保険相談 おすすめの窓口はどこがいい? 体験調査レポ

保険の相談はどこがいい?無料保険相談おすすめ 保険見直し窓口の口コミ評判比較

2019年 10月
あなたの保険見直しはどこがいいか?実際に保険相談窓口に潜入体験、口コミや評判も比較しました。自分にぴったり 相性の良い 無料保険見直し相談窓口を選びたい時 探したい時に ご参考にどうぞ。
 

保険の見直し後、実際に保険料が下がるまで(保険の手続き変更終了まで)2~3ケ月かかります。かんぽ生命の不正発覚から保険見直しをする人が増え、相談窓口も混みあってきています。早めに相談予約をしておくのが おすすめですよ。
 

店舗で保険相談したい方に 3窓口

お金の専門家と保険相談したい方に 3窓口

特徴のある窓口で保険相談したい方に 4窓口
 

店舗来店での 保険相談

店舗来店型保険ショップの口コミ

来店型 保険相談窓口の強みは、立地の良さ
 

店舗来店型の保険相談窓口・保険ショップは、ショッピングセンター店内や、駅前などに店舗を構えています。相談の予約をした後、その店舗に行き相談するスタイルです。(店舗来店と、お好きな場所への訪問相談を選べる窓口もあります)
 

よく行くお店や日々使う駅の道すがら見かけることも多いのではないでしょうか。立地の良さは、他の窓口を圧倒する強さがあります。
 

下記では、おすすめの保険相談窓口はどこがいいのか?良い点悪い点を比較したうえで、おすすめの保険相談窓口ランキング・人気の店舗別保険相談窓口ランキングをご紹介しています。
 

店舗相談型のデメリット

保険相談では 担当者の力量は まちまち
 

保険相談の担当者は選べません。ファイナンシャルプランナーとは限らず、保険の営業経験があるだけの人の場合もあります。近所の相談窓口ゆえ、家計等を相談しずらいと感じることもあるかもしれませんね。
 

店舗相談型のメリット

近所で気軽に相談ができる
 

保険相談の為に遠くまで出かけるのは、ちょっと億劫と思う時、近所で気軽に保険相談が出来ます。スーパ等にあるカウンターでは「お買い物ついでに」行けるので、相談しやすいです。
 

いきなりファイナンシャルプランナーとの相談では、気後れしたり、見直しを丸投げしてしまいそうな方や、保険が全く分からない方でも、近所の窓口だと相談しやすいと思います。
 

納得できる提案がもらえれば、見直し相談を終える事が出来るうえ、近所であれば、今後も何度でも相談に行き易いのは おすすめポイントです。まずは一度利用したい窓口です。
 

来店型保険相談 希望別ランキング

保険相談人気店舗ランキング
 

どこもCM放送中の人気窓口ですよ。
 

  • 保険は苦手 CM放送中の大手窓口で相談したい
    5

    保険見直し本舗

    自然災害に対応する損害保険も相談できる数少ない窓口。TVCMでもおなじみの大手保険相談窓口です。

    保険見直し本舗の体験談へ

  • 近所の窓口を探したい
    5

    保険相談ニアエル

    近所の窓口を一覧表示で探せる保険ショップ検索サイト。支店ごとの人気ランキング・口コミ評判も分かります。

    保険ニアエル 体験談へ

  • 忙しいので おまかせで予約したい
    5

    保険のおまかせ予約

    希望の地域や日時を入力するだけで、おまかせで保険相談窓口を予約できるシステム。

    保険ニアエル 体験談へ

 

ファイナンシャルプランナーと保険相談

FP保険相談 口コミ評判

お金の専門家(FP)と希望の場所で相談できる
 

ファイナンシャルプランナー(FP)相談型は、お金の専門家であるファイナンシャルプランナー資格を持って居る担当者を紹介してくれる窓口です。ファイナンシャルプランナーにも色々な方がいます。どこがいいのか悩むところですが、このページで紹介している窓口は、その中でも信頼のおける、評判の良いFPを派遣しているおすすめの窓口を選んでいます。
 

