光熱費の節約

光熱費ってバカになりませんよね。
自分で節約して削ろうと思っても、思いのほか減らない支出でもあり。

なので、一番簡単に節約するためには
会社自体を代えちゃえば楽ちんですね。

でも、どこが一番安いのか?
検討するのは面倒よ!という私のような貴方に♪

電力比較サイトを見つけました。

スポンサーリンク

ガス自由化開始!2017年からはガス会社も選べる!

2017年4月からガス会社も選べるようになりました!
電力会社が選べるようになったり、
携帯会社がインターネット回線もセットで販売する様になったり。

訳が分からなくなっているのは
私だけでしょうか・・?

昔だったら、ガスは東京ガス!
電気は東京電力!
電話はNTT!

(※それぞれのお住まいの地域で異なるでしょうが)

と家族全員が当然の様に分かって居た事。

けれど、現代では、どこと契約しているのか?は
ちゃんとどこかに記しておかないと、
きっと家庭を守る主婦以外の家族は分からないのではないかと。

そうでもないですか?

ちなみに我が家は ガスと電気は 一括でこの4月から東京ガス。
インターネットと電話は1年位前にNTTからOCNに変更しました。

 

電気代・ガス代を安くしよう!

さて、冬や夏にはエアコンやガスストーブなどで
コストのかかる光熱費。

暑がりさん、寒がりさんが家族にいると、
一日中費用はかさみます。

我が家が電気とガスを、今回一括で東京ガスにしたのは
電力比較サイト 電力比較サイト エネチェンジ で調べたところ、
我が家の地域にとっては、一番安かったからです。

郵便番号を入れれば、お住まいの地域のお勧めが出てきます。
お試ししてくださいね。

自分であちらこちらから資料を集めて見比べるのは
結構面倒くさくないですか?(;^ω^)
こうやってネットで、パパッと調べることが出来れば便利かと。

電力比較サイト 電力比較サイト エネチェンジ 

 

水道代の節約

水道代も気になる所。
我が家は皆お風呂に入る時間が異なる為
どうしても水道代もかさんでいきます。

平成24年度の一般家庭水使用目的別実態調査では、

になっていますが、我が家の場合だときっと洗濯が
大きな比重を占めると思われます。

ご家庭ごとに多少は異なるかもしれませんね。

 
お水の節約においては

・節水シャワーヘッドを使う
・食器洗いを手洗いから食洗器に変える

など地道なものが多いですが、

例えば旧式のトイレを使用している場合には、
現代のトイレは、一回流すための水量が大幅に少なくなっています。

TOTOのデータでは、1994年製のもので10L近く必要だった洗浄水量が
2012年製のものでは3.8Lの水量になっているようです。

古いトイレは新しくするだけで、無理なく殆ど無意識のうちに
水道料金も節約できそうです。
 

節約は家族の協力も必要ですが、
なかなか上手くいかないもの。

とにかく意識せずに節約できる方法を利用して、
大きく節約いきたいですね。

 

チェック「老後資金の貯め方」7つのポイント まとめ

老後のお金を貯める為に、ひとつずつ対策したいこと。

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!↓

我が家は何百万これで消えた事か..
NHKクローズアップ現代 ご参考にどうぞ

保険相談 選び方

1.保険相談を積極的に受けてみる:保険相談7社 体験比較 口コミ

●確認しておきたい事↓

2.老後資金: 目標額を設定
3.住宅ローン:支払いを終える。投資よりローン返済がお得。効率が良い。
4.無駄な保険を排除:保険の見直し
5.年金を増やす: 確定拠出年金に加入
6.貯金や年金受取額を増やす働き方:
  ・ パートの場合
  ・ 自営の場合
7.お金の使い方の習慣化:老後に備えたお金の使い方

●【その他考えられる節税・節約やお金を増やす方法】

・投資で増やす:50~65歳までに2000万円貯める
・節税:ふるさと納税をする
・節税:ブランド品はふるさと納税で買う
・日々の節約:日々の無理のない節約法まとめ
・医療費節約:スーパーフードで健康維持

老後の住まいつくり 準備Memo

リフォームや片付けの時の買取サービス

  貴金属や着物などなど買取サービス一覧

匿名で出来る!リフォーム費用見積り比較!

 匿名で見積りできるのは良いですよね~♪
 リフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】


スポンサーリンク