保険見直しの必要性

「保険見直しの必要性」と「保険ショップの選び方」が身に染みた実話です。
 

しばらくぶりに保険ショップに行ったら、浦島太郎状態だった。
某保険ショップさんから届いたダイレクトメールのキャッチコピーです。
 

保険ショップで浦島太郎?って「何のこっちゃ?」と思われるかもしれませんが保険を見直ししないと、私もあなたも「浦島太郎」になってしまう可能性があります。
 

昭和の始め生まれの真面目な父と母も、地域を回っている保険外交員のおばさまに言われるがまま「ある保険」に長期加入していました。しかし、最終的に待っていたのは「大きな落とし穴」。それが「浦島太郎状態」でした。
 

保険見直しって面倒で、保険やさんだけが利点なんでは?と思う事もありましたが、そうではなく。私たち保険加入者にとって、大きなメリットがある事、忘れちゃいけないと感じた出来事です。同じ思いをする方が少しでも減るようにとの思いから、この記事を書いています。

ここでは、保険見直しの必要性と見直しの際の注意点、そして見直しをする時の保険ショップの選び方のお話をしています。
 



保険見直しの必要性

その保険やさんは、毎月集金に父母の家に来て保険料を預かると加入者が保管する「保険料受け取り台帳」のようなものにシールを貼り、シールと台紙の間に割印を押していきました。
 

なんですか?それは?という気になるかもしれませんが、すみません。昔の保険やさんのスタイルです。まだ子供だった私には、その作業が面白くて、やってみたくて。
 

毎月じ~っと見ては、保険やさんが帰った後、真似をして、手持ちのノートにシールを貼り、割り印を押して遊んでいたものです。
 

私が大人になっても、保険屋のおばさんは毎月、我が家にやってきました。1枚に何か月分も押せる台紙は、加入期間の長さから、何十枚にもなり分厚くなりました。大人になった私は、そのシールにもハンコにも興味を持たなくなっていきました。
 

そんな時の流れの中で、父と母は、毎月毎月、何の疑いもなく保険やさんを信じて加入し続けていました。

 

保険見直すべき理由:大損の実話

ところが長い年月が過ぎ父母が高齢になり、病気をしました。その保険金を貰う為、保険金の請求をしてみた時のことです。

「どうして保険の見直しをしなかったのか?」

その保険会社から言われたといいます。
 

何年も保険の内容を見直さずに父母のが加入していた保険は、すでに時代に そぐわない保険契約内容になっており、長年支払い続けていたにも関わらず、保険金の支払いは雀の涙ほどになってしまったそうです。ただただ何十年も支払い続けていただけとは・・。大きな損失でした。
 

でもですね。毎月集金に来る保険やさんは、見直しの事なんて、一言も教えてくれたことはありませんでした。
 

結局、保険を支払い続けていた父と母は、いざ保険金請求の時には、先の保険ショップのキャッチコピーのごとく、「浦島太郎」になっていたのです。本来は、加入中のどこかで、損をしない為にも保険見直しをする必要性があったのです。
 

保険加入の注意点

父と母が経験したように、古い保険が無意味になりつつあっても、見直しをすすめてくれない保険屋さんもいます。
 

反対に「新しい保険が出た!」と、事あるごとに保険を乗換えさせることで、保険会社や保険外交員さんの利益を出そうとする保険屋さんもいます。保険販売の手数料は7~8年の加入で殆ど無くなるそうですので、そのタイミングで保険屋のおばさんから乗り換えを提案されることがあるのかもしれません。
 

いずれにしても、高額な出費となって居ないか?について保険の見直しをしようと思った時、
 

今、加入中の保険会社の外交員さんに相談するのはお勧めできません。
 

なぜなら「保険の下取り」「転換」というものを勧められ、総支出は変わらずになってしまうからです。

「下取り」「転換」ってご存知でしたか?

「私達が今まで支払った大切な保険料を下取りされ、その後の保険料の支払いに使われる仕組み」です。見直し後の毎月の保険料は「安く見えるだけ」という保険のからくり。
 

実際には、今まで積み立てていた貯蓄部分が削られ、その後の契約における
掛け捨ての保障部分に使われる事が多いので 月額保険料が下がったように見えるだけで、実際は、今までと変わらず、毎月ものすごい「高額保険料」を払い続けていることになるんです

※当サイト無料保険相談窓口 どこがいい?お勧め7社体験比較より
 

結局、保険は
・保険やさんを信じて、見直しせずに同じ保険の加入を続けていても
・保険やさんの言うがままに、見直しをしても、
いずれも問題が生じる可能性があるわけです。とても大きな注意点です。
 