デメリット

ファイナンシャルプランナーとの相性が大事
 

ファイナンシャルプランナーに寄り見解が異なることもある。家庭ごとに、そして人として相性の合うファイナンシャルプランナーを見つけることが大事。
 

以前に東京の都心にある事務所へ見直しの無料相談に出かけていった事があるが、我が家の保険に関して「それでいい」のみ。けれど後に我が家の保険は、無意味なほどの高額保険に加入していたことが分かる。
 

この事務所は保険の提案をする訳でも無く、何の目的で無料保険相談を受けていたのか?疑問。
 

ファイナンシャルプランナーだから良いだろう!その事務所について何も調べずに、相談に行って気付いたが、ファイナンシャルプランナーなら誰でも良い、という訳では無い。良いファイナンシャルプランナーを選ぶ必要がある。
 

メリット

豊富な知識で人生のお金全般を考え検討してもらえる
 

ファイナンシャルプランナーは人生のお金の専門家。ご家庭ごとの必要なお金をはじき出したり、必要なものと不要なものを整理し、公的保険を踏まえ、良い保険の入り方を教えてくれる。金融・税金・住宅・保険・年金など幅広い知識で人生のお金に関する相談に乗ることができる。
 

通常、ファイナンシャルプランナーに相談すると相談料がかかる。日本ファイナンシャルプランナー協会によると、相談料は1時間当たり5000円~20000円のFPが70%。(※参考:日本FP協会 東京支部)
 

保険相談窓口だと、保険の見直しがファイナンシャルプランナーにお得に無料で相談できる。
 

FP型 保険相談窓口 希望別おすすめランキング

保険相談おすすめランキング
 

  • 保険見直しラボ 特徴や体験談
    5

    保険見直しラボ 

    ファイナンシャルプランナー平均勤続年数12.1年。業界一番のベテランぞろい。無理な勧誘なし。見直し相談でプレゼントが貰えるてお得。

    保険見直しラボ 体験談へ

  • バランスの取れた窓口で相談したい
    5

    ほけんのぜんぶ

    各分野の専門職が多数在籍対応。
    保険相談でプレゼントも有。
    個人情報保護対策も安心!
    とてもバランスの取れた窓口なのでどなたにもおすすめです。

    ほけんのぜんぶ 体験談へ

  • FPは自分で選びたい!人見知りの方にも
    5

    FPのチカラ

    ファイナンシャルプランナー(FP)をHPから自分で選べる窓口はここだけ!自分の相談したい内容に合わせて、顔写真を見ながらFPを選べます。

    FPのチカラ 体験談へ

 

特徴のある保険相談窓口

強みのある窓口 特化したシステムを持つ窓口もある
 

保険相談窓口では、各窓口に特徴があります。相談する私たちの状況に応じて、窓口がどこがいいのか?はそれぞれ異なることと思います。そこでそれぞれ個性のあるおすすめ6つの窓口を選びまとめています。
 

保険見直しセカンドオピニオン相談を受けたい!保険無料相談.COM
自分に合う保険診断 データで比較したい!保険クリニック
自然災害など損害保険の相談したい!保険見直し本舗
結婚前後の保険相談をしたい!ゼクシィ保険ショップ

 

その他 保険相談時の 参考に

学資保険の相談をしたい 返礼率ベスト3

保険商品の資料請求をしたい

断ったほうが良い窓口は?実例
 

返礼率の高い学資保険3例

学資保険の返礼率
 

高校まで公立に通ったとしても、大学は私立大学に通うことになるお子さんがほとんどです。大学学の学費の平均は下記の通りとなります。
 

国立の場合は、お安くなりますので、国立受験やセンター受験もしながら私立大学へ入学として考えた場合の必要額です。
 

受験料:国立1校+私立4校程度 =合計 20万円程度。

初年度納付金:入学金も合わせて 私立文系の場合 130万程度。

次年度以降の年間授業料:文系の学費は、70万円程度。
私立理系年間授業料 130万円程度。

ご参考にどうぞ 当サイト内関連記事から:大学までの教育費総額 体験談
 

大手保険会社の学資保険商品の返礼率トップには、下記のような商品があります。
 

【返戻率 例】
ソニー生命 学資保険スクエア 107%
富国生命 みらいのつばさ 104%
明治安田生命 つみたて学資 109%
 

学資保険の相談では、子育てや育児に便利なプレゼントが貰えるキャンペーンを行っている窓口もあります。
 

<PR>

>>ソニー生命学資保険 プレゼントキャンペーン中
 

保険資料請求なら 価格.COM

まずは資料請求したい方へおすすめ
 

おすすめ度5 ★★★★★ 
 

【おすすめのポイント】
保険相談に行くのは、ちょっと苦手・・でも最新の保険商品や、加入中の保険見直しには興味がある。そんな時には、資料請求してみるのもお勧めです。
 

