おすすめ保険ショップの口コミ評判・比較。保険見直し相談はどこでするか?保険相談ショップはどこがいいか
 

保険の見直しはどこで誰に相談するべきか。評判の良い保険相談ショップはどこ? おすすめの保険相談窓口はどこがいい?良い窓口の選び方についてのお話です。
 

「保険見直しの必要性」と「保険代理店の選び方」が身に染みた失敗談 から、保険の見直し「どこで」「どのように」するか?の解決策についてまとめています。おすすめの保険ショップの評判や口コミも紹介しています。
 

2部に分かれていますので、お急ぎの方は、
 

・大損の失敗談は 大損の失敗をしない為の保険見直し
・保険ショップ選び方は 保険の見直しはどこで? 保険ショップ口コミ評判
 

から どうぞ。



保険の見直しをしないと浦島太郎に!

「しばらくぶりに保険ショップに行ったら、浦島太郎状態だった」
 

某保険ショップさんから届いたダイレクトメールのキャッチコピーです。
 

保険ショップで浦島太郎?って「何のこっちゃ?」と思われるかもしれませんが、保険を見直ししないと、私もあなたも「浦島太郎」になってしまう可能性が。
 

我が「昭和の始め生まれの真面目な父と母」も、地域を回っている保険外交員のおばさまに言われるがまま「ある医療保険」に長期加入しました。
 

ですが、最終的に待っていたのは「大きな落とし穴」。それが、保険ショップから届いたダイレクトメールのキャッチコピーどおり。
 

「浦島太郎」
 

保険見直しって面倒に感じてしまうものですが、私たち保険加入者にとって、大きなメリットがある事、忘れちゃなりません。
 

保険見直し失敗談。見直しの必要性

その保険やさんは、私が幼いころ、我が家に毎月集金に来ました。保険料を預かると加入者が保管する「保険料受け取り台帳」にシールを貼り、シールと台紙の間に割印をしていきました。(昔の保険やさんの集金スタイルです)
 

まだ子供だった私には、その作業が面白くて、やってみたくて。毎月じ~っと見ては、保険やさんが帰った後、手持ちのノートにシールを貼り、割り印を押す「まねっこ遊び」をしていました。
 

私が大人になっても、保険屋のおばさんは毎月、我が家にやってきました。
 

1枚に何か月分も押せる台紙はシールの厚みで ぶ厚くなり、また、加入期間の長さからそれは何冊にも増えていきました。大人になった私は、そのシールにもハンコにも興味を持たなくなっていきました。
 

そんな時の流れの中、父と母は、毎月毎月、何の疑いもなく保険やさんを信じて保険料を支払い続けていたのです。
 

保険見直すべき理由:大損の失敗談

ところが長い年月が過ぎ父母が高齢になり、病気で入院。保険金を請求をした時のことです。その保険会社の本社から言われたといいます。
 

「どうして保険の見直しをしなかったのか?」
 

何年も保険の内容を見直さずに父母のが加入していた医療保険は、すでに時代に そぐわない保険契約内容になり、長年支払い続けていたにも関わらず、保険金の支払いは雀の涙。
 

父と母が、長い年月かけ続けていた保険料は、いつの間にか、ただの保険会社への貢ぎ物と化していたわけです。
 

でもですね。毎月集金に来ていた保険やさんは、見直しの事なんて、一言も教えてくれたことはありませんでしたよ。
 

毎月しっかり、保険料だけ徴収していきました。
 

保険の見直しをしないと浦島太郎

長い長い年月 保険を支払い続けていた父と母は、いざ保険金請求のために玉手箱を開けてみたら、あら、空っぽ。先の保険ショップのキャッチコピーのごとく「浦島太郎」。
 

本来は、損をしない為に、保険で失敗をしないために、加入中のどこかで、自ら保険の見直しをする必要性がありました。けれど保険屋さんは基本「自分の利益になる時しか、動いてくれない」と、身に染みた出来事でした。
 

保険加入の注意点 保険やさんには2タイプいる

保険やさんにも2タイプの人がいます。
 

1.父と母が経験したように、古い保険が無意味になりつつあっても(それを知っている筈ですが)見直しをすすめてくれない保険やさん。
 

2.反対に「新しい保険が出た!」と、事あるごとに保険を乗換えさせることで、保険会社や保険外交員さんの利益を出そうとする保険屋さん。

 

