老後の生活資金の備え

日本FP協会の 全国の20歳以上男女1200人に聞いた
「老後のお金に関する調査」 によると、

年金以外の老後資金は「預貯金(定期預金を含む)で準備する」
が最も多い結果となっています。

ただ、老後の生活資金に関し不安に思う人は、
そもそも貯金・貯蓄ができないことに悩んでいます

また、アンケート結果では、老後に関する情報収集は、
TV、ネット、新聞雑誌など及び、行政機関や金融機関、
知人・親からが大半となっており、

老後資金を不安に思って居る人で、
ファイナンシャルプランナーなどの
お金の専門家に相談したいと思って居る人は、合計31.7%と、
まだまだお金の専門家に相談することに、世の中は
慣れていないのが実情のようです。

老後不安をFPに相談

しかしながら、先のデータでは、
そのうちの10.5%の人が
実際の相談を始めています。

相談を始めた人から、適切な老後準備を
始めることが出来ますが、まだまだ、
老後の生活資金に対し不安に思う方の大半が、
「相談したいと思ったりもするが、相談したことは無い」
という状況の様です。

その理由として、FP相談に対する不安として、
相談料が いくらかかるか分からない という事が
一番大きな理由となって居ます。

FPに相談しない理由

結果、なかなか実際には動けず、
より老後に関して不安が募ってしまっています。
 

スポンサーリンク

老後のための貯蓄の仕方

年金以外での老後資金の貯蓄は
「預貯金で準備する」が最も多くなっています。

次いで、老後資金を不安に思う方は「老後も働く」が40.1%

老後を不安に感じている人

しかしながら、不安に思わない方では、
「老後も働く」が減り、「金融商品で増やす」が
20.0% もあります。

老後を不安に感じていない人

ここはお金の増やし方の考えの差が、
大きく表れている気がします。

私のような庶民には、いまから金融商品で増やすのは、
とてもリスクを感じますが、
既にお金を持っていらっしゃる方は、
金融商品の取り扱いに慣れていらっしゃるのでしょうね。
 

老後に向けて暮らしの中の貯蓄の工夫

アンケート結果では、暮らしの中の貯蓄の工夫として
下記が上がっています。

(当サイトで記事にしているものはリンクを張って居ます)

・毎月金額を決めて計画的に貯蓄 27.5%
・食費や光熱費などの基本的な生活費を節約 23.9%
・毎月の生活費の残りを貯蓄 22.5%
・家計簿を毎月つける 22.0%
・趣味・娯楽・交際費を節約 16.8%
スマホや携帯電話などの通信費を節約 14.3%
・旅行の回数を減らす 10.3%
・クレジットカードを整理 6.8%
定期的に生命保険や損害保険を見直す 6.8%
マイカーを売却して維持費等を節約 2.4%
・住宅ローンを見直す 2.3%
塾や習い事など、こどもの教育費を見直す 1.1%
・その他0.6%
・特に取り組んでいない34.2%

 

老後資金の不安を誰もが持っていますが、
一番多いのが「特に取り組んで居ない」というのも興味深いです。
 

老後 夫婦の生活資金・貯金についての不安

また、老後における最大の不安は
医療費や介護費に対するもの になっています。

それなのに「貯金ができない」や
「老後資金が準備できるか心配」など、
お金を貯められていないことについて
大きな不安を感じる方が多いようです。

当サイト介護カテゴリー では、
介護に関する費用を安くする方法等
記事をまとめていますので
ご不安な時には、ぜひご一読頂ければ、
何かしらの力になれるかもしれません。
 

老後の備えについてファイナンシャルプランナーに相談

くらしやお金に関する悩みをファイナンシャルプランナーに
相談してみたいとどうか? については、
冒頭にも円グラフで示しましたように、

「相談してみたいと思う」7.2%、
「どちらかと言えば相談してみたいと思う」24.5%、
となっており、合計31.7%。

また相談した人の理由としては、

老後不安でFP相談した理由

「保険の加入及び見直しの時期だったから」
「老後が心配だから」
「子どもの教育資金が心配だから」が三大理由でした。

ただ、日本FP協会は下記の様に言っています。

住宅購入や保険見直し、家計見直しなど
大きな問題が発生している場合に、
FP に相談しようと考える方が多いようですが、
今後のライフプランを考え、問題が発生する前
に問題が起きないようにすることが大切

 

老後について相談したい理由

ファイナンシャルプランナーに
「相談したことはないが、相談したい」と
思って居る方の理由としては、

「老後が心配だから」 57.0%
「保険の加入及び見直しの時期だったから」25.6%、
「相続が心配だから」21.5%。

気になるのは、

「相談したきっかけ」の第一位は、
「保険の加入及び見直しの時期だったから」 であるのに

「相談したことは無いけれど相談したい人」の第一位は
「老後が心配だから」ということです。

老後が心配だが、実際には踏み出せず相談できて居ない
「相談すれば生活を見直せば改善する方がとても多い」
ということが分かります。
 

ファイナンシャルプランナーに相談するのを躊躇う理由

また、ファイナンシャルプランナーとの相談を
躊躇う理由として挙げられたのは、

FPに相談しない理由

「相談料がいくらかかるかわからない」56.0%
「お金を払ってそれ以上のメリットを受けられるのかどうか」36.2%、
「プライバシーが保護されるのかどうか」35.9% 

