保険で家計費の節約

まず最初に我が家は 家族の保険見直し無料相談 に行ってきました。
 

我が家の保険内容を見た ファイナルシャルプランナーの方は、びっくりして一言!
 

「すっごい保険額 かけてますねぇ~( ̄□ ̄;)」
 

そうです。
 

生命保険会社のおばちゃんの口車に乗せられ、数年前、えっらい高額の医療保険に判を押してました。
 

けど、その後、そのおばちゃんの「満期」だなんだの 良く分からん度重なるウソに気が付き(^_^;)
 

あわてて これでも保険料を下げたつもりです。
 

でも、その下げたつもりの保険料でさえ、「えっらい金額だった」と・・・確かに薄々気づいてました。
 

でも、保険の見直し 面倒くさくって、こ難しくってね。。 ちょっと見ないふりしていたもんで・・ ふか~く反省です。。
 

無料保険相談前の わが家の保険内容とは?

我が家の生命保険内容は、高額なだけでなく、
 

●40代の夫婦に掛け捨ての「介護保険」付き
●その介護保険は ものすご~い介護状態にならないと、支払いがされない仕組み。
 

となっていました。
↑それはまだ必要ありませんよね。40過ぎたばっかりの夫婦に(。・ε・。)
 

数年間も払い続けてからでは、遅いけど、注意を払わずに、今後も気が付かないよりは 重い腰を上げて、生命保険の見直しをしようと思ったのは正解でした。
 

保険に必要な3点とは?

さて、そろそろ本題に入ります。
 

私たち家族が必要な生命保険には
 

○大黒柱に何かあった時、残された家族が生活していく為の資金
○死亡時の整理資金
○病気にかかった時の資金

 

の3つがあります。
 

この3つの生命保険と、自分の収入に応じた額を算出することが大事です。
 

それでいて、保険支払い料が、今の生活を圧迫することなく、かけ続けることが必要です。
 

保険の支払いでアップアップしてちゃぁ、ダメ。
 

この「もう保険屋のおばちゃんに騙されない」体験談にて少しずつ述べていきますが、今回我が家は この生命保険の見直しで、
 

必要な保障はしっかりと付けながらも、保険の選び方を変えただけで 、保険料ダウンに成功しました。
 

不要な保険料の支払いは 保険会社への献金活動なのです。
 

保険の話 次へ
 
 

●この体験談の数年後、その他にもたくさんの保険相談窓口を経験し、おすすめ保険相談の窓口のページをまとめています。

保険相談おすすめ どこがいい【見直し失敗コレが原因】人気窓口ランキング 口コミ比較