保険見直し

定年後、今の会社で働くか?
それとも他の会社に転職するか?

はたまた就業はせずに、ゆっくりセカンドライフを楽しむか?

我が家の主人も、悩めるお年頃となったので、
老後について社会保険労務士の先生に相談した内容と
今まで当サイトで記事にして居たものを合わせながら
まとめました。



老後に働く時の保険・給付金

老後のために少しでも資金を増やすのなら、
もちろん、64歳~65歳まで働くのが良い。
それ以降も働ければベスト。
 

社会保険は加入できる?

老後に働くには、今の会社で再雇用してもらっても、
他に再就職を探しても良いですが、
できれば社会保険に入りたいところです。

正社員の4分の3の労働量と日数を満たして居れば
社会保険にはいれます。
 

お給料が減ったら?

収入を補う給付金が2つあります。

60歳以降、引き続き働く場合

給料が75%未満になったら
65歳まで「高年齢雇用継続給付金」が貰えます。

61%未満になったら給与額の15%が支給されます 
ex.40万なら20万の15% 3万円が支給されます。

ただ、再就職先を探すまでの間に
「失業保険」を貰ってしまうと、「高年齢雇用継続給付金」が
受け取れなくなり「高齢者再就職給付金」になります。

支給される金額は「高年齢雇用継続給付金」が65歳まで
貰えるのに対し、「再就職給付金」は最長2年と、
「雇用継続給付金」の方が多く貰えますので、
失業保険を貰おうと思う時には、貰う前に一度
検討した方が良さそうです。
 

60歳以降、失業保険を貰ってから再度働く場合

失業保険を貰ってから就職する場合には
「高年齢雇用継続給付金」とほとんど変わらぬ内容の
「高年齢再就職給付金」が最長2年間、貰えます。

ただし、それまでに支給された基本手当があるので、
その支給残日数に応じて支給額が変わります。
 

給付金の請求の為にしておきたいこと

60歳までに再就職先を見つけておきたいものですが、
退職してから探すことも多々あると思います。

その場合、今の会社で高年齢給付金受給資格の確認をして
ハローワークでその資格認定証を貰っておきます。

給付金の請求は新しい職場でできます。
 

定年後に働かない時の保険

会社を辞めるときには、任意継続保険に入ると
保険料が安くなる事が多いようです。
扶養も入れます。

国民健康保険は、上記の様に、住んでいる地域や
勤めていた会社により保険料が変わってきます。

また、任意継続保険の場合は、家族も扶養に入れることが可能です。

人に寄り、国民健康保険と任意継続の
どちらの方が保険料が安くなるかは異なるのですが、
任意保険の加入資格は、退職後20日間しかありません。

まずは任意保険に加入し資格だけは確保しておき、
後で国民健康保険とどちらが安くなるか、
お得かを考えた方が良いと言われています。

国民健康保険料については、市役所へ行くと
計算してもらえます。
任意継続保険料については、お勤めしていた会社へ
相談してみて下さいね。

ただ、任意継続保険については退職後2年間まで。
その後は国民健康保険になります。

老後が心配!国民健康保険料は何歳まで払い続けるの?保険料はいくら?安くしたい

ただ、定年後の1年は収入が無い為
定年後2年目からは国民健康保険の方が安くなる事が多く、
2年目からは国民健康保険に入る方がお得な事があるようです。

「任意継続保険」は通常2年は解約できない事になっていますが、
保険料の滞納をすると強制的に退会させられますので、
次年度は保険料不払いにすると、必然的に解約となります。

そうすると新たに自分で国民健康保険に加入できます。
 

65歳前後退職で 失業保険をもらう時の注意!

65歳まで働いた場合には、通常の失業保険(150日)が貰えます。
ただ、65歳になってしまうと、
高齢者失業保険(高年齢求職者給付金)になり
50日分しか貰えません!

65歳前後の退職日を決める際には、
失業保険の事も考えて決めた方が良さそうです。

貰える給付金は下記ページでもまとめています。
関連記事50代の老後蓄え&資金不安に3つの給付金!55歳 役職定年・60歳~賃金減に
 

老後の年金 上手な受け取り方

国の年金は70歳まで繰り下げれば42%UPした
年金額が貰えます。

年金はいつから貰う?貰い方で変わるお得率!年金不安解消の考え方

とてもお得なので、それまでの間は確定拠出年金などを、
「年金」「一時金」など税金のかから無い方法を選択しながら
受け取って生活するという案もあります。

また、会社の退職金制度で確定拠出年金を利用している人は、
今まで、毎月200円程度かかっていた口座管理手数料を
会社が支払ってくれていましたが、
退職後は自分で支払う事になります。

維持コストは勿体ないので、退職時にはそれは解約して、
投資をするならNISA等にした方が良さそうです。

尚、2018年1月からは「つみたてNISA」も始まって居ますが、
その件に関して、楽天証券に確認しました。

つみたてNISAは、どちらかというと、
若い人が長期間かけるものですので、老後はお金に余裕があれば
良いかもしれませんが、証券会社としては老後などには
特にお勧めはしていないようです。
 

まとめ

色々な制度のを知って、検討しながら
なんとか少しでも上手にやりくりしたいですね。

我が家は、主人が定年になってからは
私がバトンタッチで収入の軸を作ることも検討中です。

 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態、驚きでした

NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕です。
老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。
我が家は何百万もこれで消えてしまったのです。

・保険加入の実態:金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い! 

・私の父母の実体験:【保険見直しの必要性とコツ】見直さなかった悪夢

・保険見直しの時期:安くなる!保険見直しのコツ全解説!


1.老後資金 検討 お金を増やす方法 3つ

老後の年金不安

1.保険料を減らす

保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。
必要は保障は人生の節目で変わりますので
定期的に保険を見直さないと損してしまいます。

保険相談7社 体験比較 口コミ



2.年金を増やす

年金を増やす自助努力として確定拠出年金があります。
2017年から加入者枠が広がりました。
私も即刻加入し、毎月積み立てています。
加入が早い程、資金は貯まりますよ。

確定拠出年金に加入する



3.働き方を変える

貯金や年金受取額を増やす働き方があります。
制度が変わりましたので、主婦でも社会保険に入れることがあります。

主婦パートの場合
自営の場合


2.老後の住まい 検討3つ

老後の住まい 介護リフォーム

1.リフォーム・住み替え

費用は安く抑えたい。リフォーム時のお得まとめ
暮らしやすい街への住み替え各種情報
コンパクトシティの選択などについて

リフォームのお得な控除・補助金&住み替え



2.リノベーションする

大好きな心地よい終の棲家を作る!リノベーション方法まとめ
年商1億 大家業の主婦さんもチェックする点など

老後も安心な中古住宅リノベーション法



3.介護リフォーム

老後を見据えた時の、暮らしやすい介護を考えたリフォーム検討法
どんなリフォームがあるか?介護保険制度は何が使えるか?など

老後の家づくり。 建て替え・増築・リフォーム法2つ