保険見直し口コミ【保険相談どこがいい?】おすすめ窓口比較 体験調査レポ

保険相談どこがいい?無料保険相談おすすめ保険ショップ 保険見直し窓口の口コミ比較

2020年 3月
消費者から見た「もう騙されない!年金保険の話」。あなたの保険見直しはどこがいいか?実際に保険相談窓口に潜入体験、口コミや評判も比較しています。自分にぴったり 相性の良い 無料保険見直し相談窓口を選びたい時 探したい時に。保険ショップ選びのご参考にどうぞ。
 

保険の見直し後、実際に保険料が下がるまで(保険の手続き変更終了まで)2~3ケ月かかります。かんぽ生命の不正発覚やコロナウイルスの心配から保険見直しをする人が増えました。相談窓口も混みあってきています。早めに相談予約をしておくのが おすすめですよ。
 

※コロナウイルス起因による入院などについて、現在加入中の保険で保障が適用されるかどうか?は、各保険商品や各々のケースによります。ご不明な点は、現在ご加入中の保険会社担当者にご相談ください。
 

新規保険加入に関しては最寄りの保険ショップにお問い合わせしておかれると安心です。
 




 

保険相談窓口おすすめ 目次

各窓口の特徴を一言でまとめた「保険相談窓口おすすめ目次」になっています。まずは興味のある窓口を下記より選んでみてくださいね。相談窓口名をクリックすると当ページ内の詳細項目へ移動できます。
 
保険相談のセカンドオピニオン
 

【来店型・無料訪問サービス型】どこがいいか悩んだときはココがおすすめ!近所でお気軽に。初めての保険相談にも。取扱い保険商品の数が豊富。店舗に来店と訪問サービスと選べる「保険見直し本舗」

⇒ 保険見直し本舗
 

【全国1200店舗から県・市町村名でカンタン検索】キッズスペースの有無・口コミ情報など一覧から確認しやすい。予約が簡単。提案の比較に複数の窓口で保険相談したい方にもおすすめの「ニアエル保険ショップ検索サイト」

⇒ ニアエル保険ショップ検索サイト
 

日時・地域指定で希望にあった保険相談窓口を簡単に予約したいなら「ニアエル保険ショップ お任せ予約」がおすすめ!

⇒ ニアエル保険ショップ おまかせ予約
 

【ファイナンシャルプランナー面談型】専門家に本格的に相談したい方におすすめ!経験年数平均11年越のベテランFPファイナンシャルプランナーに保険相談が可能。公的保険との兼ね合いを見ながら相談できる。相談でギフトも貰えるのは「保険見直しラボ」。

⇒ 保険見直しラボ
 

【ファイナンシャルプランナー面談型】専門家に本格的に相談したい方におすすめ!全国対応で各専門分野の専門家在籍。個人情報セキュリティ万全の窓口。保険相談でプレゼントも貰えるオールマイティな保険相談窓口は「ほけんのぜんぶ」

⇒ ほけんのぜんぶ
 

【ファイナンシャルプランナー面談型】専門家に本格的に相談したい方におすすめ!担当FPはサイト上の写真や経歴を見て選べるので、人見知りの方や、担当者は自分で決めたい方に特におすすめ「FPのチカラ」

⇒ FPのチカラ
 

保険相談セカンドオピニオンも対応。相談でプレゼントも貰えます。保険見直しに悩む時にも、複数の保険相談窓口で相談したい時にも、選択肢に入れたい窓口が「無料保険相談.COM」

⇒ 無料保険相談.COM
 

保険見直しや見積もりをデータで比較できるシステムがあるのはココ。しっかりと保険商品を見比べて検討したい時に、ぜひ相談したいのが「保険クリニック」

⇒ 保険クリニック
 

結婚前後の保険相談をしたい方には、間違いなくココがおすすめ。新婚さんに特化した ゼクシィの保険相談です。「ゼクシィ保険ショップ」

⇒ ゼクシィ保険ショップ
 

学資保険の相談専門サイトもあります。 教育費にかかる様々な心配を 学資保険アドバイザーに相談できます。10社以上の保険会社の取り扱いがありますので、最適な提案がもらえます。

⇒ ほけんガーデンプレミア
 

保険相談でプレゼントがもらえるキャンペー中の保険相談窓口は下記ページでまとめています。

保険相談プレゼントキャンペーン
 

※保険の見直しはどこがいいか?保険相談を考える時には、少なくとも2つの窓口を予約し、保険見直しの提案を比較したいところです。それが、より良い保険見直しができる方法です。
 

上記のおすすめの保険相談窓口は、どこも押し売りされない窓口ばかりです。安心して相談に行くことが出来ますよ。
 

保険の見直しはどこがいい?保険相談窓口がおすすめの理由

保険相談はどこがいいか?
 

保険の見直しする際、今、加入中の保険会社の外交員さんに見直しの相談をするのは おすすめできません。なぜなら「保険の下取り」「転換」というものを勧められ、総支出は変わらずに「見かけだけの保険見直し」になるなど、保険会社が有利となる数々のからくりがあるからです。
 

「下取り」「転換」ってご存知でしたか?

 

私達が今まで支払った大切な保険料が下取りされ、その後の保険料の支払いに使われる仕組み。見直し後の毎月の保険料は「安く見えるだけ」という保険見直しの罠です。
 

実際には、今まで積み立てていた貯蓄部分が削られ、その後の契約における掛け捨ての保障部分に使われる事が多いので、月額保険料が下がったように見えるだけ。実際は、今までと変わらず、毎月ものすごい「高額保険料」を払い続けていることになります。
 

それって、怖いですよねぇ。私達消費者は、そんな事は望んでいないですよねぇ。
 

でもそのからくりに関して、今加入中の保険やさんは教えてくれません。「今月から保険を安くする方法ですよ」と、すすめられています。なので、私たち素人は気付きません。
 

これは、見直しをする私達消費者が、うっかり保険に騙されやすい注意点。見直し時の大きな罠です。
 

我が家も以前は、これを説明されること無く、勧められるがまま保険の転換をしてしまいました。結果、大変高額な保険料を出費し続けたことになりました。けれど、
 

たとえ今月の支払い保険料が安くなっても、今後の実際の支払い保険料の総額を下げねば意味がない。

保険相談の罠 失敗
 

要らぬ出費を減らす見直しのコツ、保険選びのコツは、現在の保険会社とは関係のない保険相談窓口に行くことです。長い付き合いになる訳でもないので、言い方はアレですが・・「後腐れ」もありませんし。
 

保険の見直しや加入では、一人の営業員の提案にとらわれることなく、私たちは数々の窓口の中から、自分に合う担当者を探すことが大切です。
 

それが保険見直し時、保険相談窓口がおすすめである大きな点です。様々な特徴を持つ保険相談窓口がありますので、自分の希望に合わせて窓口を選びましょう。
 

目次
1 店舗での 保険相談
2 ファイナンシャルプランナーとの保険相談
3 結婚前後の保険相談
4 学資保険の相談窓口
5 特徴のある保険相談窓口
6 その他 保険相談時の 参考に
7 保険見直しと保険相談の注意点 まとめ
8 保険の見直し まずは予約・体験してみる
9 良い保険相談担当者に出会うために
10 保険見直し相談方法 Q&A
11 保険相談窓口おすすめ一覧
12 保険管理アプリ
 

店舗での 保険相談

店舗来店型保険ショップの口コミ

来店型 保険相談窓口の強みは、立地の良さ
 

店舗来店型の保険相談窓口・保険ショップは、ショッピングセンター店内や、駅前などに店舗を構えています。相談の予約をした後、その店舗に行き相談するスタイルです。(店舗来店と、お好きな場所への訪問相談を選べる窓口もあります)
 

よく行くお店や日々使う駅の道すがら見かけることも多いのではないでしょうか。立地の良さは、他の窓口を圧倒する強さがあります。
 

下記では、おすすめの保険相談窓口はどこがいいのか?良い点悪い点を比較したうえで、おすすめの保険相談窓口ランキング・人気の店舗別保険相談窓口ランキングをご紹介しています。
 

店舗相談型のデメリット

保険相談では 担当者の力量は まちまち
 

保険相談の担当者は選べません。ファイナンシャルプランナーとは限らず、保険の営業経験があるだけの人の場合もあります。近所の相談窓口ゆえ、家計等を相談しずらいと感じることもあるかもしれませんね。
 

店舗相談型のメリット

近所で気軽に相談ができる
 

保険相談の為に遠くまで出かけるのは、ちょっと億劫と思う時、近所で気軽に保険相談が出来ます。スーパ等にあるカウンターでは「お買い物ついでに」行けるので、相談しやすいです。
 

肩書に弱い私たち日本人。いきなりファイナンシャルプランナーとの相談では、気後れしたり、見直しを丸投げしてしまいそうな方や、保険が全く分からない方。どんな方でも、近所の窓口は相談しやすいと思います。
 

納得できる提案がもらえれば、見直し相談を終える事が出来るうえ、近所であれば、今後も何度でも相談に行き易いのは おすすめポイントです。まずは一度利用したいのが店舗来店型の保険相談です。
 

保険見直し本舗 口コミ評判

来店型保険相談窓口 保険見直し本舗

保険相談が初めての方。保険が苦手な方、損害保険の相談をしたい方は保険見直し本舗が おすすめ
 

保険相談窓口 名称保険見直し本舗
取り扱い保険商品数業界トップクラス 45社以上
相談できる保険保険全般ほか 損害保険も相談できる
相談員保険見直し本舗専属のコンサルティングアドバイザー
MDRT成績資格会員(※)も多数在籍
相談場所店舗での相談のほか、訪問相談も可能
おすすめ度星 5 つ★★★★★ 

 

【おすすめのポイント】
取扱い保険商品数は、業界トップクラス45社以上。医療保険も災害の保険も相談できます。全国250店舗以上の店舗相談だけでなく 訪問相談も選べます。選択肢が多く 評判のよい万能窓口です。CMも放映中。
 

保険見直し本舗はどんな所?

店舗数も 取り扱い保険会社数も多い大手の窓口!
 

現在、全国に250店舗以上、多数の相談窓口があり、まずは、加入中の保険内容が適切かどうかの診断をしてもらえます。新たな保険加入前提の相談ではないので、見直さずにそのまま続けたほうがいいという場合も、その旨を教えてもらえます。もちろん相談料はそれでも無料です。
 

必要であれば、最適な保険プランを提案してもらえるので、初めての保険相談でも安心。また 取扱保険会社も他の窓口よりも多く現在45社以上 (通常は、取り扱い保険会社数がトップクラスの窓口でも30社程度。)そのため幅広い保険商品の中から担当者と一緒に検討することができ、提案してもらうことが出来ます。
 

相談に乗ってくれる担当者は、保険見直し本舗が認めた専属のコンサルティングアドバイザー。コンサルティングアドバイザーは、特定の保険会社に所属していないため、特定の保険を押し売りされることもあるません。45社以上の保険商品から適切な選び、提案・見積りをしてくれるのは有難いですね。
 

また、保険見直し本舗には、MDRT成績資格会員という「レベルの高い専門家」が多数在籍しています。
 

※MDRT成績資格会員とは?

