認知症発症 予防

7月25日 直撃!コロシアム!!ズバッと!TV より

認知症は年々増えており、2025年には730万人になると予想されています。
65歳以上の5人に1人が認知症になると言われているのです。
大切なのは、「自分がそうかもしれないと自覚すること」
それだけでも予防が出来るのです。
 

スポンサーリンク

認知症の6割を占める アルツハイマー型認知症について

 
アミロイドβの蓄積が原因で、認知症発症の約20年前から蓄積され始めます。
認知機能が失われ、脳が委縮していく病気です。

会話も普通に出来るように見え、見た目も若く認知症とは思えない
長崎県のFさん。記憶は日に日に失われ自分の年齢さえ
すぐに思い出せない状態です。

カメに餌を上げたことを忘れてしまい、20分もすると再び餌を上げてしまう。
少し前の出来事を思いだせないなどアルツハイマー型の典型的な症状です。

また、毎日同じところにおいてある目の前のお茶を見つける事が出来ない。
包丁で野菜を切ることは出来るけれど野菜の名前が思いだせない。などの
症状もあります。(香りを嗅ぐと思いだせる)

アルツハイマー型認知症は、記憶が抜け落ちる記憶障害が一般的ですが、
その他の症状を出すことがあります。

味覚が分からない、身体の温度の感じ方にも異変がおき、
その日の気温にあわないものを着てしまう事もあります。
 

物忘れと認知症の境界線とは?

 
人は加齢と共に忘れっぽくなる物ですが、
安心していてもいい度忘れと認知症の予兆があります。
見極めが大切なんですね。

物忘れは認知症の初期症状である可能性があります。
僕は私は大丈夫という気持ちは、認知症の発見を遅らせてしまいます。

例えば、「一昨日食べた晩ご飯は?」という質問で答えられなかったら・・。

昨日の晩御飯は認知症の初期の段階でも保持しているのですが、
もう一日前の事になると認知症初期の段階で抜けてくることは多いです。

内容としては、洋食を食べたけれど付け合わせは分から無い、というのは、
ただの度忘れ。

けれど、いつ誰とどこで食べたか?自体が思いだせない=
記憶の全体ごっそり抜けてしまう、のは正常な物忘れとは違うと思われます。

認知症に繋がる物忘れと年齢で出てくるもの忘れと区別することが大切です。

カンタンに言えば、覚えてるんだけどその場で思いだせないというのは、
誰でも加齢と共に出てくるのですが、やったり聞いたりしたこと自体が
後で記憶に出てこないのは認知症に繋がるということです。

食べた内容を思出せないのは、ただの度忘れ、物忘れ。
食べたのかどうかを思いだせないのは認知症の症状の危険性があるのです。。

記憶の一部の欠落は物忘れ、全体は認知症と考えられるという事です。

他の例としては、

家のドアを閉めたのか気になるのは物忘れ
家の鍵を閉めたつもりなのに家に帰ったら空いていたのは 
行為の記憶全体の抜け落ちなので、認知症の症状という訳です。
 

軽度認知障害について

 
軽度認知障害(MCI)とは?

正常な方と認知症の方の中間 グレーゾーンに位置する状態を
認知症予備軍、軽度認知障害=MCIと言います。

MCIは現在400万人ですが、放置すれば5年間で
50%が認知症に進行すると言われています。

これが将来認知症になるかなら無いかの分かれ道なんです。

一般的には治らないと言われている認知症ですが
実は軽度認知障害はその半数 50%が回復する見込みがあります。
 

物忘れ外来

 
最近は、「物忘れ外来」が増えています。
そこでは、予備群なのかどうかが診断してもらえます。

東京に250か所 全国に2000ありますので、
気になるときには物忘れ外来を受診しましょう。
 

アルツハイマー型認知症について

 
動脈硬化を起こすと認知症の病態に関わってくるので
なにより予防に努める事が大切です。

認知症で最も多いのはアルツハイマー型ですが、
これはアミロイドβのタンパク質がたまるものですが、
何とアミロイドβは、認知症発症の約20年前から溜まり始めるとのこと。

