老後の働き方「仕事がしたい!」

最近はますますお仕事したい高齢者を採用する
企業が増えているようです。

総務省調べによると、2015年度には
65歳以上の730万人が働いており、
全ての就業者の中で12%が65歳以上なのだそう。

働くシニアの特徴としては、
「早朝・短時間」だそうですよ。

年を重ねるほど、朝に強くなるし♪
学生バイトさんとの働きやすい時間が異なる所が
採用する側にとっても良い条件となるようです。

全国展開のお店で積極的にシニア層を採用している
企業などや、シニア求人サイトをメモとして残しています!
 



高齢者を採用している企業

すかいらーく

50歳から1万人が働いているグランドクルー
http://www.skylark.co.jp/recruit/crew/GC/

清掃や開店準備など朝7時から10時半などの
勤務体系は、早起きの得意なシニアに人気。

あさイチで仕事を終えてしまい、
後は好きに一日過ごせるなんて、理想の就業スタイルですよね。

同世代のお友達も沢山出来そうですし、
なかなか楽しそうなんではないかと思います。

 

ドンキホーテ

オープン前の朝1日2時間~。週2日~OK。

品出しなどの作業において
60歳以上を積極的に採用しているようですよ。
http://www.donkigroup.jp/recruit/part/short.php?wear=part

無理のない時間で働けるのがいいですね♪
人前で働くよりも、作業する事が好きな人にも
とっても働きやすいと思います。

 

モスバーガー

ハンバーガー屋さんだって、積極的に
シニア層を採用しています。

ハンバーガーという若者に人気の食べ物であっても
シニア層が働くことで
お客さんのシニア層を呼ぶんだそうです。

https://mos-recruit.net/jobfind-pc/https://mos-recruit.net/jobfind-pc/

モスで働くシニアの事を「モスジーバー」というとか・・?

ほんとかしら~?って思いますが、
そんな言葉が生まれるほど、
モスも積極的にシニア層の採用をしているようです。

 

シニアの職場 資格を生かして就職!求人サイト

シニア層が資格を生かして即戦力として働く!
そんな求人サイトもありました。

マイスター60

施工管理士や電気工事士、エンジニア、設計などなど
色々な職種の求人があります。

せっかく身に付けた資格技術。
定年後の人生でも、ぜひお金に代えたいですよね。

そんな方には、ピッタリと思います。
全国各地の職場の求人が掲載されているようですので、
それも有難いですね。

また、そういう資格のみならず、

個人宅への家事代行や、海外旅行者のための
英会話が出来るシニアに寄る「おもてなし隊」など
生活に密着した技能の提供に寄る仕事もありました。

キーワード検索の欄に色々入れてみると
ご希望の職種が見つかるかもしれません。

ますます高齢者が増えていく日本で、
ますます元気なシニアが増えていく日本で、
ますます医療技術が発達し長生き出来る日本。

働きたい限りずっと働ける時代になりました!
人生ずっと楽しみましょ。

 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態、驚きでした

NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕です。
老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。
我が家は何百万もこれで消えてしまったのです。

・保険加入の実態:金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い! 

・私の父母の実体験:【保険見直しの必要性とコツ】見直さなかった悪夢

・保険見直しの時期:安くなる!保険見直しのコツ全解説!


1.老後資金 検討 お金を増やす方法 3つ

老後の年金不安

1.保険料を減らす

保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。
必要は保障は人生の節目で変わりますので
定期的に保険を見直さないと損してしまいます。

保険相談7社 体験比較 口コミ



2.年金を増やす

年金を増やす自助努力として確定拠出年金があります。
2017年から加入者枠が広がりました。
私も即刻加入し、毎月積み立てています。
加入が早い程、資金は貯まりますよ。

確定拠出年金に加入する



3.働き方を変える

貯金や年金受取額を増やす働き方があります。
制度が変わりましたので、主婦でも社会保険に入れることがあります。

主婦パートの場合
自営の場合


2.老後の移住先を考える

老後の住まい 介護リフォーム

1.老後移住 国内

人気の老後移住先!住みやすいのは?田舎・都会・国内海外まとめ 成功失敗例


2.老後移住 人気のマレーシア

人気のマレーシア 海外老後移住の現実!年金では生活できない!?


3.老後移住 憧れのリゾート地

定年後、リゾート地に移住したい!軽井沢・ハウステンボス・安曇野!