節税 医療費

60歳に定年退職となると、その後、継続雇用されても
収入はさがってしまいます。

とはいえ、働く事は大きくて
年間150万円であっても、65歳までの5年間で
750万円の収入になります。

60歳になったら生活レベルを下げたいものですが、
それまで豊かに生活していると、
どうしてもいきなり下げる事は難しいかもしれません。

なので、50代のうちから少しずつ
生活サイズを小さくしていきたいものです。

スポンサーリンク

老後の生活費を貯める為の節約

さて、どうやって生活サイズを小さくしていくか、
考えてみましょう。

車両費を節約する

まずは、老後の生活費の節約として挙げられるのが車両費です。
我が家も近々、車は手放します。

車の売却はネットで調べて一番高額で買い取ってくれそうな所を
車買取サポーターの無料査定一括申込み してみました。

車の保険証券を見ながら、ネットで車両情報を入力したら
2日ほどで数社からの査定が届きました。

我が家の場合には、

駐車場代 18000円×12か月=216000円
車検代 1年計算で 60000円
保険 15000円
その他 ガソリン代

合計1年間で 291000円+ガソリン代 が浮き
5年間150万円超 

が貯まる予定。

 
なにより、車で人身事故でも起こしたなら、
人生も変わってしまいます。
それに、車無しで電車移動や徒歩移動した方が
健康にも良いですしね!

健康になれてお金も貯まるなら最高!

車を手放しても生活出来る地域であれば、
少しでも早く車を手放すと、
老後の生活費節約の練習にもなりそうです。

とはいえ、車を手放す時は、勇気が要りますけどね(;^ω^)
 

子供にかかる費用を貯金に回す

子供の大学費用や結婚、住宅購入など
ついつい援助してあげたくなる物ですが、
これからの時代、私達 親は年金収入もあまり期待できませんので、
決して無理は出来ません。

大学の学費として借りた奨学金を返済できずに
苦労している方が増え、それは社会問題にもなって居ますが、

親に払ってもらった大学費用よりも
自分で奨学金を借りている方が、
「返せるだけの職に就く為、勉強しなくては!」と
向上心をもって勉学に励むという意見もあります。

奨学金を背負わせて社会に出るか?
親が大学費用迄は見るか・・?

どちらにするかは意見は分かれる所ですが、
とにもかくにも奨学金だけでなく

「子供にお金をかけすぎない」。

その感覚は、年金に期待できない私達世代は
忘れてはならない部分かもしれません。

子供の結婚費用に関する記事も下記で まとめています。
子供の結婚費用。親の負担はいくら位?親が出す?援助なし?
 

生活費の安い地域に引っ越す

食材や駐車場代、家賃など等
生活コストは住む地域に寄り大幅に変わります。

経済産業省では、地域の「暮らしやすさ」を
下記で見える化しています↓

生活コストの見える化について

なるべく生活コストの低い地域に
元気なうちに引っ越して、
ご近所づきあいをしておくのも一案ですね。

あまり年を取ってからの引っ越しは、↓にも書きましたが、
老後の家・住まいの片付け・リフォーム費用や不用品回収・買取

精神的にも肉体的にも大変なものですし、
知り合いの全くいない地域に越していくのも辛いです。

できるならば、生活コストの安い地方都市部に
賃貸で仮住まいをするなどして、その土地が自分に合って居るか?
お試し移住をしてみる。

それからそこで少しずつ
土地の人たちと仲良くなりながら、
ゆっくり安住の地を探してみるのが理想の様です。

また、自宅に小さな畑などもあると、食材も安くなります。
そして、農作業は健康になれる元です。

そんな老後生活にぴったりな土地探しも
老後の節約生活の準備になりますね。

今現在の家が、いくらで売れるかなど、
買い買えについては、タウンライフ から
無料で見積り等が取れます。

ご参考にどうぞ。
 

固定費の保険は資産運用にならないので見直す

また、毎月支払って居る保険に関しては、
将来の事態に備えて、漠然と不安を抱えて、
加入している人が大半のようです。

毎月の保険料の平均は?全国調査で分かった保険の話 

ただ、30年間、個人年金保険に加入したとして、
リターンが何%かというと、ある保険会社の場合

月払い保険料 15000円
払いこみ保険料 総額 540万円
年金受取 640万円 

リターンは年1.1%

 

その上、マイナス金利時代になり 
この利率も維持できないのでは?と言われています。

退職金バカ 50歳から資産を殖やす人、沈む人 (講談社+α新書) より

あくまでも保険商品なので、その保険料には保証分の積み立てが
入っているため、運用利回りは低いようです。

資産運用にと、勧められたかもしれませんが、
実際には、保険は資産運用として使うものではないと言われています。

NHKの「クローズアップ現代」でも、保険商品について
保険会社主導で加入させられてしまう事が多々あると
金融庁が警鐘を鳴らして居ると放送されていましたよ。

一度加入中の保険を見直してみる必要はあると思います。

クローズアップ現代の番組内容は
当サイトの内容と照らし合わせながら下記にまとめています。
金融庁も警告!あなたの保険が危ない!

私も保険に関しては、必要なものにはしっかり加入し、
それでいて不必要なものを削除すべく、
何度も何度も検討して、保険料を下げました!

今は、保険に関しては、安心して
老後を迎えられそうです。

保険見直しの体験談は、
無料保険相談窓口 どこがいい?誰にする?評判と選び方 7社体験比較!
にもまとめています。
 
人生100歳まで生きる時代になってきています。

定年前後には、気を引き締めて、無駄を省いていき、
シンプルかつ、穏やかで豊かな生活を送る
準備期間としたいですね。
 

チェック「老後資金を貯める!」7つのポイント まとめ他

老後のお金を貯める為に、まず確認したいこと。

老後資金対策に危機!是非読んでくださいね。
我が家は何百万これで消えた事か..
NHKクローズアップ現代より

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!

●確認しておきたい事 7つ

1.保険相談を積極的に受けてみる:保険相談7社 体験比較 口コミ
2.老後資金: 目標額を設定
3.住宅ローン:支払いを終える。投資よりローン返済がお得。効率が良い。
4.無駄な保険を排除:保険の見直し
5.年金を増やす: 確定拠出年金に加入
6.貯金や年金受取額を増やす働き方:
  ・ パートの場合
  ・ 自営の場合
7.お金の使い方の習慣化:老後に備えたお金の使い方

その他 節税・節約やお金を増やす方法 5つ

老後の住まいつくり 準備4つ

1.リフォームや片付けの時の買取サービス
  貴金属や着物などなど買取サービス一覧

.匿名で出来る!リフォーム費用見積り比較!
  リフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】

3.自宅がいくらで売れるか知りたい!
 不動産売却計画書 無料作成

4.住み替えについて情報・知識が欲しい!
  住み替え計画書 無料作成



スポンサーリンク