最近では、アミロイドの研究が進んでいるので、
アミロイドを直接測定できるようになっているそうです。
早い段階でそれを捉えて蓄積を抑えることが重要です。

軽度認知障害という予備軍診断を受けたら、
薬に頼ら無くても生活習慣を正すことで、予防効果が出てきますので、
魚を食べる・運動をする・人とコミュニケーションをとる等、
生活習慣を改善していけば進行を防ぐことが出来るそうですよ。
 

認知症予防法

 
認知症予防 その1:「チャチャチャ訓練」

童謡の「おもちゃのチャチャチャ」の「チャ」の部分を歌わずに
その代わりに手を叩きます。頭と体を同時に動かすトレーニングです。

今出来ないからといって問題という訳ではありません。
そういうマルチタスクトレーニングをする事が予防になるということです。

認知症予防 その2:「しりとり階段」

踏み台昇降をしながらしりとりを行ないます。
しりとりの言葉は、前に答えた2人分の回答も一緒に言います。

認知症予防 その3:「小銭トレーニング」

ばらばらの小銭2組を比較し、どちらの合計金額が高いのか?
10秒で判断します。
 

認知症の予防策について

 
週刊朝日連載 「認知症がとまった!?ボケてたまるか」
リアルな闘病記で話題の山本さん の認知症改善例です。

元朝日新聞記者の敏腕記者、リクルート事件等の難事件を取材してきた
山本朋史さん(64)。
2年半前の62歳の頃、軽度認知障害と診断されました。

簡単な漢字がかけない。
ひらがなが思うようにかけない。
もの忘れ場非常に激しくなった等の症状がありましたが、
ある方法に寄り劇的に回復。

軽度認知障害から、ほぼ正常というレベルまで改善しています。
現在は仕事に支障はありません。

発症時、山本さんは自ら認知症ではないかと不安になり
物忘れ外来で診察を受けました。
 

診断に至るまでの経過

 
最初の異変を感じたのは2年半前。漢字が出てこない。
取材でメモをとろうとしても平仮名しか出てこない。
60歳で定年になってそれまでは何も無かったので、
最初は歳のせいだと思っていました。

しかし、さらなる異変が起きました。

・寝付けない苛立ちで怒りっぽくなる。
(イライラするのは認知症の症状の一つ。感情がコントロールできない)
・記者生活35年で初めて仕事でダブルブッキングをしてしまう。
・家ではよく物を無くす。
・頻繁に電気を消し忘れる。
・電話をしながら帰宅していると、通い慣れた道なのに
 自宅への帰り方がも分からない。

 

当時、雑誌などで認知症の特集を良く見ていたので、
山本さんご自身で認知症ではないかと思い、
東京医科歯科大学付属病院の「もの忘れ外来」に駆け込んだそうです。

そこで、簡単な問診に寄るテストと精密検査を受けたところ、
軽度認知障害と診断されます。
何もしないと2~3年で、もっと大変な状況になってしまうと不安に駆られた
山本さんは、治るためなら何でもやる!と数々の改善法を実施。

そして軽度認知障害を改善させることができました。
 

軽度認知障害を改善させた方法 2例

 
その1)料理

軽度認知障害になるまで料理経験は無し。けれど今は毎朝必ず料理を行ないます。
これまでにやったことのない頭の使い方・手や指の動かし方をする事は、
まさに認知トレーニングとなるのです。

今迄したこと無い事への挑戦。新たな体験が脳を活性化にとても良いとの事。
 

その2)キツイ筋力トレーニング。

これも認知症対策となります。
認知症になると何十キロも先で徘徊していることがありますが、
それは脳が筋肉の疲れも感じなくなるためだそうです。

脳にキツさを感じさせることが大事。筋トレを行なうことで脳が活性化します。
重要なのは集中して負荷をかける事。筋肉に意識を集中し
ピンポイントで負荷をかけること。

山本さんは、ボディビルダー本山輝幸先生が考案した
本山式トレーニングを実践しています。
日々トレーニングした結果、以前は頭が ぼーとする日があったけれど、
今は、頭がすっきりするようになり、効果を感じているそうです。

