イタリア長寿食

以前に放送された フジテレビ
[腸を知って身体のお悩み解決SP]にて
世界一の長寿島「サルデーニャ島」の健康食が紹介されました。

この番組内容をもとに、私が今まで見たその他の番組内容も絡めながら
健康長寿の食生活について、まとめています♪



長寿の島 サルデーニャ島とは?

世界一の長寿島「サルデーニャ島」。
サルデーニャ島では,なんと1000人に2.2人が
100歳以上という世界でも有数の長寿地域なんだそうですよ。

さて、その地域でご長寿の皆さんが食しているものは・・?
 

健康長寿地域の食事1:オリーブオイル

オリーブオイルの名産地でもあるサルデーニャ島では、
食事にオリーブオイルを良く使います。

オリーブオイルに含まれる成分「オレイン酸」が
血液中のコレステロールのバランスを整える為、
生活習慣病の予防効果があると言われているのです。

オリーブオイルは
痔の治療専門外来の先生が教える痔を予防する生活習慣とは?

でも紹介したように、便秘解消効果もありますね。

便秘は60歳を超えると増えて来ますし、
腸内環境にも影響してきますので、ぜひ取りたい油です。
 

健康長寿地域の食事2:羊のチーズ

酪農が盛んなサルデーニャ島で食べられているのが
羊のチーズである「ペコリーノチーズ」。
牛のミルクよりも脂肪分やタンパク質が多いそうですよ。

発酵食品であるチーズは、善玉菌を増やし、
腸内環境整えますので、ぜひ取りたい食品の一つ。

そこで私もこのペコリーノチーズを探してみましたが・・
チーズに強い近所のスーパーでも見つかりませんでした。
Amazonでは売ってました。

Amazon何でもありますね(;^ω^)

 

健康長寿地域の食事3:天然酵母のパン

「パーネ・カラザウ」と呼ばれる天然酵母のパン。
羊飼いがチーズと一緒に携帯した食品だそうです。

サルデーニャ島の人達は
パーネ・カラザウとチーズを毎日のように食べているそうですよ。

これは、近所のスーパーで・・という訳には
まず無理だろうと思いましたので、
ネットで調べてみると・・

すごい!売ってるもんですね。

長寿地域の食のポイントは「酵母菌」。
やはりここでも長寿のポイント「食物繊維・発酵食品・運動」
が見えてきます。

酵母菌は食事中の糖質を
体内で吸収される前に分解するため、
糖質の過剰な吸収を抑えるそう。
肥満予防・血糖値の上昇を抑制する効果があるとのこと。

これって、血糖値スパイク予防で言われていた
食物繊維と同じ働きですね。
 

健康長寿地域の食事4:赤ワイン

イタリアと言ったらワイン。

ワインに含まれるポリフェノールの効果は
もう、言うまでもありませんよね♪
チョコで病気予防と同じく動脈硬化を防ぐ働きがあると言われています。

私も毎日チョコレートを25g食べています♪
 

健康長寿地域の食事5:豆料理

サルディーニャ島では、豆料理が多く食べられているそうで、
豆を沢山いれたミネストローネスープを良く飲むとのこと。
豆に含まれるイソフラボンは、悪玉コレステロールを減らします。

日本人にとっては、この豆を発行させた「味噌」
がありますね。

発酵王子 伏木暢顕さんの味噌バーニャカウダレシピ 
胃がんや乳がんを抑える発酵食

豆腐等を始め、日本にはお豆料理が沢山あります。
身近な食材ですので摂りやすいですね。

 

まとめ

ということで、
イタリアの長寿地域 サルデーニャ島の長寿食は

1.オリーブオイル
2.羊のチーズ「ペコリーノチーズ」
3.天然酵母のパン 「パーネ・カラザウ」
4.赤ワイン
5.豆料理

 
でした。

長寿食には、みな同じような傾向があるようです♪
基本を押さえてバリエーションを効かせるだけで
意外と摂取しやすい食事になる気がします!

 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態、驚きでした

NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕です。
老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。
我が家は何百万もこれで消えてしまったのです。

・保険加入の実態:金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い! 

・私の父母の実体験:【保険見直しの必要性とコツ】見直さなかった悪夢

・保険見直しの時期:安くなる!保険見直しのコツ全解説!


1.老後資金 検討 お金を増やす方法 3つ

老後の年金不安

1.保険料を減らす

保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。
必要は保障は人生の節目で変わりますので
定期的に保険を見直さないと損してしまいます。

保険相談7社 体験比較 口コミ



2.年金を増やす

年金を増やす自助努力として確定拠出年金があります。
2017年から加入者枠が広がりました。
私も即刻加入し、毎月積み立てています。
加入が早い程、資金は貯まりますよ。

確定拠出年金に加入する



3.働き方を変える

貯金や年金受取額を増やす働き方があります。
制度が変わりましたので、主婦でも社会保険に入れることがあります。

主婦パートの場合
自営の場合


2.老後の移住先を考える

老後の住まい 介護リフォーム

1.老後移住 国内

人気の老後移住先!住みやすいのは?田舎・都会・国内海外まとめ 成功失敗例


2.老後移住 人気のマレーシア

人気のマレーシア 海外老後移住の現実!年金では生活できない!?


3.老後移住 憧れのリゾート地

定年後、リゾート地に移住したい!軽井沢・ハウステンボス・安曇野!