・固定費節約のカギ:保険料の見直し 保険相談7社比較 こちら 

節約 無理のない

毎日安い食材を探し回ってスーパーをはしごしたり、
水道や電気の無駄を日々チェックしたり、
コンロの火を必要以上に大きくしないようにしたり・・。

私達は日々、節約に励みます。

でもその小さな節約は、積み重ねる苦労の割に、
思いのほかお金は貯まらないと言われています。

それでは、どんな節約をすれば
無理がないかというと。。。

とある所で書かれていた「無理のない貯蓄法」。
このサイトでも今まで書いてきた記事の内容と
やっぱり同じでしたよ。

これが無理のない節約の王道なのだと思います。

各ページにリンクを張りながら、
総まとめとして記事にしました。



無理のない節約

月々の固定費を関連

・通信費

昔は家に一台の電話やパソコンだけでしたが、
今家計の大きな支出となっているのが、どこのお宅でもきっと
家族のスマホ代だと思います。

平均的に1人1万円弱程度払って居るのではないでしょうか?
そこで格安スマホ SIMを使った通信に変えると、
驚くほど安くなります。

電話番号も引き継げますので、安くなっても不自由を感じることは
なさそうです。

関連記事
スマホ代を家族で節約!SIMカードで月額1000円台~使う方法。
 

・保険料

保険料の払い過ぎには充分注意しなければなりません。
毎月、国民健康保険料でさえ高額に支払って居ることを
私達はつい忘れがちです。不安に駆られ民間保険に加入したとしても
その保険料が膨大な額であり、ほぼリターンがない保険商品であることに
気付いていません。保険料は目に見えない出費ですので
見直したいものです。

関連記事
老後資金・お金も貯まる!無料保険相談 選び方 7社 体験比較
 

・自動車関連費

車をローンで買って居れば、その支払い、
また保険料、車検、自動車税、ガソリン代、駐車場代
とても費用がかかるのが車です。
また事故等を起こしたら損害賠償請求もされる可能性があります。

もしも車が無くても生活出来そうであれば手放す。
もしくはカーシェアリングなどを考えると、大きな節約になります。

関連記事
個人でカーシェアリングを利用する!有名2社 比較してみました
 

子供費関連を節約

・子供の教育費用

子供の学力は、親の経済事情に比例すると言われる現代。
どうしてもお金をかけたくなりますが、
無い袖まで振ってしまうのは避けたいものです。

関連記事
子供の教育費が足りない!小学校~高校迄の学費体験談と内訳。大学費用総額と貯め方。
 

・子どもの結婚費用

子供の結婚において、少しでも援助してあげたいと思いがちですが、
意外と全ての人たちが援助している訳でもなさそうです。
結婚費用は莫大です。子供の数だけ援助をして居たら
老後資金など貯まりません。

関連記事
子供の結婚費用。親の負担はいくら位?
 

自然にお金が貯まる 貯蓄関連

・財形貯蓄

会社の財形貯蓄がある人が多いと思います。
給与から天引きですので、意識しなくとも
お金が貯まっていきます。
我が家も貯蓄のほとんどを「財形貯蓄」で貯めました。

財形年金貯蓄と財形住宅貯蓄は双方あわせて
最高550万円迄の元本から生じる利息に税金がかかりません。

※一般財形貯蓄には税制優遇はありません。
 

・個人型確定拠出年金

60歳までは引きだせない個人型の年金制度です。
銀行に預け入れるのとは異なり、投資信託などの運用になります。
毎月の掛金は全額所得控除になることで節税になります。
また、運用益も非課税です。
受取時にも控除が受けられるため、税制優遇されている年金制度です。

私の確定拠出年金 資産推移

私も2017年春から確定拠出年金も始めています。

毎月23000円ずつ、ぽちぽち積み立て
2018年1月に7か月経ちましたが、
何と利回り20%を超えています。

確定拠出年金 資産推移

黒い線が積み立てた金額までの線。そこから飛び出た棒グラフが
利益となっている分です。

確定拠出年金

口座を開設して、確定拠出年金に加入して良かったので、
これからも60歳までコツコツ積み立てるつもりです。

私の加入している 楽天証券 は、口座開設は無料ですし、
口座開設するだけで、確定拠出年金に申し込まなくても、
今からかけた場合の将来の年金がいくら位になるのか?
それも分かりますよ。
 
・NISA

株や投資信託等を購入した年から5年間。
受け取った配当金・分配金・売却益にかかる税金が非課税になります。
ただ、そのメリットだけに目を奪われないようにしなければなりません。
資産が減るリスクはあります。
 

まとめ

1.日々の固定費は削れるだけ削る!
2.気づかぬうちにお金が増える貯蓄を利用する!
3.※不要な維持費を削減する!

※3は、この記事に後で付けたそうと思いますが、
大富豪の投資術 という本に書いてあった事で
私も常に意識しています。

読後レビューは、私の 他のサイト でも
記事にしています。

ということで、この3本立てでいけば、
毎日の食費の節約や水道代の節約など、
日々の意識が必要な小さな節約からは逃れられそうです。

小さな節約を止めて 楽にお金を貯めていきながら、
数年後に大きな貯蓄にしたいですね。

 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態、驚きでした!

NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕です。
老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。
我が家は何百万もこれで消えてしまったのです。

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!


1.老後資金 検討 お金を増やす方法 3つ

老後の年金不安

1.保険料を減らす!

保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。
必要は保障は人生の節目で変わりますので
定期的に保険を見直さないと損してしまいます。

保険相談7社 体験比較 口コミ



2.年金を増やす!

年金を増やす自助努力として確定拠出年金があります。
2017年から加入者枠が広がりました。
私も即刻加入し、毎月積み立てています。
加入が早い程、資金は貯まりますよ。

確定拠出年金に加入する



3.働き方を変える!

貯金や年金受取額を増やす働き方があります。
制度が変わりましたので、主婦でも社会保険に入れることがあります。

主婦パートの場合
自営の場合


2.老後の住まい 検討3つ

老後の住まい 介護リフォーム

1.リフォーム・住み替え

費用は安く抑えたい。リフォーム時のお得まとめ
暮らしやすい街への住み替え各種情報
コンパクトシティの選択などについて

リフォームのお得な控除・補助金&住み替え



2.リノベーションする

大好きな心地よい終の棲家を作る!リノベーション方法まとめ
年商1億 大家業の主婦さんもチェックする点など

老後も安心な中古住宅リノベーション法



3.介護リフォーム

老後を見据えた時の、暮らしやすい介護を考えたリフォーム検討法
どんなリフォームがあるか?介護保険制度は何が使えるか?など

老後の家づくり。 建て替え・増築・リフォーム法2つ