これからも脳に刺激を与えてボケない様にしていきたいと
仰っていました。

軽度認知障害は、半分が認知症になりますが、
残り半分は認知症にならない状態です。

良くなる方法があるということなので、生活習慣を変えて
予防に勤めることで未来の生活をより良くしていきましょう。
 

その他の認知症の予防法

 
最近の研究では下記の様に言われています。

・「1日30分以内の昼寝」が認知症を5分の1に減らす。
 逆に1時間以上寝てしまうと認知症の確率を高めてしまう。

・適量のお酒。ビール1日1本を飲むと発症率が半分以下となる。

・作物を育てる。
 作物は季節や天候によって大きく変わる。
 どの様に育てようかと考える事が脳を活性化させる。
 四季を感じながら収穫する達成感も自分に自信を付けさせる。

 

※この同時刻、他番組でも園芸が認知症予防に良いという話が放送されていました。
 

認知症療法の一例について

 
京都市に暮らす中西さん(69)と娘さんを紹介。
中西さんは自分の年齢も忘れてしまっている。

住み慣れた家の筈の洗面所が分からない。
歯ブラシを手にしても普段使う歯ブラシを忘れてしまう。
部屋の電気を消すのも難しい。キッチンで水を使う等の
これ迄当たり前に出来ていた動作が抜け落ちてしまっている。

中西さんは63歳の時に、認知症の診断をうけました。

小学校の先生を40年し、定年後も非常勤講師として教壇に立ち続けましたが、
認知症と診断された数カ月後には楽譜が読めなくなり、
そのストレスからピアノから遠ざかるようになってしまいました。

その後1年とたたずに学校を退職。症状はさらに悪化していったのです。

当時の中西さんは日記に記しています。

ため息ばかり。誰とも一言もしゃべらず。生きるって難しい。

お金は娘さんが持って行ったと毎日メールや電話。娘さんを泥棒扱いする事で、
互いに限界、親子のきずなも崩壊寸前まで行きました。

そんな中西さん親子を救ったのは、ある認知症療法でした。
 

音楽療法

 
その人にとって思い出深い曲を歌うことで脳に刺激を与え、
進行を和らげる療法です。
この療法によって脳に流れる血流に変化が出たケースが確認されていて、
社交性が上がり施設での活動に活発になった等、色々な研究報告が
世界各国でがあがっています。
 

認知症まとめ

 
認知症は周りが如何にその人らしくサポートしてあげるか。出来るかが重要。
弱点は周りが把握し、出来ない事は仕方ないと理解し、
その人のストロングポイントをいかに引きだすかを考え
プライドを保ってあげることが大切だそうです。
 

認知症に関するQ & A

 

Q:性格が几帳面な方ほど、認知症になるというのは本当?
A:性格と認知症には関係がない。強いて言えば、社交的な方は認知症になりづらい。
 人と関わる機会の少ない人は、8倍認知症のリスクが高まるとも言われています。

Q:遺伝はする?
A:殆どの認知症には遺伝は関係ない。糖尿病・高血圧等の環境要因の方が大きい。
また、魚を食べない、運動をしない等の生活スタイルは、家族で似ている事から
家族内で認知症が発症することはある。

Q:家族が認知症になった時、それを近所の人に話す?
A:認知症になると、周りの人に失礼な事を言ってしまったりすることもある。
 どこかで道に迷う可能性もある。なので、周囲の人にだけでも話しておくことで
 防げるトラブルもある。決して一人で抱え込まず、知っておいてもらう事も
 大切なのかもしれません。
 

