動脈硬化

私達の血管は味の濃いもの・揚げ物・お酒で老化します。
血管の老化は動脈硬化を起こし、心筋梗塞や脳こうそくなど
命にかかわる自体を引き起こしてしまいます。

分かってはいるけれど、
何でも摂り過ぎは良くないんですね~。

もっとも良く知られているのが「血管の糖化」ですが、
他にも塩化・油化・酒化があります。

このこわ~い血管老化について、
どの様に予防していったらいいか?を
簡単にまとめたお話です。


血管の老化・糖化

赤血球に含まれるタンパク質(ヘモグロビン)は
糖と結びつくことで変化してしまいます。

例えば甘いホットケーキには、タンパク質と砂糖が含まれていますが、
それを焼くと、こんがり焦げる部分が出来ます。
それが糖化と言われています。

糖質の多い食事により血液中の糖が増えれば
血管が糖化状態となり血管の弾力性が減少。
動脈硬化になると言われています。
 

血管の糖化 予防

甘いもの・白いご飯・パン・うどんなどの食べ過ぎに注意!
 

血管の老化・塩化

塩分を取り過ぎると脱水作用で高血圧になります。
高血圧は動脈硬化を進行させてしまいます。
 

血管の塩化 予防

日本食は塩分が高めなので、
だしや、薬味を利用して上手に減塩。
 

血管の老化・油化

バターやラードのような油には
悪玉コレステロールが多く含まれています。
これらの悪玉コレステロールは
血管の壁に蓄積してしまうので
血栓となり心筋梗塞や脳こうそくを引き起こす
可能性があります。
 

血管の油化 予防

バターやラードなどではなく
魚に含まれるDHA・EPAのような
良い油を摂取しましょう。

 
余談ですが、先日のNHKスペシャル
健康長寿の鍵!慢性炎症を抑える長寿食と微小循環 ↓でも
魚に含まれるDHA/EPAが長寿になるための慢性炎症を抑えるとの
内容が取り上げられていました。

日本食の良さとは

魚には慢性炎症を抑えることが知られている
EPA、DHAが含まれています
魚の油は他の油より炎症の数値が40%近く下がります。

また、ヒジキ・大豆・ポリフェノール・
ニンジン・海藻・味噌などにも
抗炎症成分が含まれています。

長寿食と呼ばれるものには、どうやら
炎症を抑える成分が豊富に含まれているようです。

私も唯一摂取しているサプリメントがこれなんですよ↓
DHA EPA

DHA・EPAには悪玉コレステロールを減らしたり
血液を固まりにくくする働きがあるので、
コレステロールに悩む私にはぴったりなのです。
画像は主人と1ボトルずつで2ボトル。
 

血管の老化 酒化

お酒を飲み過ぎるとアルコールの脱水作用に寄り
タンパク質を固めてしまいます。
糖化・塩化・油化を促進させてしまう為に
動脈硬化が進行します。

またその脱水作用は、肝臓や膵臓、脳をも委縮させると
言われています。
 

血管の酒化 予防

お酒の飲み過ぎ注意。
 

簡単に動脈硬化を予防するには?

心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす こわ~い動脈硬化ですが、
以前サタデープラスで、
「たった10日で血管年齢がマイナス17才!」
という特集がありました。

絶大な評判を呼んだ酢生姜について、
このサイト内でも下記ページで紹介しています。

血管年齢10日で-17歳!酢生姜の食べ方。

食べ過ぎ飲み過ぎに気を付けながら酢生姜で
動脈硬化予防していきましょう!