そこには、私たち素人に分かりづらい「保険の罠」が存在します。なので私たちが資産を守り、貯蓄を増やすためには、保険やさんに任せず、自らが保険を買いに行く。そんな姿勢が必要になってきます。
 

生活の変化に応じて見直しをする

今、保険は どんどんと新しいタイプの物が発売されています。そして保険を購入する私たちの生活も年々変わっていきます。子供が小さかった頃と、成人した後では、同じ家庭でも必要な保障内容は変わってきます。
 

まだまだ学費の掛かる時期が続いていく(子供さんが幼い時期)には、万が一の保障は沢山必要ですが、子供さんが大きくなって来れば、保障も少なくして大丈夫。なのに、保険を見直さずに、同じ保険に加入し続けている。そんな事はありませんか?本来は、生活の変化に応じて、保険の見直しは必須です。
 

新しい保険商品の情報をGETする

また、そんなに長い期間で無くても、保険も随時進化しています。
ここ5年位の間でも、「支払った保険料-加入期間の保険料の支払い分=返金」という、以前なら信じられないような好条件の保険も販売されているようです。
 

そういう今の時代の新しい保険に どのようなものがあるか?などは保険に関わらない一般人は知り得ることが出来ません。
 

例えば我が家は、保険見直しの際に、保険金の「未使用分が戻ってくる保険」の存在を知りましたが、加入しようとした時には、すでに主人の年齢が加入条件から外れていました。もちろん、加入出来ませんでした。
 

たった数年の間に、有利な保険が発売されていたわけですが、もっと早くにその情報を持っていれば、当然我が家も、そのお得な保険に加入していました。
 

新しい保険、最新の保険ほど、条件が良いものが発売されている可能性があります。そこも確認しておきたい。どんな新商品の保険が出ているのか、知っておきたいですね。

 

保険見直しのコツ まとめ

保険料は、目に見えない所で毎月消えていく固定費の支払いです。
 

まず一つ目は、子供さんの成長や、家のローン完済、健康状態などなどを考えたうえで、不要な保障があれば外す必要があります。
 

もう一つは、お得な保険や、現状の家族に適した保険はないかと、常にアンテナを張り巡らし、情報を収集していく必要があります。
 

見直さずに、ずっと同じ保険に加入し続けることが、無駄な出費の積み重ねになってしまう可能性があります。まとめると、保険見直しのコツは、
 

〇 今のライフスタイルで、必要のない保険や特約は外す。
〇 要らないほどの高額な保障は減額する。
〇 どんな新しい保険が出ているのか情報を取りに行く。
 

保険は、保険会社に多大な利益をもたらすものではありません。私達、加入者の生活に安心をもたらすものでなければなりません。
 

保険ショップの選び方

そこで保険の見直しをしたいわけですが、保険の見直しには4つの方法があります。
 

1.現在の保険やさんに相談する
2.自分で資料を取り寄せて保険の見直しをする
3.保険ショップに相談に行く
4.ファイナンシャルプランナーに相談する
 

以下、それぞれについて見ていきます。
 

現在の保険やさんに相談する

上の方でも書いたように、「保険の下取り」「転換」というものを勧められ、月の保険料が安くなっても総支出は変わらず、高額な保険料を払い続けること提案をされる可能性があります。しかしながら、保険やさんはその大事な部分を説明はしてくれません。私自身も酷い乗り換えをさせられた経験があるので、同じ保険会社で見直しをするのは、私は避けた方が良いと思っています。
 

自分で資料を取り寄せて保険の見直しをする

自分で 保険の資料請求をし、パンフレットを取り寄せて、今現在の保険の加入内容と見比べながら、今の自分に取って必要な保障・不要な保障の区別が付く場合には、自分で見直しをするのもアリかもしれません。とはいえ、保険の専門家でもない限り、なかなか難しいのが現実かもしれません。
 

保険ショップに行く

私はこれが一番お勧めです。まず最初の一歩としては、私も保険ショップに行っています。近所の保険ショップに行き、加入している保険の現状について意見を貰います。「〇〇が足りないんじゃないかな?」とか、「これは保障が多すぎると思います。」とか担当者さんに寄って意見を言ってくれると思います。
 

複数の保険ショップに行って、色々な担当者さんの意見を聞いてくると、現在の自分の保険加入について「見えてきます」。そこでようやく、保険に関して「自分なりの考え」が持てるようになると思います。
 

保険の相談は、通常その場で加入を決めてくるものではありません。「持ち帰って検討します」というのが普通の返答です。今後何年もに亘り、支払い続ける保険料ですので、少なくとも1~2週間は、検討するのが当たり前ですので、まずは「話を聞きに行く」というスタイルで相談に行くのが良いと思います。
 