Million Dollar Round Table (MDRT) は、世界67の国と地域の500社以上で活躍する、卓越した生命保険と金融サービスの専門家による国際的かつ独立した組織。MDRT会員は、厳しい倫理基準を満たし、優れた顧客サービスを提供できる。
 

相談できる保険は?

相談できる保険の範囲が広い!損害保険も相談できる
 

医療保険・がん保険・女性保険・学資保険・個人年金保険・損害保険など。各種保険について幅広く相談できます。
 

損害保険の相談も出来る! 保険見直し本舗

損害保険の相談は、保険見直し本舗がおすすめ
 

実は、火災保険などの損害保険の見直しは対象外=相談できない窓口が大半です。そんな中、保険見直し本舗は、損害保険の見直しも出来る数少ない窓口です。
 

天災が続いている日本ですが、豪雨などによる水害は、火災保険で対応できます。私たちは、様々な被害をTVで目にする度に不安になり、しばらくすると「自分の住む地域は大丈夫なのでは?」と思ってしまうものです。被災された方々も、やはり口をそろえて「自分の身に起こると思わなかった・・」と言われます。
 

被災した時の被害額は、1千万単位の高額になることも考えられます 何事も起きていない時こそ、保険の加入や見直しをおきたいもの。
 

火災保険に加入していても「水災保障の付いていない人」と「ついているか分からない人」も、7割を占めています。
 

損害保険データ
 

水災保障アリ 31.1%
水災保障なし 29.7%
保障の有無不明 11.8%
火災保険・共済未加入 15.4%
わからない 12.0%
 

現在加入中の火災保険の内容がどうなっているのか?ぜひ確認や見直しをしておきたいですね。保険見直し本舗では、相談できる保険の種類が多いので、保険の事が良く分からなくても医療保険も損害保険も、全部まとめて相談できます。
 

おすすめのポイントと相談の受け方

来店相談だけでなく、訪問相談も出来る!
 

保険見直し本舗は、全国のスーパー店内等にある事も多く、家の近くで気軽に相談できるのが良いですね。外出がしずらい場合には、無料で訪問にての相談サービスも可能です。どちらも選べる窓口は珍しいので、その点も保険見直し本舗の良い点です。
 

担当者にもよるかもしれませんが、ファイナンシャルプランナーとの相談より時間的に短いことが多く、自分に合わせた場所で相談できます。保険が全く分からない方、初めての保険相談の方、まずは加入中の保険はどうなのか話を聞いてみたい方にも、まずは相談しやすい窓口です。
 

保険見直しの提案があった時にも、その場で決める必要はありません。家に持ち帰ってゆっくり検討できます。出された提案や担当者さんが合わなければ断ります。断っても相談料金はもちろん無料です。強引な勧誘もないので、気軽に相談できます。
 

店舗でも訪問でも相談できる。
医療保険も損害保険も相談できる。
提携保険会社数も業界トップクラス。
様々な点において対応範囲が広い。
 

保険相談窓口はどこがいいか悩んで居る場合は、まずは「保険見直し本舗」がおすすめです。

 

おすすめの窓口は  保険見直し本舗
 

保険見直し本舗 勧誘はある?

相談だけでもOK!しつこい勧誘はありません
 

数年前、私の初めての保険相談が「保険見直し本舗」でした。収入や人生設計を聞かれる事はなかったので、緊張しないで相談できました。一通り、現在の保険加入内容を話し、保険料を下げたい旨を相談すると、後日、保障内容そのままで、希望に合わせた保険の見積り提案書を貰えました。その後、一度提案した保険について「どうですか?」と電話がありましたが、お断りすると その後は一切連絡がありませんでした。さらりとしたもんでした。今の時代、強引な勧誘などすれば社会問題化してしまいます、保険相談窓口では、無理な勧誘はありませんので、安心して相談できます。
 

保険相談に行くと、しつこい勧誘を受けないか?無理に保険加入を勧められないか?と心配になるかもしれません。しかし、保険見直し本舗では、強引な勧誘も、要らない保険商品のおすすめもありません保険。見直し本舗のHPでも 下記の通り記載されています
 

Q無理にすすめられたりしませんか?

しつこい勧誘は一切行っておりません

相談サービスでは、まずお客様がご加入中の保険の診断やアドバイスを行っております。もちろんしつこい勧誘等は一切行っておりませんのでご安心ください。
またご相談の結果、保険の見直しが必要のない場合もございます。そのようなときは現在の保険を継続していただくようおすすめしております

 

CMでもお馴染みになった大手保険相談窓口です。全国各地の店舗数も多いため、お近くで相談できることが多いと思います。気軽に安心して相談できるのが、保険見直し本舗です。
 

「保険見直し本舗」口コミ

保険の重複部分を見直して保険料もスリムアップできました。

加入している保険の保障内容が重複していて、見直しの必要性を感じていました。そんなときに「保険見直し本舗」で無料で相談ができるということを知り、すぐに予約をしてみました。

無料相談では、現在加入している保険の内容を説明してもらったあとに、数十社ある保険会社の中からいくつか商品をピックアップし、親切・丁寧に説明をしてもらいました。さらに、そこから自分で商品を選択することで、生活スタイルにぴったり合った保険に加入することができました。

全体的な見直しをしていただきました。
学資保険の相談がきっかけで来ました。保険の事はまったく無知だったので一から丁寧に説明していただき、全体的な見直しをしていただきました。ありがとうございました。

 

保険見直し本舗 はこちら
5

保険見直し本舗

提携保険会社数45社以上、全国の店舗数250店舗以上の大手保険見直し窓口。無理な勧誘なし。自然災害の備え(水害など)の損害保険の相談も出来る数少ない窓口。

相談場所

店舗および自宅など

相談料金

無料

 

保険相談ニアエル

保険相談ニアエルには、近所の窓口を検索して予約できる方法と、場所と日時指定のみでおまかせ予約する方法があります。どちらも保険相談や、勧誘に関してのポリシーは同じです。安心して相談できますよ。
 

近所の窓口を検索して予約

地域と日時を指定してお任せ予約
 

保険相談ニアエル 口コミ評判

来店型保険ショップ 保険見直しどこがいい 口コミ評判ランキング

簡単に近所で評判の良い窓口を探したい方におすすめ
 

保険相談窓口 名称保険相談 ニアエル
特徴全国1200店舗の保険ショップから簡単予約
取り扱い保険商品数など各保険相談窓口による
おすすめ度星 5 つ★★★★★ 

 

【おすすめのポイント】
全国1200店舗が登録されている保険ショップ検索サイト。店舗ごとの口コミから近所で 評判の良い保険相談窓口が探せます。そのまま簡単WEB予約ができます。
 

保険ニアエルはどんな所?

近所の保険相談窓口の一覧表示ができる
 

保険ショップ検索サイトのニアエルは、県と市区町村を選ぶだけで、全国お近くの保険ショップをずらっと一覧を表示し、お好きな窓口の予約が出来る。
 

下記みつばちほけん他、有名どころのアフラックなどなど、口コミ評価の高い8つの保険ショップから選べ、申し込み予約、手続きがとても簡単。
 

複数の担当者に相談したり、保険の見直し提案もらい比較する際にも、複数の相談窓口を「探しやすい」「申し込みやすい」が揃って居る保険ショップ予約サイト。
 

相談できる保険は?

幅広く相談できる!損害保険は相談前に確認を
 

生命保険 医療保険 学資保険 収入保障保険、個人年金保険など各種保険について幅広く相談できる。ただ、損害保険(火災保険や自動車保険)に関しては、窓口に寄って対応が変わるので、予約の際、備考欄に要望を記載する。
 

口コミ評判 体験談

一番人気「みつばちほけん」私の実体験談です。
 

相談前に 担当者のプロフィールを知ることが出来た
 

私が保険相談を受けた担当者さんは、ファイナンシャルプランナーの資格を持っていなかった。こちらからの質問に関する答えるよりも、担当さんがおすすめの保険商品の提案が多かった。
 

ファイナンシャルプランナーでないので、人生のお金についての説明はなく、保険の提案に終始した。相談後に、次回の予約カードを渡されたのは、ちょっとプレッシャーを感じた。
 

とはいえ、無理な勧誘も全くなかった。安心して相談できたのが良いところ。
 

また、相談の前に、担当の方のプロフィールURLの連絡もあり、顔写真入りで紹介されていた事には誠実さを感じた。担当者がどこに住んで居る何歳位の人で、子供は何人など、そういう方の「人となり」を知る機会があったのは、私の経験内では、みつばちほけん だけ。担当者の身元がはっきりしている事は、とても安心できた。
 

※ニアエル保険のランキングで、みつばちほけん は上位に入って居る支店が多い。結局、保険相談は、担当者との相性が一番大きい。なので保険見直しの際には、いくつかの保険相談を受けたい。その要望を叶えるためにも、ニアエル保険ショップ検索サイトは使いやすく、予約しやすいのが大きな利点。
 

保険相談ニアエルでは しつこい勧誘はある?

保険相談ニアエルHPにも、無理な勧誘やしつこい営業は一切ないことが記載されています。安心して相談できます。
 

保険の見直しや加入にあたって、保険ショップを利用したくても、しつこい勧誘や営業があった場合、断れるかどうか心配という人も少なくありませんが、無理な契約や営業を行うことはありませんので、安心して保険相談をすることができます。

 

万一しつこい営業があった場合には
保険相談はお客様のご意思を大切にしております。もし担当者の説明や提案に納得がいかないようであれば、それ以降の相談や提案を断ることもできます。万が一、保険相談の担当者に、しつこく営業をされた場合には、担当者を変更してもらうこともできます。

 

もし、無理な勧誘やしつこい営業などございましたら、お気軽にコールセンター(0120-962-196)までお知らせください。保険相談ニアエルへの掲載停止など検討いたします。

 

保険相談ニアエルのポリシーは?

ライフプランに基づいた提案
 

担当のプランナーは、家庭の状況に応じたライフプランを作成してくれます。そのライフプランをもとに、必要があれば保険をご提案してもらえます。
 

保険相談ニアエルにも 下記の説明があります。
 

お客様の金融資産や生活環境に十分配慮しながらご提案させていただいておりますが、ご提案内容や相談内容にご納得できない場合は、加入をする必要はございません。

 

保険相談ニアエルには、以前ご相談された方の口コミが掲載している保険ショップもあります。保険相談は、担当者により提案内容は異なります。保険相談ニアエルHP内での口コミは、支店ごとの口コミになりますので、とても有用な情報ですよ。
 

保険相談をしたら、保険に加入しなければならないの?

