夏の電気代節約

家庭の電化製品にかかっている電気代のうち
58%をエアコンが占めているそうですよ。

なので、エアコンを節約すれば電気代が下げられる!

今年も暑くなりそうです(;´Д`)

そこで昼の情報番組で紹介された
「電気代の節約」のお話です。
 

スポンサーリンク

エアコン節電術

エアコンを使うときの節電法2つ!!

その1:風向きはなるべく上向きで!

冷たい空気は下に溜まるという性質があるので
風向きを下にして居ると、冷たい空気が下に溜まり、
冷気が上に届きません。

その分、電気代がかかってしまいます。

風向きを上にすると、冷たい電気が部屋を循環し、
効率よく冷えて部屋全体が冷たくなります。

よって、電気代が安くなります!

エアコンを使うときには、
風向きは上向き!にしましょう~。
 

その2:エアコンはこまめに消すより点けっぱなしも良し!

夏の日中につけっぱなしにしたエアコンと
30分間隔で付けたり消したりこまめに消したのでは
どっちが電気代が安くなるかを
空調メーカーダイキンが調べました。

午前9時~6時までの9時間に
30分間隔でこまめに消してみたところ 消費電力は3.6KW。
つけっぱなしにした場合には、3.3KW。

電気代にすると、夏の期間では、つけっぱなしにする方が
「907円の節電になる」

という結果となりました。

エアコンは基本的に、運転を始めた直後の室内温度と
設定温度の差が大きい時に電力がかかります。

エアコンを消している間は電気代がかかりませんが、
夏の日中だと、その間 室内の温度が上がってしまって
起動時の消費電力量が大きくなると考えられます。

なので、夏の暑い日などに30分程度の外出ならば、
つけっぱなしにしておいた方が、
帰ってきた時も涼しくて電気代もかからないそうです。

※ただ、夕方6時~深夜11時までのデータにおいては、
こまめに消すよりも、つけっぱなしの方が電気代が
高くなったという実験結果がでているようです。
時間帯や環境に寄っても、大きく左右されるので
その辺は気を付けた方が良いそうですよ。
 

テレビの電気代は安くなって居る

10年前に比べて、テレビは電気代が半分以下になっています。

10年前の2006年には、1年間4347円 
だったテレビの電気代も。

2015年では、1年間1512円 となり、
「65%=2835円」の省エネになっています。

理由としては、LEDバックライト搭載が主流になってきたことと
待機電力も1W以下など、全く待機電力が
かから無いものが増えたから。

なので、使わない時はコンセントを抜いておく、等の節電方法は
今の時代のテレビでは必要ない事が多いそうです。
 

電気代の節約まとめ

エアコンは家庭で一番電気代がかかるということで
10年以上前から各メーカーが開発をすすめ
省エネ化に成功しています。

なので、
1995年 40284円だったエアコンの電気代も
2006年型では、23814円に。
2016年型では、22032円になっています。

より新しい家電の方が節電になる事が多々あるので、
買い替えで電気代を安くする事も可能です。

電化製品は買い替えでお得になる?!比較サイトで買い時を見極めよう!
でも記事にして居ますが、家電商品の品番入力などで
かなり詳細に節電が比較できます。

買い替え検討に参考にしてみてくださいね!
 

家電こぼれ話

なんと!最新家電として、今は「買い物をしてくれる冷蔵庫」
なんてものも開発されているようです。

なんのこっちゃ??という感じですが・・(笑)

冷蔵庫のドアにはタッチパネルの液晶モニターが搭載され、
料理のレシピを確認したり、
メモを書いたりすることが可能だったり。

ドアをノックすると液晶が透明になり
ドアを開けずに中身を確認できたり。

さらにすごいのは、「お茶を買って」と話しかけると
何と冷蔵庫がインターネットを通じてお茶を注文してくれ
後日商品が家に届くという・・。

嘘みたいな話(゚д゚)!

どうやら、冷蔵庫の中に搭載された
アマゾンの 人工知能 アレクサ が
アマゾンに商品を頼んでくれるらしいんです。

アレクサは車にも搭載されたりと
開発が進んでいるようで・・・

もう、全くついていけない世界が・・
私たちの想像を超えた家電が・・
電気やさんの店頭に並ぶ日も、
そう遠くはないのかもしれません。

節電くらいは、お茶の子さいさいの時代がやってくると思います。
無理なく体に優しく、上手に家電を使いながら
節電していきたいですね!

 

チェック「老後資金の貯め方」7つのポイント まとめ

老後のお金を貯める為に、ひとつずつ対策したいこと。

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!↓

我が家は何百万これで消えた事か..
NHKクローズアップ現代 ご参考にどうぞ

保険相談 選び方

1.保険相談を積極的に受けてみる:保険相談7社 体験比較 口コミ

●確認しておきたい事↓

2.老後資金: 目標額を設定
3.住宅ローン:支払いを終える。投資よりローン返済がお得。効率が良い。
4.無駄な保険を排除:保険の見直し
5.年金を増やす: 確定拠出年金に加入
6.貯金や年金受取額を増やす働き方:
  ・ パートの場合
  ・ 自営の場合
7.お金の使い方の習慣化:老後に備えたお金の使い方

●【その他考えられる節税・節約やお金を増やす方法】

・投資で増やす:50~65歳までに2000万円貯める
・節税:ふるさと納税をする
・節税:ブランド品はふるさと納税で買う
・日々の節約:日々の無理のない節約法まとめ
・医療費節約:スーパーフードで健康維持

老後の住まいつくり 準備Memo

1.リフォームや片付けの時の買取サービス

  貴金属や着物などなど買取サービス一覧

2.匿名で出来る!リフォーム費用見積り比較!

 リフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】

3.自宅がいくらで売れるか知りたい!

 不動産売却計画書 無料作成

4.住み替えについて情報・知識が欲しい!

  住み替え計画書 無料作成



スポンサーリンク