保険見直し体験
もう保険やのおばちゃんに騙されないっ! その4
これまでのお話は・・我が家の保険見直し実録 カテゴリー
 

さて・・生命保険の見直しに行ってきた私ですが。。
 

主婦業を長くやってるくせに、全く保険に関して興味が無かった私。 反省することしきりでした。
 

下記は保険見直し無料相談で学んだことです。
 


いざという時の保険の必要額の考え方

一家の大黒柱である主人に何かあった時、残された私たちの生活に不安が残ること。
 

それも生命保険に加入することの大事な要素。今まで、だからこそ、手厚い補償を望みました。
 

そんな私たちを見て、保険やのおばちゃんは 主人の給料も知らないのに、「これがいいわよ!」「あれがいいわよ!」って勧めてきました。
 

これ、結構大事ですね。主人の給料を知らない人が保険金額を設定する。。ダメダメポイントです。
 

でも、生命保険の見直しに行って、言われてみて納得したんですが、何も、生命保険に全てを頼ることはない!
 

遺族年金も出るわけだから、その 遺族年金+生命保険金 = 生活できる費用 となればいいわけなんです。。
 

そう考えると、毎月の保険料も、どれくらい押さえたらいいか・・?の検討がついきます。
 

やみくもな家計費節約と同じく、きちんと計算し納得したうえで必要額を計算し節約しないと、ただただ不安が増して、何にどの位支払えばいいのか?の妥当な線が見えてこないのと同じです。
 

遺族年金とは?

さて、その 遺族年金とは?
 

遺族基礎年金とは、国民年金から支給される遺族年金のこと。国民年金加入者が死亡した場合に、18歳未満の扶養している子供がいた場合、妻と子供に支払われます。
 

末の子が18歳に達すると年金は打ち切られます。ただし、過去一年間保険料の滞納があると支給されません。
 

またサラリーマンや公務員が亡くなった場合には、その妻や子に対して遺族基礎年金に加え 遺族厚生年金も支給されます。
 

遺族厚生年金とは?

※今 文中に出てきた 遺族厚生年金とは? 
 

遺族基礎年金より年金を受け取れる人の範囲が広く、亡くなった人が厚生年金に加入していた場合に貰えます。
 

●遺族厚生年金受給の要件あり(受給者の順位と生計維持要件など)
http://www.kimoto-sr.com/iz_qanda/qa_jyukyu.html
 

そして先ほどの「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」両方が貰えることとなります。対象は、
 

●厚生年金に加入している人が在職中に亡くなった時
●勤務先退職に当たり厚生年金を止めたのち、厚生年金加入中に初診日のある病気などが原因で、初診の日より「5年以内に死亡した場合
●老齢厚生年金の資格期間を満たしたものが亡くなった時
●1級2級の障害厚生年金を受けられるものが亡くなった時。
 

など厚生年金加入者の遺族に対して支給されます。
 

ただ、遺族厚生年金を受給するためには、亡くなった厚生年金加入者が、保険料納付済み期間が加入期間の3分の2以上の厚生年金保険料を納めている必要があります。
 

※↑自分で忘れずに請求しなければなりません。
 

中高齢の加算について

<追記>中高齢の加算について↓
 

余談ですが、遺族厚生年金受給対象者で、生計を共にする子(18歳未満)がいない場合もありますね。
 

その場合、 40歳から65歳未満の人は、594200円(年額)が加算されます。さて、その金額はいかほどかというと・・
 

遺族基礎年金は 一律で支給。
遺族厚生年金は亡くなった厚生年金加入者の平均標準報酬月額によって異なるので、詳しくは 社会保険庁 遺族年金のページでご確認くださいませ。
http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/shikumi/shikumi04.htm 

ここまでの我が家の保険 疑問点の整理

<保険診断迄で発生した疑問点>
 

子供が18歳になるまでしか遺族年金の対象じゃないとなると、子供は大学進学できないのだろうか?大学生って エラいお金かかるけど??
 

ここは、検討ポイント。次回以降の記事で このあたりを確認していきます。
 

保険の話 次へ

 

この体験の数年後、あちらこちらの保険相談を受け、すっかり保険おたくになりました。こんな記事も書いています↓ 

関連記事保険相談おすすめ どこがいい【見直し失敗コレに注意】人気窓口ランキング 口コミ比較
 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態を確認したい

お悩み解決
ご加入中の保険の内容を確認してくださいね。NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕でした。老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。我が家は何百万もこれで消えてしまった経験あります。解決策は?
・保険加入の実態:金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い! 
・私の父母の実体験:【保険見直しの必要性とコツ】見直さなかった悪夢

保険料を減らしたい

お悩み解決
保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。必要は保障は人生の節目で変わりますので、定期的に保険を見直さないと損してしまいます。その解決策は?
プレゼントがもらえる保険相談窓口3つ
保険相談7社 体験比較 口コミ


退職前の準備を確認したい

お悩み解決
老後の年金額や保険料が大きく変わる可能性があります。確認しておきたい事項を記事でまとめています。
定年退職前の準備。必ずやっておくこと。
老後 定年退職後の保険見直し。必須理由&保険の選び方