老後の年金不安

年金は、貰える年齢になれば自動的に貰えるような気がしますが、
実は自分できちんと請求しないと貰えないんですって。

この手続きにも時効があるようなので、
請求せずにいるとそれ以前の年金が貰えなくなってしまうと・・。

ただでさえ将来、年金だけで足りるかと不安なのに、
貰える筈の年金まで消えてしまっては元も子もありませんよね。

年金を貰い忘れない為に、確認しておく事、
するべきことをまとめました。



加入していた年金記録を確認する

毎年お誕生日には年金定期便というお便りが来ますが、
必ず下記の加入履歴を確認してみましょう。

その1:厚生年金・厚生年金基金などの加入記録を確認する。

・パートなど様々な形態で働いた事のある人は、
 厚生年金に加入していた時期に関して全ての記録があるか確認する。

 
私の場合にも、実は、初めて年金定期便が来だした頃に、
聞いたことも無い「企業年金」の加入歴がありました。

小さな法律事務所で働いていた事があるんですが、
その時、事務所が とある基金に加入していたようです。

ただ、その事務所自体が企業年金に加入したタイミングが
丁度、私の退社2か月前~だったため、
私は、何らかの事情に寄り加入者証を貰いそびれたようです。

給与天引きですので、私自身、
その企業年金に加入している自覚はありませんでした。

それだけなら良かったのですが・・。

そこで、問い合わせをしましたが、今度は、
何らかの手違いで企業年金加入記録がありません。
年金定期便にだけ記録が残っている状態だったということです。

恐らく私は給与天引きされていたにも拘らず、
これぞ「消えた年金」状態となりました。

数年後、企業年金連合会が調査をしてくれ、
私の企業年金加入歴も認められました。

また、別の件ですが、

私の場合に、厚生年金が重複(?)していた時期もあります。
そこで最寄りの社会保険事務所にて、統一してもらっています。

※年金手帳には「重複取り消し」の印が押されました。

当時は年金定期便が来ていない時代の事ですが、
社会保険事務所で調べてもらうと、一発で確認修正できました。
 

その2:国民年金の支払い漏れの確認をする

・会社を辞め自営業になられた時などの
 国民年金の支払い忘れ

・女性がお勤めから専業主婦になった時の
 第三号被保険者になる届け出漏れ

・旦那様が退職後、奥さまが60歳未満の場合の
 第1号被保険者への変更忘れによる支払い漏れ
 (旦那様の退職後14日以内)

 

などなどによる支払い漏れ期間を確認します。

第三号被保険者への届け出漏れは
過去の届け出漏れ期間が救済されますし、
その他の支払い漏れも、後に加入期間を増やす事で
年金を増やす事が出来ます。
 

年金を請求する

年金を貰う手続きの前に、上記のような加入記録を確認しておくと
不明点があった時に慌てないで済みますね。
 

いざ年金を支給してもらうときには、年金給付の
「裁定請求書」というものを提出します。

・国民年金だけの人は市区町村役場に提出。

・国民年金と厚生年金の両方に加入期間のある人は
 社会保険事務所に提出。

・厚生年金基金に加入したことのある人は
 厚生年金基金の連合会

 

に提出します。

ただ、厚生年金・厚生年金基金には時効5年があり、
請求をしないでいると、それ以前の分は
貰えなくなってしまうようなので

充分!じゅ~ぶん!気を付けたいですね。



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態、驚きでした

NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕です。
老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。
我が家は何百万もこれで消えてしまったのです。

・保険加入の実態:金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い! 

・私の父母の実体験:【保険見直しの必要性とコツ】見直さなかった悪夢

・保険見直しの時期:安くなる!保険見直しのコツ全解説!


1.老後資金 検討 お金を増やす方法 3つ

老後の年金不安

1.保険料を減らす

保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。
必要は保障は人生の節目で変わりますので
定期的に保険を見直さないと損してしまいます。

保険相談7社 体験比較 口コミ



2.年金を増やす

年金を増やす自助努力として確定拠出年金があります。
2017年から加入者枠が広がりました。
私も即刻加入し、毎月積み立てています。
加入が早い程、資金は貯まりますよ。

確定拠出年金に加入する



3.働き方を変える

貯金や年金受取額を増やす働き方があります。
制度が変わりましたので、主婦でも社会保険に入れることがあります。

主婦パートの場合
自営の場合


2.老後の住まい 検討3つ

老後の住まい 介護リフォーム

1.リフォーム・住み替え

費用は安く抑えたい。リフォーム時のお得まとめ
暮らしやすい街への住み替え各種情報
コンパクトシティの選択などについて

リフォームのお得な控除・補助金&住み替え



2.リノベーションする

大好きな心地よい終の棲家を作る!リノベーション方法まとめ
年商1億 大家業の主婦さんもチェックする点など

老後も安心な中古住宅リノベーション法



3.介護リフォーム

老後を見据えた時の、暮らしやすい介護を考えたリフォーム検討法
どんなリフォームがあるか?介護保険制度は何が使えるか?など

老後の家づくり。 建て替え・増築・リフォーム法2つ