いずれにしても、「保険やさんの利益が優先」の行動です。
 

新しい保険を勧める保険屋さんのワナ

保険販売の手数料は7~8年の加入で殆ど無くなるそう。そのタイミングで保険やのおばさんから乗り換えを提案されることがあります。保険やさんの利益のために。
 

また、保険会社で年に3~4回、営業員のノルマが2倍になる「重大月」というのもあります。その時に新たな保険加入や転換(この後説明)で見直しを勧めてくることもあります。営業員が自分のノルマ達成のために。
 

私も保険屋のおばちゃんに騙され、大失敗したことがあります。「大至急保険の見直しを!」と言われた時は、やはり営業員のノルマが2倍になる重大月でした。
 

保険やのおばちゃんは、何か焦っていたのでしょう。そして保険に弱かった我が家に目を付けたのでしょう。
 

「良い保険が出たから、ハンコ持ってきて!」
 

それは無いでしょ?という強引なセールスをし、無理やり見直しをさせ、我が家は「保険の転換・下取り ※注」という罠にはまりました。気付けば多額の保険料を支払い続けていました。
 

※注 保険の転換・下取りとは?

「私達が今まで支払った大切な保険料を下取りされ、その後の保険料の支払いに使われる(下取りされる)仕組み」。見直し後の毎月の保険料は「安く見えるだけ」という保険のからくり・保険の罠。
 

実際には、今まで積み立てていた貯蓄部分が削られ、その後の契約における掛け捨ての保障部分に使われる事が多いので 月額保険料が下がったように見えるだけで、実際は、今までと変わらず、毎月ものすごい「高額保険料」を払い続けていることになります

 

あなたは大丈夫ですか?
保険の見直ししていますか?
保険やのおばちゃんに騙されていませんか?
 

私は当時の悔しさいっぱいで、ここで叫んでいます。
 

私たちの人生を守る保険が、私たち消費者のためではなく、保険やの営業員の利益重視・保険会社の利益重視で加入している現状。これは誰にとっても他人事ではありません。
 

保険や主導の加入実態は、他にも色々な罠があり、金融庁も警鐘を鳴らしています。
 

生命保険 悪質な勧誘手口【金融庁も警告】押し売りの口コミ
 

保険の罠にかからない見直しの方法

保険で失敗しないために私たちが身を守る方法として一番簡単なのは、今、加入中の保険会社の外交員さんに相談しないこと。
 

先に触れたように、保険の見直しをしたつもりでも、現在加入中の保険会社の外交員さんに相談すると「保険の下取り」「転換」というものを勧められてしまう可能性がある。見直ししたつもりでも、総支出は変わらずになってしまうケースがある。
 

結局、保険は
 

・保険やさんを信じて、見直しせずに同じ保険の加入を続けていても
・保険やさんの言うがままに、見直しをしても、
 

今現在の保険会社には頼れない。いずれも問題が生じる可能性があるわけで。
 

すべての保険営業員さんが悪いわけでは無く、中には良い方もいるとは思いますよ。人間ですから色々な人がいるとは思います。ただみんな仕事ですから。保険やさんが、利益を出そうとするのは当然と言えば当然です。
 

とはいえ、私たち消費者を 騙しちゃいけない。
 

そこには、私たち素人に分かりづらい「保険のワナ」が存在します。だから私たちが資産を守り、貯蓄を増やすために、保険加入で失敗しないためには、現在の保険会社以外の専門家に相談する。
 

それが、私たちができること。お金を守る安全策だと思います。
 

Q:保険見直しはどこで? 保険ショップの選び方とおすすめ保険相談窓口

保険の見直しをどこでするか?には4つの方法があります。
 

1.現在の保険やさんに相談する
2.自分で資料を取り寄せて保険の見直しをする
3.保険ショップに相談に行く
4.ファイナンシャルプランナーに相談する

 

以下、それぞれについて見ていきます。
 

A1:現在の保険やさんに見直しの相談をする

これは、やめた方が良いです。
 

上の方でも書いたように、「保険の下取り」「転換」というものを勧められ、月の保険料が安くなっても総支出は変わらず、高額な保険料を払い続けること提案をされる可能性があります。しかしながら保険やさんは、自分にとって都合の悪い「その大事な部分」を説明はしてくれません。
 

