rougo-shikin1

年金受給資格の加入期間が現在の25年から
短縮し10年になりましたが、
それって良い事なのでしょうか?

私達の生活、若しくは、これから年金を払う事になる
次世代の子ども達の生活において、
知っておきたい年金受給額のお話を
朝の情報番組での池上彰さんの解説から~
 

スポンサーリンク

年金受給資格期間について

年金保険料を毎月支払い続けることで
それを将来もらえるのが年金。

年金を受け取るには
一定期間、保険料を納め続けなければなりませんが、
それを年金受給資格期間といいますよね。

その年金受給資格期間。
国会で関連法案が成立し、来年から
これまでの25年から10年に短縮されるそうです。
 

何故 受給資格期間が短くなるの?

安倍総理は1億総活躍社会の実現を掲げ
年金を貰えない高齢者を救済する狙いです。

現状は25年間保険料納めないと払わないと貰えないものを
10年間にする事で 新たに64万人の高齢者が
年金を貰えるようになるといいます。

無年金の問題は喫緊の問題。受給期間短縮について、
来年度からスタート出来るよう準備を進めているそうです。
 

年金の財源は?

年間650億円程度が必要となりますが、
そもそも今回の措置は、消費税10%引き上げに合わせて
その財源を活用して実施する予定でした。

増税は先送りとなりましたが 安倍総理の強い意向から、
年金受給期間の短縮は、見切り発車。
政府はやりくり可能としていますが、
安定した財源が確保出来ているとは思えないと
池上彰さんは言います。
 

無年金の人が減るのはいいことばかりなの?

10年間保険料を払い続ければ年金が貰えると認識ばかりが
先だっている事で、10年を超えて払う人が減るのではないか?
という問題があります。

注意しなければならないのは【年金の受取額】です。

自営業者などの国民年金の場合、40年間で 
月6万5008円 を受け取れますが、

これが10年間になった場合 なんと 4分の1
1万6252円しか支給されなくなります。

年金は保険料を納めた期間に応じて支給が額が大きく変わる
ということを、しっかりと認識しておく必要がありそうです。

 

チェック「老後資金を貯める!」7つのポイント まとめ他

老後のお金を貯める為に、まず確認したいこと。

老後資金対策に危機!是非読んでくださいね。
我が家は何百万これで消えた事か..
NHKクローズアップ現代より

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!

●確認しておきたい事 7つ

1.保険相談を積極的に受けてみる:保険相談7社 体験比較 口コミ
2.老後資金: 目標額を設定
3.住宅ローン:支払いを終える。投資よりローン返済がお得。効率が良い。
4.無駄な保険を排除:保険の見直し
5.年金を増やす: 確定拠出年金に加入
6.貯金や年金受取額を増やす働き方:
  ・ パートの場合
  ・ 自営の場合
7.お金の使い方の習慣化:老後に備えたお金の使い方

その他 節税・節約やお金を増やす方法 5つ

老後の住まいつくり 準備4つ

1.リフォームや片付けの時の買取サービス
  貴金属や着物などなど買取サービス一覧

.匿名で出来る!リフォーム費用見積り比較!
  リフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】

3.自宅がいくらで売れるか知りたい!
 不動産売却計画書 無料作成

4.住み替えについて情報・知識が欲しい!
  住み替え計画書 無料作成



スポンサーリンク