血認知症予防の食事

私の父親もレビー症候群を発症してしまいましたが、

・投薬
・本人の考え方← これってとても大事なようです

自分を認めることで認知症が改善していく実例が
下記のような本でも出版されています。

私の脳で起こったこと レビー小体型認知症からの復活
認知症になった私が伝えたいこと

私の父も今は治療のかいあって発病前と 
ほぼ同じ様に生活出来ています。
認知症は早めに気付いて治療を開始することが大切なんですね。

追記:その後 奇跡的に完全回復しております。
関連記事 父の認知症 体験談。レビー症候群が治った?!奇跡が起きた1年。

 

認知症は65歳くらいで発症し始め、75歳位から急激に
増えてきますが、実は40代でも軽度認知障害が
起こってくるそうです。

また種類としても様々なタイプの認知症がありますが、
認知症の原因が明らかになってきたことで、
治療法のみならず予防法も分かる時代となりました。

まずは早いほど効果が有る認知症予防「食事」について、
1日でも早く実践していきたいものですね。

ここでは、予防に良いと言われる
4つの栄養素についてのお話をしています。



予防の第一歩 脳に必要な栄養素を摂ろう

脳は人が必要とするエネルギーの20%を消耗しているそうです。
脳の低エネルギー状態が続くと脳の機能の低下にも繋がります。
そこで認知症の予防には、若い時以上に「脳の栄養」を考えながら
食事を取ることが大切です。
 

認知症予防の為に摂りたい栄養素

その1 タンパク質

年齢を重ねるにつれ傷ついた細胞を修復するには、
沢山のたんぱく質が必要。
ただ、タンパク質は摂っても、
脂質は控えめにしなければなりません。

脂質を取り過ぎると内臓脂肪となり、
生活習慣病を起こしやすくなりますが、
生活習慣病があるとアルツハイマー型の認知症になるリスクが
倍増してしまうからです。
 

その2 オメガ3系の油

油はオメガ3系の油を選ぶ。

オメガ3系の油は、動脈硬化を抑制する
精神を安定させるなどの働きがあると言われています。
オメガ3系の油は 亜麻仁油・えごま油・しそ油などです。
 

その3 ビタミン・ミネラル

ビタミン・ミネラルを積極的に摂る!

体の中でエネルギーが効率よく作られるためには
十分な量のビタミンとミネラルが必要です。
これらがないと原料があってもエネルギーに変換されません。
ビタミンもミネラルも年齢と共に不足しがちになりますので、
積極的に摂取しましょう。

特に野菜や果物などに多く含まれ
抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンDは
認知症予防に効果的と言われています。

その4 DHA・EPA

青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸「DHA/EPA」

その5 ベータカロチン

ホウレンソウに多いβカロチンも良いと
言われています。同時にほうれん草は
老眼や白内障予防に良いとも言われています。

老眼10分で治る時代& 老眼白内障予防の栄養素
 

認知症予防の食べ物 カマンベールチーズ

2017年2月11日放送の「ジョブチューン」では、
カマンベールチーズがアルツハイマー型認知症に効果有
と放送されました。

カマンベールに含まれる成分が、脳にシミが増えるのを抑えると
2015年 東京大学大学院農学生命 科学研究科と小岩井乳業
との研究から発表されました。

チーズの中でもカマンベールがいい理由が、その「白カビ」。
食べる量は、一きれ二きれで良いそうですよ。

また、より認知症予防に効果的なのは、
赤ワインを2~3倍一緒に飲むこと。

ワインを1日グラスで数杯飲んで居る人は、
そうでない人に比べて 認知症の発症は5分の1になるようです。

また、ワインに変わる物として最新のデータでは、
ビールも良いとのこと。
ビールの苦み成分に認知症予防効果が有ります。
そして第三のビールと呼ばれる発泡酒でも大丈夫。

