老後 住み替え

老後移住という言葉が良く聞かれるようになりましたが、

「夢の田舎暮らし」や、「初めての都会暮らし」と同時に
「サービス付高齢者住宅を中心とした街」に移住する
という選択もあるようです。

それはまるで別荘のような老後暮らし。

そこで、巷で聞かれる「サービス付き高齢者住宅」について
調べてみました。



老後の「田舎暮らし、都会暮らし」

今までの生活とは異なる
「夢の田舎暮らし」や、「初めての都会暮らし」というのは
セカンドライフ・老後移住先は 田舎?都会?海外? 利点と欠点を比べてみよう!
にも書いたように、現実問題としては、厳しい事もあるようです。

田舎暮らしの場合には、
既に作られている地域の密なコミュニティの中へ入れてもらう事は
なかなか難しい、というような声も多々ありますし、

都会暮らしの場合には、
隣に誰が住んでいるのかさえ分からない事もあり得ます。

また、人付き合いに関しての意見も分かれる所で、

年を重ねてからは、気の合う人と疲れないお付き合いをする事が大事!
という意見もあれば、

沢山の人との触れ合いが認知症の予防にもなり、長寿の秘訣!
という意見もあります。

人の生き方の問題なので、何が正解と言うことは無いだけに、
どんな生活が自分に向くか?考えどころですよね。

あなたの老後は、どんな選択が理想ですか?

私自身も、心地よい老後を過ごすための
未来を思い描いていたところ、先に触れた
最近増えてきている「サービス付き高齢者向け住宅」が
とても素敵になってきていることを知りましたので、
簡単にまとめてみました。
 

サービス付き高齢者向け住宅とは?

住み慣れた自宅で死ぬまで生活出来れば・・と思いつつも、
現在、特別養護老人ホームが54万人が待機状態である時代。

また、人生100歳まで生きる人が女性では16人に1人になると
言われる時代がやってきます。

※厚生労働省の資料より 
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12600000-Seisakutoukatsukan/nennkin10_3.pdf

私たちも、いずれサービス付き高齢者向け住宅を検討したり、
お世話になる日がくるかもしれません。

このサービス付き高齢者住宅とは、

国交省が始めた高齢者向けの賃貸住宅で、
高齢労働省が補助金を出しています。

バリアフリーの居住空間になっていて、25㎡以上が基準。
特養の10㎡やグループホームの7㎡と比べ
倍以上の居室面積があるようです。

安否確認と生活相談サービスは必須になっていますし、
必須サービスの他にも、食事や清掃、洗濯、
訪問診療や介護などのサービスも。

サービス付き高齢者住宅には、集合住宅になっているもあれば、
同じ地域の中で点在するものもあります。
また、サービス付き高齢者住宅を中心に新たな街が出来るタイプもあります。

いずれにして5年前に始まった このシステムは現在 約20万戸。
それを政府は5~6年後には60万戸まで増やす方針を
打ち出しているようで、どんどんと周りに増えてきているんですね。
 

住みやすい人気のサービス付き高齢者住宅 

そのサービス付き高齢者住宅においては。
まるで別荘のような、とても素敵な住宅が増えてきているようですよ。

例えば、TVなどで紹介されたこともある
栃木県の自然豊かな里山にある「ゆいま~る那須

こんな緑あふれる場所で老後が過ごせたなら、
そして安否確認などの見守りサービスがついていたなら、
穏やかな日々が過ごせそうです。

また、約1万1000坪の敷地にサービス付き高齢者住宅の他
学生向けの住戸や自動入所施設など等の建物があり
多年代の人が暮らす「シェア金沢」。

敷地内には温泉があったり、動物が飼われていたり、
カフェが井戸端会議をするサロンになっていたりと
とても心和む空間のようです。

また、都会では世田谷区や町田市に
サービス付き高齢者住宅を含む、多世代共生型で
地域の交流施設を併設した住宅整備授業が計画されているそうです。

時代は「老後に備えて元気なうちから移住して、コミュニティを作る」
そんな流れになっているようですね。
 

まとめ その他施設や資料請求

今住んでいる場所で老後を過ごすことが
様々な理由で、難しくなる場合もあるかもしれません。

そんな時には、確かに不安も出てきますが、
これからの高齢化社会においては、
住宅も、人付き合いも、介護も、病院も、
色々なサービスが増え、少しずつ
暮らしやすくなる時代がやってくるような気がします。

まずは、老後移住するにも元手はかかりますし、
未来において、少しでも自分の理想の生き方を選べるように
若いうちから老後資金を貯めておきたいですね。

サービス付き高齢者住宅は、下記の介護施設検索からも
フリーワード「サービス付き高齢者住宅」と入力すると
出てきますよ。

高齢者住宅の検索【HOME’S介護】

 

追記※
 悩める介護に関する情報満載のサイト
 無料でメール相談も出来るサイトを見つけました。
 “まずは相談”介護のいろいろ【介護の相談】無料お問い合わせサイト

 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態、驚きでした!

NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕です。
老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。
我が家は何百万もこれで消えてしまったのです。

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!


1.老後資金 検討 お金を増やす方法 3つ

老後の年金不安

1.保険料を減らす!

保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。
必要は保障は人生の節目で変わりますので
定期的に保険を見直さないと損してしまいます。

保険相談7社 体験比較 口コミ



2.年金を増やす!

年金を増やす自助努力として確定拠出年金があります。
2017年から加入者枠が広がりました。
私も即刻加入し、毎月積み立てています。
加入が早い程、資金は貯まりますよ。

確定拠出年金に加入する



3.働き方を変える!

貯金や年金受取額を増やす働き方があります。
制度が変わりましたので、主婦でも社会保険に入れることがあります。

主婦パートの場合
自営の場合


2.老後の住まい 検討3つ

老後の住まい 介護リフォーム

1.リフォーム・住み替え

費用は安く抑えたい。リフォーム時のお得まとめ
暮らしやすい街への住み替え各種情報
コンパクトシティの選択などについて

リフォームのお得な控除・補助金&住み替え



2.リノベーションする

大好きな心地よい終の棲家を作る!リノベーション方法まとめ
年商1億 大家業の主婦さんもチェックする点など

老後も安心な中古住宅リノベーション法



3.介護リフォーム

老後を見据えた時の、暮らしやすい介護を考えたリフォーム検討法
どんなリフォームがあるか?介護保険制度は何が使えるか?など

老後の家づくり。 建て替え・増築・リフォーム法2つ