老後に向け家計の支出を減らす方法10項

大富豪の投資術 という本を読んで居ます。

何歳からでも収入を得て、資産を増やせる、
そのための術がかかれた本で、
7年で経済的に自立出来るようになる方法が 
500ページに亘り書かれています。

本では、

多くの人は40代や50代を迎えると
「今後の年月について考える事を避け、
拒否する空気の中に隠れてしまう」

「本来あるべき状態から、はるかに後れを取って
居ることに気付きながらも、真実に向き合いたくない。
これは問題の先延ばし」。

とあります。

この本はアメリカで出版された本ですが、
どこの国でも「老後資金問題」の悩みは同じなんですね(;^ω^)

この記事は、↑を読んで、そうだな・・と納得した私と
同じ気持ちの方向けの記事です。

お金を増やす基本3点

7年で経済的に自立出来るようになるためには

お金を増やすには3つのバケツがあります。
支出・貯蓄・投資のバケツ。

・支出は各種 日々の支払い
・貯蓄は 絶対に失うことの出来ないお金(守るお金)
 =有事に備えた1年分くらいの生活費
・投資は将来のお金を作る元手(増やすお金)

収入が増えると誰でもついつい、
支出も増やしてしまいがちですが、そこは冷静に考え、
収入が増えても支出スタイルは変えない事。

それは7年で資産を増やすには、とても大切な事。
賢くお金を使っていく必要があります。

基本として、これら3つすべてのバケツを満たすだけの
収入源を持つ必要があり、それを考えていく事が
とても大切なのですが、

まずは、今すぐできる「支出を減らす方法」について
考えてみました。

支出を減らす方法は、日々の習慣にしてしまえば、
生きている限りずっと使える術になりますし♪

老後に向けて、今から自分なりの支出の癖を見抜き、
支出を減らす為に、一度しっかり立ち止まって
検討してみましょう。

支出を減らす方法

本は、かなりの情報量があるので、まとめきれませんが、
初歩の段階で出来るものとしては、
「現時点で支出を減らす10の方法」を考えるように
記載があります。

現時点での支出を減らす10の方法を考えてみる

・預金通帳とクレジットカードの明細を用意し
何にお金を使って居るのかを調べ、それを減らす方法を特定。

・無意識に支出しているものに何があるのかを知る
(保険料支払い・車などの維持コスト・ふらっと買ってしまう物・携帯など)

 

この「支出を減らす10の方法」は人に寄り異なると思いますが
今ここを読んでくださっている方の場合は
いかがでしょうか・・?

例えば我が家の場合は、実はすでに
お金をあまり使って居ない家庭でして・・(^^;

趣味や、娯楽、にはほとんど使いませんし、
お洒落は「シンプル+清潔感」がモットー。
高価なものには興味がありません。
家の中の修繕も、コツコツと自分で修理するのが楽しいタイプ。

なので、もうこれ以上 支出の削減を減らすのは無理かなとは
思ったのですが、それを言ったら進歩がないでしょ。。

頑張って検討してみました。

地味~な検討材料でお恥ずかしいですが、
下記、私の覚書、努力目標のメモです。

1.大学生息子の賃貸マンション代 49000円+光熱費
2.車の駐車場代、ガソリン代 20000円程度
3.水道代 9000円程度 
4.タブレット1台代 1200円 
5.息子の間食代 1か月1万3000円
6.買い物した食材を余らせる無駄
7.スーパーにこだわりがなく高めの店でも買ってしまう習慣
8.たまにお惣菜を買ってしまう事
9.プランターがあるのにベランダ菜園をしていない。
10 ポイントを意識して購入するのが苦手

 

検討してみた

これらを検討してみると、

1.大学生息子の賃貸マンション代 49000円+光熱費→

先月、解約。自立するために家の近くで賃貸にしていたが、
現状、お金を貯める為には、ここを削減すること必須。
これで年間60万円程度支出減。

2.車の駐車場代、ガソリン代 20000円程度→

カーシェアも検討したが、
我が家の車利用回数と時間を考えると、
マイカーを持って居た方が安いか、
ほぼ変わりなしだった。

節約できるのはガソリン代と単発の駐車場代。
なるべく徒歩や自転車で動き、
やむを得ない時には目的地に多少遠かったとしても
駐車場料金のかからないスーパー等に
車を止めるなどして、維持コストを減らす。
健康を考えても歩くことは厭わない!

健康長寿の為にどれ位運動すれば、どんな病気が予防できる?活動量計を使って楽しく効果UP!