悪質な保険の乗り換え(転換)をさせられないためにも、「現在の保険屋さんに見直しの相談をする」のは、避けたいです。
 

A2:自分で資料を取り寄せて保険の見直しをする

これは、実際問題として難しいです。
 

自分で 保険の資料請求をし、パンフレットを取り寄せて、今現在の保険の加入内容と見比べながら、今の自分に取って必要な保障・不要な保障の区別が付く場合には、自分で見直しをすることもできます。
 

とはいえ、保険の専門家でもない限り、なかなか自分だけで保険内容を理解して、見直しをするのは、難しいのが現実です。
 

A3:保険ショップに相談に行く

これはぜひ利用してみたい保険の見直し方法です。
 

保険ショップでの相談は、無料です。そして専門家の意見を聞けるので参考になります。保険相談は、保険加入が前提なわけでは無いので、気楽に利用してみることができます。
 

私も最初の一歩としては、保険ショップ「保険見直し本舗」に行きました。まずは加入している保険の現状について、専属のコンサルティングアドバイザーが、見直しの必要があるかどうかを教えてくれました。
 

「〇〇の保障が足りないのでは?」とか「これは保障が多すぎると思います。」などなど、意見や新たな提案をもらいました。
 

保険の見直しが必要ない場合には、無理に勧められることもありません。また、保険の提案があっても、その場で加入を決めて来る必要はありません。
 

保険見直し本舗のサイトにも、下記のように記載されています。
 

ご相談の結果、お客様の加入されている保険を見直さずにそのまま続けたほうがいいということもございます。このような場合でも相談料は一切いただいておりません。

 

保険ショップでの保険相談は、まずは「話を聞きに行く」という気軽なスタイル。現在加入中の保険に悩んだ時に、頼れるのが保険相談窓口です。
 

また、保険見直し本舗は、最近日本で続いている自然災害の備え(水害など)の損害保険の相談も出来る数少ない窓口です。
 

提携保険会社数は45社以上、全国の店舗数も250店舗以上ある大手保険見直し窓口なので安心です。
 

おすすめ窓口 保険見直し本舗
 

A4:ファイナンシャルプランナー(FP)に相談する

幅広く 人生全般を見て保険の相談をしたい時には、ファイナンシャルプランナーとの相談が安心です。
 

私自身、父母と我が家の悔しい保険加入体験から、保険相談窓口をいくつも歩きまわっていますが、最大級の保険相談サービスで、全国の対応エリアも広い「保険見直しラボ」は、相談しやすい良い窓口でした。
 

何と言っても、平均継続年数12.1年の経験豊富なファイナンシャルプランナー揃いなので、安心して相談できました。お金の専門家なので、公的保険との兼ね合いを見ながら相談が出来るのが良い点です。
 

まずは現状について相談してみると、新たな情報が貰えると思います。それに担当者が合わない場合にも、イエローカード制というものがあるので安心です。
 

おすすめ窓口 保険見直しラボ
 

保険ショップは比較して検討する

見直しせずに気付けば「浦島太郎」
それを避ける為に「保障はしっかり、保険料は安く!」
 

しかし保険見直しの提案内容は、担当者に寄り異なります。
 

そこで安全策を取るためには、出来れば、一つの保険ショップではなく、複数の保険ショップで相談し、比較をするのがおすすめです。
 

昔は保険やさんのおすすめをそのまま信じ、加入していた時代がありましたが、今は、見直し提案は比較検討できる時代。保険ショップを大いに利用しながら、大事な保険見直しや加入ができますから。
 

保険料は、これから先の「固定支出」。「 保険見直し本舗 」と「保険見直しラボ 」は、押し売りや強引な勧誘は無いので、気軽に相談できる窓口です。
 

各保険相談窓口の口コミ

おすすめ保険ショップの評判「保険見直し本舗」口コミ

おすすめ保険ショップ評判・口コミ1

保険の重複部分を見直して保険料もスリムアップできました。

加入している保険の保障内容が重複していて、見直しの必要性を感じていました。そんなときに「保険見直し本舗」で無料で相談ができるということを知り、すぐに予約をしてみました。

無料相談では、現在加入している保険の内容を説明してもらったあとに、数十社ある保険会社の中からいくつか商品をピックアップし、親切・丁寧に説明をしてもらいました。さらに、そこから自分で商品を選択することで、生活スタイルにぴったり合った保険に加入することができました。

