

我が家は何百万これで消えた事か..
NHKクローズアップ現代 ご参考にどうぞ

保険相談 選び方

1.保険相談を積極的に受けてみる:保険相談7社 体験比較 口コミ

●確認しておきたい事↓

2.老後資金: 目標額を設定
3.住宅ローン:支払いを終える。投資よりローン返済がお得。効率が良い。
4.無駄な保険を排除:保険の見直し
5.年金を増やす: 確定拠出年金に加入
6.貯金や年金受取額を増やす働き方:
  ・ パートの場合
  ・ 自営の場合
7.お金の使い方の習慣化:老後に備えたお金の使い方

●【その他考えられる節税・節約やお金を増やす方法】

・投資で増やす:50~65歳までに2000万円貯める
・節税:ふるさと納税をする
・節税:ブランド品はふるさと納税で買う
・日々の節約:日々の無理のない節約法まとめ
・医療費節約:スーパーフードで健康維持

老後の住まいつくり 準備Memo

1.リフォームや片付けの時の買取サービス

  貴金属や着物などなど買取サービス一覧

2.匿名で出来る!リフォーム費用見積り比較!

 リフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】

3.自宅がいくらで売れるか知りたい!

 不動産売却計画書 無料作成

4.住み替えについて情報・知識が欲しい!

  住み替え計画書 無料作成



スポンサーリンク