必ずしも保険に加入する必要はありません
 

保険見直しは、人生設計における収支計画の改善方法の一つです。そのための一つとして保険相談が利用できます。各ご家庭ごとの状況により、保険見直しをしたほうが良い場合や、現状で大丈夫な場合があるかと思います。
 

保険相談ニアエルでは、私たちの状況に応じて 新たな保険加入を勧めない場合もあります。必要のない勧誘、無理な勧誘はありません。
 

保険相談ニアエルHPでは、下記のように記載されています。
 

担当のプランナーは、ライフプランに基づいて収支計画の改善の方法の一つとして、保険をご提案させていただきます。そのため、ご相談状況によっては新しい保険への加入をお勧めしないこともございます。

ご相談は何度でも無料ですので、ご納得いくまで担当プランナーとお話いただき、じっくりとご検討の上で、ご判断ください。もちろん、ご提案内容や相談内容にご納得できない場合は、加入をする必要はございません。

 

相談だけでも良い?

ライフプランの確認や相談だけでも大丈夫
 

保険ショップでは、保険やライフプランに関する疑問を 無料で解決できます。通常ファイナンシャルプランナーの有料相談は、1時間5000程度であることを考えると、保険に不安を感じるときには、まずは利用してみることはおすすめです。
 

保険ショップを、ライフプランシュミレーションのために利用することも可能です。保険はライフプランに基づいて長期間加入するものなので、加入から時間がたち生活環境が変わると、保障内容が自分に合わなくなってしまうことがあります。そのため保険の加入後は定期的に保険ショップへ通い、今の自分が必要としている保障がきちんとカバーされているか、逆に必要のない保険に加入していないかを確認しましょう。必要があれば、見直しをしましょう。

 

保険ショップのプランナーは、ライフプランに関する専門知識を持っているため、保険の契約だけではなく、ライフプランに関する悩みごとについても相談することができます。例えば、保険の加入後に発生する保険金や給付金の請求の仕方、保険の更新時期や頻度、保障内容の変更方法などといったことだけでなく、お子様の進学に合わせた資金計画やマイホーム購入についての資金計画、定年後や老後の資金計画なども相談可能です。

 

保険相談ニアエル はこちら
5

保険相談ニアエル

お住いのお近くの保険ショップが検索でき、支店ごとの口コミランキング、口コミも掲載。実際に行く窓口の評判が分かる。

相談場所

店舗

相談料金

無料

 

保険相談ニアエル おまかせ予約

どこがいいか悩む時、簡単に近所で評判の良い窓口をおまかせで予約したい方に、おすすめ
 

保険相談窓口 名称保険相談ニアエル おまかせ予約
特徴全国1200店舗の保険ショップから簡単おまかせ予約
取り扱い保険商品数など各保険相談窓口による
おすすめ度星 5 つ★★★★★ 

 

【おすすめのポイント】
全国1200店舗が登録されている保険ショップ検索サイト「保険のニアエル」の中でも。店舗ごとの口コミから近所で 評判の良い保険相談窓口を おまかせで予約できるシステムです。
 

保険相談ニアエル お任せ予約 はどんな所?

保険相談窓口を探す手間がかからない!
 

保険ショップ検索サイトのニアエル おまかせ予約は、県と市区町村などを選ぶだけで、お好きな窓口の予約が出来る。
 

忙しくて時間のなかなか取れない時、保険ショップはどこがいいか、どこで相談するか悩むときなどを始め、会社の近くや帰り道などで探したい時など、あまり詳しくない土地の窓口を探す時にも「保険相談ニアエルのおまかせ予約」が大変便利です。
 

人気のみつばちほけん、有名どころのアフラックなどなど、口コミ評価の高い保険相談窓口から紹介してもらえるので安心。なにより、申し込み予約、手続きがいちばん簡単にできるのが 保険相談ニアエル おまかせ予約サービスです。

 

おすすめポイントと相談の受け方

保険見直し提案の比較に、複数窓口を見つけてみよう!
 

人気の みつばち保険 は首都圏を中心に90店舗ある。保険相談ニアエルには、その他を含め1200店舗も紹介されている。その為、近くの窓口が見つけやすい。小さなお子さん連れが可能か?キッズスペースのある店舗かなども、予約サイトで簡単に検索し確認できる。
 

どこの保険相談でもそうだけれど、保険加入に関しては、相談に行った時に何も決めなくて大丈夫。持ち帰って検討することができるので、気軽に相談できる。
 

今後長い間ずっと支払い続ける保険料。でも見直しの提案は担当者に寄り異なるもの。(法律家の弁護士だって意見が分かれるのと同じ)だから本来は複数の窓口で相談をして、2~3の提案は比較したいのが正直なところ。
 

そんな時に保険相談ニアエルは、「複数店舗を見つけやすい」「申し込みやすい」という点で、とても便利。まずは、気軽にひとつ窓口を選んで相談してみることができる。出された提案や担当者さんが合わなければ、断る。断っても相談料金は無料。
 

自宅近くの窓口を一度にたくさん探せる。そしてその中から1つを選んで相談することも、複数相談することも可能。手間がかからずに自分に合った良い担当者探しができ、見積り比較に複数窓口の申し込みををしやすい。それが「保険相談ニアエル」です。

 

保険相談ニアエル おまかせ予約 はこちら
5

保険のおまかせ予約

希望の地域や日時を入力するだけで、おまかせで保険相談窓口を予約できるシステム。

相談場所

店舗

相談料金

無料

 

ファイナンシャルプランナーとの保険相談

FP保険相談 口コミ評判

お金の専門家(FP)と希望の場所で相談できる
 

ファイナンシャルプランナー(FP)相談型は、お金の専門家であるファイナンシャルプランナー資格を持って居る担当者を紹介してくれる窓口です。とはいえ、ファイナンシャルプランナーにも色々な方がいます。どこがいいのか悩むところですが、このページで紹介している窓口は、その中でも信頼のおける、評判の良いFPを派遣しているおすすめの窓口を選んでいます。
 

デメリット

ファイナンシャルプランナーとの相性が大事
 

ファイナンシャルプランナーに寄り見解が異なることもある。家庭ごとに、そして人として相性の合うファイナンシャルプランナーを見つけることが大事。
 

我が家も以前に東京の都心にある事務所へ見直しの無料相談に出かけていった事がありますが、我が家の保険に関して「それでいい」のみ。けれど後に我が家の保険は、無意味なほどの高額保険に加入していたことが分かりました。
 

この事務所は保険の提案をする訳でも無く、何の目的で無料保険相談を受けていたのか?疑問。
 

ファイナンシャルプランナーだから良いだろう!その事務所について何も調べずに、相談に行って気付きましたが、ファイナンシャルプランナーなら誰でも良い、という訳では無さそうです。良いファイナンシャルプランナーを選ぶ必要があります。
 

メリット

豊富な知識で人生のお金全般を考え検討してもらえる
 

ファイナンシャルプランナーは人生のお金の専門家。ご家庭ごとの必要なお金をはじき出したり、必要なものと不要なものを整理し、公的保険を踏まえ、良い保険の入り方を教えてくれる。金融・税金・住宅・保険・年金など幅広い知識で人生のお金に関する相談に乗ることができる。
 

通常、ファイナンシャルプランナーに相談すると相談料がかかる。日本ファイナンシャルプランナー協会によると、相談料は1時間当たり5000円~20000円のFPが70%。(※参考:日本FP協会 東京支部)
 

保険相談窓口だと、保険の見直しがファイナンシャルプランナーにお得に無料で相談できる。
 

FP型 保険相談窓口 希望別おすすめランキング

おすすめNo1 保険見直しラボ
おすすめNo2 ほけんのぜんぶ
おすすめNo3 FPのチカラ
 

保険見直しラボ 口コミ評判

FP相談型保険相談どこがいい 口コミ評判ランキング1位

FP相談型 おすすめ人気№1 経験豊富なFPに相談したい方におすすめ
 

~人気ブランド食品ギフトが貰えるプレゼントキャンペーン中~
 

保険相談窓口 名称保険見直しラボ
FPの経験年数平均12.1年以上
相談場所訪問サービス 自宅・ファミレス・カフェなど
希望の場所へ訪問
特徴訪問型代理店で最大級。全国60拠点
おすすめ度星 5 つ★★★★★ 

 

【おすすめのポイント】
口コミ評価の高い、平均12.1年のベテランファイナンシャルプランナーそろいの窓口です。
 

保険見直しラボはどんな所?

訪問対象地域が広い
 

自宅・ファミレスやカフェなど、希望の場所で相談できる訪問サービスなので便利。他の訪問型サービスでは、地域に寄り対象エリア外で断られる事もあるが、保険見直しラボは対象範囲が広い。
 

全国約60拠点あり、訪問型保険代理店では最大級。ファイナンシャルプランナーが全国各地の希望の場所へ訪問サービス出来る。
 

それでいて、保険見直しラボのファイイナンシャルプランナーの経験年数は、平均12.1年という実力者ばかり。ファイナンシャルプランナーは、民間保険と公的保険との兼ね合いや、民間保険がどの位使われているか?など、実力者ほど 幅広い知識で対応出来る。
 

その点においても、保険見直しラボは、他保険代理店や他FP紹介サービスの中では一番のベテラン揃いなのは安心。また、
 

◎強引な勧誘は一切しない
◎取扱保険会社数は約30社。他保険代理店と比べてもトップクラス。
◎過度な営業行為等があった場合、イエローカード制あり。担当者さんを変更してもらえる。
 

などなど。不安のないサービス内容がうれしい。
 

相談できる保険は?

幅広い保険について相談可能
 

損害保険のみの相談は対象外だが、生命保険・医療保険・死亡保険・がん保険・個人年金保険・学資保険・女性保険・定期・終身保険と幅広く相談できる。
 

おすすめポイントと相談の受け方

ギフトももらえるお得な窓口
 

ファイナンシャルプランナーさんも経験を積んだ方ばかり。その点とても安心して相談できる。ファイナンシャルプランナーと相談するなら、ここで文句はないと思う。 保険見直しラボは 保険相談プレゼントキャンペーン8社比較【謝礼40点一覧】 にも該当するので、ちょっぴり うれしい窓口でもある。
 

保険相談でもらえるプレゼント
 

出された提案や担当者さんが合わなければ断ります。断っても相談料金は、もちろん無料です。
 

相談するなら、公的保険との兼ね合いも分かるお金のプロに!人生全般じっくり教えてもらいたい!という方に適しているのが「保険見直しラボ」です。

 

押し売り・無理な勧誘の禁止に関する対応

今の時代 窓口も競争ですから、評判が落ちないよう、十分に配慮しているようです。保険会社のいいなりで加入していた昔とは異なり、消費者にとって、安心できる時代になりました。
 

私自身も、かなりの回数の無料保険相談を受けていますが、いままで一度も、無理な提案をされてことはありません。
 

保険見直しラボの対応は下記の通りです。

保険見直しラボ より引用
 

イエローカード制も用意されています
 

保険見直しラボのコンサルタントから 過度な営業行為や失礼な対応があった場合には、イエローカード制が利用できます。コンサルタントの変更が可能です。また保険相談は、保険加入が前提ではありません。保険見直しラボ公式サイトでも下記のとおり記載されていますので、安心して相談できます。
 

Q 相談したら加入しないとダメ?