保険資料請求は、月間利用者4,465万人の国内No.1比較 有名サイト「価格.com」でもできます。生命保険・医療保険から自動車保険、火災保険まで、幅広い種類の保険を『比較・見積もり』できて便利です。詳しくは下記からどうぞ
 

価格比較の超巨大サイトの保険見直し資料請求「価格.COM」

 

人気の保険ランキング【保険比較サイト 価格.com 保険】
 

保険の資料請求 口コミ体験談

保険の一括資料請求の体験談は下記で記事にしています。一括で沢山資料請求すると大変なことになります。我が失敗談をもとに、保険資料請求の仕方のお話をしています。

保険の一括資料請求をしてみた。勧誘はうるさい?しつこい?体験談
 

断ったほうが良い保険相談窓口 口コミ

避けた方が良い保険相談窓口はこんな所
 

おすすめ度0 ☆☆☆☆☆ 
 

名前は出しませんが、ネット上で申し込める某保険相談だけ相談前に断りました。その理由は、

・申し込み時のWEB上での確認がとても細かすぎる気がする。相談前「必ず保険加入しそうな人」をフルイにかけている感じがした。

・新規加入する意思のある人限定!とWEB内、メール内で 何度も記載。その為、気軽には相談しづらい。

・申し込み日の決定にあたっては、メールが届いてから1日以内に希望日程を返信するように指示。それが出来ないなら、返信できない旨を同じく1日以内に忘れずに連絡する様になど細かい。

・メールでの言葉遣いが上から目線。

 

という所だったから。ちょっと怖い位でした。
 

ネットで探すと、やはりそこの窓口への悪い口コミを見つけました。けれど、保険相談窓口を紹介する巷のサイト等では、意外と悪評は書かれないまま紹介されている事も多いです。
 

もちろん、特定の窓口の悪口を書く事は、誰でも気持ちの良いものでも無いし、私も避けたいですが、評判の悪い相談窓口は紹介もしたくありません。このページでは掲載も避けています。
 

保険相談窓口にも、そんな所も中にはあります。見直しの相談をしようとした時、上記に書いたような対応をする窓口だったら、きっと私も避けた所です(;´・ω・)
 

相談は断ってしまったほうが良いと思いますよ。
 

保険見直しと保険相談の注意点 まとめ

保険商品は、世の中に数え切れないほど販売されています。なので当然、私たちがすべての保険商品の良し悪しを知ることは難しいもの。保険を理解して、自分に合った保険商品を、いくつか選び出すことは、残念ながら困難です。
 

そこで、保険の見直しや新規加入の際には、保険相談する窓口はどこがいいのか?おすすめなのか?にまず悩みます。なにを購入する時でも、まずは専門家の意見を聞いてからの方が、上手に買い物できますよね。家を買う時だって、電化製品を買う時だって。保険も同じです。なので、担当者選びは、とても重要です。
 

私たちは専門家ではないので、保険の選び方が分からないのは、全く恥ずかしい事ではありません。私も最初は、何一つわからず、全部教えてもらいました。
 

ただ、何も分からないからこそ、騙されては困ります。保険相談窓口にも、いろいろな担当者がいます。なので保険の見直しや新規加入の際には、まずは複数のの専門家に見直し案・加入案をもらい、それから比較検討してみたいものです。その時に気軽に利用できるのが保険の相談窓口です。
 

色々な、複数の保険相談担当者に出会ってみましょう。
 

例えば2つの窓口に相談に行ったとしても、保険の提案の仕方や見直しの内容が驚くほど異なることに気が付かれると思います。比較して初めて見えてくるものがあります。そのうえ、複数の意見を聞いているうちに、自分で保険を選ぶ力も付いてきます。
 