が三大理由となって居ます。

ただ、TVや行政HPなどからでも
老後に関する情報を得ることは出来ますが、
なかなか自分の場合にはどうなのか?が見えてこないもの。

お金の専門家・ファイナンシャルプランナーに相談すると、
自分自身の老後設計が見えてきます。

でも、その相談に二の足を踏んでしまう不安を
解消できる方法もあります。
 

老後貧乏にならない!貯蓄・生活資金捻出のために

今の時代では、残念ながら
老後の貯蓄に関する不安は、誰もが増す一方。

でも私たちは、何か一歩を踏み出せば、
老後の不安は解消され、お金も貯まり始める。

 

そう思って居ても、そして
ファイナンシャルプランナーが良いと分かって居ても
ちょっと踏みとどまってしまう方にも、

幸い今は、保険相談の窓口というものがあります。
無料であってもファイナンシャルプランナー対応の所があります。

結果、質の高いファイナンシャルプランナーを
自分で探す必要もなく、無料で簡単に相談できます。

また、他の記事でも書いていますが

私達が加入している保険には無駄があり、
保険商品選びが保険会社主導になっていると

金融庁も警告を出して居る時代です

私達は本当に必要な保険に加入しておらず、
不必要な保険に加入し、保険料を支払い続けている
可能性があります。

NHKのクローズアップ現代で放送されていた
その内容は下記でまとめていますので
後ほどお時間あったら、ぜひ読んでみて下さい↓
金融庁も警告!あなたの保険が危ない!

その点を考えると、保険相談窓口は、
「ファイナンシャルプランナーに
お金の相談をしながら、保険をも見直すことが出来る」という
私たちにとって、ちょうど良い(?)システムなのです。
 

老後の備え/生活資金対策 まとめ

老後の為の貯蓄・生活費捻出において、
大きく今現在節約できるのは、
保険の見直しと言われています。

保険相談を受けたからと言って、
そこで新しい保険に加入する必要はありません。

だって、今まで、保険屋さんに勧められるがままに
すぐに保険に加入してしまったことで、
高額な保険に加入してきてしまった訳で。

これからは、じっくりじっくり
保険について考えていかなければならないから。

老後は病気にもかかりやすくなりますし、
特に保険については、しっかりと見直していきたいものです。

大切な所に、保険料をかけて、
無駄な保険料の支払いは拒否していきましょう。

私達の大切な老後資金を守るため、貯める為、
そして健康な生活を守るためには、出来ることを
出来る限りやっていく。

その為にも、私たちは保険に強くなる必要があります。

だからこそ、保険相談をいくつか受けながら、
自分自身で納得して保険に加入していく事が
大切な時代になっています。

私も、いくつかの保険相談を受けるうちに、
全く無知だった保険に関して
少しずつ見えてくるものがありました。

そして知識が付きました。

今では保険相談に行くと
「まぁ、無駄なく過不足なく安く加入している」と
ファイナンシャルプランナーさんには褒められ、
新たな提案は無い・・と言われるほどの状況です(;^ω^)

老後を迎える前に、保険を見直しておいて
本当に良かったと思っています。

安心して老後を迎える為に・・
何をしますか・・?

実際に相談して保険商品を見直した
私の経験談、消費者目線の本音は、
保険料を支払い過ぎていた悔しさの思いのたけを込めて、
下記にまとめています。

宜しかったら、ぜひ読んでくださいね↓

保険料の見直し節約!無料保険相談 選び方 7社 体験比較!

 

チェック「老後資金を貯める!」7つのポイント まとめ他

老後のお金を貯める為に、まず確認したいこと。

老後資金対策に危機!是非読んでくださいね。
我が家は何百万これで消えた事か..
NHKクローズアップ現代より

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!

●確認しておきたい事 7つ

1.保険相談を積極的に受けてみる:保険相談7社 体験比較 口コミ
2.老後資金: 目標額を設定
3.住宅ローン:支払いを終える。投資よりローン返済がお得。効率が良い。
4.無駄な保険を排除:保険の見直し
5.年金を増やす: 確定拠出年金に加入
6.貯金や年金受取額を増やす働き方:
  ・ パートの場合
  ・ 自営の場合
7.お金の使い方の習慣化:老後に備えたお金の使い方

その他 節税・節約やお金を増やす方法 5つ

老後の住まいつくり 準備4つ

1.リフォームや片付けの時の買取サービス
  貴金属や着物などなど買取サービス一覧

.匿名で出来る!リフォーム費用見積り比較!
  リフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】

3.自宅がいくらで売れるか知りたい!
 不動産売却計画書 無料作成

4.住み替えについて情報・知識が欲しい!
  住み替え計画書 無料作成



スポンサーリンク