真夏の夜の熱中症予防

フジテレビのトクだね!で睡眠時熱中症の特集がありました。

お年寄りも、若い人も、
夏の夜は暑いもの・・なんて対策しないでいると
命を落としてしまう事もあるといいます。

これから暑い夏が始まりますので、
番組内容をまとめてみました。



夜の部屋の室温はどうなる?

日中に壁や床など建物の建材は夏の太陽で温められています。

その熱は外の気温が下がり始めてから5~6時間後、
室内に放射され始めるので、就寝するくらいの時間に
室温が高まってくるといいます。

番組の実験では、エアコンを切った直後から
熱を貯めこんだ屋根に近い部分から温度が上がり始めるとともに、
部屋全体が熱くなり、その後、
その部屋で寝ている人の体温も上がり始めることが分かりました。
 

睡眠時熱中症にかかりやすいが人がいる

危険な夜の熱中症ですが、
去年の熱中症による救急搬送者数の
半分が65歳以上。

けれど、若い人は大丈夫という訳ではなく、
この記事の最初に書いたように、
暑くても我慢してしまうような
「我慢強い人・真面目な方」なども
要注意だそうですよ。

実は我が家の大黒柱さん、部屋の間取りの関係上、
一番暑い部屋で寝ています。

なのに、「エアコンも付けなくていい」
「扇風機もいらない」と
「大丈夫・大丈夫」の一点張り。

確かに色々な事に「我慢強い」人ですし・・
要注意のタイプのようですね。

ここを読んでくださっているあなた様や
ご家族さまは大丈夫ですか?
 

「睡眠時の熱中症」が命を奪う

人は、年を重ねるほど暑さを感じにくくなると
言われています。その上、地球温暖化により、
100年に3度 気温が上がって居ます。

昔は大丈夫だったからと、本人の感覚に任せるのではなく、
これからは強制的に、室温管理をする必要がありそうです。

でないと、室温が上がった後、体温が上がり、
体が熱くなってしまうと、血液が熱くなり
心臓に負担がかかるので、命にかかわる
番組でも警鐘を鳴らして居ました。

そこで、睡眠時熱中症を防ぐ為には
クーラーや扇風機の使い方一つでも
大きな効果が得られると、下記紹介されましたよ。
 

夏の夜の熱中症予防 エアコンの温度設定

エアコンは、喉をやられると感じる人が居たり、
高齢者ではエアコンが嫌いと言う人が多かったりします。

とはいえ、昔の暑さと異なる時代。

エアコンをは積極的に使う場合の
その設定温度と使い方とは?

1.エアコンの温度設定は28度を目安にする。
2.冷房の風は、直接体に当てない。
3.エアコンの設定温度は部屋の温度とは異なるので
 温度と湿度を図れる温湿度計を部屋において、
 それをチェックする。

 
繰り返しになりますが、

体が熱くなってしまうと、血液が熱くなり
心臓に負担がかかる為、命にかかわります。

 
もしもエアコンを使いたくないんだよね・・と
言う人が居たら、

「エアコンで室温調整しないと心臓が止まっちゃうよ」

と言ってあげましょう、と番組内では伝えていました。

その位の言葉を投げかけないと、暑さが自覚しにくい為に
睡眠時の熱中症の危険は感じづらいものなのでしょうね。

また、エアコンの点けっぱなしがどうにも苦手な方は
タイマー設定を利用しましょうとのことです。

はい、早速我が家の主人にも伝えてみます。
 

昼間の熱中症対策

番組では、夏の夜の熱中症対策の他に、
昼間の熱中症対策グッズも紹介されました。

下記は、氷を入れて使用し、気化熱を利用。
頸動脈から体全体を涼しくすることが出来る優れもの。

フツーに街中で使うように番組内で紹介されていましたが、
ネットで見るとヘルメットのインナーのようですが・・(^^;
 

それから同じく氷を入れて気化熱を利用して
体を冷やすベストも紹介されていました。

↑5~6時間は氷がもつそうですよ。

それと携帯型の熱中症計。

今はこんなものがあるんですね。
ベビーカーなどにつけて利用する人も多いそうです。

確かに、赤ちゃんやお年寄りなど、
自分で暑さを感じにくかったり、
対処しづらい方にとっては特に、

目で見ることが出来る計測計は命を守る
大切な指標となりそうですね。

日本気象協会監修という所に、
より信頼性を感じてしまいます。
 

熱中症対策グッズ おまけの話

そういえば、我が家の息子は、先日電車の中で
送風機の付いたベストを着ている人を見かけたといいます。

ちょっと音が電車内に響いていたそうですが。。。

この暑さでは、何より体を守る方が
大切ですよね♪

 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態、驚きでした!

NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕です。
老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。
我が家は何百万もこれで消えてしまったのです。

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!


1.老後資金 検討 お金を増やす方法 3つ

老後の年金不安

1.保険料を減らす!

保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。
必要は保障は人生の節目で変わりますので
定期的に保険を見直さないと損してしまいます。

保険相談7社 体験比較 口コミ



2.年金を増やす!

年金を増やす自助努力として確定拠出年金があります。
2017年から加入者枠が広がりました。
私も即刻加入し、毎月積み立てています。
加入が早い程、資金は貯まりますよ。

確定拠出年金に加入する



3.働き方を変える!

貯金や年金受取額を増やす働き方があります。
制度が変わりましたので、主婦でも社会保険に入れることがあります。

主婦パートの場合
自営の場合


2.老後の住まい 検討3つ

老後の住まい 介護リフォーム

1.リフォーム・住み替え

費用は安く抑えたい。リフォーム時のお得まとめ
暮らしやすい街への住み替え各種情報
コンパクトシティの選択などについて

リフォームのお得な控除・補助金&住み替え



2.リノベーションする

大好きな心地よい終の棲家を作る!リノベーション方法まとめ
年商1億 大家業の主婦さんもチェックする点など

老後も安心な中古住宅リノベーション法



3.介護リフォーム

老後を見据えた時の、暮らしやすい介護を考えたリフォーム検討法
どんなリフォームがあるか?介護保険制度は何が使えるか?など

老後の家づくり。 建て替え・増築・リフォーム法2つ