子供の教育費

我が家には、今現在、六大学に通う大学生と、
世間一般では大変お金がかかると言われる浪人生がいます。

ここではそんな二人の子育てと、子育てを通して見てきた
世間一般の学費事情についてお話しています。

世の中には様々な教育費の情報がありますよね。

・節約しながら子供を育てる時を前提とした費用。
・お金をかけながら子育てをする場合の費用。
・そしてそこから出された平均的な費用。

 

でも、その情報は、親の心情や信条が入っていないうえでの計算式。
机上の空論。実際とは異なってくるんです。

学費だけ用意出来ていても、実は塾代や生活費などもありますので、
実際には、もっともっとお金がかかったりするんですね。

それに、国立大学を希望する場合などには浪人も視野に入って来ます。
ただでさえ巨額な学費・教育費なのに、親の計画通りに行かないのが
教育費であり、なんとも厳しいお話ですよね。

準備は万端ですか?まだ不安の真っ最中ですか?

とはいえ、ただ漠然と「お金がかかる」と言われても、不安かと思います。
実際に、大学生活に入るまで、どの様な出費があるものなのか、
ここでご紹介しています。

思うほどお金がかかっていないと感じるかもしれませんし、
思った以上にお金がかかると感じるかもしれません。

実際の教育費の必要額内訳を知ると 学費の対策が見えてきますよ。
 

スポンサーリンク

実際にどの位の教育費はかかるの?

大学生と浪人生迄大きくなった のこ家から見た
教育費についてのお話です。
それぞれの年代別に状況を見ていきましょう。
 

幼稚園時代(私立)の教育費

幼稚園の入学費と月額の費用
制服代
お稽古事

 

この時期はまだ、そんなに費用はかかりません。
入学金は一時金ですし、月額も恐らく2万円ちょっとの所が多いと思います。
制服代は、幼稚園に寄り異なりますが、これも一度きりの出費ですし。

お稽古事は、ご家庭や地域に寄りますが、
この頃のお稽古事は、体を鍛えたり、右脳を鍛えたりするのが目的。
その後の人生において、ずっと続けるものになることは、そんなにありません。
親は子供のお稽古事に とても期待してしまうものですが、気楽に行きましょ。

また、親がお稽古事に行かせる気持ちが無くても、お友達が行くお稽古事に
子供が行きたがる場合もあります。費用的には、
日ごろの節約で乗り切りながら、金銭的に見直せるものは見直していきます
 

小学校時代(公立)の教育費

給食費
お稽古事

 

小学校時代は、普通は一番 教育費ののかからない時期です。
幼稚園の月謝が無くなる分、生活はぐんと楽になります。
給食費も何千円程度です。

子供も時間がありますので、お稽古事もしやすい時期です。
また、周りの子どもたちが行くお稽古事の中で、
自分だけ行かないと、友達付き合いで辛がったり、
一人だけ上手に出来ないという事があります。
なんとなくお稽古事も周りに流される時期です。

お稽古事の費用も毎日の生活費の節約で
なんとか乗り切れます。

この時期のうちに少しずつ将来の学費を捻出する為に
金融商品も見直します。
 

中学時代(公立)の教育費

給食費
お稽古事・塾
部活動費

 

小学校に引き続き、給食費程度しか学校の費用はかからず、
部活に明け暮れる時期です。

ただ、部活動により 経費は変わってきます。
剣道や野球などでは道具にお金がかかり、
水泳等は安かったりします。
お小遣いも少しずつ多く欲しがるようになり、
その額も付き合うお友達に寄り大きく変わってきます。

洋服代もかかるお子さんは、かかります。

また、お稽古事よりも塾にお金がかかる時期です。
塾代は月額平均2万円程度。
3年生になると、高校受験の夏季講習・冬期講習などで
バンバンと費用がかかり始めます。

一月で10万20万が飛ぶこともあります。
子ども二人の年の差が3歳違い、というご家庭も多く、
高校受験と大学受験が重なることも多くあります。

兄弟で受験の塾に入ると、夏季冬期の親のボーナスは
塾代であっという間に消えていきます。

家族旅行等をする家庭は減ってくる時期です。

必要経費以外は使わず、不要な家計費を削除して生活を見直していきます。
 

高校時代(公立)の教育費

学費(私立と公立では大きく異なる)
部活動費

 

公立高校無償化により、公立高校の場合は
殆ど費用がかかりません。
諸経費として年間20万程度です。

反対に私立高校の場合には、千差万別となります。
有名私立大学の付属校などの場合には、
大学並みに学費がかかります。

公立高校か私立高校か、
また私立でもどれだけ学費がかかる学校になるか?は
お子さんの希望(スポーツを本格的に!など)や
学力でも変わってくるため、
親にとって教育費があるないとは関係なく、
どうにもならない時期となってきます。

また、大学受験に向けての塾代がかかりますが、
これも何年生から塾に入るか?などもお子さんのやる気次第。
加えて、塾に寄り費用が異なってきます。

月額2~3万円で集団授業もあれば、
60~70万、若しくはそれ以上の年間学費で一括払いの塾もあります。

親御さんが、塾代を抑えたいと思って居ても、
子供さんの学力が高かったりすると、
苦しくても塾代を払う家庭も良くあります。

この時期、どこの塾に入れ、どれだけの費用をかけてあげられるか?が
子供たちの将来に関わってくる時期であるため
親としては何とか教育費を捻出したいところ。
節約というものでは乗り切れない時期です。

