年金を増やす方法

専業主婦の老後の年金に不安があるものの
実際には、いくら位もらえるのか? 
いまいち分かっていない事が多々あると思います。

そこで、妻・専業主婦の老後にもらえる年金について、

・ご主人様と二人の場合、
・ご主人様と死別後

それぞれについて調べてみました。

またその上で、2016年の扶養に関する制度改正に寄り
「受け取り年金額を増やす方法3点+1」も見ていきましょう!
 



ご主人様と二人の時、老後にもらえる妻の年金は?

1)妻自身の老齢基礎年金(国民年金に加入していた分)

2)妻自身の老齢厚生年金(会社員時代に厚生年金に加入していた分)

3)妻が65歳になるまでの加給年金:
  ご主人さまが年金を受ける年になった時に、
  厚生年金の被保険者期間が20年以上あり、
  妻が65歳未満・若しくは子供が18歳のお誕生日後初めての3月31日迄
  妻や子供の年収が将来に亘り、年収850万以下・所得655.5万以下の場合
  ご主人様の年金に上乗せ支給されます。

 

注意1:お誕生日が昭和41年4月1日までの人へ
    妻が65歳になるとご主人様についていた加給年金は
    振替加算となって妻の年金に加算されます。
    お誕生日が昭和41年4月1日以降の生まれの人は
    振替加算制度はありません。

注意2:旦那様が厚生年金加入者で無くなった時、
    妻が60歳前の場合には、60歳まで自分で国民年金を払います。
 

ご主人と二人の場合の年金額 まとめ

受け取れる国民年金は最大で、一月約6万6000円程度
プラス収入に応じて収めてきた厚生年金の額に寄り、
年金の総額が決まります。
 

ご主人様に先立たれた場合(一人老後)に貰える妻の年金は?

1)妻自身の老齢基礎年金(国民年金に加入していた分)

2)妻自身の老齢厚生年金(会社員時代に厚生年金に加入していた分)

3)遺族基礎年金 18歳になった年度の末日(3月31日)を経過していない子
         20歳未満で障害年金の障害等級1級又は2級の子がいる場合

4)遺族厚生年金妻 夫が受給していた老齢厚生年金の4分の3を
 「遺族厚生年金」として、自分の年金を差し引いた分を
  再婚しない限り生涯貰えます

5)中高年の加算:遺族厚生年金が支給されている妻で子供が居ない時。
         65歳までは 年額 594200円を一律支給 

 

一人老後の場合の年金額 まとめ

受け取れる国民年金は最大で、一月約6万6000円程度になります。
それに対象となるお子さんが居れば遺族基礎年金がプラス。
対象となるお子さんが居なくても65歳までなら中高年の加算がされます。
また、夫の遺族年金としては7万円程度受給している人が多いそうです。
ということで、65歳を過ぎ、対象となるお子さんがいなければ、
だいたい13万円程度を受け取る人が多いそうです。
 

妻の年金を増やすために

ご主人様と一緒に過ごされる老後にしても、一人老後にしても、
受け取る年金額を増やすには、妻の(専業主婦の)年金を
増やす事にかかっています。特にご主人様に先立たれた後の年金受取額の
少なさはとても心配です。

でも続々と制度改正が行われています。それにより、
主婦でも将来の年金受取額を増やす方法が新たに出てきたのです。

そこで、年金受取額を増やす方法として
どんな方法があるか見ていきましょう。
 

106万円の壁を利用する

従来130万円未満の場合、夫の被扶養者になり、
それ未満の場合には、自己負担なしに健康保険に加入出来ました。
ところが、2016年10月から 妻の年収が106万円から健康保険・
厚生年金に加入することになります。

対象となるのは下記条件を満たした時です。

・勤務時間が週20時間以上
・賃金は一月8.8万円以上
・勤務期間1年以上の見込み
・勤務先(法人単位)の従業員(社会保険加入者)501人以上の企業
・学生は対象外

確かに、106万円の壁が出来た事に寄り、
社会保険等の支払いが増えることで、
従来より手取りが少なくなる事があります。

ただ、厚生年金に加入できれば将来受け取れる年金が増えます。
世界一の長寿国となった日本では、女性の平均寿命は86.8歳
2人に1人が90歳を超えると言われています。

何より、長生きのリスクが叫ばれる時代です。
収入源が年金だけになる老後に、少しでも多く年金を受け取る為に、
元気なうちに厚生年金に加入しておくという選択肢も悪くはありません。

何より、従来は週30時間勤務で厚生年金に加入できましたが、
今後は週20時間でも厚生年金に加入できるのです。

育児や家事をしながらパートに働きに出るにしても、
週20時間と30時間では、かなり負担が違ってきますので
働きやすくなると思います

年106万の収入の壁を前にして、選択肢は二つです。

・今の手取りを優先するか
・将来の安心をとるか?

確かに、何歳まで生きるか?、どんな人生を歩むことになるのかは
分かりません。ただ、週20時間で厚生年金に加入できるのは、
利点と考え働きに出る事は、将来の年金受取額を増やす準備にもなります。

※勤務先(法人単位)の従業員(社会保険加入者)501人以上の企業とは
従来のパート勤務などで社会保険に加入していない従業員は入りませんので、
実際の501人以上かどうかは、その企業に確認する必要があると思います。
 

確定拠出年金に加入することが出来ます

2017年1月~ 専業主婦でも確定拠出年金が利用できるように
制度改正がありました。

当サイト内関連記事:
 主婦の老後資金つくり 制度改正:個人型確定拠出年金

確定拠出年金の公式サイト:Ideco公式サイト

私は楽天証券で、
確定拠出年金の申込書の請求をしました!

