6db5894ee1c5d40a80634f2aa300337b_srougo-genki

厚生労働省は2016年9月13日、
100歳以上の高齢者が今月15日時点で
前年比 4124人増の6万5692人に上ると発表しました。

今年度中に100歳を迎える人は今月1日現在
前年比1368人増の3万1747人だそうです。

100歳以上の高齢者数は何と46年連続過去最多を更新!

男女別では、女性が全体の87.6%にあたるそうで、
厚生労働省の資料にある
「女性は16人に1人が100歳まで生きる時代に」なんて話も、
本当にやってくるのかもしれません。

※厚生労働省の資料
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12600000-Seisakutoukatsukan/nennkin10_3.pdf
 



都道府県別の100歳人口

都道府県別では
人口10万人当たりの人数 Top5は・・

1位 島根県  96.25人 
2位    高知県  87. 93人
3位 鳥取県  84. 84人
4位 鹿児島県 82. 78人
5位  香川県  82.60人

四国の2県が全国TOP5位に入って居ましたので
他の2県を見てみると、

・愛媛県  75.90人 12位
・徳島県  67.06人 22位

と、こちらも高順位でした。

5位以下10位までは

6位   山口県 
7位   宮崎県 
8位   佐賀県 
9位   熊本県
10位   長野県

 
長寿で有名な地域である県として出てきていないのが、

山梨県 76.29人 11位
沖縄県 70.50人 15位 です。

尚、私の住む埼玉県は全国最下位でして、
人口10万人当たり30.97人。

1位の島根県が96.25人だということを考えると
島根県の3割もいない事になります。

それでも、私の周りには元気な70~80代の
おじさま、おばさまが沢山いらっしゃいますよ。

その他の県のグラフは下記サイトにグラフが掲載されていました。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/1163.html

 

日本は元気な高齢化社会を迎えていますが、
これから私たちが老後を過ごすころには、
今よりも高齢者が増え、医療費も年金も苦しい時代が
やってくるでしょう。

病気になっても、どれだけ助けてもらえるか分かりません。
今の時代のお年寄りの様に手厚い看護を受けられるか・・・?

例えば元気で長生き出来たとしたら、
今の私で40代半ばですので、まだやっと「人生の折り返し地点」。
働けるのはあと10年ちょっとなのに、余生は40年以上あるとなると、
どうやって生きていっていいものやら。

長生きのリスクを感じます。

やはり改めて、今から健康もお金も、出来る限りの備えを
しておきたいと思った上記データでした。
 

健康長寿の島

島根県にも長寿の島がありました。

健康寿命(健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間)と
平均寿命との間=健康ではない寿命の期間が、
男性で9年ほど 女性で12年ほどと言われる日本。

それに対し、島根県の長寿の島「知夫里島」は、
何と要介護期間0.51年と言われる、
まさに「ピンピンころりの島」なのです。

以前のテレビ放送「主治医が見つかる診療所」では
知夫里村の長寿の秘訣が紹介されていましたよ。

長寿の秘訣 

・島の伝統食:なめ味噌をよく食べる
(なめ味噌とは、調理用の味噌では無く、金山寺味噌・もろみ味噌など
そのまま食べる味噌の事を言うようです)
 

 

・食物繊維をよく摂る:海と山に囲まれているため海藻や野菜を良く食べる

・土地の形状:火山活動でできた島の為坂道が多い=インナーマッスルが鍛えられる
 

また、四国地方では有名な発酵茶がありますね。

徳島県の阿波番茶 
 

 

高知県の碁石茶 
 

 

どうやら、発酵食品とその餌となる食物繊維をよく摂り、
中強度の運動となる坂道歩きをよくする という生活習慣があるようですね。

 

私も碁石茶を以前に買っていたのですが、
ここ最近のみ忘れていたことを思いだしました(^^;

碁石茶

久々に棚から引っ張り出してきまして、
今後はちゃんと飲もうと思います。
 

関連記事:我が家の腸に良い事体験「藻のすごい青汁」

スーパーフード 健康食材
栄養士208人が選んだスーパーフード第3位 スピルリナの食物繊維と
話題の乳酸菌:フェリカス菌が一度に摂れる青汁飲んでます。
フェリカス菌とスピルリナの青汁で腸内フローラ改善中
 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態、驚きでした!

NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕です。
老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。
我が家は何百万もこれで消えてしまったのです。

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!


1.老後資金 検討 お金を増やす方法 3つ

老後の年金不安

1.保険料を減らす!

保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。
必要は保障は人生の節目で変わりますので
定期的に保険を見直さないと損してしまいます。

保険相談7社 体験比較 口コミ



2.年金を増やす!

年金を増やす自助努力として確定拠出年金があります。
2017年から加入者枠が広がりました。
私も即刻加入し、毎月積み立てています。
加入が早い程、資金は貯まりますよ。

確定拠出年金に加入する



3.働き方を変える!

貯金や年金受取額を増やす働き方があります。
制度が変わりましたので、主婦でも社会保険に入れることがあります。

主婦パートの場合
自営の場合


2.老後の住まい 検討3つ

老後の住まい 介護リフォーム

1.リフォーム・住み替え

費用は安く抑えたい。リフォーム時のお得まとめ
暮らしやすい街への住み替え各種情報
コンパクトシティの選択などについて

リフォームのお得な控除・補助金&住み替え



2.リノベーションする

大好きな心地よい終の棲家を作る!リノベーション方法まとめ
年商1億 大家業の主婦さんもチェックする点など

老後も安心な中古住宅リノベーション法



3.介護リフォーム

老後を見据えた時の、暮らしやすい介護を考えたリフォーム検討法
どんなリフォームがあるか?介護保険制度は何が使えるか?など

老後の家づくり。 建て替え・増築・リフォーム法2つ