高額な医療費が払えない?公的医療保険 VS 民間保険!  

公的医療保険の高額療養費制度

公的医療保険で受給できる金額、どの位あるかご存知ですか?
 

いざと言うとき(大きな病気仁なり入院手術などになった際)には、病院が教えてくれるかもしれません。でも、その時が来る前に知っておいた方がお得です。
 

なぜかというと、公的医療保険で補助される金額を知っていれば、今、加入中の保険に適切に入れるからです。
 

裏返して言えば、公的医療保険で賄える金額を知らないと、不要な保障を付けてしまうがために、高い保険料を支払い続けることになるのです。
 

確かに アメリカでは、病気になると人生が変わるほど医療費がかかると言われます。でも、ここは日本。公的医療保険のお蔭で大きな病気をしても、高額な医療費の支払いに困らぬようになっています。
 

その手厚い保障のお蔭で、実は 日本では民間保険は、そんなに必要ないと言われています
 



公的保険「高額療養費制度」とは?

日本人は保険が好きな故、その公的保険に加えて、高額な民間の保険に加入している人がとても多いようです。
 

ですが、繰り返しになりますが、民間保険に加入する場合、この公的医療保険を知って初めて、必要な保障額が見えてきます。
 

高額療養費とは?

高額療養費制度とは、下記の制度です。
 

同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、あとで払い戻される制度です。
 

70歳未満の方で、医療費が高額になることが事前にわかっている場合には、
限度額適用認定証」を提示する方法が便利です。
 

通常高額療養費は退院後に支払われますが、この限度額適用認定証を申請しておけば
退院時の支払いを自己負担分のみにする事が出来ます

 

全国健康保険協会より引用
 

高額医療費控除とは違います。
 

高額医療費がかかった際の実際の保険の支払いは?

実際の支払い額は所得や年齢によって異なりますが、一般的には、同月内に医療費が100万円かかった場合=窓口負担分が30万円の場合、 医療費の自己負担限度額は9万円程となります。
 

(※制度改正などに寄り、今後引き上げられる可能性もあります)
 

また、高額療養費とは別に、障害者手当などもあります。例えば一生医療費がかかり続ける高額な人工透析等を受ける事になっても、手当のお蔭で医療費はかなり低くなるので、個人負担額は思いのほか少なく済むのです。
 

「日本は保障が充実しているので、大きな保障は必要ない」

と言う専門家の方が多い理由はその為です。
 

例外:先進医療特約について

但し、がんなどの先進医療保険などの場合は、また別です。民間保険には先進医療特約を月額100円程度で付けることが出来るものが多いです。
 

そんな特約で保障を付けておくと、より高度な医療を受けることができ、命が救われることが多々あります。ですから、要らない保障を削り 必要や特約を確実に付けましょう。自分や家族の命を救うために、上手に保険に入りましょう。
 

ボクサーの竹原慎二さんが、膀胱がんを患った時にも 高額な先進医療で復活されました。余命5年からの復活について、以前、ご本人がTV番組にご出演された際、↓お話されています。
 

癌になった時 最先端医療はいくらかかるのか? 
ボクサー竹原慎二の膀胱がんとの闘い

 

民間保険より貯蓄のススメ

公的保険が医療費の額に応じて対応されるのに対し、民間保険は医療費負担がどれだけ大きくなっても 契約条件を満たさない限り給付金は支払われません。
 

ファイナンシャルプランナーの内藤眞弓さんも 月刊PRESIDENT2014.10.13号の中で「日本の公的医療保険の保障の厚さを考えれば 医療費の為だけに使えるお金が150万円程度あれば充分。保険に払うお金を貯蓄に回して老後に備えた方が合理的」と言っています。
 

まとめ

日本の保険制度は優秀です。思うほど保険に加入しなくても大丈夫な事が多々あります。
 

とはいえ保険に疎い素人である私たちが 自分の判断で保障を削るというのは、かなり怖い事でもあります。
 

何が必要な保険で、何が不必要な保障なのか?それは、それぞれのご家庭、状況に寄り全く変わってきます。ですからご不安な時には、ファイナンシャルプランナーさん等に
相談すると安心です。
 

私も医療保険の相談に何度も足を運んでいますよ。保険相談窓口にも 色々な所がありましたので、
保険料の見直し 保険相談7社比較
本音や裏話を含め保険相談窓口の選び方も書いています。
 

私たちは公的保険に加入しているわけですから、それ以上に民間保険に入る必要があるのか?一度保険について相談に行かれることをお勧めします。一人の担当者の意見では心配ですので、ぜひ複数の担当者の意見を聞いてみてくださいね。あなたにとって最適な保険の加入の仕方に気付くはずです。