どんなお仕事でもそうですが、担当者さん次第です。誠実な人もいれば、自分優先の人がいます。仕事の出来る人もいれば、そうでない人もいます。
 

保険相談窓口にも良い人は居ますし、ファイナンシャルプランナーだからといって100%信じられるか?とも残念ながら言いきれません。
 

たった一回行った保険相談の窓口で、出会った担当さんの見直しの提案内容に今後の人生を託すのはリスクがあります
 

保険は人生における住宅の次に大きな出費です。住宅を購入する際には、いくつも見て回るのに、保険を購入する際には、目の前の担当者の一声、一提案で決めてしまう。それって本来は、とても危険なこと。
 

私達が保険見直しをする際は、2人以上の担当者の意見を聞き、見直しの提案を比較したい。そして、その中に1級や2級のファイナンシャルプランナーの提案は入れてみたいですね。
 

繰り返しになりますが、保険見直しの提案内容は、担当者に寄り提案内容は異なります。昔は一人の保険やさんのおすすめをそのまま信じ、加入していた時代がありましたが、今は、担当者も保険も選べる時代です。
 

各保険相談窓口が無料で相談を受け付けていますので、複数の窓口で保険の提案や見積りをもらい、それらを比較してみて、自分の考えに合った担当者、提案が納得できるものを見つけたいですね。
 

保険の見直し まずは予約・体験してみる

保険見直し

我が家も、この数年に、複数回の保険相談を受けていますが、普通は保険相談って、無理矢理勧誘されないか・・とか不安があったり、どこがいいのか選び方に悩む事ありますよね。でもそんな気持ちになったのも、最初の一回だけ。
 

初めて保険の見直しを予約し、プロの元へ伺った時には「目からウロコ」。保険に疎い夫婦でしたので、不要な保障が沢山付いていて、必要以上の高額支払いだったことに衝撃を受けました。
 

そして一度保険相談に行ったら、無駄な保障を省き、保険料を下げる、という「自分のお金が守れる感動」を覚え、今では、不安や相談したいことが出来た時には、すぐ相談予約しています。
 

毎月自動的に引き落とされる保険料は、手間がかかる訳でも無く、かえって見直しの手間の方が面倒くさく感じてしまい、どうも腰が重くなります。でも、保険料はお誕生日が来るごとに支払いが増える保険がほとんどです。
 

不要な支出を下げ、損しない保険加入の為に、そして老後資金を貯める為にも、思い立った時に保険の相談の予約、若しくは相談に行ってみて、本当に良かったと思っています。
 

まずは一か所でも良いので、保険相談に行ってみる。そこで詳しいことが分かっても分からなくても、他の窓口でも再度 相談してみる。相談回数をこなすうちに、保険窓口の選び方も、保険商品の選び方も分かるようになってきますよ。
 

良い保険相談担当者に出会うために

私自身が、今までの8社の保険相談の経験から感じた事ですが、これからの時代は、起業している人が税理士さんを付けるのと同じように、一家に1人、信頼できるファイナンシャルプランナーが必要な時代になるかもしれないと。
 

勿論、人間ですから相性もあると思います。なので、私が相談したプランナーさんも言っていました。
 

「私が気に入って頂けたら、末永くお付き合いさせていただきますし、これも相性ですから、合わなければ、私を通さなくても保険会社とやりとりしても全く問題はないんですよ」。
 

保険相談はどこがいいのか?窓口での相談を体験していく中で、相性の良い担当者との出会いが必要で、それがきっと人生の資産を大きく変えていくのだと思います。

保険相談
 

保険は安心料の時代では無くなりました。保険に弱かった私が一歩踏み出せ、これほど老後資金に関して興味を持てたのも、まずは見直しの為に窓口を予約したことからです。
 

私が保険のイロハを覚えたのは、来店型の保険相談窓口でした。「おばちゃん また来たよ~」と何度も通い、保険の選び方について教えてもらいました。また、その後のファイナンシャルプランナー相談で、信頼できるFPに出会えたお蔭です。
 

保険相談の窓口はどこがいいか?おすすめの自分に合った窓口や担当者さんを探す中で、きっとどこかの窓口で、必ず相性の合う担当者さんとの出会いがあると思います。色々な窓口を比較してみるのが大事です。保険を見直す事で、早ければ来月から保険料の支払いは安くなり、保障は手厚くなります。
 