提案に納得がいかなければ、もちろん断ります。今はどこも、しつこい営業は禁止措置が取られている所が殆どですので、何も遠慮は必要ないです。家の次に高額な買い物と言われる保険を、そんなにホイホイ買うものでは無いということを一番良く分かって居るのは相談員さんですから、大丈夫です。逆に、毎月何万もの支払いとなる保険を、一か所に相談しただけで決めたら、逆に保険やさんに舐められてしまいます。
 

それから、いきなりファイナンシャルプランナーとの相談となると、その肩書から人は、「保険は分からないので、全てお任せします!」という精神状態になってしまう事が多々あります。保険の素人の私に分からないから・・と考える事を放棄してしまいがちです。なのでそれを避けるためにも=まず自分の保険を理解する為にも、まずは近所の保険ショップで相談してみるのは、得策だと思います。
 

便利な下記保険ショップ検索サイトもあります。県名と市区町村を入れるだけで、お近くの保険ショップが、ずらりと検索できます。キッズスペースがあるか?などの細く情報や支店ごとの口コミ情報も載って居ますので、複数の保険ショップの申し込みが出来ます。
 

関連サイト保険ショップの検索・予約サイトの「LIFULL保険相談」

 

幾つかの保険ショップに予約し相談をしてみると、驚くほど提案が異なる事があると思います。今後の保険料の支払いがかかっていますので、それらをじっくり比較検討したいところです。日本人は保険に弱く、人を信じやすいので、提案されたものをすぐに「良いもの」と思ってしまいがちです。でも本来は、一人の担当者の意見で、家族の未来を決めてしまうのは、怖い事です。複数の担当者に提案を貰ってください。
 

保険ショップは全国色々なスーパーの店内にあったり、駅前にあったりしますので、行き易いです。もちろん保険ショップからの提案が良ければ、そのまま加入もできますし、その後も近所なので相談しやすくなるのもお勧めです。
 

ファイナンシャルプランナーに相談する

保険ショップに相談して納得がいかなかったり、もっと詳しく人生全般を見て保険の相談をしたい時には、ファイナンシャルプランナーとの相談が良いと思います。専門家なので公的保険との兼ね合いを見ながら、良い案を出してくれると思います。
 

ただ、やはりファイナンシャルプランナーも人なので、やはり色々な方が居ます。担当者や提案に必ずしも納得できるとは限りませんので、出来れば複数の人の意見を聞くのが良いと思います。
 

ファイナンシャルプランナーさんに相談できる窓口で、人気な窓口としては、下記の窓口があります。
 

1)一押しは、point 保険見直しラボ

・全国約60拠点と訪問型保険代理店では最大級。その為、他者だとエリア外の地域でも対応できる事が多いです。
・取扱保険会社が約30社と他保険代理店の中でもトップクラス。
・ファイナンシャルプランナーの経験が平均11.8年と、NO.1のベテランFP揃い。
・強引な勧誘は一切しないシステム。
・保険相談で、マカロンなどのプチギフトも貰えます。
 

2)それから、point FPのチカラ

人見知りの人にも。顔写真でファイナンシャルプランナーが選べる
 

そして、point 保険コネクト

保険相談完了後、アンケート回答すると30.000種類以上の各種サービスをお得に受けられる、【優待サービス】1年間利用可能権利の付与がある

 

というような窓口が人気です。一度見直せば、長い間に亘る大きな節約にもなります。保障はしっかりと、保険料は安く!「浦島太郎」にならない為にも、見直しは必須です。
 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態、驚きでした

NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕です。老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。我が家は何百万もこれで消えてしまった経験あり。

・保険加入の実態:金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い! 

・私の父母の実体験:【保険見直しの必要性とコツ】見直さなかった悪夢


1.老後準備や資金 検討 

老後の年金不安

1.保険料を減らす

保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。必要は保障は人生の節目で変わりますので、定期的に保険を見直さないと損してしまいます。

保険相談7社 体験比較 口コミ



2.退職前の準備

年金額が大きく変わる可能性があります。確認しておきたい事項です。

定年退職前の準備。必ずやっておくこと


必要な保険も見直す必要があります。

老後 定年退職後の保険見直し。必須理由&保険商品の選び方



3.働き方を考える

貯金や年金受取額を増やす働き方があります。制度が変わりましたので、主婦でも社会保険に入れることがあります。

主婦パートの場合
自営の場合


2.老後の移住先を考える

老後の住まい 介護リフォーム

1.老後移住 国内

人気の老後移住先!住みやすいのは?田舎・都会・国内海外まとめ 成功失敗例


2.老後移住 人気のマレーシア

人気のマレーシア 海外老後移住の現実!年金では生活できない!?


3.老後移住 憧れのリゾート地

定年後、リゾート地に移住したい!軽井沢・ハウステンボス・安曇野!