熱中症予防 水分補給

地球温暖化が進み、家の中にいても熱中症をおこしかねない時代です。
この暑い夏を乗り切るため、熱中症予防の水分補給はとても大切。
水分補給の間隔・量・コツについてのお話をしています。
 



熱中症の危険度チェック!

~こんなことは気をつけて~

○普段体を動かさない人が急に張り切って運動すると危険度大。
○汗をかいているのに水分を取らないと危険度大。
○冷え性だから、と締め切った部屋でエアコンをつけないと危険度大。

 

熱中症になりやすい人

・太っている人。
・睡眠不足の人。
・体調不良の人。
・高齢者(体内の水分量が少なく、水分補給をあまりしない)
・乳幼児(上に同じ)

 

外出時などには15分ごとに150~200mlの
水分を補給することが大事です。

 

大量に汗を書いた時の水分補給には塩分も同時に摂取しましょう

 
大量に汗をかいた時には、水だけを飲むと
血液のナトリウム濃度が下がってしまいます。
私たちの汗にはナトリウムが含まれています。
大量に汗をかき、このナトリウムが失われているところに、
水だけを飲むと血液のナトリウム濃度が薄まってしまうのです。

血液のナトリウム濃度が薄まると、その濃度を下げないようにする働きから
水分を摂りたくなくなってきます。
そこに水分を尿として排泄しているうち、通常の体液の量を回復できなくなり、
体温が上昇し、熱中症となってしまいます。

結局、暑い季節には汗をかいた分、水分だけでなく塩分も補給しないと、
水分を摂りたくない状態になり、気付けば体液が減り熱中症になるということです。
 

水分補給の仕方

汗をかく時期には水分を、多めに補給しましょう。
 

水分の補給間隔

日中:1時間おきにコップ1杯。
その他:起床時や就寝前

運動中:15分~30分おき。
長時間の運動:10分~15分

大量に汗を書いた時には塩分補給も忘れずに!
普段はお水で十分です。

※市販のスポーツドリンクには糖分がかなり含まれています。
その為、急激に血糖値の上昇したり、食欲がなくなったりすることで
夏バテの原因になってしまう事もありますので、飲みすぎには
注意しましょう。
 

水分量

大人:1日2リットル
子供:1日1リットル

※水分の摂りすぎにも注意しましょう。

冷たいものや一度に大量に飲むのは止めましょう。
消化機能が低下することで、食欲不振、体調不良を起こしてしまいます。
一度に飲む量はコップ1~2杯程度に抑えましょう。
 

熱中症にならないために

帽子
日傘
風を通すルーズな洋服(色は白)

 

などが効果的。
 

万一熱中症になってしまった場合

 
木陰などの涼しいところで休む
わきの下、足の付け根、首筋を冷やす
水分補給する

**************************

今年も暑い日が続いています。
部屋の中にいても、かかる熱中症。
決して侮ることなく、充分に気をつけて生活しましょう。

 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態、驚きでした!

NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕です。
老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。
我が家は何百万もこれで消えてしまったのです。

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!


1.老後資金 検討 お金を増やす方法 3つ

老後の年金不安

1.保険料を減らす!

保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。
必要は保障は人生の節目で変わりますので
定期的に保険を見直さないと損してしまいます。

保険相談7社 体験比較 口コミ



2.年金を増やす!

年金を増やす自助努力として確定拠出年金があります。
2017年から加入者枠が広がりました。
私も即刻加入し、毎月積み立てています。
加入が早い程、資金は貯まりますよ。

確定拠出年金に加入する



3.働き方を変える!

貯金や年金受取額を増やす働き方があります。
制度が変わりましたので、主婦でも社会保険に入れることがあります。

主婦パートの場合
自営の場合


2.老後の住まい 検討3つ

老後の住まい 介護リフォーム

1.リフォーム・住み替え

費用は安く抑えたい。リフォーム時のお得まとめ
暮らしやすい街への住み替え各種情報
コンパクトシティの選択などについて

リフォームのお得な控除・補助金&住み替え



2.リノベーションする

大好きな心地よい終の棲家を作る!リノベーション方法まとめ
年商1億 大家業の主婦さんもチェックする点など

老後も安心な中古住宅リノベーション法



3.介護リフォーム

老後を見据えた時の、暮らしやすい介護を考えたリフォーム検討法
どんなリフォームがあるか?介護保険制度は何が使えるか?など

老後の家づくり。 建て替え・増築・リフォーム法2つ