あなたを助けてくれる担当者さんも、きっとそばにいますよ。
 

もう一度 元に戻るときは、下記からどうぞ ↓
 

店舗で保険相談したい方向け 3窓口

お金の専門家と保険相談したい方向け 3窓口

特徴のある窓口で保険相談したい方向け 4窓口
 

保険見直し相談方法 Q&A

以下、保険の見直しと保険相談方法に関するQ&Aです。
 

1. Q:保険の見直し 保険相談窓口がおすすめの理由は?
2.
Q:保険で検討する必要がある保障は?
3. Q:保険相談はなぜ無料?
4. Q:保険の見直しはなぜ必要?
5. Q:保険見直しの時期は?
6. Q:保険相談はどんな感じで行われる?
7. Q:来店型の保険無料相談に予約は必要?
8. Q:無料保険相談の利用法 上手な見直し方は?
9. Q:保険相談の持ち物は?
10. Q:保険に加入しないといけない?

 

保険の見直しは 保険相談窓口がおすすめの理由

保険相談はどこがいいか?
 

保険の見直しする際、今、加入中の保険会社の外交員さんに見直しの相談をするのは おすすめできません。なぜなら「保険の下取り」「転換」というものを勧められ、総支出は変わらずに「見かけだけの保険見直し」になるなど、保険会社が有利となる数々のからくりがあるからです。
 

「下取り」「転換」ってご存知でしたか?

 

私達が今まで支払った大切な保険料が下取りされ、その後の保険料の支払いに使われる仕組み。見直し後の毎月の保険料は「安く見えるだけ」という保険見直しの罠です。
 

実際には、今まで積み立てていた貯蓄部分が削られ、その後の契約における掛け捨ての保障部分に使われる事が多いので、月額保険料が下がったように見えるだけ。実際は、今までと変わらず、毎月ものすごい「高額保険料」を払い続けていることになります。
 

それって、怖いですよねぇ。私達消費者は、そんな事は望んでいないですよね。
 

でもそのからくりに関して、今加入中の保険やさんは教えてくれません。「今月から保険を安くする方法ですよ」と、すすめられています。なので、私たち素人は気付きません。
 

これは、見直しをする私達消費者が、うっかり保険に騙されやすい注意点。見直し時の大きな罠です。
 

我が家も以前は、これを説明されること無く、勧められるがまま保険の転換をしてしまいました。結果、大変高額な保険料を出費し続けたことになりました。けれど、
 

たとえ今月の支払い保険料が安くなっても、今後の実際の支払い保険料の総額を下げねば意味がない。

保険相談の罠 失敗
 

【その他 参考】「外貨建て保険」の罠

金融庁 外貨建て保険の勧誘
苦情急増の外貨建て保険 朝日新聞デジタル
 

要らぬ出費を減らす見直しのコツ、保険選びのコツは、現在の保険会社とは関係のない保険相談窓口などに行くことです。長い付き合いになる訳でもないので、言い方はアレですが・・「後腐れ」もありません。
 

保険の見直しや加入では、一人の営業員の提案にとらわれることなく、私たちは数々の窓口の中から、自分に合う担当者を探すことが大切です。
 

それが保険見直し時、保険相談窓口がおすすめである大きな点です。様々な特徴を持つ保険相談窓口がありますので、自分の希望に合わせて窓口を選びましょう。
 

Q:保険で検討する必要がある保障は?

:私たちが検討したい保険は、下記の8つです。
 

その1 死亡保険金
※ 遺族年金・遺族厚生年金を考えて設定。
 

その2 収入保険
毎月受け取れる収入保障が、必要か不必要か?
 

その3 死亡時の整理資金
お葬式などの費用:貯蓄や死亡保険金で賄えれば不必要。
 

その4 病気にかかった時の医療保険
・ガン保険は加入するか?
・三大疾病の特約は付けるか?
 

その5 子供さんの学資保険
子供さんの希望、貯蓄額と教育費総計をもとに、検討。
 

その6 介護保険
要不要の別を検討
 

その7 老後を見据えた個人年金
要不要の別を検討
 

その8 災害などの備え 損害保険
要不要の別を検討
 

細かな話になってきますが、心配はいりませんよ。上記をざっくりと把握しておくだけで大丈夫です。自分一人では、なかなか上手に保証を付けることが難しいので、保険相談の窓口には保険の専門家がいます。教えてもらいながら、生命保険の見直しや加入を検討することが出来ますよ。
 

詳しくは、人生に必要な生命保険の種類は この7つ でまとめています。
 

Q:保険相談はなぜ無料?

