保険見直し

老後資金対策として、厚生年金や国民年金の他に、
自分で貯められるものとして、民間保険会社の「個人年金保険」や
証券会社などで運用できる「確定拠出年金」があります。

どちらも老後に年金のように受け取ったり、一時金として
受け取ったりできるので、
何となく違いが見えてこないかもしれません。

そこで、どこがどう違うのか?
一問一答形式でまとめてみました。



積み立てた額の運用方法は?

個人年金保険 2種類あり:

・将来受け取る年金額の元手となる資金が確定または
 最低保証されている「定額年金」
・保険会社の運用実績次第で年金原資が増減する「変額年金」

確定拠出年金:

・取扱金融機関が提示する運用商品の中から、
 加入者自身で商品を選択し運用。
 運用商品には、預貯金、保険商品、投資信託、信託などがあり。
 預貯金型を選べば、原資は減らない。
 

加入するには?

個人年金保険:保険会社

確定拠出年金:確定拠出年金取り扱いのある銀行や信用金庫、
       証券会社や保険会社
 

運用は誰がする?

個人年金保険:保険会社が運用する

確定拠出年金:加入者が投資する商品や金額を決める。
 

解約は出来る?

個人年金保険:中途解約が可能
(ただし、払込保険料総額を下回る可能性あり)

確定拠出年金:還俗60歳まで引き出し不可。
 

所得控除は?

個人年金保険:

契約年度にもよるが、平成24年以降の契約に関しては
最高4万円が所得控除対象。

確定拠出年金:

掛金の全てをが所得控除対象。

 

年金受け取り時

個人年金保険:

契約者と年金受取人が同じの場合、
毎年受け取る年金は「雑所得」扱いで、課税対象。

確定拠出年金:

一時金で受け取った場合「退職所得控除」の対象。
年金で受け取った場合「雑所得」で「公的年金等控除」の対象。
 

運用について

個人年金保険:

契約時の運用方針で長期間運用。
なので、インフレなどにより資産の目減りの可能性があり。

確定拠出年金:

自分で運用商品を預け替えなどが出来るため
途中で変更することが可能。

 

まとめ

運用をお任せしたいなら個人年金保険。
自分で世の中の情勢に合わせて運用したいなら個人型確定拠出年金。

そして税制優遇のメリットを受けたいなら
個人型確定拠出年金。となります。

ただ、注意しなければならないのが、
うっかり保険会社の個人年金保険は安心だと思って居たら
それは「変額保険」であったという事があります。

「変額保険」の場合には、増減の可能性があります。

それなのに、中には変額保険を投資が出来る年金として
良い面ばかりを謳って居る営業担当もいますので、
気を付けないとなりません。

・個人型確定拠出年金と
・個人型年金保険(定額保険)と
・個人型年金保険(変額保険)の3つがあると考えて、

自分に合った年金の用意をしたいものです。

変額保険についてはこちらにも書いています。
無料マネーセミナーの怪しいからくり!
コレを勧められる可能性が!口コミです!

 

確定拠出年金は、私は 楽天証券 を利用しています。
確定拠出年金のカテゴリーでも
詳しくレビューしていますので、是非読んでくださいね!
 

追記:2017年6月から確定拠出年金を始めて7か月目。
毎月23000円ずつ、ぽちぽち積み立てていますが、
何と利回り20%を超えています。

確定拠出年金

確定拠出年金 資産推移

楽天証券で口座を開設しておいて
確定拠出年金に加入して良かったな、とつくづく感じています。

 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態、驚きでした!

NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕です。
老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。
我が家は何百万もこれで消えてしまったのです。

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!


1.老後資金 検討 お金を増やす方法 3つ

老後の年金不安

1.保険料を減らす!

保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。
必要は保障は人生の節目で変わりますので
定期的に保険を見直さないと損してしまいます。

保険相談7社 体験比較 口コミ



2.年金を増やす!

年金を増やす自助努力として確定拠出年金があります。
2017年から加入者枠が広がりました。
私も即刻加入し、毎月積み立てています。
加入が早い程、資金は貯まりますよ。

確定拠出年金に加入する



3.働き方を変える!

貯金や年金受取額を増やす働き方があります。
制度が変わりましたので、主婦でも社会保険に入れることがあります。

主婦パートの場合
自営の場合


2.老後の住まい 検討3つ

老後の住まい 介護リフォーム

1.リフォーム・住み替え

費用は安く抑えたい。リフォーム時のお得まとめ
暮らしやすい街への住み替え各種情報
コンパクトシティの選択などについて

リフォームのお得な控除・補助金&住み替え



2.リノベーションする

大好きな心地よい終の棲家を作る!リノベーション方法まとめ
年商1億 大家業の主婦さんもチェックする点など

老後も安心な中古住宅リノベーション法



3.介護リフォーム

老後を見据えた時の、暮らしやすい介護を考えたリフォーム検討法
どんなリフォームがあるか?介護保険制度は何が使えるか?など

老後の家づくり。 建て替え・増築・リフォーム法2つ