個人賠償責任保険 子供

例えば、子育てをして居ると、子ども同士の怪我はつきものです。
また、子供さんが居なくとも、自動車事故や自転車事故などで他人に
怪我をさせた、させられた、というのは良く聞く話です。
他人事ではありませんよね。。

誰にでもふりかかる可能性のある事なのですが、
意外と「自分は大丈夫」と思ってしまうもの。

そして事が起きた時には、思いも寄らぬ高額な費用が
発生する可能性があるもの。

穏やかな生活を送り続けるために、
ここは必ず対応しておきたい保険のお話です。
 



個人賠償責任保険は色々な保険についています

個人賠償責任保険は、他人に怪我をさせてしまったり、
住宅の階下のお部屋に水漏れを起こしてしまったり、
販売されている商品を壊してしまったりなどなど
様々なケースにおいて、発生した損害を保障してくれる保険です。

最高1億円まで補償、等と言うように
保障される額が大きいのも特徴です。

こんな素晴らしい保険ですが、通常は意識して加入していなくとも
「個人賠償責任保険」に何かしらの形で加入していると思います。

例えば、車の保険についている個人賠償責任保険も
家族全員が対象だったり。

子供の交通事故保険についているものも、
家族全員が対象だったり。

火災保険についているものも、
家族全員が対象だったりします。

一つの保険の特約で対象になる人が多いのも
個人賠償責任の特徴です。

ただ、色々な保険の特約についている為、
重複しやすい保険でもあります。

そして保険金がおりない場合もありますので、
色々な保険についている保障の内容を確認して、
一番幅広く保障されるものに加入しておきたいものです。
 

個人賠償責任保険が支払われない

この比較的使いやすい個人賠償責任保険で
保険金が支払われない場合があります。

例えば、学校内での子供さんの怪我などの場合もそうです。

学校内で起きた事故等に関しては
学校での保険が使われる為に、自分の個人賠償責任保険が
使えない事があります。

例えば怪我をさせてしまったお子さんの立場の場合で考えると、
他人に怪我をさせた状況であっても保険金なしの状態になってしまいます。

となると治療費は、被害者自身か、加害者サイドとなります。
(※正確には学校加入の保険が使えますが、額は少ないと言われています)

例として学校内での事故をあげましたが、
それに関わらず、個人賠償責任保険を特約に付ける際には、

学校内の事故も補償される、とか
自転車事故も補償される、とか
国内のあらゆるケースにおいて保障される、など
保障される範囲の一番広い特約に加入したいものです。

加えて、ここでは知っておくといざと言うときに困らない
賠償金のお話をしています。
 

保険金がおりない場合のその後

保険金が支払われない場合、
結局、被害者が加害者に治療費の要求となるかもしれません。

例えば子供さんの場合、小学生の場合には、
親が責任を負いますが、中学生になると
本人が責任能力があるとみなされます。

また、例え一度解決したように見えても、
数年後、再度治療費を要求する・されるようなことになると
双方ともに幸せにはなれません。

子供のみならず、数年後に治療費を請求されるというような事は
あるようですので、事故があった場合には、
その時にしっかりと話を付けておく必要があります。

でないと、怪我をした方は治療費が貰えなかったり、
怪我をさせてしまった方は、どこまで本当か分からない治療費を
請求され続けるという、何年にも亘るお互いに良く無い状況を
引き起こしかねません。
 

覚えておきたい豆知識

その1)被害者から加害者に個人賠償責任を
請求するためには、時効があります。

時効は、事故の起きた日から3年

・もしも、何かしらの被害を受けた際には3年以内に請求する事。
・もしも、何かしらの加害者となってしまった時には、
 その後、不当な請求をされても3年が時効であると知って居ること。

それを知って居ることが、請求する側も、される側も大切です。
 

その2)保険会社に個人賠償責任保険や治療費を
請求できる時効もあります。
事故が起きた時には、すぐに保険の請求をしておきます。
 

事故が起きた時にしておくこと

その後の いざこざを起こさない為に、
まずはどちらの側であっても、事故当時に
弁護士さんに相談しておくと安心です。

・集めておくべき資料、
・確認しておくもの、など

事故の当時にしておいた方が良い事が沢山ありますが、
これは素人では右も左もわからないものですので、
しっかりと法律にのっとった対応をしておくのが良いです。
 

弁護士に相談するには?

弁護士相談は、初回無料相談もありますし、
そうでなくても初回は安く相談に乗ってくれます。

初回の相談だけで問題が解決することもあります。

後々治療費を請求しようと思っても請求できなくなったり、
高額な治療費を請求され困ってしまったりなど、
辛い状況にならない為には、まずは
弁護士さんに相談してみることが、大切です。
 

まとめ

怪我をさせた、させられた!というような事故の
その請求額は何百万~何千万円になる事も少なくありません。

個人賠償責任保険は、子供さんの交通保険や
親御さんの車の保険、家の火災保険など
様々な保険の特約として付いています。

気づかぬうちに加入している事が殆どだと思いますが、
念のため、ご家族の保険を見直してみましょう。

万が一、加入していない場合には、
全く高いものではないので加入しておいた方が良いですね。

個人賠償責任保険程度の相談でしたら、スーパー内などの
全国1100店舗からお近くの窓口をご予約 で十分かと思います。

保険相談窓口の選び方は、おすすめ無料保険相談 窓口比較!どこがいい?見直し体験7社うら話&口コミ にもたっぷり書いています。裏話もあります。

 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態を確認したい

お悩み解決
ご加入中の保険の内容を確認してくださいね。NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕でした。老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。我が家は何百万もこれで消えてしまった経験あります。解決策は?
・保険加入の実態:金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い! 
・私の父母の実体験:【保険見直しの必要性とコツ】見直さなかった悪夢

保険料を減らしたい

お悩み解決
保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。必要は保障は人生の節目で変わりますので、定期的に保険を見直さないと損してしまいます。その解決策は?
保険相談7社 体験比較 口コミ


退職前の準備を確認したい

お悩み解決
老後の年金額や保険料が大きく変わる可能性があります。確認しておきたい事項を記事でまとめています。
定年退職前の準備。必ずやっておくことをまとめてます。
老後 定年退職後の保険見直し。必須理由&保険の選び方


確定拠出年金を考えたい

お悩み解決
公的年金の不安から、個人型確定拠出年金の加入者は2018年8月には100万人を突破する見込みである事が、2018年8月に報道されました。私も加入しているので、複数の記事を書いています。
確定拠出年金カテゴリー


老後移住したい 移住先の国内・海外・リゾート地 記事3選

老後の住まい 介護リフォーム

お悩み解決
老後の移住情報あつめましたよ。国内移住の成功と失敗や、一番人気のマレーシア移住の実態。年金で暮らせるのか?そして軽井沢、安曇野、ハウステンボスなどリゾート移住のお話です。
人気の老後移住先!住みやすいのは?
人気のマレーシア 海外老後移住の現実
定年後、リゾート地に移住したい