アルツハイマー型認知症に効く苦み成分は、
ホップ由来の物なので、原料にホップが入って居れば大丈夫です。

量としては一日缶1本くらいが丁度良いそうです。
 

認知症予防の食事レシピ おすすめ「納豆」

たんぱく質・オメガ3系の油・ビタミン・ミネラル。
この4つが認知症予防の為に摂りたい栄養素。
そして内臓脂肪を減らしていきたい所ですが・・。

豊富なたんぱく質の「納豆」 にはビタミンもミネラルも
沢山含まれています。また中性脂肪値・コレステロール値も
減らすと言われています。

そこで、納豆にオメガ3系の油をかけてはいかがでしょうか。

認知症予防の食事 納豆

認知症に最適の食材となりますし、
これが美味しいんですよ♪
一石何鳥もの効果があります。

我が家では亜麻仁オイルをかけて、よく食べますよ。
亜麻仁オイルは、癖がないのに味が濃いんです。
納豆がまろやかになって、良く合います。

勿論人それぞれ好みは違うかもしれませんが、
オメガ3系の油にも えごま油やしそ油など
色々ありますので、お好みの物を探すのも楽しいですよね。
お勧めです。

また、ダイエットの情報番組内でですが、
下記の三豆料理なんていうのも
テレビの情報番組で人気だった「納豆レシピ」です。

三豆料理

・納豆、豆腐、枝豆、納豆のたれ を入れて混ぜる
・もち麦ごはんにかける

まぜるだけですが、絶品♪
食物繊維も増えるから良いそうです。

※当サイト内 太る原因!糖質・脂質排出!ダイエット成功レシピ!より
 

納豆のプチ知識

~2016年7月24日 TBS この差って何ですか?より~

ひきわり納豆と粒納豆 同じ栄養素かと思いがちですが、
実は、ビタミンに関しては「ひきわり納豆」の方が多いそうで、
ビタミンKに関しては、何と 粒納豆の1.5倍もあるとのこと。

それは、納豆を砕いて作るひきわり納豆は、表面積が大きくなるので、
納豆菌が多く付くからだそうですよ。

その代わり、豆を砕く際に、食物繊維・カリウム・ミネラルが
壊されてしまったり抜け出してしまうので、
引き割納豆に、それらは少なくなるんですって。

ひきわりと粒、この様に、それぞれ栄養価が若干違うので、
毎回「粒納豆」などと固定せず、その時々で臨機応変に摂取したり、
交互に摂取したりすると良いかもしれませんね。
 

認知症予防の食事 まとめ

認知症予防の食事としては、内臓脂肪を貯めこまず
脳にたっぷりと栄養を与えることが大切なんですね。

2017年7月21日の産経新聞「認知症予防の食事術」では
東京大学大学院準教授の小川純人先生が、

「ご飯の量を減らして相対的に主菜や副菜を多くすれば、
結果的に食事のバランスが良くなる。
食欲の無い時はおかずを優先したり、
おやつに果物や乳製品を食べたりする工夫を
すると良い」と述べています。

とても分かりやすい説明で、実践しやすそうです。

小川先生はNHKのTVシンポジウムにも登壇された
老年病学の先生です。当サイトでも2回に分けて
記事にしてまとめています。

健康長寿の為にどれ位運動すれば、どんな病気が予防できる?
高齢者の健康と長寿になる食事の摂り方。漢方薬・食材など

見て良かった!と思えた番組なので、
宜しかったらどうぞ。
 

最後に 管理人考

様々な番組や新聞などで認知症予防の特集が組まれるようになり、
沢山の予防法を見聞きすることが出来るようになりました。

人それぞれ体質が異なるので、
今回の認知症予防の食事も、タンパク質を摂るべき量も
人に寄り異なるかもしれません。

お肉で体調の良いご高齢の方もいますし、
お魚が体に合うご高齢の方もいます。
シンプルな食事が合う人も、がっつりな食事が合う人もいます。

自分に合った食事法や生活スタイルを探すためにも
色々な所から情報を収集はしていきたいですね。

 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態、驚きでした

NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕です。
老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。
我が家は何百万もこれで消えてしまったのです。

・保険加入の実態:金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い! 

・私の父母の実体験:【保険見直しの必要性とコツ】見直さなかった悪夢

・保険見直しの時期:安くなる!保険見直しのコツ全解説!


1.老後資金 検討 お金を増やす方法 3つ

老後の年金不安

1.保険料を減らす

保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。
必要は保障は人生の節目で変わりますので
定期的に保険を見直さないと損してしまいます。

保険相談7社 体験比較 口コミ



2.年金を増やす

年金を増やす自助努力として確定拠出年金があります。
2017年から加入者枠が広がりました。
私も即刻加入し、毎月積み立てています。
加入が早い程、資金は貯まりますよ。

確定拠出年金に加入する



3.働き方を変える

貯金や年金受取額を増やす働き方があります。
制度が変わりましたので、主婦でも社会保険に入れることがあります。

主婦パートの場合
自営の場合


2.老後の住まい 検討3つ

老後の住まい 介護リフォーム

1.リフォーム・住み替え

費用は安く抑えたい。リフォーム時のお得まとめ
暮らしやすい街への住み替え各種情報
コンパクトシティの選択などについて

リフォームのお得な控除・補助金&住み替え



2.リノベーションする

大好きな心地よい終の棲家を作る!リノベーション方法まとめ
年商1億 大家業の主婦さんもチェックする点など

老後も安心な中古住宅リノベーション法



3.介護リフォーム

老後を見据えた時の、暮らしやすい介護を考えたリフォーム検討法
どんなリフォームがあるか?介護保険制度は何が使えるか?など

老後の家づくり。 建て替え・増築・リフォーム法2つ