マレーシア

先日も歌手のGACKTさんが、マレーシア移住5年目ということで
TVでマレーシアの良さを紹介されていました。

只今人気絶好調!10年連続移住したい国No1の
マレーシアですが・・・、

調べてみると、なかなか移住は難しそうな現実が見えてきました。

スポンサーリンク

マレーシア移住の条件 リタイアメントビザについて

インターネット上には、新しい情報も
古い情報もあります。

調べていると、マレーシアに老後年金生活を送る為に
移住するにはリタイアメントビザというものが必要なのですが、
このビザ取得の条件が、どんどんと厳しくなって居るようです。

おそらく少し前と思われる情報では

1)50歳以上の方は以下いずれかの条件を満たす必要あり
・マレーシアの金融機関に15万RM(約450万円)以上の金融機関の残高証明
・マレーシア国外に月収1万RM(約30万円)以上の収入証明

2)50歳未満の方は以下いずれかの条件を満たす必要あり
・マレーシアの金融機関に30万RM(約900万円)以上の金融機関の残高証明
・マレーシア国外に月収1万RM(約30万円)以上の収入証明

 
なんていうものも出てくるのですが、
最近の情報では、「いずれかの条件を満たす」という部分が
「両方を満たし」に代わり、必要な資金も大きくなっています。

50歳未満:
最低50万リンギット(約1250万円)以上の財産証明と
月額1万リンギット(約25万円)以上の収入証明が必要。
その後、30万リンギット(約750万円)をマレーシアの金融機関に定期預金。

50歳以上:
最低35万リンギット(約875万円)以上の財産証明と
月額1万リンギット(約25万円)以上の収入証明又は年金証明*が必要。
その後、15万リンギット(約375万円)をマレーシアの金融機関に定期預金。

 

加えて、移住者の医療費UPだとか、
もう移住者は増えないように、益々条件を上げるだとか
そんな話が聞こえてきましたよ。
 

マレーシア移住 年金で生活費は足りるのか?

TVでは華やかな老後海外移住先として
マレーシアが紹介されることが多いです。

とはいえ確かに10年位前までは、老後の年金で
マレーシア生活も出来たようですが、
年々物価も上がっている話も聞きます。

生活費は、以前ほど安く無くなってきているようなのです。

なにせ、今現在で資産の他に、年金などの収入が
月額25万円無いとマレーシアに移住できない訳ですし、

平均的な夫婦が老後受け取る年金が月22万程度と言われる時代、
既に年金だけではマレーシア移住の条件を達せられない人が
多いのが現実の様ですね。

TVで、「良いところ取り」の
情報を流すのは、やむを得ないのかもしれませんが、
私たちは、その情報を鵜呑みには出来なさそうです。

 
※会社によっては退職金を年金として受け取れたり、
一時金と年金とに分けて受け取れる所もあるようです。
その場合は、月額の収入は多くなりますね♪
 

マレーシアで収入を得るには?

例えばマレーシアに移住してから、
月の収入を増やそうと思っても、

リタイアメントビザでは、マレーシアでの就業が
認められていません。

マレーシアで働くには就労ビザが必要。

TV番組では、いとも簡単に移住した!というような
紹介がされているのも良く見ますが、
実際には、就労ビザを取得するのは難しいもよう。

月額収入を増やすとしたら、不動産収入を得るか、
PCなどを使って仕事をし、日本円で収入を得るしか
無さそうです。

その代わり、マレーシア企業への投資などは
マレーシア内で行っていいようですよ。

昨日、GACKTさんが、マレーシアで
移住や留学をする人向けの情報あっせんの仕事をして居ると
紹介されましたが、

(ま・・GACKTさんは
リタイアメントビザではない年齢ですけれども(^^;)

恐らく、その企業への投資をしているという立場
でもあるかもしれません。

調べたところ、企業に投資をすれば
役員報酬のようなものなら得ることが
可能なようでした。
 

移住後 収入を得る方法

ただ、一般の人にとっては、
マレーシアに登録された企業への投資なんて
なかなか難しいでしょう。

となると、やはりマレーシア内での収入確保は
出来ない事になるのでは?と思います。

結果として、そういう働く術が無ければ、
今現在、マレーシア移住が出来るのは
日本の高齢者でも富裕層の人達。

TVでは、マレーシアがまるで楽園の様に放送されることが
多々ありますが、現実は温かいマレーシアで悠々自適な年金生活、
などという時代は終わっているのかもしれませんね。
 

マレーシアの他 海外の老後移住でお勧めは?