A 無理に契約をすすめることはありません。
お客さま自身にご納得いただき、ご契約をしていただきたいと考えております。
提案したプランが加入したいと思えるものでなければ、無理に加入する必要はありません。

 

イエローカード制あり
保険見直しラボのコンサルタントはお客さまの立場で保険相談をおこなうよう指導しています。
過度な営業行為や失礼な対応があった場合はお知らせください。コンサルタントの変更を承ります。

 

保険見直しラボ より引用

保険見直しラボ 口コミ評判

たくさんの人におすすめしたい!
お金に関する知識が豊富でなんでも相談でき、悩んでいる時も、ガツガツした営業をされることもなく、じっくりと検討出来てとても安心しました。両親も保険を見直すタイミングが来ていたので、すぐに連絡を取り、相談をお願いしました。

40代男性 自営業

毎月の保険料が1万円も安くなった!
子供の教育資金に夫の万が一の備えは充実させたい。でも保険料の負担は減らしたい。無理な相談かなと思っていたのですが、提案いただいた内容はとても納得できて、しかも保険料まで下がって、相談して大満足でした。

20代女性 主婦

 

30代女性 会社員

保険とはどのような仕組みなのかという初歩から教えていただき、保険に対する不安感がなくなりました。最後まで親身に相談してくれたので、納得のいく保険に加入出来たと思います。

 

保険見直しラボ はこちら
5

保険見直しラボ 

ファイナンシャルプランナー平均勤続年数12.1年。業界一番のベテランぞろい。無理な勧誘なし。見直し相談でプレゼントが貰えるてお得。

相談場所

自宅やカフェなど訪問相談

相談料金

無料

 

ほけんのぜんぶ 口コミ評判

ほけんのぜんぶ 口コミ評判

1. どこにお住まいでも安心の「全国対応」
2. ファイナンシャルプランナーの取得率100%
家計診断コンサルタントや相続診断士など、各専門分野に精通したファイナンシャルプランナー(FP)に相談。
3. 保険相談でプレゼントあり。
4. 個人情報セキュリティ万全
 

上記、オールマイティな窓口を希望の方におすすめ。
 

保険相談窓口 名称ほけんのぜんぶ
相談員はどんな人?年150回の定期研修を受けた、
保険や資産運用などに関するプロフェッショナル。
FP(ファイナンシャルプランナー)をはじめとした
家計診断コンサルタントや相続診断士など、
30種類以上の様々な専門家が在籍。
相談場所自宅や勤務先、カフェや近所の店舗など、
希望の場所への訪問サービス
特徴土曜日・日曜日・祝日を含めた朝から夜まで、
全国49都道府県が相談対応地域。
おすすめ度星 5 つ★★★★★ 

 

【おすすめのポイント】
ほけんのぜんぶでは、コンサルタントに30種類以上の専門資格の取得を推奨しているため、相談時に、各専門分野に精通したコンサルタントに相談できます。通常、他の保険相談窓口ではファインシャルプランナー資格取得率100%という所は見当たりません。
相談員の質やレベルとしては、他の窓口を圧倒するNo1となります。
保険の取り扱いは27社。全国47都道府県対応です(※離島は除く)。

また、保険見直しの相談で、プレゼントが貰えるのもうれしい窓口。プレゼントは「ごっつん防止リュック」「アンパンマン砂場セット」「ゆめぴりか米」「ウェルチ100%果汁ギフトセット」「マネケンワッフルギフトセット」「花王アタックネオ洗剤」の6種類から選べます。
 

ほけんのぜんぶからのプレゼント
 

その他、情報セキュリティ、個人情報、苦情対応における認証を取得しているのも、安心して相談できるおすすめポイントです。
個人情報保護

 

個人情報のセキュリティ対策もバッチリ。家計診断コンサルタントや相続診断士など、各専門分野に精通したファイナンシャルプランナー(FP)に相談できる。プレゼントも貰える。全国対応。大切なポイントが全部そろった、まさしく「ほけんのぜんぶ」。おすすめの保険相談窓口です。
 

ほけんのぜんぶ 勧誘はある?

Q 相談したら加入しないとダメですか?

A無理に契約をすすめることはありません。お客さま自身にご納得いただき、ご契約をしていただきたいと考えております。提案したプランが加入したいと思えるものでなければ、無理に加入する必要はありません。

 

私たち相談者が納得したときに、希望があれば契約できるシステムです。
提案されたプランが加入したいと思えるものでなければ、無理に加入する必要はありません。
 

ファイナンシャルプランナー
資格取得97%
経験豊富な保険コンサルタント

経験豊富なコンサルタントがお伺いしてあなたにベストな保険をご提案します。
保険のプロはお金のプロでもあります。
今後の人生設計やライフステージに合わせた家計のやり繰りやお金にまつわるご相談もお気軽にしていただけます。

強引な勧誘は一切致しません。

 

柔道の井上康生さんがイメージキャラクターの保険相談窓口です。
保険見直し相談でプレゼントが貰える楽しみもある窓口です。

土日祝日や朝でも夜間でも相談可能なのは、とてもうれしい所ですし、他の窓口では見受けられない、ほけんのぜんぶならではの対応時間です。
 

忙しい方でも安心して相談できます。
 

ほけんのぜんぶ はこちら
5

ほけんのぜんぶ

「全国対応」各専門分野の専門家在籍。個人情報セキュリティ万全の窓口。保険相談でプレゼントも貰えるのでお得。 

相談場所

ご希望の場所へ訪問サービス

相談料金

無料

 

FPのチカラ 口コミ評判

FP相談型保険相談どこがいい 口コミ評判ランキング3位

人見知りの方や、保険の見直しは担当者選びから始めたい方におすすめ。
 

保険相談窓口 名称FPのチカラ
相談員はどんな人?全員がファイナンシャルプランナー
相談場所自宅や勤務先、カフェなど希望に応じてくれます。
特徴FPのチカラのサイト上で FPの名前、経歴、写真や
得意な相談分野、アドバイス方針をみながら、
自分に合った希望のFPを選ぶことができる。
それは「FPのチカラ」最大の強み
おすすめ度星 5 つ★★★★★ 

 

【おすすめのポイント】
FPさんを自分で選ぶことが出来る窓口はココだけです。保険の加入や見直しは、担当者選びが重要ですので、とても大きなプラスポイントです。
 

FPのチカラってどんな所?

ニーズに合ったFPを自分で選べる
 

上の項でもファイナンシャルプランナーとの相談事例を挙げたけれど、ファイナンシャルプランナーの保険相談を受ける良さは分かる!でも紹介してもらうのではなくて、「ファイナンシャルプランナーは自分で選びたい!」
 

そんな方に適している、保険のマンモスから生まれた新サービス「FPのチカラ」。
 

FPのチカラは、様々なニーズに合ったファイナンシャルプランナーを簡単に探すことができる国内最大級のサービス。住んでいる地域や相談内容を選ぶだけで、自分に適したFPさんを一覧表示できる。
 

通常、他の窓口はファイナンシャルプランナーは窓口から紹介されるので、どんな人が担当になるかは分からない。その点、FPのチカラは、私たちから指名できるので、申し込みをする時に「どんな方が来るか、会った事が無いと不安」という気持ちも解消できる。人見知りの方にも良いシステム。
 

「FPのチカラ」もファイナンシャルプランナーのレベルが高い。プロフィールや実際に相談した方の声を見ることが出来て、自分から指名できるのは、安心。
 

相談できる保険は?

幅広く様々な保険について相談できる
 

損害保険は対象外だが、医療保険・がん保険・生命保険などなど、各種医療保険を幅広く相談できる。
 

おすすめポイントと相談の受け方

相談前にFPがどんな人か分かるのはココだけ
 

ほかの相談窓口は、窓口担当者も、ファイナンシャルプランナーも既に決まって居て相談決定時に「私が担当です」と連絡が来るもの。当日まで担当者のなまえ程度しか情報が無い事も多々ある。それを思うと「FPのチカラ」は、担当者を自ら選べる とてもありがたい。
 

保険相談・保険の見直しは担当者選びから始めたいと思う方に最適な窓口。まずは自分に合いそうなFPに気楽に相談申込みができる。提案や担当者さんが合わなければ断る。断っても、もちろん相談料金は無料。
 

保険見直しは、何より担当者に左右される。相談するなら、公的保険との兼ね合いも分かるお金のプロに!人生全般じっくり教えてもらいたい!その「大事な担当者選びも自分で!」

 

そう考える方に 対応出来るのが「FPのチカラ」です。
 

申込み時に注意

でも注意点が!「FPのチカラ」は保険マンモスという会社が運営しています。保険マンモスでの通常の無料保険相談はFPが選べません。
 

ところが同じ企業が運営する窓口であるが故、あちこちネットで見ているうちに、うっかり、保険マンモス経由で申し込みしてしまう事があります。私も、誤って申し込んでしまったようです。気付けば「FPのチカラ」で申し込んだつもりが、提携先の他の保険窓口に回されてしまいました。そしてもちろん、担当者を選ぶ機会もありませんでした。
 

保険のマンモスには、いくつか相談方法があります。その中で、ファイナンシャルプランナーを指名できるのは「FPのチカラ」だけ。
 

ご家庭にあったファイナンシャルプランナーを自分で探せるのは、今迄には無かったシステムです。とても画期的です。でもこの「指名制度」で保険見直しの相談を申し込まないと、ファイナンシャルプランナーの相談は受けられません。
 

ファイナンシャルプランナーを自分で選んで相談できるのは「FPのチカラ」です。とても良いシステムなので、間違って申し込んだらもったいないです。お気を付けて下さいね。
 

FPのチカラ 勧誘される?

自分で選んだファインシャルプランナーであっても、変更可能です。
 

ファイナンシャルプランナーが希望の場所に訪問相談してくれるサービスです。そのような保険相談窓口は多数ありますが、FPを自分で選ぶことが出来るのは、このFPのチカラだけです。
 

自分で選んだFPから勧誘されることはあるか?という心配もあるかもしれません。しかしそのような事に対しても、対応されているので 安心して相談できます。
 

Q:営業されることはありませんか。

A:保険相談は営業が目的ではありません。そのようなことがないよう徹底しています。
もしあった場合にはFPを変更することもできます。FPは「お客様と一緒に最適な保険を見つけること」を目的としています。いわば、お客様のパートナーの役割です。

強引に話を進めることやしつこい営業行為がないようFPは自覚をもってお客様と接しています。しかし、万が一そのように感じられた場合はお知らせください。FPの変更も承っております。

※相談したからといって契約の義務はありませんのでご安心ください。

 

FPのチカラ はこちら
5

FPのチカラ

保険相談するファイナンシャルプランナーを自分で選ぶことが出来る。担当者を自分で決めることが出来るのはココだけ。

相談場所

ご希望の場所へ訪問サービス

相談料金

無料

 

特徴のある保険相談窓口 おすすめどこがいい?

