腸内環境

腸内環境の特集の番組では、良く登場される
自律神経研究の第一人者、順天堂大学教授
小林先生が説く「健康になる10ヶ条」のお話です。

point健康長寿に、どう腸内環境が関わってくるのか?
pointそれを良くするにはどうしたら良いのか?
point大きく捉えて健康になるには何に気を付けたらいいのか?

 

読売新聞社主催
「未病フォーラム2016」での小林先生の講演には
健康になる秘訣が詰まっていましたよ☆

簡単に下記まとめてみました。
 

スポンサーリンク

健康とは?

私たちの体にある60兆個の細胞に
どれだけ質の良い血液を十分に流すことが出来るか?

それが私たちの健康にとても大切な事です。

そしてその血液をコントロールしているのが
「自律神経」

その自律神経の働きを良くするのが「腸内環境」です。

そこで、大元の腸内環境を良くする事が
健康な体を作る基本になるんですね。
 

腸内環境が悪いとどうなるの?

腸内細菌の数は100兆個とも
1000兆個とも言われています。

重さは1.5キログラム。

善玉菌2割、悪玉菌1割
どちらにも動く日和見菌が7割います。

腸内環境が良いかどうかは、
この日和見菌がどっちの味方をするか?にかかっています。

悪玉菌が多くなると、アンモニアや硫化水素を発生させ、
それが血管を通り、肝臓や心臓などの前身にダメージを与え
寿命も短くなってしまいます。
 

腸内環境を良くするには?

腸内環境は、なんと生後5か月で決まってしまうそうですよ。
なので、自分が持っている菌を常に刺激し、
今ある力を最大限に発揮することが大切。

その為に出来る事としては・・・。

・発酵食品を摂る
・発酵食品の菌の餌となる食物繊維を摂る
(1日あたり20~25グラム)

 
※編集人談:
長寿食と言われる食事には、必ず
発酵食品と食物繊維の話が出てきますね。
この2つは大きなポイントのようですね。

イタリア長寿地域の話
島根県の長寿地域の話
 

小林先生が説く!健康になる10ヶ条

さて、健康に大きな影響をもたらす腸内環境を整える事を含め
私たちが健康長寿を目指すために心がけたい事。

小林先生がフォーラムの中で言っていらした
健康になる10ヶ条は下記の通り。

・早起きをし朝食を食べる
・規則的な食事
乳酸菌・食物繊維を摂る
体を動かす
呼吸を意識する
お風呂は40~41度くらいのぬるめ
・怒らない
・我慢しない
・自律神経の機能を向上させる運動をする
・3行日記を書く↓

 ※今日一日で一番よかったこと、
 一番失敗した事、二日前の夕食のメニューを書く。

 

※このサイトの中でも取り上げた内容に近いもの関しては
(小林先生のお話ではありませんが)リンクを張っています。

10個とはいえ、
習慣化してしまえば、なんなく出来そうですね!
 

まとめ

生まれ持った腸内環境が変わらないのであれば
尚更のこと、日々の食事で
腸を労わってあげなければなりません。

腸を整えて自律神経を改善し、
私達の体の隅々まで質の良い血液を
十分に流してあげる。

それが、私たちに出来る一歩の様です。♪
 

関連記事:我が家の腸に良い事体験「藻のすごい青汁」

スーパーフード 健康食材

栄養士208人が選んだ知らないと損する新食材大3位の「スピルリナ」。
このスピルリナの食物繊維と、話題の乳酸菌:フェリカス菌
両方が入った青汁を我が家も腸内フローラ改善に飲んでます↓

フェリカス菌とスピルリナの青汁飲んでます 
 

チェック「老後資金を貯める!」7つのポイント まとめ他

老後のお金を貯める為に、まず確認したいこと。

老後資金対策に危機!是非読んでくださいね。
我が家は何百万これで消えた事か..
NHKクローズアップ現代より

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!

●確認しておきたい事 7つ

1.保険相談を積極的に受けてみる:保険相談7社 体験比較 口コミ
2.老後資金: 目標額を設定
3.住宅ローン:支払いを終える。投資よりローン返済がお得。効率が良い。
4.無駄な保険を排除:保険の見直し
5.年金を増やす: 確定拠出年金に加入
6.貯金や年金受取額を増やす働き方:
  ・ パートの場合
  ・ 自営の場合
7.お金の使い方の習慣化:老後に備えたお金の使い方

その他 節税・節約やお金を増やす方法 5つ

老後の住まいつくり 準備4つ

1.リフォームや片付けの時の買取サービス
  貴金属や着物などなど買取サービス一覧

.匿名で出来る!リフォーム費用見積り比較!
  リフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】

3.自宅がいくらで売れるか知りたい!
 不動産売却計画書 無料作成

4.住み替えについて情報・知識が欲しい!
  住み替え計画書 無料作成



スポンサーリンク