老後の資金設計 将来設計

TVCMでもおなじみの保険相談。

このサイト内でも保険相談の体験談 をまとめていますが、
家計費の節約や老後資金を貯める為に、保険相談は必須だと思います。

我が家は、保険の知識が足りなかったがために、若いころ、
かなり高額な保険料の出費をしてしまいましたので、
後悔しきりなのです。

昔は会社に来る保険のおばちゃんから
勧められるがままに、保険を購入したものですが、
今はネットで情報を沢山集めたりすることで、
かなり保険に興味のある人が増えていますし、
色々な情報が入ってくるようになりました。

なのでTVCMでも盛んに、保険相談窓口などを紹介していますよね。

ようやく私たちは保険営業に惑わされること無く、
自分で自分の保険を購入できる時代になったんだなぁ~と
感じています。

当たり前の事ですが、保険商品を選ぶのは、
保険の営業担当の人では無く「私達」なんですもの。

ついでに、今は色々なキャンペーンがあって
保険相談をするだけで謝礼も貰えたりしますので、
お得に保険相談しちゃいましょ!
 

スポンサーリンク

保険相談の商品券禁止につき、謝礼は選べるギフトに

従来は、保険のビュッフェ! を始め、保険相談を受けると謝礼として
商品券が貰えたりしたものです。

けれども、2017年4月から消費者庁の指導に寄り
商品券配布が禁止になりました。

現物支給ならOKという事になり、保険のビュッフェでは、今
「選べるギフト」キャンペーンが始まって居ます。

様々なプレゼントがもらえますが、
今、どんなものが貰えるかは、こちら↓
保険のビュッフェ! を確認してみてくださいね。

ただ、私のように、既に
保険のビュッフェさんの保険相談を
一度でも受けている人は、
残念ながら応募できません。

保険相談の申込みは一世帯一回までなんです。ざんねん!
 

保険相談で謝礼が貰えない人は?

保険相談を受けても、キャンペーン対象外になる人は、
私の様に、以前に相談を受けた人の他、

・対象者が、19歳以下の場合。
・あからさまなポイントや報酬目的の場合、
・充分なご相談時間(1〜2時間)が取れない場合
・既往症・入院中・現在治療中などといったご状況の場合。
・保険会社や同業他社にお勤めの方によるご相談の場合。

などがあります。

ただ、普通に保険の見直しに興味があって
ファイナンシャルプランナーさんと
真摯に面談する気持ちがあれば、通常 問題ないです。

保険に加入するかしないかは、関係ないんです。

一生において保険は、家に次ぐ
大きな買い物と言われている位ですから、
紹介された保険に加入するか、しないかにおいて悩み、
検討し、断る必要性がある事は、実は
保険やさんが一番良く分かって居るんです。

さほど検討しないで勧められるがままに
保険に加入する方が、よっぽどおかしい事ですし、
保険やさんに、却って舐められちゃいますよ(-_-;)

加入するかどうか、見直しするかどうかを検討するために
保険の相談に行くのであって、
最初から新たな保険加入前提で相談する事などがあっては、
私達の「保険を選ぶ」という主導権は無くなってしまいます。
 

保険の相談に行くときの注意点

ただですね。

私の経験では、一か所だけ
「保険加入を前提として相談を受けて下さい」という業者が
あったんです。。

なので、勿論私は、そこは 私は
保険相談を受ける前に 断りました。

保険選びの主導権は、
絶対に営業さんに握られてはダメ!

保険のビュッフェさんの場合も勿論、
選べるギフトを貰うからと言って、
気を使って保険に加入するなんて事は
する必要はありません(*´ω`)
 

なぜ無料相談で謝礼を貰えるの?

保険は一度加入すると、見直しなどをするのは
とっても面倒臭いもの。

なかなか新たな検討をしないままに、
保険料が高いと思って居ても、
そのまま加入し続けてしまいませんか?

私も思いきりそうでした(笑)

なので、保険屋さんとしては、
一歩踏み出してもらって、
自分の所の保険を紹介するチャンスが
欲しいのだと思います。

紹介出来るチャンスがあれば、勿論中には
加入する人も出てくるでしょう。

保険やさんに取って、
保険商品を紹介するチャンスがあるのと、
チャンスさえないのでは大違い。

なので、少しでも沢山の人に、
保険の話を聞いてもらいたいがゆえに、
謝礼としてプレゼントなどを提供しながら
話を聞いて貰う訳です。

相談で提供された保険は、私達消費者にとっても
もしかしたら良い話かも知れませんし、
全く興味の無い保険商品かもしれません。

実際に保険相談を受けてみないと分かりませんが
どうであっても話を聞いてみれば、保険の知識は増えます。
納得する商品が無かったら遠慮なく断ればいいだけ。

特に、保険のビュッフェ!
強引な勧誘はしないのがウリになっています。

というより、私の経験や他の方の経験談では、
勧誘自体がほぼありませんでした。

強引に勧誘なんかしたら、今の時代
ネットで騒がれて会社潰れてしまいますしね(;^ω^)↓

関連記事
老後の備えが足りない時は!保険相談体験口コミ!

 

その他 保険の見直しキャンペーンをやって居る所

・保険資料請求

月間利用者4,465万人の国内No.1比較サイト。
生命保険・医療保険から自動車保険、火災保険まで
幅広い種類の保険を『比較・見積もり』できる
総合保険比較【価格.com保険】

人気の保険ランキング【価格.com 保険】

他にも見つけたらUPします♪
 

チェック「老後資金を貯める!」7つのポイント まとめ他

老後のお金を貯める為に、まず確認したいこと。

老後資金対策に危機!是非読んでくださいね。
我が家は何百万これで消えた事か..
NHKクローズアップ現代より

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!

●確認しておきたい事 7つ

1.保険相談を積極的に受けてみる:保険相談7社 体験比較 口コミ
2.老後資金: 目標額を設定
3.住宅ローン:支払いを終える。投資よりローン返済がお得。効率が良い。
4.無駄な保険を排除:保険の見直し
5.年金を増やす: 確定拠出年金に加入
6.貯金や年金受取額を増やす働き方:
  ・ パートの場合
  ・ 自営の場合
7.お金の使い方の習慣化:老後に備えたお金の使い方

その他 節税・節約やお金を増やす方法 5つ

老後の住まいつくり 準備4つ

1.リフォームや片付けの時の買取サービス
  貴金属や着物などなど買取サービス一覧

.匿名で出来る!リフォーム費用見積り比較!
  リフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】

3.自宅がいくらで売れるか知りたい!
 不動産売却計画書 無料作成

4.住み替えについて情報・知識が欲しい!
  住み替え計画書 無料作成



スポンサーリンク