A:保険は一度加入すると、見直しなどをするのはとっても面倒臭いものです。なので、見直しをする必要があっても、見直さないままの人が沢山います。
 

保険屋さんとしては、一歩踏み出してもらい、自分の所の保険を紹介する機会は必要です。幅広い人に保険の紹介が出来れば、良い保険商品や保険相談窓口は口コミで広がります。
 

保険相談窓口は、商品の広告場所=TVCMのような場所でもあります。
 

今の時代は、強引に勧誘なんかしたら、ネットで騒がれて会社潰れてしまいますので、評判の悪い担当者やファイナンシャルプランナーは紹介しないシステムを取っている窓口が殆どです。
 

Q:保険の見直しはなぜ必要?

保険見直し相談の注意点とおすすめ窓口の選び方

毎月何年もの間、当然の様に支払い続ける保険料は、実はもの凄く高い支出となるお買い物。そのため相談窓口選びには悩むものです。例えば保険やさんにおすすめされる事の多い 更新型の保険に入っていると、保険料は更新ごとにどんどんと高くなる事にお気付きでしょうか。
 

もしも加入されている保険料の総額が不明なようでしたら、保険見直しをしておく必要があります
 

例えば旦那様が20000円弱、奥さまが8000円を30代の頃から毎月10年更新型で支払いをしたら・・。最初の頃は月1万円台だったとしても、60歳を過ぎてくると生命保険料は月5万円を超え、下記 総額1200万という 高額な出費に!
 

30~40歳 16000円 ×12か月×10年=192万円
40~50歳 21000円 ×12か月×10年=252万円
50~60歳 34000円 ×12か月×10年=408万円
60~65歳 50000円 ×12か月× 5年=300万円

30歳頃から65歳まで保険をかけ続けると「総額1200万円弱」!

(参考:保険のマンモス 得する家計&保険 はじめてガイドより)
 

それが旦那様の分。奥さまの分も足すと、二人で2000万円程の手痛い出費総額。家が一軒、買えてしまう額です。
 

そこで必要な保障を再検討する為には、生活スタイルが変わるごとなど 保険の見直しが必要です。
 

また、保険は日々、条件の良い新しい商品が発売されています。電化製品が古い商品よりも新しい商品の方が消費電力が少ないように、時代に即した商品が続々登場しています。
 

保険の見直しをしないで居ると、いざ保険金が降りる際に「使えない保険」になって居る可能性もあります。

失敗した..保険ショップ選び方【父母が大損の実話】
 

Q:保険見直しの時期は?

A:人生において、住宅を購入したり、結婚したり、子供が生まれたり、子供が独立したり、病気をしたりなど等、節目節目で必要な保障と、必要のなくなる保障があります。
 

例として)

1)結婚した時
2)子供の誕生や進学・成長・自立
3)住宅ローンを組んだ (※保障が重複する可能性があります)
4)子供の独立 (※高額な死亡保障を減らせる時期です)
5)独立・起業した
6)定年退職
7)保険の支払いが負担・家計費の節約をしたい!
8)離婚や死別・親を扶養に入れるなど家族構成の変化!
9)就職した!
10)住宅を売却した!
11)収入が下がった!
12)保険の契約更新時がきた!
13)現在 加入中の保険の内容が良く分かっていない !
14)1社のみの保険に加入している!
15)自分や家族の体調関連の変化!

など。

 

過不足なく保障を付け、適正な保険料支払いにする為に、保険の見直しは、随時必要です。

保険見直すべき15の時期【無料保険相談利用と注意点】
 

Q:保険相談はどんな感じで行われる?

A:まずは、保険相談の申し込みをします。
 

その後は、下記のような流れで保険相談は進みます。

1.メールで相談内容の希望が聞かれます
2.相談日や担当者が決まります。
3.面談当日
4.現在の保険加入内容の確認など
5.今後希望する保障内容の聞き取りなど
6.見直し内容の提案
7.家に持ち帰って検討
8.次回面談予約など
 

Q:来店型の保険無料相談に予約は必要?