強みのある窓口 特化したシステムを持つ窓口もある
 

保険相談窓口では、各窓口に特徴があります。相談する私たちの状況に応じて、窓口がどこがいいのか?はそれぞれ異なることと思います。そこでそれぞれ個性のあるおすすめ3つの窓口を選びまとめています。
 

保険見直しセカンドオピニオン相談を受けたい!保険無料相談.COM
自分に合う保険診断 データで比較したい!保険クリニック
自然災害など損害保険の相談したい!保険見直し本舗

 

保険無料相談.COM

セカンドオピニオン相談+プレゼントももらえるのが おすすめ
 

おすすめ度5 ★★★★★
 

無料保険相談.COM プレゼントキャンペーン
 

保険相談窓口 名称無料保険相談.COM
おすすめ&人気のポイント生活状況や家族構成などに応じて
必要で無駄のない保障を提案。
保険相談で10種類から選べる有名ブランドスイーツや
ドリンクなどプレゼント。
他の窓口で提案された保険のセカンドオピニオン相談も可
相談場所自宅ほか、どこでもご希望の場所へ訪問サービス
おすすめ度星 5 つ ★★★★★ 

 

【おすすめのポイント】

保険相談の提案は、担当者により異なるので、複数の担当者の意見を聞きたいところ。そこで通常は、いくつかの保険相談窓口で提案を貰い、自分で再検討する必要がある。けれど「保険無料相談.COM」の窓口は、他の窓口で提案された保険の内容が本当に必要なのか?というセカンドオピニオンを貰うこともできる。セカンドオピニオンとしての相談を受けますよ、と明示している窓口は、ここだけかと思う。

保険相談でもらえる選べるプレゼントは、人気の有名商品ばかり 10点から。
 

保険相談は、保険加入が前提ではなく、強引な勧誘は無し。希望があれば、保険の契約は可能です。
 

保険相談後、保険に加入しなければいけない?

強引な勧誘は無し。希望があれば、保険の契約は可能。保険相談は、保険加入が前提ではありません。保険無料相談.COM公式サイトでも、勧誘に関して下記のとおり記載されています。
 

 ご相談の中でおすすめできる保険商品があればもちろん提案は行いますが、契約の強要などは一切 いたしませんのでご安心ください。
もしも、訪問した担当者から執拗な勧誘を受けた、契約を強制されたということがございましたらご連絡をください。
案内の終了や担当者の変更など、即座に対応をさせていただきます。
フォーム:こちらからご連絡ください
お電話で:0120-987-604(通話料無料)

 

不安になる勧誘、不満足な勧誘があった場合は即座に対応いたします

無理な勧誘はいたしませんが、もし万が一、不安を感じる勧誘や、不満足な勧誘行為があった場合はすぐにご連絡ください。案内の終了・担当の変更など、即座に対応いたします。

 

他社で相談した保険の見直し相談のセカンドオピニオンを始め家計の改善やライフプランに関してなど幅広く相談できるのが嬉しい「ほけんのぜんぶ」です。
 

無料保険相談.COM
5

無料保険相談.COM

他社で相談した保険の見直し相談のセカンドオピニオンも出来るのはありがたい。保険見直しは複数社で見積もりを取りたいものなので、ぜひ相談の際には利用したい窓口です。

相談場所

自宅ほか 希望の場所を指定できる

相談料金

無料

 

おすすめの窓口は 保険無料相談.com
 

保険クリニック

保険診断データをデータで確認 保険IQ診断がおすすめ
 

保険診断データで確認!目で見て比較したい!保険のIQ診断をしてくれるのが 保険クリニックです。
 

おすすめ度5 ★★★★★
 

保険相談窓口のおすすめ 保険クリニック
 

【おすすめのポイント】
保険クリニックには、加入中の保険商品を分析、また、複数社の保険商品の中からシステムが私たちの希望にあった保険商品を、視覚的に選び、比べることまで出来る保険診断システム『保険IQシステム』があります。
 

単に自分に適した保険を提案してもらうだけでなく、あの保険とこの保険と どちらが良い?というような時に、保険IQシステムを相談員さんにお願いできます。
 

※当然ながら、比較対象の保険がない場合には、保険診断IQシステムを利用する機会はありませんので(← 私、それでした)複数の保険を提案してもらうことで、保険クリニックの強みであるIQシステムを積極的に利用できます。
 

ファイナンシャルプランナーからの説明だけでは不安な方、保険選びは診断データを目で見て、しっかり確認、比較したい方におすすめです。
 

保険クリニック 勧誘はある?

無理に すすめられることはありません
 

保険クリニックのQ&Aでは、下記の言葉が繰り返し出てきます。
 

1.すでに加入中の保険が最適であれば、その旨説明。現在の保険の継続をすすめる。
2.現在加入中の保険を分析。申し込みについては相談者が判断できる。
 

Q 店舗相談に行ったら、必ず新しい保険に入らないといけないのですか?

A いいえ。そのようなことは一切ありません。私たちは客観的な立場から最適な保険を判断いたしますので、すでに加入されている保険がお客様にとって最適であれば、そのようにご説明し、保険の継続をおすすめすることもあります。お気軽にご相談ください。

 

Q 加入している保険を分析してもらうだけでも大丈夫ですか?

A はい、問題ありません。保険クリニックの保険分析サービスでは、
ご加入されている保険がどのような内容かご理解いただくことに努めております。
ご加入中のプランの継続が望ましい場合には、そのようにお話しさせていただいております。
無理な保険の勧誘は一切ございませんのでご安心ください。

 

Q 相談した後、しつこく営業されませんか?

A いいえ、そのようなことは一切ございません。
お申込みされるかどうかは全てお客さまが判断できるようになっています。
また、すでに加入されている保険がお客様にとって最適であれば、そのようにご説明し、継続することをおすすめすることもあります。
安心してご相談ください。

 

口コミ

20代 女性

何も分からなかったので色んなことを質問しましたが、全て的確にこたえてくださって、保険のこと以外にもお金の運用の仕方など、多岐にわたって教えて頂き、大変満足しております。

また子どもができたり、マイホームを購入した際は、改めて保険クリニックを利用させていただきたいと思います。

口コミ

40代 家族

とても丁寧に説明をして頂きました。分かりやすい言葉、資料を使って頂き、聞きやすかったです。

見直すタイミングだったので、とてもよい機会となりました。

いくつかの保険会社を紹介頂きましたが、一覧にして説明して頂けるので、比較しやすかったです。

 

 

保険クリニックはこちら
5

保険クリニック

相談場所は「店舗・訪問」どちらも選べるのが便利。各種保険商品の比較に、便利で分かりやすい、独自開発の『保険IQシステム』があります。

相談場所

来店・訪問 どちらも選択可能

相談料金

無料

 

結婚前後の保険相談

結婚前後の保険相談は結婚専門のゼクシィがおすすめ


 

結婚前後に特化した保険相談窓口です。結婚情報雑誌ゼクシィを発行するリクルート社が運営する保険相談窓口なので、信頼度も抜群。
 

新婚さんのためのマネーセミナーなども開催されています。
 

結婚前後のカップルを沢山見てきたゼクシィならではの提案ももらえますので、該当する方は この窓口がおすすめです。
 

おすすめ度5 ★★★★★
 

保険相談窓口 名称ゼクシィ保険ショップ
相談員はどんな人?ゼクシィの厳しい研修を受けた、ファイナンシャルアドバイザー
相談場所全国にあるゼクシィなびカウンターのうち、
保険を取り扱っているカウンターにて相談が可能。
特徴ゼクシィを発行する株式会社リクルートの
100%出資の子会社が運営

 

【おすすめのポイント】
いわずと知れた あのリクルートから発行されている結婚情報誌 ゼクシィ。リクルートから生まれたゼクシィ保険ショップは、結婚前後に特化した保険相談窓口です。
 

相談スタッフは保険の販売手数料を知らされていません。なので、最近マスコミでよく聞かれる「販売員にとって手数料の良い保険を押し売りされる」というような事は起こりません。結婚前後の保険に不安を持つ世代、相談する私たちにとって最適の保険を提案してもらえるのが、ゼクシィ保険ショップです。
 

参考:子供さんの教育費について

高校まで公立に通い学費を抑えたとしても、大学は私立大学に通うことになるお子さんがほとんどです。大学の学費の平均は下記の通りとなります。
 

国立受験やセンター受験もしながら私立大学へ入学として考えた場合の必要額です。
 

受験料:国立1校+私立4校程度 =合計 20万円程度。

初年度納付金:入学金も合わせて 私立文系の場合 130万程度。

次年度以降の年間授業料:文系の学費は、70万円程度。
私立理系年間授業料 130万円程度。

自宅通学か一人暮らしを始めるかなどによっても、費用は大きく変わりますが、学費の一般的な総額は、文系400万 理系700万程度と言われています。
 

ゼクシィ保険ショップ しつこい勧誘はある?

Q:相談に行ったら保険に入らなければいけませんか?

A:そのようなことはありません。
相談だけでも大歓迎。お気軽にお越しください。

 

Q:押し売りされないか心配です

A:ご安心ください。ゼクシィ保険ショップは、何よりもふたりのことを第一に考えてご提案できるよう、スタッフの契約数にノルマがありません。勧誘も押し売りも一切ないので、お気軽にご相談ください

 

ゼクシィ保険ショップ
5

ゼクシィ保険ショップ

結婚前後に特化した保険相談ショップはここだけです。あの結婚情報雑誌ゼクシィを発行しているリクルート社の保険相談窓口です。

相談場所

全国のゼクシィカウンター

相談料金

無料

 

学資保険専門の保険相談

学資保険の相談なら、学資保険に特化した無料相談サイトもあります。
ほけんガーデン「プレミア」です。
 

おすすめ度5 ★★★★★
 

保険相談窓口 名称ほけんガーデン プレミア
相談員はどんな人?学資保険アドバイザーは、各種教育費に関する知識があり、人柄と知識、経験で厳選されたファイナンシャルプランナー
相談場所自宅や自宅近くの喫茶店、プランナーの事務所など希望の場所
特徴学資保険に特化した保険相談窓口

 

数ある保険相談窓口ですが、学資保険専門の相談サイトは、ほけんガーデン「プレミア」だけになります。
 

ほけんガーデンプレミアの学資保険アドバイザーは、教育費に関する豊富な知識をもとに、教育費にいくら、いつ必要になるのか?などに答えてもらえます。そのうえで、どんな学資保険があるのか?など、10社以上の取り扱い保険会社の中から、より良い提案をして貰えます。
 

