・固定費節約のカギ:保険料の見直し 保険相談7社比較 こちら 

老後の年金不安

年金は今後、年齢に寄り65歳から貰う人が増えてきます。
我が家の主人は、63歳から貰える年齢帯なのですが、
今後は殆どの人が65歳からの支給開始になっていきます。

ただ、63歳から貰えると言っても、
63歳から貰わなければならない、という訳ではありません。

63歳から貰える権利が発生した、というだけです。
これは今後65歳から年金が貰える世代の方たちも
勿論同じ考え方となります。

そして、何歳から年金を貰かによって、
貰える年金額が変わってきます。

どの位変わってくるかというと・・・?

年金開始年齢について考えてみましょう~

スポンサーリンク

将来の年金受給額を計算する

年金は、自分の年金開始年齢を過ぎれば
いつからでも貰えますが、
1か月支給を遅らせるごとに0.7%ずつ支給額が増えてきます。
2年間繰り下げれば24か月×0.7%=16.8%増え、
その増えた金額で障害年金が貰えます。

70歳まで繰り下げれば42%UPになるという計算は
ここから来ています。

関連記事老後の年金受給額を増やす方法2つ!貰える額42%UP!など 

なので、42%UPさせようと、70歳まで待たなくとも良いんです。
もっと短く考えて1か月支給を遅らせるだけでも
年金が増額してもらえると考える事ができるのです。
 

年金は申請しないと貰えない

年金は、申請しないと貰えません。
なので、年金支給開始年齢になったとしても、
年金を貰おうとしなければ、自動的にその期間分、
障害の年金額が増えていきます。

ということは、働けるまで働いて
年金を貰わないでいればいいだけです。

いつからも貰えば何%UPするとか、
そう言う事を考えて、もう少し貰わないで頑張ろう!とか、

70歳まで貰わずに42%UPさせよう!とか
そういう苦しくなるような考え方は必要なさそうです。

ただただ、年金を貰える権利を獲得したので、
出来れば貰わずに1か月でも多く過ごすだけ。

それだけで障害の年金が増えるのだ、と思うと、
少し気が楽になりませんか?
 

年金は5年遡って請求できる

また、例えば、何らかの理由でまとまったお金が必要になった時、
5年間年金を遡ってもらう事が出来るようです。

その時には、年金支給開始年齢から貰える分の年金額を
一度に支給してもらえます。
そしてその後の年金支給は、増額なしの通常の支給額を貰う事になります。

「年金受給申請をし忘れていたので、その分今から一度に貰い始めたいです」
と申請する形になります。
 

まとめ

年金は急いで貰わなくても、自分が受給を開始しよう!と
思った時に申請すれば良い。
それまで支給を遅らせた分は、1か月単位で生涯年金が
増額される。

もしも途中で、お金が必要になった時には、
それまでの分を遡って支給してもらう事も出来る。

なので、生活に支障がない限りは、
年金受給申請をしないでいて大丈夫!

年金受給権利を獲得してから、受給までの期間は、
生涯貰える年金が増え続けていて、
尚且つ、困った時には貰えるお金がある、という時期である。
 

チェック「老後資金を貯める!」7つのポイント まとめ他

老後のお金を貯める為に、まず確認したいこと。

老後資金対策に危機!是非読んでくださいね。
我が家は何百万これで消えた事か..
NHKクローズアップ現代より

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!

●確認しておきたい事 7つ

1.保険相談を積極的に受けてみる:保険相談7社 体験比較 口コミ
2.老後資金: 目標額を設定
3.住宅ローン:支払いを終える。投資よりローン返済がお得。効率が良い。
4.無駄な保険を排除:保険の見直し
5.年金を増やす: 確定拠出年金に加入
6.貯金や年金受取額を増やす働き方:
  ・ パートの場合
  ・ 自営の場合
7.お金の使い方の習慣化:老後に備えたお金の使い方

その他 節税・節約やお金を増やす方法 5つ

老後の住まいつくり 準備4つ

1.リフォームや片付けの時の買取サービス
  貴金属や着物などなど買取サービス一覧

.匿名で出来る!リフォーム費用見積り比較!
  リフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】

3.自宅がいくらで売れるか知りたい!
 不動産売却計画書 無料作成

4.住み替えについて情報・知識が欲しい!
  住み替え計画書 無料作成



スポンサーリンク