A:予約をしていかないと、他の方が相談していることもあります。その際には断られてしまいます。保険は、家庭のお金事情の話ですので、他の方に聞かれたくないと思う方が多いと思います。だいたいの窓口はそれに配慮してくれています。
 

スーパーの店舗内などで、たまたま相談者がいないように見えても、その5分後や30分後に、どなたかの予約が入っているかもしれません。
 

予約は必要ですし、無駄足にならないためにも予約していくと安心です。予約が面倒くさい場合には、下記ページからですと、電話で当日予約も可能ですよ。
 

保険のプロに無料で相談【ニアエル保険相談】
 

Q:無料保険相談の利用法 上手な見直し方のコツは?

A:保険の見直し案は、担当者により異なります。
 

弁護士の意見が人それぞれ異なるように、住宅を購入する時に、ひとそれぞれ決め手となるポイントが異なるように、人生に必要と思われる保障は、その人の人生感によっても、健康状態によっても変わってきます。
 

先にも書きましたが、同じ状況であっても人の選択は異なりますので、当然、保険相談の担当者が私たちに提案してくる内容も異なります。
 

その為、複数の保険担当者の提案見積りを取り、比較してみることは大切です。それが一番の安全策になります。
 

Q:保険相談の持ち物は?

A:保険相談の担当者が、相談当日の持ち物を知らせてくれます。通常持って行くものとして、現在の保険の加入内容が分かる物を一式持って行くことをおすすめします。
 

保険証券の裏には、細かな保障の条件が記載されていますが、素人では理解していないことも多いです。加入中の保険証券をすべて持って行けば、一目で保障内容が分かり、正しく足りない保障と要らない保障が分かり、提案してもらえます。
 

保険相談の場で保険に加入するわけではないので、その他には特に必要ありません。
 

Q:保険に加入しないといけない?

A:保険に加入する必要はありません。保険は住宅の次に大きな人生のお買い物です。逆に言えば、保険の加入を前提に保険相談に行ってはいけません。足りない保障があれば提案をされるかもしれませんが、その時にも、家に持ち帰って検討します。
 

当然断っても、何も言われませんし、押し売りをされることもありません。保険というお買い物が何より高い物である事は、私たちよりも保険の担当者さんの方が良く分かって居ます。
 

店舗で保険相談したい方向け 3窓口

お金の専門家と保険相談したい方向け 3窓口

特徴のある窓口で保険相談したい方向け 4窓口
 

保険相談窓口おすすめ一覧

このページでご紹介した、おすすめ出来る保険相談窓口のまとめです。
 

どこがいいか悩んだときはココがおすすめ!

【来店型・無料訪問サービス型】

近所でお気軽に。初めての保険相談にもおすすめ。取扱い保険商品の数が豊富。店舗に来店と訪問サービスと選べるのが良い。

保険見直し本舗

 

全国の保険相談窓口を簡単に検索したい方におすすめ!

【全国1200店舗から県・市町村名で検索】

キッズスペースの有無・口コミ情報など一覧から確認しやすい。予約が簡単。提案の比較に複数の窓口で保険相談したい方にもおすすめ。

ニアエル保険ショップ検索サイト
 

日時・地域指定でおまかせ予約ができるのは、

ニアエル保険ショップ おまかせ予約

 

 

専門家に本格的に相談したい方におすすめ!

【ファイナンシャルプランナー面談型】

豊富な知識のファイナンシャルプランナーに保険相談が可能。公的保険との兼ね合いを見ながら相談できる。
 

経験年数平均11年越のベテランFP揃い。ギフトも貰える

保険見直しラボ
 

人見知りの方や、担当者は自分で決めたい方に。写真でFPを選べる

FPのチカラ

 

※保険の見直しはどこがいいか?保険相談を考える時には、少なくとも2つの窓口を予約し、保険見直しの提案を比較したいところです。それが、より良い保険見直しができる方法です。
 

上記のおすすめの保険相談窓口は、どこも押し売りされない窓口ばかりです。安心して相談に行くことが出来ますよ。
 

参考:人気の保険 口コミランキング

大手比較サイト「価格.COM保険」人気の保険 口コミランキングはこちら↓
人気の保険ランキング