糖尿病 早期発見 簡易検査

テレビ番組「NHKスペシャル」 10月8日 食後高血糖の最新研究より

健康診断では「血糖値は正常」と言われていても安心できない事実が紹介されました。それは食後高血糖の存在。気付かずに放置していると心筋梗塞、糖尿病、がん、認知症になるリスクを高めることが最近の研究で分かってきました。

そんな恐ろしい食後高血糖の異常が、いま日本人に蔓延しているとのこと。なんと!日本全体で食後高血糖を生じている人は、1400万人以上もいるとのことです。
 



食後高血糖とは?

健康な人は一日の血糖値が緩やかに上がり下がりしますが、糖尿病の人は血糖値が常に高い状態が続きます。ところが最近 「食事を食べた後だけ血糖値が急上昇する人」が沢山いる事が分かってきたそうです。それが食後高血糖。

この食後高血糖が怖いのは、通常の健康診断では見過ごされてしまうこと。健康診断は空腹で測る血糖値なので血糖値は一番下がった部分となります。その為、そこだけ見ても食後高血糖の存在には気付けないのです。誰でも食事の後は血糖値が上がるもの。けれど食事1時間後に、血糖値が140以上になれば、食後高血糖が起きていると思われます。

番組内では、とある企業等に赴き、従業員の方がたの食後高血糖を調べていきましたが、20代でも 食事前97 1時間後 233 など、食後高血糖と判定される人が続々といました。健康診断では異常なしと言われている65人のうち、なんと20人に食後高血糖が見つかりました。かなりの高確率です。
 

どんな人が食後高血糖になるの?

高血糖は今まで、肥満で脂肪肝の人がなるものと思われていましたが、最新の研究では肥満のない中年の方や、痩せた20代にも見つかっています。日本人は食後高血糖になりやすい体質のようで、色んな人がかかる可能性があるのです。

実際、番組の検証でも、痩せ型20代の女性5人に1人の割合で食後高血糖が起きていました。
その上なんと、この問題は、子供にも広がっているそうですよ。この血糖値の変化は、140を超え、数時間のうちに正常レベルまで戻るのが繰り返されますが、自覚症状が無い為に本人は気付く事ができません。
 

食後高血糖のリスク

従来は、食後高血糖が下がらなくなると糖尿病になると言われていましたが、最近の研究では心筋梗塞・脳梗塞・認知症・がんといったリスクも高めることが分かりました。食後高血糖が様々な病気の原因となり、命の危険も招くということです。

食後高血糖は血管を詰まらせる原因となる為、患者は動脈硬化の多発が起こります。これが食後高血糖特有の症状です。
 

食後高血糖と動脈硬化

食後高血糖は何故、動脈硬化を発生させてしまうかというと、例えば、1度だけ食後高血糖が起こり、暫くして再び食後高血糖が起こる、というような場合は大丈夫です。

けれど食後高血糖が頻発する=毎食後等の場合には障害が起こってきてしまいます。動脈硬化には、程度と頻度が大きく関わって居ます。何故かと言うと、食事後、血液中に糖が増えると活性酸素が多く発生しますが、活性酸素は増えすぎると血管壁の細胞を傷つけてしまいます。傷ついた血管壁を免疫細胞が修復する時、免疫細胞は血管壁の内側に入り込み、血管内を狭めてしまうのです。それが動脈硬化が進む理由です。
 

食後高血糖と心筋梗塞・脳こうそく

動脈硬化は血管内を狭めるので、結果、心筋梗塞、脳梗塞のリスクも高まってしまいます。食後高血糖が起きるたびに少しずつ動脈硬化が起こっているということで、20代であっても食後高血糖を繰り返していると血管は40代の人と同等になってしまいます。
 

食後高血糖と認知症 

食後に血糖値が急上昇すると、すい臓から大量にインスリンが分泌されます。インスリンが多い状態では、記憶力が衰えやすいことが、ネズミの実験で確かめられました。脳を調べると、脳の神経細胞を死に至らしめる有害な老廃物=アルツハイマー型認知症の原因物質アミロイドβが蓄積していることが分かりました。その為、食後高血糖を繰り返していると、そうで無い人と比べ、1.5倍も認知症になりやすくなってしまうそうです。
 

食後高血糖とがん

食後に血糖値が急上昇すると、すい臓から大量にインスリンが分泌される為、食後高血糖の人はインスリンが多い状態です。インスリンには細胞を増殖させる働きがあるため、がん細胞の増殖も促す危険性が指摘されています。 特にインスリンが大量に作られるすい臓ががんにさらされる危険があるそうです。すい臓は他の臓器に隠れていて、なかなか がんが見つかりにくく、見つかった時には、かなり進行していると言われています。
 

食後高血糖の対策!

