シニア起業

産経新聞 2016年3月25日 一面に「シニア起業の落とし穴」という
記事がありました。
 



シニア起業の落とし穴

中小企業白書(平成26年版)によると
起業者数は年間 約22万3000人。

なんと!そのうち3割を超える約7万人が60歳以上の起業です。
近年は、若者を始め起業に積極的な人が増え、
シニア起業も年々増え続けているんですね。
その割合は30年前の4倍にも上ります。

ところが、日本政策金融公庫が55歳以上の起業家を調査したところ、
シニア起業の ほぼ半数が赤字に陥っていたとのこと。

35~54歳の36%、
34歳以下の25% の赤字と比べると 
シニア世代の50% の赤字は、著しく高い数値です。

老後資金は3000万と言われる現代ですが、
新聞記事では、その3000万の退職金が、シニア起業失敗の返済に
消えてしまった事例も紹介されていました。
 

シニア起業の失敗の理由

実は、大手企業の社員時代に成功を収め、
定年後、その経歴を生かすべく起業したとしても、
思いのほか以前の人脈が冷淡である事もあるとの事。
大企業という肩書がなくなると、苦戦することがあるそうです。

板橋区立企業活性化センターの中嶋修センター長は言います。
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/010/010801.html

「シニア世代は経験や知識があるとはいえ、あこがれややりがいだけで
出来るほど甘いものではない。組織を離れればゼロからのスタート。
かつての会社の名刺も肩書も無くなる事を、肝に銘じなければならない」
 

開業の目的と起業分野の経験年数

日本政策金融公庫「シニア起業家の開業2012年度新規開業実態調査」
https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/topics_121225_1.pdf 

によると、シニアが起業した理由として下記が上位に挙げられています

・「仕事の経験・知識や資格を生かしたかった」
・「社会の役に立つ仕事がしたかった」
・「年齢や性別に関係なく仕事がしたかった」

シニア起業家の収入に対する考え方としては、他の年齢層と比べて
「家計を維持するだけの収入があれば充分だ」が64.9% と最も多く、
「できるだけ多くの収入を得たい」は26.6% であり
少なくなっています。

また、起業分野においては、長い経験を生かした開業がある一方、
未経験分野での開業もみられます。

「30年以上」の経験がが32.3%。
「経験なし」の割合は22.6%

全く未経験分野で起業をすると、ゼロからではなく
マイナスからのスタートになるかもしれません。

成功する法則は、聞き心地の良い上手い話を聞くのではなく
やってはいけないこと、失敗事例を聞いた方が
成功に近づくと言われています。

ぜひこれらのデータをもとに、シニア起業を成功させたいですね。
 

シニア起業成功の為に

《銀座セカンドライフ代表 片桐実央》さんは
http://ginzasecondlife.co.jp/

前職で培った実務の豊富な経験や人脈などは、
一朝一夕に身につかない大切な資産です。
その資産を生かし、リスクが少なくやりがいがあり、
長く続けられる仕事を選択できることは、
セカンドライフ起業の最大の特徴であり、
成功する要素を多く含んでいるといえます。
自身に最適なセカンドライフを考えてみましょう。

と述べています。

コツコツと貯めた老後資金が泡となって消えないよう、
老後資金は残しておき、起業のために使える額を計算し、
その範囲内で起業しましょう。

長年の素晴らしい実務経験と人脈という資産は、自信として使い、
華やかな未来へと変えていきましょう。
 

追記:賃貸収入の罠

2016.8.26 のYahooニュースに不動産投資の話が出ていました。

下記引用しますね。

「毎月安定した収入がある」などの甘い言葉に乗って、
アパート経営を決意したが、数年後に家賃を減額され、
経営が苦しくなった。
こうしたアパート経営にまつわるトラブルを防ぐために、
国交省は「家賃が減る可能性がある」といったリスクについて、
業者に説明義務を課す法改正を決めた。

朝日新聞デジタルによると、対象となるのは
「サブリース契約」と呼ばれる契約類型が対象。
これは、土地の所有者が建てたアパートなどを、
賃貸住宅管理業者などが一括して借り上げ、
入居者集めを含めた建物管理を行うというもの。
空き室の有無に関係なく、
一定額の家賃を業者が所有者に支払う。