マレーシアのリタイアメントビザを取得するには
とても高額な資金などが必要になるので、
他に海外で老後移住に良い国は無いかと調べてみると。。

フィリピンの場合は、とても簡単に
永住権が取れるようでした。

申請時一時的に5万ドル送金するようですが、
ビザ取得後は日本に返金可能とのこと。

ビザ取得後も、年に一回フィリピンで書類を出すだけで良く、
何と就労も可能!

ただ、フィリピンは、治安に関しては不安点があり、
警備員付きのマンションなどでないと心配もあるようです。

調べていると、マレーシアに比べれば、
フィリピンの永住権は取りやすいことから、
マレーシアのリタイアメントビザと
フィリピンの永住権の両方を持っている人が数多くいました。

 

移住しても国民健康保険は使える?

ところで、移住するとなると、心配なのが医療の事ですが。

実は、マレーシアもフィリピンも、
何と日本の国民健康保険が使えるそうです。

ただ、そういう方がたは恐らく日本で
住民税や国民健康保険、国民年金などを
支払いながら移住しているのかもしれません。

本来は1年以上海外にいる場合には
住民票は抜いていくのが正当ですし、
その場合は国民健康保険の加入から外れる筈ですから。

住民票は日本に残し、
それらの恩恵を受けている人がいるのかもしれません。

すみません。この辺は私自身が
海外移住したことが無く、老後の年金生活の為に
調べている身ですので、それが正しい解釈かどうかは
分かりませんが。。

とにかくフィリピンやマレーシアに在住でありながら
日本の国民健康保険を使えて居る方がたは居るようです。

 

マレーシア移住 まとめ

いずれにしても年金生活で海外移住できそうな国は
よほどの富裕層でない限り、東南アジアだけのよう。

その東南アジアでもマレーシアは既に
富裕層の年金生活者の場となって居る。

結果、これからマレーシアに移住するためには、
それなりの年金以外の収入を確保する必要がありそうです。

不動産所得なども考えられますが、
かなりリスクもあります。

それを思うと、将来の年金を増やす方法としては、
国民年金・厚生年金の他に加入できる
確定拠出年金 の利用が一番現実的かな・・と思います。


 

老後の住み替え検討などに

マレーシア移住にしても、その他国内での移住にしても、
現在の住まいが、どの位の価値があり、
移住先ではどの位の価格の家が買えるのか?

実際、現状 移住などは出来るのか?

そんな疑問が湧きますが、今はネットから
不動産売却計画書 や、住み替え計画書
などが作れます。

我が家は(思った通りではありましたが)
売却価格は安かったです(;・∀・)
引越しをすれば儲かったバブルの頃が、羨ましいです。

貴方のお宅は移住できそうですか?

 

チェック「老後資金の貯め方」7つのポイント まとめ

老後のお金を貯める為に、ひとつずつ対策したいこと。

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!↓

我が家は何百万これで消えた事か..
NHKクローズアップ現代 ご参考にどうぞ

1.保険相談を積極的に受けてみる:保険相談7社 体験比較 口コミ

●確認しておきたい事↓

2.老後資金: 目標額を設定
3.住宅ローン:支払いを終える。投資よりローン返済がお得。効率が良い。
4.無駄な保険を排除:保険の見直し
5.年金を増やす: 確定拠出年金に加入
6.貯金や年金受取額を増やす働き方:
  ・ パートの場合
  ・ 自営の場合
7.お金の使い方の習慣化:老後に備えたお金の使い方

●【その他考えられる節税・節約やお金を増やす方法】

・投資で増やす:50~65歳までに2000万円貯める
・節税:ふるさと納税をする
・節税:ブランド品はふるさと納税で買う
・日々の節約:日々の無理のない節約法まとめ
・医療費節約:スーパーフードで健康維持

老後の住まいつくり 準備Memo

1.リフォームや片付けの時の買取サービス
  貴金属や着物などなど買取サービス一覧

.匿名で出来る!リフォーム費用見積り比較!
  リフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】

3.自宅がいくらで売れるか知りたい!
 不動産売却計画書 無料作成

4.住み替えについて情報・知識が欲しい!
  住み替え計画書 無料作成



スポンサーリンク