認知症改善法 

サービス付き高齢者向け住宅について、以前に記事にしましたが、

老後はどこに住む?多世代共生・交流施設アリの高齢者向け住宅!
5年後に3倍の60万戸に!

夢のような素敵な老後に思える半面、
もちろん良い話ばかりでは無い側面も見えてきたようで、
国交省が改善に向けて動きだして居るようです。

スポンサーリンク

サービス付き高齢者向け住宅とは?

サービス付き高齢者向け住宅とは、
国交省が始めた高齢者向けの賃貸住宅で、
厚生労働省が補助金を出しています。

対象は60歳以上か要介護認定を受けた60歳未満の人。
安否確認と生活相談のサービスは必須。
それ以外の食事や清掃、洗濯、訪問診療や介護などのサービスが
必要な時には、別途、介護事業者などと契約します。

バリアフリーの居住空間になっていて、25㎡以上が基準。
特養の10㎡やグループホームの7㎡と比べ
倍以上の居室面積があります。

ゆいま~る那須」などは
人気のサービス付き高齢者住宅です。
 

国交省の取り組み 安否確認のための取り組み

ただ、本来は、まだ自立した高齢者の住み替え先として
普及するはずだったサービス付き高齢者住宅ですが、
現実問題としては、介護の度合いの高い方が多くなって居るようです。

また夜間は緊急通報システムがあれば
職員は常駐しなくてもいいのですが、
とはいっても、高齢者の方が倒れたりするのは、
やはりその時間も多いようで。

日中と違って近所など、人の目が届き辛いことが
問題点としてあがっているみたいですね。

朝日新聞の調べ によると、
事故数も15年1月~16年8月末で3362件もあったとのこと。

 
そこで、国交省は6月をめどに
サ高住の夜間の職員数などを、明示する情報公表を始めるもよう。

政府は5年前に始まった、現在 約20万戸あるこのシステムを
5~6年後には60万戸まで増やす方針なので、
より良いサービス提供に向けて動き出しているんですね。

今の数の3倍のサービス付き高齢者住宅が
日本中に広がるわけですから、
私達の老後もお世話になるかもしれません。
 

三世代 同居率日本一は?

とはいえ、やはり出来れば、
年を取ってから子供たちと同居できるのが
一番安心なのではないでしょうか?

それでは、三世代同居率日本一は どこの県だと思いますか?

答えは、「山形県」

山形県HPより

実は私の主人も山形県出身なのですが、
確かにどこの家も皆、子供・孫と同居しています。
当然、世帯の人数は多いです。

まるでサザエさん一家の様ですよ。
一緒に暮らす人数が多くて、年代層の幅が広い!

また、厚生労働省の国民生活基礎調査では
三世帯同居家族が一番収入が多いという結果も出ています。

三世帯同居時の世帯平均年収

収入面でも安定しているのは
老後生活として理想ですね。

また、畑仕事をして居る人が多いので
高齢で元気な方が多いようにも思います。

センテナリアンの記事にある
「運動と慢性炎症の関係」にあるような
生活をしている県かもしれません。

それに一軒の部屋数も多い地域ですので、
大人数で住んで居ても
まだ余りある部屋数なのは羨ましいところ。

子供と同居するなら、山形県もお勧めかもしれません。
↑いや・・子供の都合を全く抜きに話すとすれば・・ですが(^_^;)
 

管理人の勝手な まとめ

ただ、首都圏などであっても、東京オリンピック以降
どんどんと空家が増えていくとも言われていますし。

もしかすると、同居しやすい家の確保も、
将来的には簡単になっていくかもしれませんよね。

高齢になってからも子供と同居率の高い県が増えてくる
そんな日本の未来も素敵だと思うんですが(笑)

何はともあれ、穏やかな老後を送りたいものです。
 

ということで、子供たちが許してくれるのならば(^^;
三世代同居を目指すのもありかも。

もしそれが出来ることなら、安くて広い家を
自分たちで用意できたら尚良し!

それが無理そうであれば、5~6年後には
60万戸になると言われるサービス付き高齢者住宅を利用。

選ぶ時には、2017年から始まる
夜間などの職員数の情報開示をチェック!
 

p.s あくまでも管理人の勝手なまとめです。

 

チェック「老後資金の貯め方」7つのポイント まとめ

老後のお金を貯める為に、ひとつずつ対策したいこと。

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!↓

我が家は何百万これで消えた事か..
NHKクローズアップ現代 ご参考にどうぞ

保険相談 選び方

1.保険相談を積極的に受けてみる:保険相談7社 体験比較 口コミ

●確認しておきたい事↓

2.老後資金: 目標額を設定
3.住宅ローン:支払いを終える。投資よりローン返済がお得。効率が良い。
4.無駄な保険を排除:保険の見直し
5.年金を増やす: 確定拠出年金に加入
6.貯金や年金受取額を増やす働き方:
  ・ パートの場合
  ・ 自営の場合
7.お金の使い方の習慣化:老後に備えたお金の使い方

●【その他考えられる節税・節約やお金を増やす方法】

・投資で増やす:50~65歳までに2000万円貯める
・節税:ふるさと納税をする
・節税:ブランド品はふるさと納税で買う
・日々の節約:日々の無理のない節約法まとめ
・医療費節約:スーパーフードで健康維持

老後の住まいつくり 準備Memo

リフォームや片付けの時の買取サービス

  貴金属や着物などなど買取サービス一覧

匿名で出来る!リフォーム費用見積り比較!

 匿名で見積りできるのは良いですよね~♪
 リフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】


スポンサーリンク