おすすめ保険ショップ評判・口コミ2

全体的な見直しをしていただきました。
学資保険の相談がきっかけで来ました。保険の事はまったく無知だったので一から丁寧に説明していただき、全体的な見直しをしていただきました。ありがとうございました。

 

保険見直し本舗 より引用
 

FP相談の保険ショップ評判「保険見直しラボ」口コミ

おすすめ保険ショップ評判・口コミ3

たくさんの人におすすめしたい!
お金に関する知識が豊富でなんでも相談でき、悩んでいる時も、ガツガツした営業をされることもなく、じっくりと検討出来てとても安心しました。両親も保険を見直すタイミングが来ていたので、すぐに連絡を取り、相談をお願いしました。

40代男性 自営業

おすすめ保険ショップ評判・口コミ4

毎月の保険料が1万円も安くなった!
子供の教育資金に夫の万が一の備えは充実させたい。でも保険料の負担は減らしたい。無理な相談かなと思っていたのですが、提案いただいた内容はとても納得できて、しかも保険料まで下がって、相談して大満足でした。

20代女性 主婦

 

保険見直しの上手なコツ Q&A

保険料は、目に見えない所で毎月消えていく固定費の支払いです。保険見直しの上手なコツは2つ
 

1.子供さんの成長や、家のローン完済、健康状態など、生活の変化に応じて、随時、不要な保障があれば外していく。
 

2.お得な保険や、現状の家族に適した保険はないかと、常にアンテナを張り巡らし、情報を収集していく。

 

Q1:生活の変化に応じての保険の見直しって?

A: 今、保険は どんどんと新しいタイプの物が発売されています。そして保険を購入する私たちの生活も年々変わっていきます。子供が小さかった頃と、成人した後では、同じ家庭でも必要な保障内容は変わってきます。
 

まだまだ学費の掛かる時期が続く(子供さんが幼い時期)には、万が一の保障は沢山必要ですが、子供さんが大きくなるにしたがい、保障も少なくしていくことが出来ます。住宅購入時にも、団信という保険に加入している筈ですので、保障を減らすことが可能です。
 

一度、保険見直し窓口で相談してみると、気づかなかった不要な保障が見えてきます。
 

Q2:新しい保険商品の情報をGETするには?

また、そんなに長い期間で無くても、保険も随時進化しています。ここ5年位の間でも、「支払った保険料-加入期間の保険料の支払い分=返金」という、以前なら考えられない好条件の保険も販売されています。
 

今の時代に合わせた新しい保険に どのようなものがあるか?などは、保険に関わらない私たち一般人が知るためには、自分から情報収集をするしかありません。
 

例えば我が家も、保険見直し相談で保険金の「未使用分が戻ってくる保険」の存在を知りましたが、加入しようとした時には、すでに主人の年齢が加入条件から外れていました。もちろん、加入出来ませんでした。
 

最近TVCMで紹介され始めている保険商品です。
 

頻繁に保険相談に行っていた我が家な筈だったのに、たった数年の間に、有利な保険が発売されていました。もっと早くにその情報を持っていれば、当然我が家も、そのお得な保険に加入したかったので、悔しいですし、もったいなかったと感じています。
 

新しい保険、最新の保険ほど、条件が良いものが発売されている可能性があります
 

そこも確認できる。どんな新商品の保険が出ているのか、情報が貰えるのも「保険相談窓口」です。
 

おすすめ 保険見直し相談ショップ まとめ

保険を見直さずに、ずっと同じ保険に加入し続けることは、とても危険でした。また保険やさんが言うがままに保険見直しをしたのも、とっても危険な事でした。
 

保険は、保険会社に多大な利益をもたらすものではありません。私達、加入者の生活に安心をもたらすものでなければなりません。
 

安全に賢く保険見直しをする為には、下記の保険相談窓口で予約してみることは、おすすめです。
 

このページでご紹介した おすすめの保険相談窓口
 

1.損害保険も含めて保険全般の相談ができる
保険見直し本舗

2.ファイナンシャルプランナーと相談できる
保険見直しラボ

 
 

その他のおすすめ保険相談窓口の情報も、下記で7社比較しています。

関連記事 保険相談おすすめどこがいい 比較評判ランキング【見直し失敗口コミも】