保険の見直し

老後の財産として大きなものには家があります。

年を重ね、介護費用がかさむ時がくるかもしれませんし、
老人ホームに入居しようとなると、
大きなまとまったお金が必要になる事があります。

では、私たちの持ち家をお金に変える方法としては
どのようなものがあるでしょうか?
 



老後の為に持ち家を現金化する方法

その1 家を売却し小さなマンションを買い、
    売買の差額分を老後の生活費にする

その2 リバースモーゲージを利用する

その3 ハウスリースバックを利用する

その4 マイホーム借り入れ制度を利用する

 

家を担保に!リバースモーゲージとは?

リバースモーゲージとは、持ち家を担保にして、
銀行や自治体から融資を受け、老後資金を借りる方法です。
毎月返済するのは借り入れした額の利息のみ。
元金は自分の生存中に返済する義務がありません。
死亡時に自宅を売却し、その代金で一括返済します。

55歳や60歳など一定年齢以上の人が対象となります。

・住宅メーカーや金融機関に寄る民間プランと
・住民税非課税世帯対象の公的プラン(不動産担保が他生活資金)
があります。

 

リバースモーゲージの限度額

限度額は「土地評価額の50%」などに限られます。

リバースモーゲージの方式

リバースモーゲージを使った融資には、3種類あります。

年金方式   : 毎月または毎年、一定額での融資を受ける。
一括融資方式 : 融資可能額の範囲内で、一括での融資を受ける。
随時融資方式 : 決められた金額内で、いつでも自由に融資を受ける。

 

リバースモーゲージの使い方

受けた融資は、契約金融機関などによっては、
利用目的が制限されている場合もありますが、
通常その使い道は様々であり自由です。

リバースモーゲージの利用においては、
担保とした自宅に住み続けるという条件が
付帯していることがありますが、融資を受けた後に、
老人ホームなどに入り、自宅に誰も住まなくなる事もあります。
最近では、誰も住まなくなった自宅を他人に貸し、
家賃収入を得るという使い方もできるようになっています。
 

リバースモーゲージのリスク

その1 長生きのリスク

融資を受け続けている間には返済義務はないと言っても
借り入れている間に限度額に達することもあります。

その2 地価の下落

地価が下がり不動産の評価が苦が下がれば、
借入金額を下回る担保割れになることがあります。

その3 金利上昇リスク

リバースモーゲージの適用金利は変動型が一般的です。
金利水準があがれば、利息負担も重くなっていきます。

 

リバースモーゲージはマンションも利用出来る?

リバースモーゲージの評価対象は土地です。
その為、殆どの金融機関はリバースモーゲージの対象を
「一戸建て」にしていて、マンションの適用は少なくなっています。

都市部などのマンションに関しては利用出来る金融機関もあります。

 

家を売却!ハウスリースバックとは?

利用出来る対象も条件も限られていますので、
まだまだ誰もが利用出来る制度ではありませんが・・。

リバースモーゲージとは反対に、
先に自宅を売却し、そのまま自宅に住み続け
その賃料を払う「ハウスリースバック」というシステムもあります。

保有物件が対応エリア外の地域もあるのですが、
(青森県・秋田県・岩手県・山形県・富山県・茨城県
山梨県・長野県・新潟県・  石川県・島根県・大分県
宮崎県・熊本県・四国地方の住所)

対応エリアの方は考えてみても良いかもしれません。

あの野球選手がイメージキャラクターを努めています。
詳しくは↓をご参考にどうぞ。資料も貰えます。
ハウスリースバック
 

家を貸し出す!マイホーム借り上げ制度とは?

子供の家へ引っ越すなど、住み替えをする場合などにおいて
自宅を売却したく無い時には、
「マイホーム借り上げ制度」も利用できます。

社団法人移住住み替え・支援機構より

一般社団法人 移住・住みかえ支援機構(JTI)の
「マイホーム借上げ制度」は、
シニアの皆さま(50歳以上)のマイホームを借上げて転貸し、
安定した賃料収入を保証するものです。
これにより自宅を売却することなく、
住みかえや老後の資金として活用することができます。

JTIと入居者の賃借契約は3年間。(継続可)
入居者との契約満了時であれば、JTIとの契約を解約し
自宅に戻ることも出来ますし、売却も出来ます。

関連記事
マイホーム借上げ制度のデメリットは?資料を取り寄せてみました。我が家の場合。
 

まとめ

・今現在の家を売却し、小さな家を購入するか
・今現在の家を担保に、今の家に住みながらお金を借りるか
・今現在の家を売却し、そして住みながら家賃として払うか
・今の家を貸し出して、賃料を得るか

色々なシステムがありますね。

我が家も子供たちが独立してからの検討材料の一つとして
情報だけ集めてます。

今の家を貸し出して、賃料を得ることができるなら
家賃収入はインフレリスクに強いので一番良いのかもしれませんね。
 

今の家を売却するといくら?

資金捻出のために、自宅を売却することを考えた場合、
どこで売るといくらになるのか?比較できるサイトもありますよ。

1分で出来る簡単申込み 不動産一括無料査定

一度査定してもらうと、今後の検討材料になりますね。
 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態、驚きでした!

NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕です。
老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。
我が家は何百万もこれで消えてしまったのです。

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!


1.老後資金 検討 お金を増やす方法 3つ

老後の年金不安

1.保険料を減らす!

保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。
必要は保障は人生の節目で変わりますので
定期的に保険を見直さないと損してしまいます。

保険相談7社 体験比較 口コミ



2.年金を増やす!

年金を増やす自助努力として確定拠出年金があります。
2017年から加入者枠が広がりました。
私も即刻加入し、毎月積み立てています。
加入が早い程、資金は貯まりますよ。

確定拠出年金に加入する



3.働き方を変える!

貯金や年金受取額を増やす働き方があります。
制度が変わりましたので、主婦でも社会保険に入れることがあります。

主婦パートの場合
自営の場合


2.老後の住まい 検討3つ

老後の住まい 介護リフォーム

1.リフォーム・住み替え

費用は安く抑えたい。リフォーム時のお得まとめ
暮らしやすい街への住み替え各種情報
コンパクトシティの選択などについて

リフォームのお得な控除・補助金&住み替え



2.リノベーションする

大好きな心地よい終の棲家を作る!リノベーション方法まとめ
年商1億 大家業の主婦さんもチェックする点など

老後も安心な中古住宅リノベーション法



3.介護リフォーム

老後を見据えた時の、暮らしやすい介護を考えたリフォーム検討法
どんなリフォームがあるか?介護保険制度は何が使えるか?など

老後の家づくり。 建て替え・増築・リフォーム法2つ