おせち チョロギとは

昔は各ご家庭で作ったお正月料理も
現代はスーパーや料理やさんから注文する事が多くなったようです。

我が家も以前は、お節料理の全てを自作することが
主婦として趣味の一つでしたが、
年を重ねてくると、ちょっとそれも億劫になってきました。

お正月三が日「おせち」という食生活は、
今の子ども達には合わないようで、沢山作れば余ってしまいますし。

さて、先日 TBSの「サタデープラス」において
「医師500人が選ぶ長寿食材ベスト3」が紹介されていましたよ。

その中で、おせちに入っている、あの「チョロギ」が
紹介されました。

チョロギは「長老喜」と書く縁起物。

地味な印象のチョロギですが、年末年始は特に
手に入りやすいと思いますので、ぜひ味わってみましょう!
 



チョロギとは?

長寿食材 チョロギ

細胞の働きを活性化させる可能性がある物質が含まれ
認知症予防なども期待でき、脳や腸にも良いと言われている

寒い地域で収穫されるチョロギは張り巡らされた
根の先端のかたまりを食用として頂きます。
白しょうゆ漬け 味噌漬け リンゴ酢漬けなど漬物にしたり
素揚げ等にするとホクホク食感になるので、
カレーに入れるとジャガイモのような食感になります。

チョロギのお問い合わせはこちら
http://www.iburigakko.com/

番組公式HPより引用
 

チョロギの効能

番組内では、

秋田県の生産者の方がたの血管年齢を測定した所、
10歳近く若い人が続出となりました。

チョロギには、天然オリゴ糖が豊富なため、
腸内環境を整えると言われています。

医師500人の方がたからは、

・脳梗塞の治療に期待できる
・抗酸化力で胃潰瘍などの防止に役立つ
・老化を遅らせることに役立ちそう

との意見が寄せられました。
 

チョロギの栄養は?どこの地方で作られている?

健康食材 チョロギ

秋田県で良く作られています。

シソ科の植物で、根の先端の膨らんだ部分が
私たちが食する部分です。

根の先端は成長により細胞分裂が激しく、
栄養価が高い部分です。
 

チョロギの食べ方

漬けものとして食べられることが多いです。
先の番組公式HPにあるように
味噌漬け、白しょうゆ漬け、りんご酢漬けなどがあります。

また特に「素揚げ」は番組出演者の方から
とても好評でした。

漬物として食べると、カリカリしゃきしゃきの触感が
揚げるとホクホクしたジャガイモのような食感になることには
皆が驚きの声を上げていましたよ。

小さな粒で、あまり食卓に上ることは少ない食材ですが、
産地の秋田県では、とても良く食べられているようです。

日本の伝統食「おせち」に必ず入って居る「長老喜」
素揚げだけでも、とっても美味しいのなら簡単ですし、
お医者様500人が選ぶ長寿食材であるならば
ぜひ積極的に食べたいですね。

 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態、驚きでした

NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕です。
老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。
我が家は何百万もこれで消えてしまったのです。

・保険加入の実態:金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い! 

・私の父母の実体験:【保険見直しの必要性とコツ】見直さなかった悪夢

・保険見直しの時期:安くなる!保険見直しのコツ全解説!


1.老後資金 検討 お金を増やす方法 3つ

老後の年金不安

1.保険料を減らす

保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。
必要は保障は人生の節目で変わりますので
定期的に保険を見直さないと損してしまいます。

保険相談7社 体験比較 口コミ



2.年金を増やす

年金を増やす自助努力として確定拠出年金があります。
2017年から加入者枠が広がりました。
私も即刻加入し、毎月積み立てています。
加入が早い程、資金は貯まりますよ。

確定拠出年金に加入する



3.働き方を変える

貯金や年金受取額を増やす働き方があります。
制度が変わりましたので、主婦でも社会保険に入れることがあります。

主婦パートの場合
自営の場合


2.老後の住まい 検討3つ

老後の住まい 介護リフォーム

1.リフォーム・住み替え

費用は安く抑えたい。リフォーム時のお得まとめ
暮らしやすい街への住み替え各種情報
コンパクトシティの選択などについて

リフォームのお得な控除・補助金&住み替え



2.リノベーションする

大好きな心地よい終の棲家を作る!リノベーション方法まとめ
年商1億 大家業の主婦さんもチェックする点など

老後も安心な中古住宅リノベーション法



3.介護リフォーム

老後を見据えた時の、暮らしやすい介護を考えたリフォーム検討法
どんなリフォームがあるか?介護保険制度は何が使えるか?など

老後の家づくり。 建て替え・増築・リフォーム法2つ