学資保険専門の無料相談サイト ほけんガーデン「プレミア」
 

その他 保険相談時の 参考に

保険商品の資料請求をしたい

断ったほうが良い窓口は?実例
 

保険資料請求なら 価格.COM

まずは資料請求したい方へおすすめ
 

おすすめ度5 ★★★★★ 
 

【おすすめのポイント】
保険相談に行くのは、ちょっと苦手・・でも最新の保険商品や、加入中の保険見直しには興味がある。そんな時には、資料請求してみるのもお勧めです。
 

保険資料請求は、月間利用者4,465万人の国内No.1比較 有名サイト「価格.com」でもできます。生命保険・医療保険から自動車保険、火災保険まで、幅広い種類の保険を『比較・見積もり』できて便利です。詳しくは下記、

価格比較の超巨大サイトの保険見直し資料請求「価格.COM」

 からどうぞ。
 

【参考】
人気の保険ランキング【保険比較サイト 価格.com 保険】
 

保険の資料請求 口コミ体験談

保険の一括資料請求の体験談は下記で記事にしています。一括で沢山資料請求すると大変なことになります。我が失敗談をもとに、保険資料請求の仕方のお話をしています。

保険の一括資料請求をしてみた。勧誘はうるさい?しつこい?体験談
 

断ったほうが良い保険相談窓口 口コミ

避けた方が良い保険相談窓口はこんな所
 

おすすめ度0 ☆☆☆☆☆ 
 

名前は出しませんが、ネット上で申し込める某保険相談だけ相談前に断りました。その理由は、

・申し込み時のWEB上での確認がとても細かすぎる気がする。相談前「必ず保険加入しそうな人」をフルイにかけている感じがした。

・新規加入する意思のある人限定!とWEB内、メール内で 何度も記載。その為、気軽には相談しづらい。

・申し込み日の決定にあたっては、メールが届いてから1日以内に希望日程を返信するように指示。それが出来ないなら、返信できない旨を同じく1日以内に忘れずに連絡する様になど細かい。

・メールでの言葉遣いが上から目線。

 

という所だったから。ちょっと怖い位でした。
 

ネットで探すと、やはりそこの窓口への悪い口コミを見つけました。けれど、保険相談窓口を紹介する巷のサイト等では、意外と悪評は書かれないまま紹介されている事も多いです。
 

もちろん、特定の窓口の悪口を書く事は、誰でも気持ちの良いものでも無いし、私も避けたいですが、評判の悪い相談窓口は紹介もしたくありません。このページでは掲載も避けています。
 

保険相談窓口にも、そんな所も中にはあります。見直しの相談をしようとした時、上記に書いたような対応をする窓口だったら、きっと私も避けた所です(;´・ω・)
 

相談は断ってしまったほうが良いと思いますよ。
 

保険見直しと保険相談の注意点 まとめ

保険商品は、世の中に数え切れないほど販売されています。なので当然、私たちがすべての保険商品の良し悪しを知ることは難しいもの。保険を理解して、自分に合った保険商品を、いくつか選び出すことは、残念ながら困難です。
 

そこで、保険の見直しや新規加入の際には、保険相談する窓口はどこがいいのか?おすすめなのか?にまず悩みます。なにを購入する時でも、まずは専門家の意見を聞いてからの方が、上手に買い物できますよね。家を買う時だって、電化製品を買う時だって。保険も同じです。なので、担当者選びは、とても重要です。
 

私たちは専門家ではないので、保険の選び方が分からないのは、全く恥ずかしい事ではありません。私も最初は、何一つわからず、全部教えてもらいました。
 

ただ、何も分からないからこそ、騙されては困ります。保険相談窓口にも、いろいろな担当者がいます。なので保険の見直しや新規加入の際には、まずは複数のの専門家に見直し案・加入案をもらい、それから比較検討してみたいものです。その時に気軽に利用できるのが保険の相談窓口です。
 

見直しを決定する前に、まずは色々な、複数の保険相談担当者に出会ってみましょう。
 

例えば2つの窓口に相談に行ったとしても、保険の提案の仕方や見直しの内容が驚くほど異なることに気が付かれると思います。比較して初めて見えてくるものがあります。そのうえ、複数の意見を聞いているうちに、自分で保険を選ぶ力も付いてきます。
 

どんなお仕事でもそうですが、担当者さん次第です。誠実な人もいれば、自分優先の人がいます。仕事の出来る人もいれば、そうでない人もいます。
 

保険相談窓口にも良い人は居ますし、ファイナンシャルプランナーだからといって100%信じられるか?とも残念ながら言いきれません。
 

たった一回行った保険相談の窓口で、出会った担当さんの見直しの提案内容に今後の人生を託すのはリスクがあります
 

保険は人生における住宅の次に大きな買い物です。30歳ころから65歳まで保険をかけ続けると、保険料は 総額1200万円弱になることもあります。住宅を購入する際には、いくつも見て回ります。車を購入するときも、気に入る車をを探し回ります。毎日のお野菜だって、少しでも安い所で購入します。
 

なのになぜか保険を購入する際には、目の前の担当者の一声、一提案で決めてしまうことが多々あります。それって本来は、とても危険なこと。けれど私たちは保険商品や保険が難しいと思いがちな故、何故か目の前の担当者さんの意見を全てと思いがちで、加入してしまう事が多いです。それが保険の購入なんですよね
 

複数の担当者さんの提案を聞いてみると、きっと驚くほど、人に寄って勧めてくる保険が異なると思います。私達が保険見直しをする際は、2人以上の担当者の意見を聞き、見直しの提案を比較したい。そして、その中に1級や2級のファイナンシャルプランナーの提案は入れてみたいですね。
 

繰り返しになりますが、保険見直しの提案内容は、担当者に寄り提案内容は異なります。昔は一人の保険やさんのおすすめをそのまま信じ、加入していた時代がありましたが、今は、担当者も保険も選べる時代です。
 

各保険相談窓口が無料で相談を受け付けていますので、複数の窓口で保険の提案や見積りをもらい、それらを比較してみて、自分の考えに合った担当者、提案が納得できるものを見つけたいですね。
 

保険の見直し まずは予約・体験してみる

保険見直し

我が家も、この数年に、複数回の保険相談を受けていますが、普通は保険相談って、無理矢理勧誘されないか・・とか不安があったり、どこがいいのか選び方に悩む事ありますよね。でもそんな気持ちになったのも、最初の一回だけ。
 

初めて保険の見直しを予約し、プロの元へ伺った時には「目からウロコ」。保険に疎い夫婦でしたので、不要な保障が沢山付いていて、必要以上の高額支払いだったことに衝撃を受けました。
 

そして一度保険相談に行ったら、無駄な保障を省き、保険料を下げる、という「自分のお金が守れる感動」を覚え、今では、不安や相談したいことが出来た時には、すぐ相談予約しています。
 

毎月自動的に引き落とされる保険料は、手間がかかる訳でも無く、かえって見直しの手間の方が面倒くさく感じてしまい、どうも腰が重くなります。でも、保険料はお誕生日が来るごとに支払いが増える保険がほとんどです。
 

不要な支出を下げ、損しない保険加入の為に、そして老後資金を貯める為にも、思い立った時に保険の相談の予約、若しくは相談に行き、本当に良かったと思っています。
 

まずは一か所 保険相談に行ってみる。そこで詳しいことが分かっても分からなくても、他の窓口でも再度 相談してみる。相談回数をこなすうちに、保険窓口の選び方も、保険商品の選び方も分かるようになってきますよ。
 

良い保険相談担当者に出会うために

私自身が、今までの8社の保険相談の経験から感じた事ですが、これからの時代は、起業している人が税理士さんを付けるのと同じように、一家に1人、信頼できるファイナンシャルプランナーが必要な時代になるかもしれないと。
 

勿論、人間ですから相性もあると思います。なので、私が相談したプランナーさんも言っていました。
 

「私が気に入って頂けたら、末永くお付き合いさせていただきますし、これも相性ですから、合わなければ、私を通さなくても保険会社とやりとりしても全く問題はないんですよ」。
 

保険相談はどこがいいのか?窓口での相談を体験していく中で、相性の良い担当者との出会いが必要で、それがきっと人生の資産を大きく変えていくのだと思います。

保険相談
 

保険は安心料の時代では無くなりました。保険に弱かった私が一歩踏み出せ、これほど老後資金に関して興味を持てたのも、まずは見直しの為に窓口を予約したことからです。
 

私が保険のイロハを覚えたのは、来店型の保険相談窓口でした。「おばちゃん また来たよ~」と何度も通い、保険の選び方について教えてもらいました。また、その後のファイナンシャルプランナー相談で、信頼できるFPに出会えたお蔭です。
 

保険相談の窓口はどこがいいか?おすすめの自分に合った窓口や担当者さんを探す中で、きっとどこかの窓口で、必ず相性の合う担当者さんとの出会いがあると思います。色々な窓口を比較してみるのが大事です。保険を見直す事で、早ければ来月から保険料の支払いは安くなり、保障は手厚くなります。
 

あなたを助けてくれる担当者さんも、きっとそばにいますよ。
 

店舗で保険相談したい方に

お金の専門家と保険相談したい方に

結婚前後の保険相談をしたい方に

特徴のある窓口で保険相談したい方に

保険相談プレゼントキャンペーン
 

保険見直し相談方法 Q&A

以下、保険の見直しと保険相談方法に関するQ&Aです。
 

1. Q:保険で検討する必要がある保障は?
2. Q:保険相談はなぜ無料?
3. Q:保険の見直しはなぜ必要?
4. Q:保険見直しの時期は?
5. Q:保険相談はどんな感じで行われる?
6. Q:来店型の保険無料相談に予約は必要?
7. Q:無料保険相談の利用法 上手な見直し方は?
8. Q:保険相談の持ち物は?
9. Q:保険に加入しないといけない?

 

Q:保険で検討する必要がある保障は?

:私たちが検討したい保険は、下記の8つです。
 

その1 死亡保険金
※ 遺族年金・遺族厚生年金を考えて設定。
 

その2 収入保険
毎月受け取れる収入保障が、必要か不必要か?
 

その3 死亡時の整理資金
お葬式などの費用:貯蓄や死亡保険金で賄えれば不必要。
 

その4 病気にかかった時の医療保険
・ガン保険は加入するか?
・三大疾病の特約は付けるか?
 

その5 子供さんの学資保険
子供さんの希望、貯蓄額と教育費総計をもとに、検討。
 

その6 介護保険
要不要の別を検討
 

その7 老後を見据えた個人年金
要不要の別を検討
 

その8 災害などの備え 損害保険
要不要の別を検討
 

細かな話になってきますが、心配はいりませんよ。上記をざっくりと把握しておくだけで大丈夫です。自分一人では、なかなか上手に保証を付けることが難しいので、保険相談の窓口には保険の専門家がいます。教えてもらいながら、生命保険の見直しや加入を検討することが出来ますよ。
 

Q:保険相談はなぜ無料?

