お葬式 資料請求

避けては通れないお葬式。
いつかはやってくるものですが、
なかなか口にするのは躊躇いますね。

私の父母は以前にお墓を生前購入しました。
60歳当時、父は腎臓がんと言われ、腎臓を摘出しましたので、
不安になったようです。

生前購入すると死期が早まる、なんて噂も良く聞きますが、
あれから18年が過ぎましたよ。
噂を吹き飛ばした18年に、ほっとしています(#^^#)

事前に申し込んでおいたり、見積りを取っておくと
安くなったりサービスを受けられたりもします。

とはいえ、少しためらいながらも
お葬式のお話です。

スポンサーリンク

葬儀社の決め方

家族が亡くなった時には、皆冷静ではいられませんので、
気付けば病院おかかえの葬儀社を紹介され、
そのまま葬儀。

あれよあれよと言う間に必要なものが増えていき
高額なお葬式代がかかった。

そんな話を良く聞きます。

なので葬儀社を決めるときには、
いざと言うときが来る前に、
考えておく事も大切なようです。

私の父もお墓のみならず、葬儀の内容を決め、
もう自分の希望のお葬式の手配が出来ています。
葬儀に関しては、今から10年前に(笑)

もう気が早いんです。私の父・・。

さて、葬儀社を決めるときに押さえておきたい事

1・事前相談に応じている
2.実費込で葬儀の見積りを出してくれる

 

見積りの明朗さはとても大切。
 

葬儀一式とは、祭壇飾り・棺・葬儀社の人件費など
実費とは参列者への飲食代、返戻品、供花。式場費用など。

後で思って居なかった程の高額になる事を防ぐ為には、
何が実費かをしっかり説明してもらう事が大切です。
 

お葬式の種類

お葬式の種類はその人に寄り、最も希望の異なる所だと思います。

一般葬:家族や親族以外もお呼びするもの
家族葬:親族・家族のみ
一日葬:親族のみ お通夜が無く告別式のみ
直 葬:お通夜も告別式もない。火葬のみ

 

葬儀の見積りを摂る時に気を付けること

誰にとってもお葬式は分かりづらい事が多く、
初めての経験になる事も多々あります。

そんな時に葬儀会社の人に
「お任せします」とか「よく分からないので」とか
「普通でお願いします」などなど

自分が何も分かって居ない、という事を
あからさまに口にしてはダメ!

お葬式は故人やご家族の方のお気持ちを込めて良い筈であり、
主体が葬儀社の筈がありません。

例えば、病院で無くなった時、病院に出入りをして居る葬儀社の方に
お願いすることが、どうしても多くなると言われていますが、
断っても失礼には当たりません。
 

生前予約について

元気なうちにお葬式については検討しておきたいもの。
私の父の様にお墓を買ってから20年、
お葬式の生前予約をしてから10年生きている事を考えると、
何も縁起悪くないようです(笑)

生前予約までしなくても、
見積りだけは取っておいたり、会員になっておいたりすると
割引が受けられるところが多いです。

全国対応、低価格のシンプルな葬儀【小さなお葬式】

一括見積りも出来る時代になりました。
全国300社の中から最適な御見積りを致します!【葬儀レビ】

 

チェック「老後資金を貯める!」7つのポイント まとめ他

老後のお金を貯める為に、まず確認したいこと。

老後資金対策に危機!是非読んでくださいね。
我が家は何百万これで消えた事か..
NHKクローズアップ現代より

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!

●確認しておきたい事 7つ

1.保険相談を積極的に受けてみる:保険相談7社 体験比較 口コミ
2.老後資金: 目標額を設定
3.住宅ローン:支払いを終える。投資よりローン返済がお得。効率が良い。
4.無駄な保険を排除:保険の見直し
5.年金を増やす: 確定拠出年金に加入
6.貯金や年金受取額を増やす働き方:
  ・ パートの場合
  ・ 自営の場合
7.お金の使い方の習慣化:老後に備えたお金の使い方

その他 節税・節約やお金を増やす方法 5つ

老後の住まいつくり 準備4つ

1.リフォームや片付けの時の買取サービス
  貴金属や着物などなど買取サービス一覧

.匿名で出来る!リフォーム費用見積り比較!
  リフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】

3.自宅がいくらで売れるか知りたい!
 不動産売却計画書 無料作成

4.住み替えについて情報・知識が欲しい!
  住み替え計画書 無料作成



スポンサーリンク