老後準備 40代 50代

昭和40年以来 3年に1回の割合で行っている
「生命保険に関する全国実態調査」によると、

保険の加入率は、前回24年の90.5%から
89.2%へと下がっています。

加入件数も24年の4.1件から3.8件へ。

保険の見直しがCMで叫ばれるようになりましたし、
不要な保険に加入している事が多々ある事に
消費者が気付き始めたのだと思います。

先日は、金融庁も保険の加入状況に関して
不要な保険、消費者に即した保険に加入していない実態に対し
警鐘を鳴らして居ると、NHKクローズアップ現代で放送されました。

金融庁も警告!あなたの保険が危ない!

また、年間払込保険料は24年の41.6万円から38.5万円へ。
普通死亡保険金額も2763万円から2423万円へ。

払込保険料も希望の保険金額も、この3年間に下がって居ます。

今の時代に即した、家庭の状況にあった保険への見直し
最近いつしましたか?

スポンサーリンク

月々の保険料の支払い額 平均は?

前回の調査よりも支払い保険料の平均が下がったとはいえ、
月々32000円ほどの支払い額で、
先のデータにある、年間払込保険料38.5万円です。

その保険料で毎年保険に加入していたら支払い額は、
10年間で385万円。
20年間で770万円 となっていきます。

ビックリするくらい高額ですよね。
それだけのお金があったら、充分老後の資金になるのに。と
思うのは私だけではない筈です。

そしてそんなに保険料を払ってきたのに、
恐らく、その保険から保険金が下りる機会は、今までも
あまり無かったのではないでしょうか
 

生命保険加入の目的は?

先の「生命保険に関する全国実態調査」によると

加入目的は?

1.医療費・入院費のため58.5%
2.万一のときの家族の生活保障のため53.1%

保険商品の情報収集は誰から?

生命保険会社の営業職員からは、
24年の52.7% → 27年は48.9%と減少。

反対に、2位の保険代理店からは
24年10.4% → 27年は12.9%へと上昇しています。

保険会社の担当さんより保険代理店で契約するように、
時代は変わってきているようです。

同じく誰から加入したか?

1.生命保険会社の営業職員 24年の68.2% → 59.4% (減少)
2.保険代理店の窓口や営業職員 24年の6.9% → 27年13.7% (上昇)

加入の意向について

1.病気やケガの治療・入院への備え50.9%
2・万一の場合の保障48.4%

反対に

加入の意向のない理由

1.経済的余裕がない51.3 %
2. 生命保険にはもう十分加入している22.8%

生命保険にはもう十分加入している。
そんな意見も聞かれる時代になりました。

けれどきっとまだこの事にお気付きで無い人も沢山いて、
かなりの保険料を支払い続けている人が居ることと思います。

総合して結果を見ると、

昔は「保険やさん」から保険を購入するのが常でしたが、
現代社会では、自ら足を運んで保険を購入するような
「代理店」での加入が増えている事が浮き彫りになった、
そんな調査結果でもあると思います。
 

生活不安を解消するには

世帯の生活保障希望額

世帯主に万一のことがあった場合の家族の必要生活資金(総額) 5,653万円
世帯主が入院した場合の必要資金(月額) 25.5万円 
世帯主または配偶者が要介護状態となった場合の必要資金(総額) 3,308万円
世帯主が就労不能となった場合に必要な生活資金(月額) 28.6万円

必要生活資金に関しては
年齢や家族構成にも依ると思うので、
何が平均額になるかは難しい所かと思いますが、
下記老後に関する調査もありましたよ。

公的年金以外の夫婦の老後の必要生活資金
(月額、60〜64 歳) 20.1万円 
(月額、65歳以上) 16.0万円 

公的年金以外に65歳以上では、16万円位を
希望する人が多いようです。

となると、先の記事の
老後資金が用意できない?50代が準備している平均額&用意無しも〇〇%
に書いたように5000万円の準備をしておかないとなりません。

現実はシビアです(;^ω^)

金融庁も警鐘を鳴らすように、
私たちは自分の保険について、適宜見直して
無駄な保険料の支払いを止めていく必要があると思います。

人気の保険ランキング【価格.com 保険】

我が家も随時保険の見直しをして
無駄を省き、保険料の支払額を抑えていますが、
その実体験と相談窓口の比較は下記にて本音で記事を書いてます。

無料保険相談窓口 どこがいい?誰にする?評判と選び方 7社体験比較!保険で節約
 

チェック「老後資金を貯める!」7つのポイント まとめ他

老後のお金を貯める為に、まず確認したいこと。

老後資金対策に危機!是非読んでくださいね。
我が家は何百万これで消えた事か..
NHKクローズアップ現代より

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!

●確認しておきたい事 7つ

1.保険相談を積極的に受けてみる:保険相談7社 体験比較 口コミ
2.老後資金: 目標額を設定
3.住宅ローン:支払いを終える。投資よりローン返済がお得。効率が良い。
4.無駄な保険を排除:保険の見直し
5.年金を増やす: 確定拠出年金に加入
6.貯金や年金受取額を増やす働き方:
  ・ パートの場合
  ・ 自営の場合
7.お金の使い方の習慣化:老後に備えたお金の使い方

その他 節税・節約やお金を増やす方法 5つ

老後の住まいつくり 準備4つ

1.リフォームや片付けの時の買取サービス
  貴金属や着物などなど買取サービス一覧

.匿名で出来る!リフォーム費用見積り比較!
  リフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】

3.自宅がいくらで売れるか知りたい!
 不動産売却計画書 無料作成

4.住み替えについて情報・知識が欲しい!
  住み替え計画書 無料作成



スポンサーリンク