介護見守り

遠距離介護、別居している親の見守りは悩むものですね。

私自身も、さほど遠くない所とはいえ、
親と別居しているので、毎日心配が尽きません。

かといって、何度も電話をすると、
母は喜ぶのですが、父は「年寄り扱いしやがって」
という反応になってしまうのが困りどころ。

遠距離介護というものは親と子、またそれぞれの性格で
望むものも、してあげたいことも異なるもの。
だからこそ悩みも増幅します。

最近は別居の親をネットで見守るサービスが出てきていますが、
そのサービスを使ったからと言って「安心」だと
サービスに丸投げしてしまう訳にも行きません。

結局の所、どんなに心配で、どんなに意思が疎通しなかったとしても
お互いを思いやる気持ちが大切なんだと思います。

そんな悩める遠距離介護にとっての
お手伝いとなるサービス情報を見つけました。
 

高齢者の見守りサービス

いまイルモ 

センサーが室温・明るさなどを感知。スマホ、タブレット、PC等
でデータを確認できます。

初期費用1万6200円~ 月額2200円~

 

つながるライト

専用ライトを取り付けるだけで簡単利用の見守りサービス。
見守りルールは簡単設定。条件で自動でメールでお知らせ。

初期費用3万4800円~ 月額1700円~

 

見守りハピネス

月額3500円~

 

つながりプラス

スタッフが高齢者に毎週2回電話をし、話した内容を
家族にメール送信。子供にはなかなか本音を言わない場合などにも最適。

入会金10000円 月額8000円

 

プラチナリボン

介護をしているご家族を支援するサービス。

スマホ用アプリを利用してケアマネージャー、看護師、
兄弟姉妹や親戚などと情報を繋ぎ、より良い介護をする為の
サービス。

月額350円

 

我が家の場合の見守り 失敗談

私自身は、親にタブレットを持たせ、スカイプで
日々テレビ電話の様に連絡を取り合う事をしてみました。

スカイプならお金はかかりませんし、
声も顔も見ることも出来る、孫の顔も見せる事が出来る。

電話と違い、一対一ではなく、
両親と私達家族全員が話すことが出来ます。

こんな便利なツールは無い!と思ったのです。
両親にパソコンは難しいと思ったので、
ネクサス7を購入し、使い方を教え、持たせました。
 

 

けれど、スカイプで電話をしてみると
必ず我が家の固定電話か私の携帯電話が鳴り出します。。

使い方が分からない・・のだそうです。

「このボタンを押して、次にこれをして・・」

と説明しているうちに結構な時間が経ち。。
結果スカイプをする意味が分からなくなりました(^^;

スカイプで呼び出せて、親御さんがポチっとスカイプ受信が
できる状態ならば、スカイプって
とても良いツールだと思うんですけれどね。

我が家は断念です。

日々、負担にならない幸せな見守り方法について模索中です。
 

まとめ

高齢者のみの世帯は現在 約1200万戸となっていて、
全世帯の4分の1を占めています。

介護は一人で抱え込まず、可能なサービスを利用しながら
介護する人も、される人も幸せな暮らしを贈りたいですね。

カメラやセンサーがあるタイプの見守りサービスは
子供にとっては安心でも、
親にとってはイヤに感じることもあります。

双方が納得できること。そしてコミュニケーションの一つとして
受け入れられることがベストだと思います。