老後生活を楽しむ方法

車社会や機械化の影響で、姿勢を維持する筋力が衰えている事から
私達はインナーマッスルが弱り、姿勢が悪くなっていることが
多いと言われています。

スマホやパソコン操作の際に、背中が丸まり
猫背になりやすいのもそうですね。

そこで問題なのが、猫背の状態で肺が圧迫され、
吸い込む酸素の量が減り、
浅い呼吸=軽い酸欠状態になってしまうこと。

何と現代人は、日ごろの呼吸では肺の約3割しか
使ってないそうですよ。

この浅い呼吸、放っておくと様々な体調不良を
引き起こす可能性が!

お金もかからず、誰にも平等に与えられている酸素ですので(^^;
健康の為にぜひ意識していきたいですね。
 



酸欠になるとどうなるの?

浅い呼吸は、全身の血流が悪くなる、
肩こり、疲労感、やせにくい、自律神経失調などなど
様々な不調を引き起こします。

呼吸器内科の専門医、池袋大谷クリニックの大谷義夫院長によると、
健康な33歳の男性(喫煙歴なし)を対象に、
肺活量と気道抵抗を測定したところ、
通常の姿勢で5440ミリリットルだった肺活量は、
スマホを操作する姿勢(猫背)では3720ミリリットルに減少。

「肺年齢」は、通常の姿勢「18歳未満」がスマホ操作時には
「41歳」と実年齢を超えていたとのこと。

 

酸欠は老眼にも影響が

またスマホ老眼と呼ばれる、若い世代にも広がっている老眼ですが、
これも酸素不足が心配です。

中医学を学び、視力回復などの治療に定評がある、
日本リバース院長の今野清志さんは言います。

目は心臓の次に働き者で、1日に2万回近くまばたきを行うため、
10万回以上も眼筋が動いています。
これは10万回の筋トレをしているのと同じ。
筋肉運動をすると、体には乳酸がたまりますが、
乳酸は酸素により分解され血液によって運び出されるので、
常に酸素を送り込む必要があります

人の1日の酸素の摂取量は、30才を100とした場合、
50代で35%、60代で40%、70代で50%と
心肺の老化に伴い減少してしまうそうです。

私達は年を追うごとに特に
呼吸に意識して生活しなければなりませんね。
 

酸欠対策

そんな酸欠不足を補う対策は、何より深い呼吸。
姿勢を整えて酸素をたっぷり体に取り込む方法として
下記「深呼吸」と「瞑想時の完全呼吸」などがあります。
 

深呼吸

肩こり研究所(目黒区)の丸山太地所長によると
スマホを長時間使い、目や肩が疲れたと感じたら、
ストレッチを行って筋肉をほぐし、血流を改善することが効果的。
お薦めは胸を広げる「背中式呼吸」。
椅子に深く座り、頭の後ろに手を当てて、大きく3回深呼吸する。
イメージとしては「頭の重さを使って大きく胸を広げ、
より多くの空気を吸うイメージ」で。

 
瞑想

また、スティーブジョブスやビル・ゲイツ 松下幸之助 稲盛和夫
井深大等のトップ経営者が行っていた瞑想での呼吸法は
「細くて長い呼吸」

そして、胸式呼吸と腹式呼吸を合わせた「完全呼吸」です。

大量の酸素を取り込むことが出来、交感神経が刺激され、
体が活発になる「胸式呼吸」と

ゆっくりと酸素を取り込み、副交感神経が刺激され、
体がリラックス。横隔膜が上下に動くため、内臓の結構も促進される
「腹式呼吸」

その両者を合わせた「完全呼吸」は、
双方の良い所を取りいれながら最大限に呼吸が出来ます

~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門より

 

その他、ランニングやヨガなどの有酸素運動も良いですね。
 

まとめ

人は生まれた時から死ぬまで休まず呼吸を続けていますが、
呼吸で摂りいれた酸素は血液に乗って
体中の臓器に供給されていきます。

その血中酸素が少なくなると、細胞の働きを鈍らせ、
上記に上げたような不調だけでなく、
やがてさまざまな成人病の原因ともる可能性が!

呼吸はあまりにも日常的な事であるがゆえに、
何も考えずに生活してしまいがちですが、
その大切さ、意識したいですね。
 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態、驚きでした

NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕です。
老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。
我が家は何百万もこれで消えてしまったのです。

・保険加入の実態:金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い! 

・私の父母の実体験:【保険見直しの必要性とコツ】見直さなかった悪夢

・保険見直しの時期:安くなる!保険見直しのコツ全解説!


1.老後資金 検討 お金を増やす方法 3つ

老後の年金不安

1.保険料を減らす

保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。
必要は保障は人生の節目で変わりますので
定期的に保険を見直さないと損してしまいます。

保険相談7社 体験比較 口コミ



2.年金を増やす

年金を増やす自助努力として確定拠出年金があります。
2017年から加入者枠が広がりました。
私も即刻加入し、毎月積み立てています。
加入が早い程、資金は貯まりますよ。

確定拠出年金に加入する



3.働き方を変える

貯金や年金受取額を増やす働き方があります。
制度が変わりましたので、主婦でも社会保険に入れることがあります。

主婦パートの場合
自営の場合


2.老後の住まい 検討3つ

老後の住まい 介護リフォーム

1.リフォーム・住み替え

費用は安く抑えたい。リフォーム時のお得まとめ
暮らしやすい街への住み替え各種情報
コンパクトシティの選択などについて

リフォームのお得な控除・補助金&住み替え



2.リノベーションする

大好きな心地よい終の棲家を作る!リノベーション方法まとめ
年商1億 大家業の主婦さんもチェックする点など

老後も安心な中古住宅リノベーション法



3.介護リフォーム

老後を見据えた時の、暮らしやすい介護を考えたリフォーム検討法
どんなリフォームがあるか?介護保険制度は何が使えるか?など

老後の家づくり。 建て替え・増築・リフォーム法2つ