3.水道代 9000円程度→ 

・節水コマを使ってみる
(回すタイプの蛇口には使える。レバー式は利用できない)
・要らない食器を捨て、次から次へと食器を使う癖を無くすことで
 洗い物を減らす。
・洗濯は 節約モードで洗う。6~7分短くなり水の節約にもなる
・毎回の食事は皿一枚とコップ一つにし洗い物を減らす。

4.タブレット1台代 1200円 →

主人が携帯とタブレットの2台もちなので、
携帯を解約し格安スマホに変えれば、
また少し浮くと思う・・。
ただ、利用している主人の気持ちを最優先。
解約できるならする。
ここを読んでる うちの旦那さま、ご検討願います。

5.息子の間食代 1か月1万3000円→

息子の間食代は、大学入学後に始めたバイト代が
そろそろ入り始めるので、
これからは自分で払ってもらう予定。頼むよ。息子。
これで年間156000円削減

6.買い物した食材を余らせる無駄がある→

・1週間に1度、冷蔵庫の余り物を一層する日を設ける。スープでも作ろう。
・冷蔵庫用の整理を毎日一回はする。
・冷蔵庫の中に入っているものをホワイトボードに書きだす
・料理の残り物は、中身が分かりやすく、
 冷蔵庫で不要な場所を取りづらい四角いタッパに入れ
 私一人の昼食に食べる。

7.スーパーにこだわりがなく高めの店でも買ってしまう→

 我が家の傍で安いスーパーは OKストアとプライス
 ここだけで買おうと思う。。頑張ってこれを固守!

8.たまにお惣菜を買ってしまう→ 

ダメダメ!だめ ヽ(`Д´)ノ
シンプルなレシピのサイトを毎日見て、
ちゃちゃっと作れる料理を増やす。
朝ごはんレシピサイトは得に良し。

9.プランターがあるのにベランダ菜園をしていない→

趣味の一つとして始めてみよう。

10 ポイントを意識して購入するのが苦手→

楽天・アマゾンなど提携ショップ3000件以上の
ハピタスを使って、ポイント2重どりをする。

※すでに検討したものとしては、保険料の節約
ファイナンシャルプランナーさんに
褒められるほど、必要最小限でぬかりなく
保険に加入しています。

小さな節約は必要?

よく、コツコツ小さな節約をする事はストレスになるので、
大きな支出を減らしましょう。という意見も聞かれますが、
お金持ちの人程、小さな支出もしっかり考えて使って居ると思います。

本の中でも、毎月1000円の削減が
1年で12000円になるというような、小さな支出の削減も
しっかり取り上げられていましたし、

私の知り合いの社長さんも、銀行の引き落とし手数料
数百円でさえ、なるべく費用を抑えられる方法を取って居ます。

この記事↓
 無駄な出費はこれ!安全にお金を増やす!1万円からの安心貯金
にもファイナンシャルプランナーさんの意見↓が書いてあります。

ATMの手数料は100万円を都市銀行の1年定期
(金利0.01%)に預けた時の利息100円
税引き後80円より高い。

このあたりの金銭感覚も、しっかり磨いておく必要がありそうです。

お金を貯めるのは何歳から?

大富豪の投資術 では著者は47歳からでも60歳からでも
お金を溜める事に年齢は関係ないと言っています。

あのカーネルサンダースが起業したのは65歳の時。
大草原の小さな家を執筆したローラの執筆開始も65歳。
レイ・クロックが52歳で出店した小さな店は、のちにマクドナルドに。
自動車の組み立てラインを生み出したヘンリーフォードは当時60歳。

などなど、何歳からでも収入を増やす事は出来るという
心強いエピソードも紹介されています。

人が富を手にする手助けをしてきた著者は言います。

この本の内容に従って7年行動すれば
経済的自立をしていると自信をもって言える。

1年や2年という短いスパンで
早く資産を増やそうと時間と知性を費やしても
おそらくお金持ちにはなれていない。

もっと現実的で行動試行的に取り組めば、
この時間の流れの中で、必要なものをすべて
達成することが可能だ。

お金持ちになる習慣 小さなヒント

そして、簡単な問いかけとしては、

「これをしたら私はもっと豊かになれるだろうか」
「それとも貧しくなるのだろうか」というシンプルな疑問を常に
自分に投げかける必要があると言います

そういえば、メンタリストDaigoさんも
お金の本で同じ様な事を言って居ました。

「これはお金を増やすだろうか?」と考えてお金を使う事が
大事だと。

お金を増やす生活習慣は、
支出を減らす生活習慣であり、
お金を使うときや行動を起こす時には
常に「豊かになれるか?」と自分に問いかけてみることが
未来を変える小さな行動なんですね。

ぜひ小さなお金も含めて
現時点での支出を減らす10の方法を考えてみてくださいね。

私も 大富豪の投資術 実践開始しています!