7.学資保険の選び方

学資保険の選び方

もう保険やのおばちゃんに騙されないっ! その7
これまでのお話は・・我が家の保険見直し実録 カテゴリー
 

学資保険の種類は?
 

●貯蓄型
●育英年金付き
●医療保険付き
 

があります。
 




育英年金付き学資保険などについて 各種比較

【育英年金付き学資保険】
 

親になにかあった時、保険料の免除があったり、年金をもらえる。しかし、返戻率が悪いので 支払った保険料の100%は戻ってこない。
 

【貯蓄型】
 

返戻率は高く100%を超えたりする。しかし何かあったときには、支払った時点までの保険料が戻ってくるだけなので、保険料が免除されたり、満期迄の間、年金がもらえたりしない。
 

ということは、当然足りなければ、学校に通えなくなるのかもしれない。
 

まとめ

育英年金付き学資保険だと困った時の教育費にならないけれど、ただでさえ 苦しい生活の中から切り詰めて払った保険料が 最終的にマイナスになるのは、勿論避けられるものなら避けたい。
 

加えて、例えば保険の注意書きの「高度な病気」とは、どこまで補償されるのか?も心配。
大変な事態が起きた時に、対象外ですと言われることは多々ありますから^_^;
 

学費を貯金でためる場合

子供と大人の医療費は別保険で保障するとした場合、とりあえず、毎月10万円ずつ貯金をしたら、 1年間で120万。3年間で360万円溜まる。
 

そんな高額な貯蓄は厳しいとはいえ、目標は たか~くたか~く。子供が二人いれば、上の子が中学入学と同時に 3年間で上の子の大学の学費を貯金し、上の子が大学在学中に下の子の大学費用を貯めていくという事もできる。
 

そしていざ、どうにも学費が出せない、という状況に陥った場合には、この記事の「奨学金」と「年間払いの学費の保険」を考えるのも手である。
 

学資保険を保険相談窓口で相談する 例

我が家の場合、「保険の見直しをしたいんです」って言うのでなく、「この保険は掛け捨てだけど こういう所がいいとは思うんです。 でも 学費に関してのこういう心配があるので、出来れば これこれこういう保険がないかな~って思ってるんですが・・」
 

って聞いてみました。
 

すると窓口の担当者の方が「それだったら、こちらに加入して、そこで こうやって対応すると・・・」 「ま。。。裏技なんですけどね」
 

と、裏技?を 教えてくれました(笑)
 

無料相談の窓口の方は、色んな情報を持っていますので、こちらが積極的に質問をすると、それに応じたものを考え出してくれるみたいです♪
 

保険屋さんは、家の年収は聞いたとしても、その家の子供たちがどんな人生を送ろうとしているのか・・?とか 主人の体調は今 どんな感じなのか?とか その他もろもろの事まで 把握することは 自分のうちの事じゃないんだから、出来ない。
 

だからこそ、受け身でなく「自分が探している保険」を伝えることが、良い保険選びになります。
 

生命保険会社のおばちゃんの言うがままに保険加入するのではなく、保険のお勉強や加入方法は「無料相談」の人に教えてもらうのが一番です。
 

●この体験談後、数年かけて他にもたくさんの保険相談窓口を経験し、おすすめ保険相談の窓口のページをまとめています。

保険相談おすすめどこがいい 状況別ランキング【見直し窓口比較】口コミ評判と選び方