A:保険は一度加入すると、見直しなどをするのはとっても面倒臭いものです。なので、見直しをする必要があっても、見直さないままの人が沢山います。
 

保険屋さんとしては、一歩踏み出してもらい、自分の所の保険を紹介する機会は必要です。幅広い人に保険の紹介が出来れば、良い保険商品や保険相談窓口は口コミで広がります。
 

保険相談窓口は、商品の広告場所=TVCMのような場所でもあります。
 

今の時代は、強引に勧誘なんかしたら、ネットで騒がれて会社潰れてしまいますので、評判の悪い担当者やファイナンシャルプランナーは紹介しないシステムを取っている窓口が殆どです。
 

Q:保険の見直しはなぜ必要?

保険見直し相談の注意点とおすすめ窓口の選び方

毎月何年もの間、当然の様に支払い続ける保険料は、実はもの凄く高い支出となるお買い物。そのため相談窓口選びには悩むものです。例えば保険やさんにおすすめされる事の多い 更新型の保険に入っていると、保険料は更新ごとにどんどんと高くなる事にお気付きでしょうか。
 

もしも加入されている保険料の総額が不明なようでしたら、保険見直しをしておく必要があります
 

例えば旦那様が20000円弱、奥さまが8000円を30代の頃から毎月10年更新型で支払いをしたら・・。最初の頃は月1万円台だったとしても、60歳を過ぎてくると生命保険料は月5万円を超え、下記 総額1200万という 高額な出費に!
 

30~40歳 16000円 ×12か月×10年=192万円
40~50歳 21000円 ×12か月×10年=252万円
50~60歳 34000円 ×12か月×10年=408万円
60~65歳 50000円 ×12か月× 5年=300万円

30歳頃から65歳まで保険をかけ続けると「総額1200万円弱」!

(参考:保険のマンモス 得する家計&保険 はじめてガイドより)
 

それが旦那様の分。奥さまの分も足すと、二人で2000万円程の手痛い出費総額。家が一軒、買えてしまう額です。
 

そこで必要な保障を再検討する為には、生活スタイルが変わるごとなど 保険の見直しが必要です。
 

また、保険は日々、条件の良い新しい商品が発売されています。電化製品が古い商品よりも新しい商品の方が消費電力が少ないように、時代に即した商品が続々登場しています。
 

保険の見直しをしないで居ると、いざ保険金が降りる際に「使えない保険」になって居る可能性もあります。
 

Q:保険見直しの時期は?

A:人生において、住宅を購入したり、結婚したり、子供が生まれたり、子供が独立したり、病気をしたりなど等、節目節目で必要な保障と、必要のなくなる保障があります。下記のような時は保険料が安くなるおすすめのタイミングです。
 

例として)

1)結婚した時
2)子供の誕生や進学・成長・自立
3)住宅ローンを組んだ
(※住宅ローンと共に組む保険で保障が重複する可能性があります)
4)子供の独立 (※高額な死亡保障を減らせる時期です)
5)独立・起業した
6)定年退職した
7)保険の支払いが負担・家計費の節約をしたい!
8)離婚や死別・親を扶養に入れるなど家族構成の変化!
9)就職した!
10)住宅を売却した!
11)収入が下がった!
12)保険の契約更新時がきた!
13)現在 加入中の保険の内容が良く分かっていない !
14)1社のみの保険に加入している!
15)自分や家族の体調関連の変化!

など。

過不足なく保証を付けるために保険の見直しは必要です。
特に個人賠償保険等は、知らずに重複してかけている方が多いです。

この時期に保険を見直すのはおすすめですし、大切です。保険料は安くなり、家計費の節約になります。
 

医療保険料が高い
 

民間の医療保険料、生命保険の見直しするべきおすすめの時期は?
 

人生において保険料を見直すべき時期、保険料が安くなる時期は、思いのほか沢山あります。保険見直しは、特に、

安くなる保険の見直し 時期と内容の確認

例えば、我が家が一番最初に保険の見直しをしたのは、保険料を安くする為「節約のため」でした。
 

我が家の場合は見直しをして、こんなに沢山の気づかぬ保険加入がありました。あなたの保険加入については、いかがでしょうか?

保険見直し15のタイミング

 

1)自動車保険は、一度も事故を起こしたことがないにも関わらず、 勧められるままに、かなり高額な保険に加入していました。
 

2)生命保険は、我が家にとっては、全く「不必要な特約」が、 保険やさんが勝手に組んだ保険の中に、沢山付いていました。
 

3)保険の重複がありました。
 

4)子供たちが大きくなってきていたので、 死亡保障は加入したころよりも減額してよい時期にも関わらず、考えられないほどの高額保障を付けていました。
 

5)公的保険で賄えるはずの補償に加入していました。
 

6)そのまま継続して保険料を払い続けたら、老後には確実に払いきれない高額になる保険に加入していました。
 

7)個人年金保険も、効果のない入り方をしていました。
 

8)条件の良い保険が新たに発売されていたことを知りました。

 

保険のからくりや、保険やさんの営業術で、けむに巻かれていた保険の存在にはショックでしたが、先方さんも商売です。素人が丸腰で、保険に加入しては、太刀打ち出来ません。誰の身にも起こっている「注意すべき点」だと思います。
 

保険料が高い。見直しでいくら安くなる?

それまで保険やさんの言うがままに保険加入していた我が家も、保険外交員を通さず、保険会社の本社に直接電話質問したり、保険の無料相談を受けたり、自分主導で、見直しをしました。
 

すると、何年かに一度、戻ってくる「お祝い金」としての返戻金と(※そういう保険に加入していました)差し引きして、少なくとも年間4万は下がりました。純粋に保険料だけで比べたら、なんと年8万程度も下がりました。
 

保険料の見直しで月額1万円以上安くなった人の話も良く聞きます。見直しをして下がったその額は人それぞれと思いますが、月額7000円下がった人の場合には、5年で保険料40万超えの節約です。月額一万円安くなれば、5年で60万円安くなります。
 

一度、今の保険料の無駄を見直し、補償そのまま、若しくはもっと良い保障を付けながら保険料をお安くすれば、あとはずっと 楽ちん節約になります。
 

保険外交員さんのおススメ商品は大丈夫?

また、保険商品は年々、進歩しています。使わなかった保険料、全額が戻ってくるタイプなど、10年前には無かった 好待遇の保険も続々登場しています。
 

節約グッズや電化製品等のお得な情報はキャッチしても、保険のお得情報になると、アンテナが鈍るものかもしれません。残念ながら、加入会社の保険外交員さんからの情報だけに頼っていると、そういう「お得な良い保険」に気付く事ができません。
 

何故なら、保険やさんが勧めてくる商品は、「保険やさんにとって良い商品」。「保険やさんの利益があがる保険商品」だから。 
 

私たち保険の加入者にとって「良い保険」は、保険やさんのおススメではなくて、他の商品という事が多々あります。
 

その事については、金融庁も警鐘を鳴らしていて、NHKクローズアップ現代でも特集が組まれていました。下記では、放送された内容を記事にしています。

関連記事 生命保険 悪質な勧誘手口【金融庁も警告】押し売りの口コミ
 

保険料の見直しをしないままでいると、いざ保険金を請求しようとしたとき、箸にも棒にも かからないような古い保険に加入し続けていた・・ となる事も多いです。←うちの父母。
 

時期を見て保険料の見直しをし、不必要な保険は削除し、必要な保障を増やし、上手に保険に加入していく必要があります。
 

勧められる保険は大丈夫?余談ですが。。

最近発売された、某保険会社の、某保険商品は、ネット上でもどこでも大変評判が良いですが。実は従業員の家族は加入できないそうです。その理由は、加入する人に取っては良い保険でも、保険会社にとって割にあわない保険商品だから。
 

では何故、従業員の家族以外に、そんなに良い保険を売るのか?
 

私は、数年後、私たちにとって良い、この保険を「転換」(=下取りしてさらに高額保険商品を加入させること)これを保険会社はするつもりなのでは?と思っています。現在の、率の良い保険の販売は、お得な商品で人を集め、後にその顧客に高い商品を売る(保険の転換をさせる)「種まき」なんじゃないかと・・。
 

言うなれば、商売の際の「将来高額商品を、買いそうな人の顧客リストあつめ」。ネットで言えば、「注文しそうな人のメールアドレスの収集作業」だったんじゃないかと思っています。勝手な憶測かもしれませんが。
 

だから、事情を知って居る「保険会社の社員とその家族」だと、転換せずに、ずっとその率の良い保険に加入する可能性がある。それをやられてしまうと、保険会社は割にあわない。そんな理由で、今回、自社の社員に加入させていないんではないかと。
 

間違いだったら保険会社に申し訳ないと思いますけれど。いずれにしても、自社の商品を「自社の社員とその家族に売らない」なんて怪しすぎるじゃないですか。。
 

現在加入中の保険会社で、保険を見直ししようとすると、こういう罠がある可能性があります。保険の転換の罠は、みな知らぬうちに、引っかかって居ます。というのも、保険会社は転換をさせるときに、ほぼ説明をしてくれません。
 

私たちは高額商品を買わされているどころか、保険料が下がった・・と思いこんで居るからです。そう見せかけるのが「保険の転換」です。
 

※すみません。我が家は、この罠で、とっても悔しい思いをしたので、この件になると熱く語ってしまいます。
 

なので、ここに来て頂いた方にお勧めしたいのは、
 

とりあえず、まずはどこか一か所、現在の保険会社以外で 見直しをした方が良いかと。その為に相談できる所としては、保険相談窓口に行ってみると参考になるのではないかと。無料ですし、勉強になりますし、相談に行って見直し提案を出してもらったとしても、当然家に持ち帰って検討するものですし。
 

私は保険相談にたくさん行った「保険相談おたく」ですが、やっぱり「知らない」「情報を持って居ない」というのが何より損してしまいます。騙されてしまいます。保険は古くなれば加入内容が時代に合わなくなります。
 

それを避けるためにも、定期的に保険相談窓口に行って情報を得てくる事は、とっても大切な事だと思います。
 

医療保険料 無駄な支払いの見直し方

私たち日本人は、「国民健康保険」というかなり高い保険料を払っているので、実は充分な保障をすでに確保しています。
 

その為、民間保険は、それに足りないと感じる部分のみの加入で大丈夫な筈です。人に寄っては国民健康保険だけで足りる人もいるかもしれません。
 

支払い続けてきた十分すぎるほどの保険料に対し、保険金として受け取った額は、とても少ないのではないでしょうか?
 

もうこれ以上、厳しい支払いが続かないよう、民間の保険の加入に関しては、決して騙されず、自分や家庭に合った保険に上手に加入する。そのために保険の見直しをする必要があります。
 

保険相談に行くときの心構え

保険の見直しをする際には、ファイナンシャルプランナー等の専門家に相談したり、近所の保険相談窓口に行くと、色々教えて貰えます。
 

ただ、どんな業界でもそうですが、相談する会社に寄り、相談者に寄り、結果は異なります。専門家なら誰でも大丈夫!と思ってしまう事は禁物です。
 

必要な保険は、ご家庭の状況に寄って変わります。目の前の保険担当者さんに対する質問と、心構えを変えて、自分カスタマイズの保険を作ることをおすすめします。
 

何の為に保険相談に行くのか?