食後高血糖は、糖尿病の全段階では無くそれ自身が病気です。日本人の死亡原因の上位が全てに関わっているとも言える怖い食後高血糖ですが、簡単な方法で解消できる事も分かってきています。大きなポイントとして、ご飯やパンなどに多く含まれる糖質が体に吸収されるスピードを遅くし、血糖値の急上昇を抑えること!

気を付ける点は下記3つ!

食事を食べる順番に気を付ける事。
食後の運動を意識する事。 
一日3食 食べる事。

 

食事を食べる順番

まず  野菜 
次に  肉魚などのたんぱく質 
最後に ごはん

食物繊維を多く含む野菜などを最初に食べると、食物繊維が腸の壁をコーティングし、後から入ってくる糖の吸収をゆっくりにする作用があります。糖の吸収を緩やかにするために食物繊維を最初に摂ると良いようです。
 

食後の運動

食後すぐに動くと、血糖値が速やかに下がることが分かっています。大したことをしなくても、ちょこちょこと歩く事でも血糖値が速やかに下がるようです。「食休み」等と言って動かずにいるのは良くありません。食後15分間程度は、消化吸収をよくするため、全身の血液が胃腸に集められ胃腸の動きが活発になりますので、この時に、体を動かしましょう。

手や足の筋肉などに血液が奪われる為に、胃腸の活動が低下し、糖分の吸収に時間がかかりることで、食後高血糖が抑えられます。
 

1日3食食べよう

1日3食を規則正しく食べている時には、食後高血糖が生じなかった人でも、朝ごはんを抜くと、昼食の後に食後高血糖が発生することがあります。朝食と昼食を抜くと夕食後には大きな食後高血糖が起きることも分かって居ます。

空腹の時間が長いほど、その後の食事では、食後高血糖をより一層引き起こしやすくなりますので、きちんと3食規則正しく食べることが、大切です。
 

まとめ

命にかかわる様々な病気に関係してくる食後高血糖の存在が、最新の研究で分かってきました。
そして日本人は食後高血糖を起こしやすく高確率で食後高血糖を起こしている人が多くいる事が
分かってきました。

でも、対策もあります。

上記のような3つの対策を続けるうちに、血糖値が上がりにくい体が取り戻され、様々な病気のリスクを解消することができる言うことも分かってきています。まずは継続して日々の習慣にする事が体を守ってくれます。
 

★NHKのホームページに「食後高血糖(血糖値スパイク)危険度チェック」
がありますよ。
http://www.nhk.or.jp/special/kettouchi/check/index.html

 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態、驚きでした

NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕です。
老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。
我が家は何百万もこれで消えてしまったのです。

・保険加入の実態:金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い! 

・私の父母の実体験:【保険見直しの必要性とコツ】見直さなかった悪夢

・保険見直しの時期:安くなる!保険見直しのコツ全解説!


1.老後資金 検討 お金を増やす方法 3つ

老後の年金不安

1.保険料を減らす

保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。
必要は保障は人生の節目で変わりますので
定期的に保険を見直さないと損してしまいます。

保険相談7社 体験比較 口コミ



2.年金を増やす

年金を増やす自助努力として確定拠出年金があります。
2017年から加入者枠が広がりました。
私も即刻加入し、毎月積み立てています。
加入が早い程、資金は貯まりますよ。

確定拠出年金に加入する



3.働き方を変える

貯金や年金受取額を増やす働き方があります。
制度が変わりましたので、主婦でも社会保険に入れることがあります。

主婦パートの場合
自営の場合


2.老後の移住先を考える

老後の住まい 介護リフォーム

1.老後移住 国内

人気の老後移住先!住みやすいのは?田舎・都会・国内海外まとめ 成功失敗例


2.老後移住 人気のマレーシア

人気のマレーシア 海外老後移住の現実!年金では生活できない!?


3.老後移住 憧れのリゾート地

定年後、リゾート地に移住したい!軽井沢・ハウステンボス・安曇野!