専業主婦の確定拠出年金
 
50近い私の場合、今の年齢から60歳まで利率5%でかけると
総額400万円を超えるようです。

書類請求画面では、それぞれの方に合わせた予想額が、
表示されます。

まずは口座開設だけでも、今から確定拠出年金を
かけた場合、一体いくら位になるのか?
それが分かるので試してみてくださいね。
 

追記:確定拠出年金 7か月後

 
2017年6月から確定拠出年金を始めて7か月目。
毎月23000円ずつ、ぽちぽち積み立てていますが、
何と利回り20%を超えています。

確定拠出年金 資産推移

黒い線が積み立てた金額までの線。そこから飛び出た棒グラフが
利益となっている分です。20%は大きいですね。

確定拠出年金

口座を開設して、確定拠出年金に加入して良かったな、
とつくづく感じています。

私の加入している 楽天証券 は、口座開設も
口座管理手数料も無料です。
 

その他、従来からの年金の増やし方

制度改正以前から行われてきた
年金の増やし方は・・?
 

未納期間があったら遡って支払う

そして当然ですが、未納があったら、支払っておきましょう。
支払い期限が過ぎていたら、60歳後にその分を追加で支払い
満額受け取れるようにします。
 

個人年金保険に加入する

民間保険の話ではありますが。

「個人年金保険」に加入し将来の老後生活費として
国民年金で足りない金額を補う。

民間保険については、保険相談などを
利用して条件の良い所で加入する。

参考:保険相談窓口7社 比較
 

主婦が起業して扶養から外れる場合

とはいえ、パートに働きに出て

・週20時間以上勤務、
・年106万円以上の収入、
・社会保険加入の従業員501人以上の企業で
・勤務1年以上(見込み)

は、ちょっと難しいという方で、それならば、

自分で起業したい!という場合、
もしくは現在のご主人様の扶養内起業から扶養脱出!の場合など、

扶養から外れる際、自分で国民年金を払う様になれば、
(第一号被保険者となれば)他にも年金を増やす事が出来ます。
下記いずれも、所得控除などの税制上の利点があります。
 

国民年金の付加年金を収める事が出来ます。

国民年金の第1号被保険者になると、定額保険料に
付加保険料を上乗せして納めることで、
受給する年金額を増やせます。
 

国民年金基金に入れます。

※注:国民年金の付加年金と国民年金基金は
どちらかしか加入出来ません。二者択一となります。

 

国民年金基金は、第一号被保険者の国民年金に
上乗せする形のもので、自営業者などの
老後の所得保障の役割を担うものです。
年金増額目的の付加年金と同じ意味合いになるので、
付加年金・年金基金のどちらか一方しか選べません。

お金に余裕がある場合には、付加年金よりも
国民年金基金の方が、節税対策になるようです。
 

小規模企業共済が利用できます

個人事業主として独立する場合、所得に余裕があれば
小規模企業共済に加入するのもお勧めです。
 

総まとめ

その他、株式投資や投資信託等の資産運用も視野に入れる事が出来ますね。

扶養から外れるということは、目の前の収入は減る事もありますが、
将来的に見て年金が増えるという利点もあります。
扶養内・扶養外 どちらを選ぶかは、双方の利点を見ながら
考えていきたいですね。
 

※記事は一般的な情報となっています。
106万円の壁が適用される条件も今後見直していく様ですし、
それぞれの方の状況等に寄り、最善の選択は異なります。
あくまでも一情報としてお読みいただけましたら幸いです。

将来設計は、ファイナンシャルプランナー等の専門家に
相談できます。私も定期的に相談しています。

体験談は下記にまとめています。
すっかりオタクになっちゃいましたが(^^;
 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態、驚きでした!

NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕です。
老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。
我が家は何百万もこれで消えてしまったのです。

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!


1.老後資金 検討 お金を増やす方法 3つ

老後の年金不安

1.保険料を減らす!

保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。
必要は保障は人生の節目で変わりますので
定期的に保険を見直さないと損してしまいます。

保険相談7社 体験比較 口コミ



2.年金を増やす!

年金を増やす自助努力として確定拠出年金があります。
2017年から加入者枠が広がりました。
私も即刻加入し、毎月積み立てています。
加入が早い程、資金は貯まりますよ。

確定拠出年金に加入する



3.働き方を変える!

貯金や年金受取額を増やす働き方があります。
制度が変わりましたので、主婦でも社会保険に入れることがあります。

主婦パートの場合
自営の場合


2.老後の住まい 検討3つ

老後の住まい 介護リフォーム

1.リフォーム・住み替え

費用は安く抑えたい。リフォーム時のお得まとめ
暮らしやすい街への住み替え各種情報
コンパクトシティの選択などについて

リフォームのお得な控除・補助金&住み替え



2.リノベーションする

大好きな心地よい終の棲家を作る!リノベーション方法まとめ
年商1億 大家業の主婦さんもチェックする点など

老後も安心な中古住宅リノベーション法



3.介護リフォーム

老後を見据えた時の、暮らしやすい介護を考えたリフォーム検討法
どんなリフォームがあるか?介護保険制度は何が使えるか?など

老後の家づくり。 建て替え・増築・リフォーム法2つ