何の為に保険相談に行くのか?それは無駄な保険を省く為、保険について勉強する為、です。保険を見直しに行くとか、保険に加入するとか、そういう事は、まずは頭から抜いて「保険料を下げる!保険を覚える!」その2点の為に保険相談に行くんだと、強く心に決めてください。
 

でないと、勧められるがままに、なんとな~く「良い保険があったような気がして」気が付けばお得なのかどうか分からない保険に加入してしまいます。
 

保険は、嫌な言い方になりますが、「保険の事を分かって居ない人」がターゲットにされる商品だとも言われます。
 

真面目な保険外交員さんも勿論いらっしゃいますが、金融庁が警鐘を鳴らすように、自分の利益優先で売る人もいますし、会社が「この商品を売るように」と指示を出して居ることもあります。
 

その会社が売りたい保険商品が、私達それぞれの家庭にとって必要なものかどうか?とは、関係ありません。
 

保険はそれぞれのご家庭の状況に寄り、必要なものは異なります。本来、私達は自分の家庭にアレンジした保険を購入しなければなりません。
 

なので保険の見直しの為に相談に行くときには、保険やさんに保険の見直しをお願いするというよりも、「わからない点を教えてもらう為だけ」に行く。その気持ちで相談に行きます。
 

保険見直しで知っておきたい知識

私たちは、民間保険に加入しなくても、国民健康保険に加入しています。、国の公的保険が使えています。
 

なので、民間保険には、公的保険で足りない部分に加入します。全てを民間保険で賄おうとしなくて大丈夫です。そこでまず 下記は知っておきたい事です。
 

保険の見直しで民間保険料を安く出来る 国の公的保険

個人の医療費を大きくカバーできる公的保険には、下記のようなものがあります。

高額な医療費がかかった時には、  高額療養費制度 
介護が必要になった時には、    介護保険
病気などで働けなくなった時には、 傷病手当金
一家の大黒柱が無くなった時には、 遺族年金
障害を負った場合には、障害者年金 

 

この公的保険の存在を知って居るだけでも、無駄な民間保険に入らずに済みます。
 

公的保険の質問による保険外交員・ファイナンシャルプランナーの選び方

 

公的保険の質問をする

そこで、保険相談にて保険の提案をされたときには、まずは、公的保険について担当者に聞いてみます。質問の仕方が分からなかったら、
 

「公的保険では、いくら位まで保障されるものですか?」という感じで良いと思います。
 

「公的保険について教えてください」というスタンスで質問をした時、もしも公的保険について、はぐらかすような窓口担当者だったら、若しくは、公的保険について説明できない担当者だったら・・。
 

その人は、会社(担当者)がお勧めの保険を販売するだけで、あなたのご家庭にとって必要な保険を教えてくれていないかもしれません。
 

公的保険について丁寧に説明してくれ、民間保険との兼ね合いを考えてくれたら、その担当者さんは、まずは第一段階はクリアと思われます。
 

民間保険に加入するのに、そして保障を付けるのに、その額や内容を決めるにあたり、公的保険の存在は見て見ぬふりは出来ません。なので公的保険について積極的に教えてくれる担当者さんは、良い人と思います。
 

Q.安くなる保険見直し相談の方法を一言で言うと?

A.
1.公的保険の存在を知る。
2.補償額を自分で決める
3.不要な保障・重複保障を解約し保険料を下げる
4.他に必要な保険はあるか?を検討する
 

まずは何となくでもいいので、その4点を頭に入れながら2~3か所の保険相談窓口に、相談に行ってみます。最初から上手に相談ができなくても大丈夫です。運動前のウォーミングUPのつもりで、まず一か所、どこかお近くの相談窓口に出かけながら、保険の知識を吸収したり、保険相談の受け方に慣れてみます。それで大丈夫です。焦って保険に加入しても節約にはなりません。
 

先にも触れましたが、同じ内容で相談してみると、驚くほど全く異なる提案・異なる意見をされることもあります。色々な意見を聞いて、初めて見えてくるものがあります。その中で、初めてどこの窓口の担当の人が、一番信じられるか?を見極めていきます。
 

保険見直しのセールストークに惑わされない

また、保険の担当者さんの言葉は、あくまでもセールストークです。嘘とまでは言いませんが、万人に当てはまるものではなく、個々人で状況は変わってきます。その場では加入を決めてこないようにします。まずは持ち帰って検討します。
 

セールストークの一例:入院一時金について

入院一時金等の説明では良く、下記のようなセールストークが聞かれます。
 

「病気になった時に、入院するとなると、その準備にもお金がかかるし、例えば奥さまが入院となると家族の外食などが続くことも経済的な負担になりますよ」と。
 

確かにそれはありますが、そのお金と毎月の保険料の積み重ねを考えた時、恐らく保険料の積み重ねた額の方が大きくなると思います。だったら、その分を貯蓄しておいた方が損しません。
 

一時金は聞こえはいいですが、高額な保障を付ける必要があるのか?考えてみる必要があります。
 

繰り返しになりますが、担当者の言葉は嘘とまでは言いませんが、そのセールストークが自分にとって正しいとも限りません。
 

セールストークの一例:保障の金額設定

また、保障の金額設定は、いくつかある筈なのに、保険やさんの見積りには、すでに100万円などと大きな金額が入っていると思います。(※保障額を赤の他人の保険やさんが決めるのは、本当は不思議な事です。 )
 

「こんなに一時金は必要ないんですが」と話すと、保険外交員は、保険に加入されないよりは加入してもらいたいので、もっと安い保障金額の設定を提示してくれたりします。
 

保障の金額設定も自分でアレンジできます。それを知らないで加入してしまう事が多々あります。
 

一つの保障額を下げる事は、小さな額かもしれません。でも、そういう小さな保障額の減額が、月の保険料を減らし年間の保険料を減らし、保険料の総額を大きく変えます。
 

Q:保険相談はどんな感じで行われる?

A:まずは、保険相談の申し込みをします。
 

その後は、下記のような流れで保険相談は進みます。

1.メールで相談内容の希望が聞かれます
2.相談日や担当者が決まります。
3.面談当日
4.現在の保険加入内容の確認など
5.今後希望する保障内容の聞き取りなど
6.見直し内容の提案
7.家に持ち帰って検討
8.次回面談予約など
 

Q:来店型の保険無料相談に予約は必要?

A:予約をしていかないと、他の方が相談していることもあります。その際には断られてしまいます。保険は、家庭のお金事情の話ですので、他の方に聞かれたくないと思う方が多いと思います。だいたいの窓口はそれに配慮してくれています。
 

スーパーの店舗内などで、たまたま相談者がいないように見えても、その5分後や30分後に、どなたかの予約が入っているかもしれません。
 

予約は必要ですし、無駄足にならないためにも予約していくと安心です。予約が面倒くさい場合には、下記ページからですと、電話で当日予約も可能ですよ。
 

保険のプロに無料で相談【ニアエル保険相談】
 

Q:無料保険相談の利用法 上手な見直し方のコツは?

A:保険の見直し案は、担当者により異なります。
 

弁護士の意見が人それぞれ異なるように、住宅を購入する時に、ひとそれぞれ決め手となるポイントが異なるように、人生に必要と思われる保障は、その人の人生感によっても、健康状態によっても変わってきます。
 

先にも書きましたが、同じ状況であっても人の選択は異なりますので、当然、保険相談の担当者が私たちに提案してくる内容も異なります。
 

その為、複数の保険担当者の提案見積りを取り、比較してみることは大切です。それが一番の安全策になります。
 

Q:保険相談の持ち物は?

A:保険相談の担当者が、相談当日の持ち物を知らせてくれます。通常持って行くものとして、現在の保険の加入内容が分かる物を一式持って行くことをおすすめします。
 

保険証券の裏には、細かな保障の条件が記載されていますが、素人では理解していないことも多いです。加入中の保険証券をすべて持って行けば、一目で保障内容が分かり、正しく足りない保障と要らない保障が分かり、提案してもらえます。
 

保険相談の場で保険に加入するわけではないので、その他には特に必要ありません。
 

Q:保険に加入しないといけない?

A:保険に加入する必要はありません。保険は住宅の次に大きな人生のお買い物です。逆に言えば、保険の加入を前提に保険相談に行ってはいけません。足りない保障があれば提案をされるかもしれませんが、その時にも、家に持ち帰って検討します。
 

当然断っても、何も言われませんし、押し売りをされることもありません。保険は、とても高額な買い物です。なので、そんなに簡単には売れなくて当たり前である事を、一番良く分かって居るのは当の保険外交員さんです。保険は、その先ずっと支払い続けるものですから、一人でも多く加入すれば、ずっと保険やさんは儲かります。
 

反対に言えば、保険の見直しの相談を受けた人全員が保険に加入しなくても儲かるもの。相談にのってもらうと、なんとなくお礼しなければならないと感じる「返報性の法則」という心理学用語がありますが、相談をした人が気を使う必要はありません。
 

納得の行く提案をされたのなら保険に加入するのは良い事ですが、そもそも保険相談は加入を前提に相談する所ではありません。
 

この先何年も何十年も払い続ける高額な保険料を、相談する前から加入前提で話を伺います・・なんて言ってくる相談窓口であったら、それこそ「利益優先」の提案をしてくるでしょう。(そういう窓口を知って居ますので、このサイト内では紹介していません)
 

そう言う所は最初から避けて、普通の真面目な保険窓口に相談に行きましょう。保険に関しては、販売員が主導権を握るのではなく、私たち消費者も主導権を握る必要があります。フィフティフィフティであることは当然です。
 

店舗で保険相談したい方に

お金の専門家と保険相談したい方に

結婚前後の保険相談をしたい方に

特徴のある窓口で保険相談したい方に

保険相談プレゼントキャンペーン
 

参考:人気の保険 口コミランキング

大手比較サイト「価格.COM保険」人気の保険 口コミランキングはこちら↓
人気の保険ランキング
 

保険管理アプリ

複数の保険に加入していると、保険料や更新月や満期日などなど混乱してくる事もあるかと思います。そんな時のお助けアプリとして「保険手帳」というアプリもあります。
 

契約済みの保険商品を一括管理できるアプリ「保険手帳」は、保険料がいくらかかっているのか一目で確認できるうえ、保険商品などに関する質問を営業担当者にできるチャット機能もあります。
 

満期が近づくと保険商品は赤く表示され、アプリ上で契約更新も可能です。
 

また事故発生時の連絡においては、アプリからコールセンターに発信可能。発信前にGPSにより現在位置が確認されるため、オペレータにスムーズに連絡を取れます。
 

利用の際には、保険証券をスマートフォンのカメラで撮影すれば、契約一覧に追加することができます。便利な機能を使いながら、お得に上手に保険加入していきましょう。