近年は、個人の大家を中心に、
契約時に「30年一括借り上げ」とされていたのに、
途中で家賃を減額されたという苦情が増えていたという。

なぜ国交省はサブリース契約を問題視したのか。
今回の制度改正で説明義務を課すことにはどんな意義があるのか。
不動産の問題に詳しい家永勲弁護士に聞いた。

●強者を保護する「逆転現象」が生じている

「家賃減額のトラブルの原因は、借地借家法が定める
『賃借人による賃料減額請求権』です。
この規定は強行規定(当事者の契約でも変更できない規定)
とされています。

最高裁において、サブリース契約に賃料の自動増額特約や
賃料保証特約などが規定されていたとしても、
賃料減額請求権を行使することができるという
結論が下されています。

近年のサブリース契約においては、
賃貸人は不動産所有者たる個人で、
賃借人が事業会社となっているケースが多くなっています。

このようなサブリース契約においては、
経済的には強者とも思われる事業会社が、
借地借家法による保護を受けるという
逆転現象のような事態が生じています」

家永弁護士はこう指摘する。
なぜ、そのような「逆転現象」が許容されているのか。

「サブリース契約に借地借家法が適用されるのか否かという点は
過去に争われた当時、事業会社同士がサブリース契約の当事者と
なっていたという背景もあり、最高裁は、
サブリース会社の賃料減額請求権の行使を認めました。

その後も判例は変更されておらず、
さきほど述べた『逆転現象』が現在も許容されています」

●「説明義務」を課すことにどんな意味が?

今回検討されている「説明義務」を課すことに
どんな意義があるのか。

「サブリース契約における賃料減額請求に関する苦情が増加し、
国土交通省が、賃貸住宅管理業者に対して、
『借賃(空室時期等に異なる借賃とする場合は、その内容を含む)
及び将来の借賃の変動に係る条件に関する事項』について
説明義務を課すことでトラブル防止を図ったものです。

国土交通省が定めた説明義務の適用を受けるのは、
任意登録となっている賃貸管理業者に登録している
企業に限られます。

そのため、必ずしも全てのサブリース契約において
説明義務が課されるものではありませんが、
上記のような逆転現象が生じていること自体を
広く知らしめることは意義があると考えられます」

「安定収入」のはずが家賃減額でアパート経営者悲鳴、
「サブリース契約」の課題
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160828-00005031-bengocom-sociより

 

不動産投資、資料請求経験談

最近、老後の資金を作る為に、「安定した収入が得られます」と、
「不動産投資」を勧める話を良く聞きます。

私自身も老後資金捻出の番組にて、
不動産投資を勧める情報を得た事から
番組内にて紹介された企業より資料を取り寄せたことがあります。

するとその後何度も電話がかかってきました。

携帯電話の番号から かかってきたその電話の相手に、
まだ、「深く検討してい無い旨」を告げると、
「ちっ」という声が聞こえるような程、
無礼な応対で電話を切られたのです。

恐らく私が見た情報番組は、
老後資金を捻出するための番組では無く、
その企業の宣伝番組だったと思われます。

老後の資金に不安がある事は、様々な営業のターゲットになる
可能性も秘めています。美味しい話に乗らされないよう、
私達は自分のお金を守っていかなければなりません。

 
サイト内 老後資金はこうして貯める! では、
不要な支出を削るお話をしています

 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態、驚きでした!

NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕です。
老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。
我が家は何百万もこれで消えてしまったのです。

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!


1.老後資金 検討 お金を増やす方法 3つ

老後の年金不安

1.保険料を減らす!

保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。
必要は保障は人生の節目で変わりますので
定期的に保険を見直さないと損してしまいます。

保険相談7社 体験比較 口コミ



2.年金を増やす!

年金を増やす自助努力として確定拠出年金があります。
2017年から加入者枠が広がりました。
私も即刻加入し、毎月積み立てています。
加入が早い程、資金は貯まりますよ。

確定拠出年金に加入する



3.働き方を変える!

貯金や年金受取額を増やす働き方があります。
制度が変わりましたので、主婦でも社会保険に入れることがあります。

主婦パートの場合
自営の場合


2.老後の住まい 検討3つ

老後の住まい 介護リフォーム

1.リフォーム・住み替え

費用は安く抑えたい。リフォーム時のお得まとめ
暮らしやすい街への住み替え各種情報
コンパクトシティの選択などについて

リフォームのお得な控除・補助金&住み替え



2.リノベーションする

大好きな心地よい終の棲家を作る!リノベーション方法まとめ
年商1億 大家業の主婦さんもチェックする点など

老後も安心な中古住宅リノベーション法



3.介護リフォーム

老後を見据えた時の、暮らしやすい介護を考えたリフォーム検討法
どんなリフォームがあるか?介護保険制度は何が使えるか?など

老後の家づくり。 建て替え・増築・リフォーム法2つ