きび酢の効能

数年前にもダイエットに最適な酢、として以前に紹介され、大爆発の人気を博した「きび酢」が、再び「主治医の見つかる診療所」で紹介されました。
 

そこでまた人気沸騰中だそうですよ。
 

きび酢は、奄美大島・加計呂麻島(かけろまじま)の さとうきびの絞り汁を発酵させて作られたお酢で400年もの歴史あるお酢です。
 

長寿や美肌などの栄養素が他の酢よりも10倍ほど多く、“神秘のお酢”とも言われています。
 

情報過多の現代社会の中で、健康の為に食べたい食材は色々とあるもの。とはいえ、なかなか全てを摂取することは出来ないものですよね。
 

でも調味料としても使える、ちょい足し食材としての「酢」は、その便利さ故、より取り組みやすいのも人気の理由の一つのようです。
 



きび酢の効能

きび酢には、カルシウムやカリウム、鉄分等、さとうきびに含まれる豊富なミネラルもたっぷり(^^♪
 

カリウムや鉄は 米酢の10倍!カルシウムも15倍も多く含まれているんだそうです。
 

豊富なミネラルに寄り、精神を安定させ ストレスから身を守ったり、中性脂肪や血糖値を下げたり、偏頭痛を抑制したりする効果もあります。また、血圧を下げる効果もあるそうですよ。
 

またきび酢に含まれるポリフェノールには、米酢よりもなんと!7倍もの抗酸化力が!
 

そして酢のクエン酸は疲れた体に溜まった乳酸を体外に排出するため、他の酢と同じように疲労回復効果も。
 

さらにサトウキビの表面についているワックス分は、渡り鳥のエネルギー源であるオクタコサノール。これには、コレステロールを下げる働きもあり、嬉しい脂肪燃焼効果もあります。
 

いい所沢山、まさに神秘!健康を始め、ダイエットにも適した「きび酢」なのです。
 

キビ酢を使ってみよう

とはいえ、酸っぱいのは苦手・・という人もいるかもしれません。しかし、きび酢は他の酢に比べて塩分は少なめで、とてもまろやか。塩分の気になる人を初めとして、どなたにも飲みやすいお酢とのこと。
 

テレビでは飲みやすいレシピも紹介されましたので、宜しかったらご参考にどうぞ☆
 

その1 きび酢を飲んでみよう

キビ酢 2を
水 8 で割って飲む。

 

その2 お味噌汁に入れてみよう

お味噌を溶き入れる前にキビ酢をちょっと足す。

 

その3 納豆と一緒に食べてみよう

独特の納豆の匂いが和らぎ食べやすくなります。

 

その4 きび酢バナナ酢に挑戦してみよう

●輪切りにしたバナナ3本
●黒糖300g
●キビ酢500㎖
 

上記を保存容器に入れ、常温で約3日間保存。
その後、バナナを取り出す。(バナナは捨てる)

出来上がったバナナ酢を水や牛乳で割って飲んだり、ヨーグルトなどにかけていただく。

 

きび酢まとめ

カラダの中からキレイになりたい女性、元気がでない、ヘトヘトなサラリーマンの方など、男女問わずお勧めの「きび酢」。

 

 

人気沸騰中なので、お届けまでは少し時間がかかっているようです。
 

ただ、各種ショッピングモールのレビューを見ると、お店によっては対応が上手ではないようで、悪いレビューも見かけました。
 

購入するときには、評判の良い所で購入したいですね。

 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態を確認したい

お悩み解決
ご加入中の保険の内容を確認してくださいね。NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕でした。老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。我が家は何百万もこれで消えてしまった経験あります。解決策は?
・保険加入の実態:金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い! 
・私の父母の実体験:【保険見直しの必要性とコツ】見直さなかった悪夢

保険料を減らしたい

お悩み解決
保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。必要は保障は人生の節目で変わりますので、定期的に保険を見直さないと損してしまいます。その解決策は?
プレゼントがもらえる保険相談窓口3つ
保険相談7社 体験比較 口コミ


退職前の準備を確認したい

お悩み解決
老後の年金額や保険料が大きく変わる可能性があります。確認しておきたい事項を記事でまとめています。
定年退職前の準備。必ずやっておくこと。
老後 定年退職後の保険見直し。必須理由&保険の選び方


老後移住したい 移住先の国内・海外・リゾート地 記事3選

お悩み解決
老後の移住情報あつめましたよ。国内移住の成功と失敗や、一番人気のマレーシア移住の実態。年金で暮らせるのか?そして軽井沢、安曇野、ハウステンボスなどリゾート移住のお話です。
人気の老後移住先!住みやすいのは?
人気のマレーシア 海外老後移住の現実
定年後、リゾート地に移住したい