貯蓄を見直し、不足分をしっかり把握します。
 

そして大学

大学費用は高額です。
奨学金で大学に通わせる家庭も増えていますが、
社会に出てから奨学金が返還できずに苦しんでいる人が多い事は
社会問題にもなっています。

自分の学費は自分で払え!というスタンスのご家庭もありますし、
一概に何が標準とは言えません。
ただ、大学生活を自宅通学ではなく一人暮らし等を始める事になると、
学費に加えて、また膨大な費用がかかってきます。

大学に寄り友達の金銭感覚も異なってきますし、
寮に入るとしても、かなりの差額が出てきます。
一例として某お嬢様大学の年間寮費は約200万だそうです。
 

大学の学費総額 ってどの位?

国立の場合は、お安くなりますので、
国立受験やセンター受験もしながら私立大学へ入学として考えます。

受験料:国立1校+私立4校程度 =合計 20万円程度。

初年度納付金:入学金も合わせて 私立文系の場合 130万程度。

次年度以降の年間授業料:文系の学費は、70万円程度。
私立理系年間授業料 130万円程度。

※どちらも学校に寄ります。

ざっくりと私立の場合、
総額で文系は400万程度。
理系は700~900万
大学院まで行くと 1000万程度 の学費と言われています。

紫音家が加入する F生命さんの資料では、(文系の場合)

大学生の費用総額:
私立文系= 550万円 
国立文系= 400万円

となっています。

ただ、大学やその学部により、また、自宅通学・下宿暮らしの別などにより
正直な所、かかる費用は 全く人それぞれ異なりますよね。

学費を安くしたい場合には、
公立大学や 国立大学に行かせましょう。

公立大学だと地元出身者の入学金が安くなります。
http://passnavi.evidus.com/tokushu/money/

学資保険の一括資料請求はこちら↓からできます。
一番お金が貯まる学資保険選び。
 

学生を終えた後の生活

子供の結婚

その後、子供の結婚費用がかかります。
どの位親が出してあげるか?これも人それぞれですね。
 

誰でも出来る コツコツと学費の貯める方法

実は大学入学前には、主人のもしも!に備えて、
収入保障保険 にも入っていました。

けれど、 大学に入学後 生協の保険を見て、計算してみたら
そちらの方がお安かったので、乗り換えました♪

育英に関する保険は、民間保険だけでなく、
入学後に生協で検討するのもお勧めですよ。

収入保険のみならず、生命保険や入院保険などの
他の保険も 年々色々な商品が新しく出てきています。

一度入って安心ではなく、常にアンテナを張って 
保険の検討をし、良いものがあれば見直して乗り換えていくと、
不要な出費が抑えられて結構お金が溜まります(笑)。

月々、少し安くなるだけでしょ~なんて侮ってはいけません。
大学の膨大な学費を貯めるには、その少しずつの積み重ねが
大きく家計を助けてくれます。

今の保険を解約してさらに安く新しいものに加入しても
今迄より手厚い保障内容の保険を見つける事もあるんですよ。

保険は進化しています。
以前に無かったような良い保障の物が販売されていたりします。

とはいえ、なかなか 全ての保険に意識を向けながら生活なんてと・・と
いう時など、ファイナンシャルプランナー等 専門家に
相談できます。私も定期的に相談しています。

体験談は下記にまとめましたよ。
すっかりオタクの域になっちゃいましたが(^^;
 

チェック「老後資金の貯め方」7つのポイント まとめ

老後のお金を貯める為に、ひとつずつ対策したいこと。

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!↓

我が家は何百万これで消えた事か..
NHKクローズアップ現代 ご参考にどうぞ

保険相談 選び方

1.保険相談を積極的に受けてみる:保険相談7社 体験比較 口コミ

●確認しておきたい事↓

2.老後資金: 目標額を設定
3.住宅ローン:支払いを終える。投資よりローン返済がお得。効率が良い。
4.無駄な保険を排除:保険の見直し
5.年金を増やす: 確定拠出年金に加入
6.貯金や年金受取額を増やす働き方:
  ・ パートの場合
  ・ 自営の場合
7.お金の使い方の習慣化:老後に備えたお金の使い方

●【その他考えられる節税・節約やお金を増やす方法】

・投資で増やす:50~65歳までに2000万円貯める
・節税:ふるさと納税をする
・節税:ブランド品はふるさと納税で買う
・日々の節約:日々の無理のない節約法まとめ
・医療費節約:スーパーフードで健康維持

老後の住まいつくり 準備Memo

1.リフォームや片付けの時の買取サービス

  貴金属や着物などなど買取サービス一覧

2.匿名で出来る!リフォーム費用見積り比較!

 リフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】

3.自宅がいくらで売れるか知りたい!

 不動産売却計画書 無料作成

4.住み替えについて情報・知識が欲しい!

  住み替え計画書 無料作成



スポンサーリンク