父が認知症「のこからの一言」

 
番組に登場された山本さんは、ご自身で認知症を疑い病院へ行かれましたが、
通常、認知症とは本人が認めず、病院へ行きたがらないケースが多いです。

私の父も、受信して貰う迄、何度も話し、2か月かかりました。

認知症は治らないと思われてきましたが、実は、
生活習慣の改善や、薬や、本人の考え方などにより
かなり改善する可能性があるようです。

まずは何としてでも「物忘れ外来」を一度受信出来れば
ご本人にとってもご家族さんにとっても、必ず良い結果が訪れると思います。

また、番組内で触れられていた
「出来ない事に目を向けず、出来る事(強み)を活かしてあげる」
その事で改善している話も良く聞きます。

私の父も同じでした。父としての威厳、プライドを傷つけないようにしました。
そして、これはとても不安な点は多々あるのですが、プライドの高い私の
父の場合には、娘としてあまり世話を焼かないようにしたことが、
今現在は、改善に繋がっているように見受けられます。

父のレビー症候群も、レビー小体というものが脳に蓄積される病気です。
レビー小体が薬で消えることはないようですが、抑える薬があります。
ただ、薬だけでなく、人としてのプライドや楽しみ等、生活の根本にある物も、
認知症の症状を改善させているように見えるのです。

それを思うと、人間の脳がどんな構造になっているんだろう?と、
とても不思議に思いますね。

家族や自分が認知症になるのは辛いですが、沢山の情報が増え、認知症も
世の中の人に理解してもらえるようになりました。
新しい生活の一歩としてその状況を迎え入れられる時代が来たと思います
認知症と仲良く付き合っていく事は可能だと思います。

これから世界でも類を見ない高齢化社会がやってきます。
だからこそ、認知症になっても皆が過ごしやすい世の中に、
皆で支え合う世の中になれれば・・と願っています。
 

認知症サポーターとは?

 
認知症サポーターキャラバンというのをご存知でしょうか?

認知症サポーターキャラバンとは、認知症の人と家族への応援者である
認知症サポーターを全国で多数養成し、認知症になっても
安心して暮らせるまちを目指しています。
http://www.caravanmate.com/

私も、「認知症サポーター」の受講をしているんですよ。
数時間、認知症に関して色々なお話を聞くだけで
認知症サポーターになれます。

家族や町にいる認知症の方の気持ちを理解し、サポートしてあげる
方法が分かります。輪が広がり、今は7,732,475人の
認知症サポーターがいるそうですよ。

これからの時代、認知症サポーターの人が増えていく事が
温かい街づくりに繋がると思っています。
ご興味ある方は、ぜひ認知症サポーター講座(無料)を
受けてみて頂けたらと思います。

 

チェック「老後資金を貯める!」7つのポイント まとめ他

老後のお金を貯める為に、まず確認したいこと。

老後資金対策に危機!是非読んでくださいね。
我が家は何百万これで消えた事か..
NHKクローズアップ現代より

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!

●確認しておきたい事 7つ

1.保険相談を積極的に受けてみる:保険相談7社 体験比較 口コミ
2.老後資金: 目標額を設定
3.住宅ローン:支払いを終える。投資よりローン返済がお得。効率が良い。
4.無駄な保険を排除:保険の見直し
5.年金を増やす: 確定拠出年金に加入
6.貯金や年金受取額を増やす働き方:
  ・ パートの場合
  ・ 自営の場合
7.お金の使い方の習慣化:老後に備えたお金の使い方

その他 節税・節約やお金を増やす方法 5つ

老後の住まいつくり 準備4つ

1.リフォームや片付けの時の買取サービス
  貴金属や着物などなど買取サービス一覧

.匿名で出来る!リフォーム費用見積り比較!
  リフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】

3.自宅がいくらで売れるか知りたい!
 不動産売却計画書 無料作成

4.住み替えについて情報・知識が欲しい!
  住み替え計画書 無料作成



スポンサーリンク