時間の切り売りで稼ぐ

老後の年金を増やすためには。

例えば主婦の場合には、2016年から
パートで働いても厚生年金に加入出来るようになりました!

制度改正を見逃さないで!妻・専業主婦の「老後年金増やし方」

自助努力の年金制度「確定拠出年金」を利用出来る対象者も
広がりました!

主婦の老後貯金作り。これ始めましたか?!IDECO加入枠広がる!

何とかそのような制度も利用しながら
少しでも老後の年金を増やしたい所ではありますが。

今から年金の為に働いて増やす方法だけでは無く、
これからの人生でずっと収入を得る為には
どんな方法があるか?

ここではそれをまとめてみました♪

老後は「何とかなる」「なんとかする」!



老後に備えお金を増やす準備

1.副業する

まずは、※「資格を取る」「人脈を広げておく」などして、
定年後に働ける道や仕事を作っておく。

ただ、副業として始める場合は、
全体の半数程度の企業が副業禁止と言われていますので
勤務先の就業規定を確認する。

副業に寄る所得が年20万円を超えると、
勤務先に副業がばれますので要注意です。

住民税の徴収を「普通徴収」にして自分で収めると
(通常は勤務先経由で住民税を支払うので)
会社にばれずに副業することは可能ですが、
勤務先に知られるリスクは危険な賭けになります。

副業の場合は、会社の許可をもらったほうが
良さそうです。

ということで、副業をしながら老後起業の準備が
できればします。
 

資格を取る

定年後に備えて資格を取りたい場合には、

条件を満たす雇用保険加入者や元加入者は、
厚生労働省が指定する教育訓練講座を修了すると、
費用の20%(最高10万円)を
ハローワークから支給してもらえます。

対象講座は下記をご参考にどうぞ↓
詳しくはハローワークにご確認くださいね♪

教育訓練給付制度 厚生労働大臣指定 教育訓練講座 講座を探したい

ただ、資格は維持するのにも年会費などがかかるものもあります。
本当に老後の仕事に使える資格でないと
年会費の支払いだけがかさむ場合があります。

また資格よりも実績が力を持つ仕事もありますので、
資格を取得すれば安心という訳でも無いので、
その辺は見極めが必要なようです。
 

2.年金を貰いながら働く

年金を貰いながら減額されずに働き続ける

自分で起業するのも良いですが、
仕事が趣味ならともかく、
そうでなければ、年を取ってからの各種責任は
きつく感じるかもしれません。

そんな時には、年金を減額されない働き方で
出来る限り長く働く方法があります。

関連記事
老後に年金が減額されずに働く方法3点!
年金+仕事の収入で豊かに暮らす!

 

シニア人材登録を利用して働く

シニア人材サービスに登録して働くことも可能です。

関連記事
老後に資格を生かして働く!
技術者・主婦・重役経験者が登録中!シニア人材登録サービス

ネットがあれば、応募も簡単です。
 

3.お金に働いてもらう

1.投資信託投資

50~60歳を過ぎると、投資はせずに
安定した貯蓄に回した方が良いという意見もありますが、

反対に、60~70歳位までは投資を続けて
その後はそれを運用しながら、取り崩していくのが良いという
意見もあります。

私も国が勧める自助努力型の年金制度
確定拠出年金の個人型に加入しています。

2017年6月から確定拠出年金を始めて7か月目。
毎月23000円ずつ、ぽちぽち積み立てていますが、
何と利回り20%を超えています。

確定拠出年金 資産推移

黒い線が積み立てた金額までの線。そこから飛び出た棒グラフが
利益となっている分です。20%は凄いですね。

確定拠出年金

確定拠出年金に加入して良かったと
つくづく感じています。

私の加入している楽天証券 の口座開設は無料ですし、
口座開設するだけで、確定拠出年金に申し込まなくても、
今からかけた場合の将来の年金がいくら位になるのか?
それも分かりますよ。

関連記事
老後生活の収支は大丈夫?老後の赤字を減らす計画案!2017年~
 

2.不動産投資

また、不動産投資で不労所得収入を得る方法もあります。

ただ、年金不安を煽る不動産投資の勧誘も多くなっていますので、
危ない業者に引っかからないように、気を付けたいですね。

不動産投資セミナー等に参加したり、
資料請求をすると、すぐに名簿が作られ、
関連業者からの電話が増えることもあります。

我が家も一時、不動産投資関連の電話に
随分と悩まされました。

ですが、不動産投資のセミナーでありながら
不動産販売」とは関係のない「独立型」の
ファイナンシャルアカデミーのセミナーは
良かったです。(通学型もWEB受講型もあります。)

いくらの物件なら「買い」なのかを計算する方法や、
どうやったら自己資金無しで借り入れが
出来るようになるのか?などなど
始めて知る情報ばかり盛り沢山。

でもここは、「お金に関する学校」なので
不動産を勧められることは無いのです。
ファイナンシャルアカデミーは、
不動産を売ることが事業ではないですから。

私は5年位前から、その他にも何度も
このファイナンシャルアカデミーの
様々なセミナーに参加していますが、
講師の授業は全てファイナンシャルアカデミーの
基準を満たしたものなので、
毎回内容は、とても分かりやすく密度が濃いです。

なので、不動産投資の勉強をするなら、
ファイナンシャルアカデミー はおすすめできます。

先日は 定年後設計スクール体験学習会
行ってきましたよ。

その感想も こちら で記事にしています。(←準備中)

 

まとめ

年金だけじゃ足りない!という不安もありますが、
年金生活に入っても、まだまだ収入を得る
「なんとかなる!」「なんとかする!」方法があります。

ということで!
年金だけじゃ足り無さそうな時の「3つのステップ」

その1 老後を迎える前に、老後に備え副業などで準備をしてみる。
その2 定年後は、起業 or 年金が減らされない仕事をする。
その3 そのお金を使って投資などで運用しながら
生活費としてのお金を取り崩していく。

 

あとは健康に留意しながら、100歳まで
頑張りますかね(;^ω^)

 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態、驚きでした!

NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕です。
老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。
我が家は何百万もこれで消えてしまったのです。

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!


1.老後資金 検討 お金を増やす方法 3つ

老後の年金不安

1.保険料を減らす!

保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。
必要は保障は人生の節目で変わりますので
定期的に保険を見直さないと損してしまいます。

保険相談7社 体験比較 口コミ



2.年金を増やす!

年金を増やす自助努力として確定拠出年金があります。
2017年から加入者枠が広がりました。
私も即刻加入し、毎月積み立てています。
加入が早い程、資金は貯まりますよ。

確定拠出年金に加入する



3.働き方を変える!

貯金や年金受取額を増やす働き方があります。
制度が変わりましたので、主婦でも社会保険に入れることがあります。

主婦パートの場合
自営の場合


2.老後の住まい 検討3つ

老後の住まい 介護リフォーム

1.リフォーム・住み替え

費用は安く抑えたい。リフォーム時のお得まとめ
暮らしやすい街への住み替え各種情報
コンパクトシティの選択などについて

リフォームのお得な控除・補助金&住み替え



2.リノベーションする

大好きな心地よい終の棲家を作る!リノベーション方法まとめ
年商1億 大家業の主婦さんもチェックする点など

老後も安心な中古住宅リノベーション法



3.介護リフォーム

老後を見据えた時の、暮らしやすい介護を考えたリフォーム検討法
どんなリフォームがあるか?介護保険制度は何が使えるか?など

老後の家づくり。 建て替え・増築・リフォーム法2つ